Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

相棒 season15 元日スペシャル あらすじ・キャスト・相関図

      2017/02/02

Sponsored link

「相棒 season15 元日スペシャル」主演:水谷豊

テレビ朝日系

2017年1月1日(祝)よる9時

「相棒 season15 元日スペシャル」

【相棒 season15】2017年1月1日(日・祝)放送 元日スペシャル 第10話予告動画

みどころ

相棒season15が、元日から登場!
2016年は、「相棒」にとって大変な年でありました。
今までにも様々なドラマが「再放送できない」「DVD化できない」などの状況に陥ったりしましたが、ファンにとっては悲しいことです。
たとえ演者さんが問題を起こしたとしても、ドラマや映画などの作品には罪がないわけなので、そこのところを受け入れられる寛容な社会になってほしいと切に願います。
そういうわけで、2017年2月11日には映画も公開される「相棒」を、今年もよろしくお願いいたします。

あらすじ

【元日スペシャル 第10話】
特命係が閉鎖! 右京と亘は郊外の駐在所に左遷!?
隠蔽された警察官連続失踪事件の闇に切り込む!

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)に、郊外のベッドタウン黒水(くろうず)町の駐在所への臨時異動辞令が下った。
黒水は問題がある警察官の左遷先と噂される署だった。
その夜、都内では警視総監の四方田(永島敏行)を囲む会合が開かれていた。
それは、都内の浄化作戦で成果を上げた四方田のためのパーティーで、会場には副総監の衣笠(大杉漣)や峯秋(石坂浩二)の姿もあった。
また、前科のある人間を積極的に受け入れ、寂れかけた町を再生させるプロジェクトに取り組んでいる黒水町の町長・和合(八嶋智人)も列席していた。
その会場に、四方田宛の差出人不明電報が届く。
そこにはラテン語らしき文章と子供が描いたようなシロクマの絵が記されていたのだが、それを見た四方田はなぜか動揺して…!?

翌日、黒水署に到着した右京と亘は、前任者が交代になった理由が気になり、調べ始める。
すると、駐在所に住み込んでいた2人の警察官のほか、黒水署の有本(森岡豊)という刑事も行方不明になっていることが判明。
右京と亘は失踪現場となった団地の住民から話を聞くが、収穫はゼロ。
しかし、有本が最後に乗っていたパトカーから血液反応が検出され、2人は何らかの事件が起きたことを確信する。
そこに、若月詠子(伊藤歩)という女性ジャーナリストが現れる。
黒水署の警察官連続失踪事件を追っているという彼女は、警察内部ですら統制されている機密情報をなぜか持っていた。

その後、広報課長の美彌子(仲間由紀恵)に取材の矛先を向けた詠子だったが、「ノーコメント」と突っぱねられる。
しかし、それも含めて自分のニュース番組で警察官の不可解な失踪事件を報じてしまう。
いっぽう、黒水町で捜査を続けていた右京は、ひょんなことから町長の和合と知り合う。
和合いわく、町の再生に大切なのは志を持った“人”だというが、警察内部には「前科者を優遇するとは何事だ」と、今の政策を快く思っていない人間もいるという。
その話が出た矢先、右京と亘に、なぜか四方田警視総監から捜査をやめるよう圧力がかかる。
そんな中、四方田の指示を受け、黒水町で暮らす元受刑者・槙野(平岡拓真)を見張っていた刑事が遺体で発見される。
現場には、四方田に届いた電報と同じフレーズ「私は獣として帰還する」というラテン語が書かれていた。
この事件により、失踪中の警察官たちも既に殺害されている可能性が高まり、未曾有の事態への緊張が高まっていく…。

失踪事件の裏で暗躍する警視総監。警察官殺害事件とも関係が?
スクープを飛ばす女性ジャーナリストの危険なネタ元とは…!?
特命係の捜査に、美彌子、大河内、さらに伊丹たち捜査一課も協力し、
東京郊外で進行する不気味な事件と権力の巨大な闇を解き明す!

[出典:相棒season15(テレビ朝日 > http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/ ]

Sponsored Link

キャスト・登場人物相関図

杉下右京(水谷豊) UKYO SUGISHITA
特命係・警部
名推理で事件の謎を解き明かす特命係の警察官。
キャリアとして警察庁に入庁後、警視庁に出向となり、経済事件などを扱う捜査二課で辣腕を振るう。
しかし、切れモノ過ぎるゆえに上層部からにらまれ、特命係という閑職に追いやられてしまう。
以降、配属された部下が次々に辞めていくため、“特命係は人材の墓場”などと揶揄されていた。
それでも好奇心から度々事件に首を突っ込み、事件解決に挑む。

冠城亘(反町隆史) WATARU KABURAGI
特命係・巡査
元々は警視庁に出向してきた法務省のキャリア官僚だったが、捜査にのめり込み過ぎた結果、法務省を事実上クビになり、異例の措置で警視庁に飛ばされる。
一度は広報課に配属されるが、日下部から美彌子の周辺を探るよう指示されたことから、彼女と距離を置こうと考え、美彌子に異動願いを打診。
かねてから希望していた特命係への異動が実現した。

月本幸子(鈴木杏樹) SACHIKO TSUKIMOTO
花の里・二代目女将
事件を通じて知り合った右京の薦めで小料理屋「花の里」の女将になった女性。
かつて、夫の復讐のために殺人未遂を犯し、右京に逮捕されるが、模範囚として刑期を終えて出所。
以前は数々の不運から“ついてない女”を自認していたが、出所後は人生が好転。
右京の推挙を受けて「花の里」の女将となる。

伊丹憲一(川原和久) KENICHI ITAMI
刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
殺人などの凶悪事件を扱う捜査一課の刑事。
事あるごとに捜査に首を突っ込んでくる「特命係」を疎ましく思っており、嫌悪感をあらわにする。
その一方、警察官としては実直な正義感を持ち、上司からの理不尽な命令には反旗を翻す熱血漢でもある。
しかし、仕事人間ゆえにプライベートは空疎。独身。

芹沢慶二(山中崇史) KEIJI SERIZAWA
刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
伊丹とコンビを組む捜査一課の刑事。
普段は先輩である伊丹を立てているが、調子のいい性格から余計な事を口にし、伊丹の機嫌を損ねることも少なくない。
また、「特命係」を毛嫌いしている伊丹と違い、その能力を認めており、場合によっては捜査情報を提供するなど、協力することもいとわない。

角田六郎(山西惇) ROKURO KAKUTA
組織犯罪対策部組織犯罪対策五課 課長・警視
暴力団の取り締まりや麻薬捜査などを行う組対五課の課長。
数少ない「特命係」の理解者で、「ヒマかっ?」というお決まりのフレーズを口にしながらフラリと現れ、コーヒーを飲みながら右京たちと雑談を交わす。
その会話の中で発した何気ない一言が、事件解決の重要なヒントになることも。

青木年男(浅利陽介) TOSHIO AOKI
サイバーセキュリティー対策本部・特別捜査官
役所に勤める公務員だったが、コンピューターの専門的な知識と父親の竹馬の友である副総監のコネにより特別捜査官として採用される。
警察学校では亘と同期で、2人で飲みに行くほど交流を持っている。
しかし、元々は極度の警察嫌いで、以前、右京と亘にハメられたことを相当根に持っている様子も見せる。
友達は少ない。

大河内春樹(神保悟志) HARUKI OKOCHI
警務部 首席監察官・警視正
警視庁の内部で警察官の不正を捜査する監察官。
規律を重んじ、無表情に身内の悪を裁くため、冷血漢のようにも見える。
ときにルールを無視する特命係にも目を光らせているが、右京の能力には一目置いており、密かに上層部の判断を知らせて危険を回避させることもある。
ラムネが小さいころの好物。

内村完爾(片桐竜次) KANJI UCHIMURA
刑事部長・警視長
捜査一課をはじめとする刑事部をまとめる責任者。
保身のためか、自身の出世のためか、特命係の存在を苦々しく思っており、「特命係に捜査権はない!」と雷を落としては、右京たちの行動に待ったをかける。
それでも、刑事部に先んじて事件を解決されてしまうため、ストレスはたまる一方。

中園照生(小野了) TERUO NAKAZONO
刑事部参事官・警視正
内村刑事部長の腰巾着的な存在。
刑事部の事件に首を突っ込んでくる特命係の動きをけん制し、捜査から排除しようとする。
それは上司として頭が上がらない内村の意向を汲んでのことだったが、内心では特命係の能力を認めており、最近は横暴な内村の言動に反発するようなそぶりも見せる。

日下部彌彦(榎木孝明) YAHIKO KUSAKABE
法務事務次官
法務省のキャリア官僚。
本来なら検事の資格を要するポストだが、前事務次官の急死を受け、例外的に現職に就いた。
それゆえさらなる出世は見込めないが、その分、波風も覚悟の上で、自らの信念に従って行動している。
元部下である亘の優秀さを買っていて、警視庁に籍を移してからも目を掛けている。

衣笠藤治(大杉漣) TOJI KINUGASA
警視庁副総監・警視監
警視庁サイバーセキュリティー対策本部の発足に携わった人物。
将来的には部の規模を拡大し、多発するサイバー犯罪すべてに対応しようと考えている。
峯秋とも面識があり、警察組織内の力関係をめぐって互いをけん制し合う間柄。
また、青木の父とは竹馬の友で、青木の採用にも力を貸したという噂がある。

社美彌子(仲間由紀恵) MIYAKO YASHIRO
総務部広報課 課長
警察庁のキャリア官僚として内閣情報調査室に出向していたが、現在は警視庁への出向という形で広報課長に就任。
アメリカに亡命したロシア人スパイと深い関係があるとみられ、公安調査庁からも極秘裏にマークされている。
私生活では一人娘を持つシングルマザー。
亘が自分の周囲を調べるよう命じられていることを知り、亘が希望する特命係への異動を峯秋に働きかけた。

甲斐峯秋(石坂浩二) MINEAKI KAI
警察庁長官官房付
以前は警察庁No.2である次長の職にあったが、特命係に所属していた息子の享(成宮寛貴)が起こした連続傷害事件を受け、警察庁長官官房付のポストに事実上降格される。
それでも警察内での影響力は依然として大きく、美彌子からの依頼を受け、亘の特命係への異動でも裏で手を回した。
また、右京のことは「危険人物」と評しながらも、その能力の高さを認めている。
(出典:キャスト 相棒season15 テレビ朝日 http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/cast/)

Sponsored Link

 - ドラマ

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

kuroijyuunin
黒い十人の女 バカリズム脚本ドラマ あらすじ・キャスト相関図

「黒い十人の女」船越英一郎×バカリズム×名作映画 読売テレビ・日本テレビ系 20 …

basukemokoimo
バスケも恋も、していたい ドラマあらすじ・キャスト相関図

「バスケも恋も、していたい」藤ヶ谷太輔×山本美月 フジテレビ系 2016年9月1 …

150920_006
破裂|NHK 医療サスペンスドラマ|あらすじ キャスト 人物相関図

NHK・土曜ドラマ「破裂」 椎名桔平×滝藤賢一×仲代達矢 NHK総合で、2015 …

img0961
ダメ父ちゃんヒーローになる 崖っぷち人情広告マン奮闘記 あらすじ・キャスト・相関図12月29日(木)よる9時

「ダメ父ちゃんヒーローになる 崖っぷち!人情広告マン奮闘記」主演:沢村一樹 テレ …

suizokukwan-girl
《水族館ガール》 実写版ドラマ あらすじ・キャスト・相関図・主題歌

NHKドラマ10「水族館ガール」主演:松岡茉優 梶良平役……桐谷健太 NHK総合 …

160104_001
検事の死命 ドラマ あらすじ・キャスト 人物相関図

テレビ朝日ドラマスペシャル 「検事の死命」上川隆也×志田未来 2016年1月17 …

tensitoakuma
天使と悪魔 第1話 ネタバレあらすじ・書き起こし

天使と悪魔-未解決事件匿名交渉課 第1話 あらすじ&ネタバレ 蒔田ヒカリ 201 …

geniaksyuraku_top
限界集落株式会社 キャスト人物相関図 NHKドラマ視聴ガイド

反町隆史演じる農家の長男が農業で限界集落の再建に挑む 限界集落株式会社 NHK総 …

img1047
君に捧げるエンブレム あらすじ・キャスト・相関図 1月3日(火)よる9時

「君に捧げるエンブレム」主演:櫻井翔×長澤まさみ フジテレビ系 2017年1月3 …

img0967
陽炎の辻 完結編~居眠り磐音 江戸双紙~あらすじ・キャスト・相関図 1月2日(月)よる9時

NHK正月時代劇「陽炎の辻 完結編~居眠り磐音 江戸双紙~」主演:山本耕史 20 …