Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

【感動物語】 難病女性を救った運命の出会い!

      2017/06/05

Sponsored link

難病女性の運命を変えた偶然の連鎖

1

容赦なくせまる命のタイムリミット

2015年1月、アメリカ・イリノイ州リンキーパーク。

ある女性の元に、見知らぬ人物からかかってきた一本の電話。

それは、運命が変わる奇跡の瞬間でした。

容赦なくせまる命のタイムリミット。

出逢いは、思いもよらぬ更なる奇跡へ……

2

25歳のヘザー・クルーガーは、大きな問題を抱えていました。

3幼い頃から人の役に立つ仕事をするのが夢だったヘザーは、今から10年前の2006年、看護師を目指し、看護学校へ入学しました。

4

そして資格を取り、念願だった看護助手として働き始めました。

しかし、次第にヘザーの体調は悪化し、めまいが続いて立っていられないこともありました。

髪の毛も抜け始め、ついには腸の損傷も見つかり、2014年1月には、好きだった看護の仕事もやめざるを得なくなりました。

ある日、ヘザーが顔に出来たかさぶたを引っ掻いてしまうと、出血が止まらず6時間も続き、集中治療室に運ばれました。

診断は「自己免疫性肝炎」

それは、身体に入った異物を排除する免疫機能が、なんらかの異常により、肝臓内の正常な細胞や組織を攻撃してしまう病気でした。

7

さらに、半年後の2014年7月には、「最悪の場合はあと2ヶ月」と、余命宣告をされるまでに悪化しました。

8

ヘザーに残された道は肝臓移植しかありません。

しかし、脳死患者が出るのを待っていてはおそらく手遅れで、生体肝移植をするしかないと医師に言われました。

それでも、完全に適合するドナーが見つかる保証はないと言われてしまいます。

生体肝移植とは、「健康な人の肝臓の一部を患者の肝臓に移植する手術」です。

肝臓は、1~2ヶ月で元の大きさへと再生します。

9
しかし、アメリカでは、生体肝移植に厳しい条件がありました。

10血液型の一致、年齢や健康状態、そして、移植手術に耐えうるメンタル(リスクを理解し精神的に強いこと)まで必要でした。

11

昨年全米で、年間約7,127件の肝臓移植手術が行われましたが、そのうち生体肝移植はわずか5%だけでした。

適合率が高いとされる家族と、いとこ2人が提供を申し出たのですが、適合する人はいませんでした。

12

ヘザーは、身体中の痛みに苦しみました。

家の中を歩くだけで息切れがして、視力も衰え、好きだった読書もできなくなりました。

母・キャシーさん>>>

「病状はどんどん悪化していきましたが、どんなに辛くても絶対に弱音を吐かない子でした。いつも前向きで、それを見て、私たちも絶対に諦めたらいけない、頑張ろうという気持ちになりました」

わずかな望みに賭け、妹・アシュレーと共に、ドナーを求めるチラシを作成。

それを街頭で配り、フェイスブックでも呼びかけを続けました。

そうすることで、一般から10人が提供を申し出てくれたのですが、肝臓が適合する人はいませんでした。

そんな時にかかってきた、見知らぬ人物からの一本の電話……

偶然の連鎖がつないだ奇跡

13ヘザーに電話をかけてきたのは、クリス・デンプシー、36歳。

彼は、ヘザーの住む町から、12キロ離れた村の役場に勤務していました。

クリスは、いつもなら、昼食は外の店で摂るのですが、この日は店の閉店時間も迫っていたので、2キロ離れた土木部車庫内にある休憩所で摂ることにしました。

そこには丁度、補修工事の学生アルバイトたちが休憩に来ていました。

友人)「ジャック、元気がないな。何かあったのか?」

ジャック)「例のドナーが、まだ見つからないんだ」

ジャックは、ヘザーの従兄弟でした。

クリスとジャックは顔見知り程度で、言葉を交わしたことはありませんでした。

ジャック)「本当に、僕の肝臓をあげられたらな。従姉妹の姉さん、まだ25歳だよ」

友人)「もし、ドナーが見つからなかったら?」

ジャック)「……」

ふと耳にした、肝臓移植を待っている女性の話、名前すら知らない女性なのに、何故かクリスは気になって仕方がなかったのです。

2日が経ち、3日が過ぎるころには、いてもたってもいられなくなりました。

「自分にも何か、出来る事はないのか」と。

クリスはジャックに声をかけ、ヘザーについて詳しく話を聞きました。

詳しい状況をジャックから聞いたクリスは……

クリス)「その生体肝移植の検査、受けるよ」

ジャック)「えっ!?」

クリス)「もし適合したら、僕の肝臓を使ってほしい。その女性のために」

18ヘザーの従兄弟・ジャックさん>>>

「なんて勇気がある人なのかと、とても驚きました。彼にとっては見ず知らずの女性です。何故そこまでしてくれるのか、感謝の気持ちでいっぱいになりました」

クリスはすぐに病院と連絡をとり、適合検査に臨みました。

19その結果……奇跡的に適合したのです!

困っている人がいれば手を貸さずにはいられない

しかし、クリスの母親は大反対でした。

手術のリスクを心配していたからです。

20生体肝移植はドナーのリスクが高く、同じ臓器提供でも、生体腎移植に比べると死亡率はおよそ5倍になります。

さらには、ドナーの25%が術後に合併症を起こしているというデータもあるからです。

それでもクリスはヘザーに電話をして、「私の肝臓をさしあげます」と、肝臓の提供を申し出たのです。

「一人の女性の命を救いたい」という、その一心でした。

クリス・デンプシーさん>>>

「最初、電話の声はとても疲れている印象でした。でも、話をしたら、すごく安心した声に変わったんです。私の決断は間違ってなかったと確信しました」

22クリスは子供の頃から、困っている人がいれば手を貸さずにはいられない少年でした。

23

16歳の時には、脳死の際の臓器提供を決め、その後、骨髄バンクにも登録しました。

24高校卒業後、「人を助ける仕事をしたい」と選んだのは、アメリカ軍の中でも精鋭といわれる海兵隊でした。

25

過酷な任務に従事し、心身を鍛え抜く経験を積みました。

除隊後は、見識を広めるため大学に進学し、卒業後は、故郷の村役場に就職しました。

彼が、違法建築を取り締まる部署に配属された時のことです。

「車椅子の老人が住む古い家が崩れ落ちそうになっている」と聞くと、法例違反だからと取り壊すのではなく、寄付を募って建て直すために奔走したこともありました。

クリスの同僚、アダム・ニールサンさん>>>

「クリスは普段から、見ず知らずの人に奉仕するのが当り前の、いい奴なんですよ。今回の移植の事を聞いた時も、彼らしいなと驚きませんでした。」

クリスの上司、ジュリー・デュカイさん>>>

「対象者から恨みを買うことが多い部署なのに、クリスには感謝の手紙が届くんです。本当に素晴らしい人物だと思いますよ」

そんなクリスだからこそ、ヘザーがどんな女性か全く知らないにも関わらず、移植手術を決断したのでしょう。

Sponsored Link

初めて出会う2人

2015年2月、2人は初めて顔を合わせました。

ヘザー)「クリスさんですか?」

クリス)「そうです、初めまして。体の具合はどう?」

ヘザー)「大丈夫です。あの、本当にいいんですか?私のことなんにも知らないのに」

クリス)「困っている人がいて、僕が役に立てる、それ以上の理由なんて必要ないよ」

ヘザー)「怖くないんですか?」

クリス)「全然!誰かの命を救えるなんて、こんなに素晴らしい体験をさせてもらって、むしろ感謝しているくらいだよ。なんて本当は、ちょっとだけ怖いけどね」

27

クリスは、移植手術にかかる費用のための募金集めもやりました。

手術までの2ヶ月の間、家族ぐるみで何度も食事や映画に行くなどの機会を持ち、移植に反対していたクリスの母も、ヘザーのことをすっかり気に入ってくれました。

好きな食べ物から映画や読書に至るまで、不思議と2人の好みは、ピッタリ一致しました。

いつの間にか、2人で一緒にいることが当たり前になっていました。

クリスは、どんなに苦しくても明るさを失わないヘザーの強さに惹かれ、いつしか恋をしていました。

しかし、手術を目前に控えたある日、クリスはヘザーにこう伝えました。

クリス)「僕は、君に肝臓を提供するけど、そのことで、僕に借りを作ったとは思ってほしくないんだ。だから、手術が終わったら、もう無理に僕に連絡したりしなくていい。それぞれお互いの道を歩いていこう」

クリスは、肝臓を提供することを、彼女に重荷に感じてほしくなかったのです。

そして、2015年3月16日……

31

クリスからヘザーへ、生体肝移植手術が行われました。

クリスは8時間、ヘザーは12時間にも及ぶ大手術になりました。

32

結果は、見事成功!

肝臓は、ヘザーの中で正常に機能し始めました。

33クリスも無事、肝臓は1ヶ月後に、元の大きさに戻りました。

34

見ず知らずの女性に肝臓を提供したクリスの行いは大きく報道されて、数多くの称賛が寄せられました。

手術後の2人は……

手術から一年が経った2016年3月……

スタッフはクリスさんのもとを訪ねました。

手術後の様子を聞いて見ると……

クリス)「一度退院してから、合併症が出て再入院したんです。結局、移植手術から、3週間ほど病院にいました。今は健康そのものですよ」

スタッフ)「手術の後なんですけど、ヘザーさんを訪ねたりはしてないんですか?」

クリス)「ああ、もう彼女を訪ねに家へ行くことはないよ。いろいろあったんだ」

やはり2人は、もう別の道を歩き始めているのでしょうか?

すると、奥からヘザーさんが歩いてきました。

ヘザー)「こんなに元気になりました」

なんと、クリスさんの家にヘザーさんが!

2人は1ヶ月前から、一緒に暮らし始めているそうです。

手術の後、2人は正式に交際を開始していたのです。

38

ヘザー・クルーガーさん>>>

「彼は、前から特別な存在だったけれど、好きという気持ちを持ったのは、実は手術の後なんです。私が苦しい時に、自分だって辛いはずなのに、ユーモアと暖かい気持ちで包んでくれたんです」

クリス・デンプシーさん>>>

「深刻な病気にも関わらず、いつも前向きで、健康な私の方が勇気をもらいました。素晴らしい女性に巡り合えて、本当に幸せです」

エンディング・ストーリー

40

手術から9ヶ月が過ぎた2015年12月10日、デートの後にクリスがプロポーズしました。

クリス・デンプシーさん>>>

「ホテルの庭園でプロポーズしました」

ヘザー・クルーガーさん>>>

「私、思わず泣いてしまって、彼が『イエスと思っていいの?』と聞くので、うなずいて、『そうよ』と答えました。クリスからもらったのは、肝臓以外にも、希望や愛など、私にとって二度目の人生のチャンスそのものです。どんなに辛いことがあっても、諦めないで生きていれば、必ず幸せになれるんですね」

クリスがヘザーの話を聞いた土木部車庫内の休憩所は、週に一度行くか行かないかの場所でした。

生体肝移植をきっかけに育まれた奇跡の愛。

クリスさんの暮らす家に引っ越してきたヘザーさんの薬指には、エンゲージリングが!

10月には結婚式が待っていて、その準備もまた、幸せなひと時です。

クリス・デンプシーさん>>>

「結婚するので、彼女を出来る限り幸せにしたい。出来れば将来、子どももほしいです。彼女と結婚する日が待ちきれない」

ヘザー・クルーガーさん>>>

「私の今の夢は、健康なまま幸せに長生きすることかしら」

運命の赤い糸がつないだ「命と愛」。

それは、永遠に2人の中で輝き続けるでしょう。

いやあ、映画になってほしいですね。

[出典:2016年4月21日 奇跡体験!アンビリバボー]

Sponsored Link

 - 感動

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

sibazakura
【世界が感動!!】妻の為に植え続けたシバザクラの秘密

奥様を元気づけるために旦那様が10年かけてしたやった事さしい事とは? ”夫婦の愛 …

150122_002
【感動実話】浜松積志小学校 風船の手紙が結んだ奇跡の物語

小学生のアイディアが奇跡を生んだ 54年前…友達が欲しくてやったこと 『風船の手 …

seicho
【感動】中澤弘光絵画《静聴》が結んだ夫婦の愛情物語

運命の2人★ある夫婦に秘められた奇跡の出会い 不思議な恋の物語 埼玉県に暮らす柴 …

img1705
ほんとにあったイイ話~富士山頂の卒業証書

教え子たちからのサプライズ!先生に贈られた卒業証書 このお話の主人公は、神奈川県 …

img0344
【感動】かりゆし58 アンマー誕生秘話まとめ アンビリバボー2016.10.6

かりゆし58 アンマー誕生秘話 2016年10月6日放送 奇跡体験!アンビリバボ …

150808_004
ゴルゴ松本『命の授業!』少年院での魂の授業【感動】

心が大事なんだよ。魂は輝くんだよ! ゴルゴ松本少 年院でボランティア 心が動く… …

150302_008
【感動実話】嫌がらせのためだけのキャラ弁に秘められた母娘の絆

キャラ弁に込めた母の愛 はじまりはここから ⇒ ttkkの嫌がらせのためだけのお …

9
中村哲雄町長の挑戦!岩手県葛巻町おこし革命作戦 アンビリバボーまとめ

故郷に自信と誇りを★町変えた仰天のアイデア 2016年10月27日放送「奇跡体験 …

tarachan
【感動動画】 飼い猫タラちゃんが犬に体当たり、子どもの命を救う! 【全米が泣いた】

子供を犬から救った猫 タラちゃん 猫が猛犬に体当たり、飼い主の子ども救う 米カリ …

kakitani
【感動実話】 柿谷曜一郎 ライバル香川真司との知られざる真実

柿谷曜一郎選手の感動エピソード! 2014年4月6日TBS「今夜解禁!石橋貴明の …