Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

『あさが来た』第46話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

   

Sponsored link

NHK朝ドラ「あさが来た」第46回 あらすじ&ネタバレ

加野炭礦(かのたんこう)・・・

1ヶ月半ぶりに加野屋に戻ってきたあさ。

あさは店先で、

あれ? これは・・・

「加野炭礦」と看板が掛かっていました。

加野炭礦(かのたんこう)・・・

どや、よう出来てますやろ?(正吉)

わてが作ったんだっせ。(亀助)

亀助、雁助、弥七、うめが

外に出てきました。

新しい加野屋の始まりだす。(亀助)

皆様、お帰りなさいませ。(うめ)

おかえりやす。(亀・雁・弥)

ただいま。なんや、不思議だすな。

ん!?(新次郎)

こないしてみたら、もうすっかりこの町が

この家がうちの故郷みたいに思えます。

はっは、そらええこっちゃ。(新次郎)

私も、大きな声で「ただいまー」言わな

あかんのや、「ただいまー」(正吉)

笑いながら店に入っていくみんな。

雁助は一人、「加野炭礦」の看板を

見つめていました。

その姿を見つめているうめ。

おかえりやす、おあさ様。

女中たちが台所であさに挨拶します。

ただいま。みんなも元気みたいで良かった。

おあさ様もお元気みたいで、ねえ。

なんや、また一段と綺麗にならはって。

ふゆは一人、輪から離れていました。

また炭坑へ行く、言いますのんか?

あさは、

加野屋の炭鉱部門を一手に引き受け、

今まで以上に張り切って働くように

なりました。

あさの席に来た客に、亀助が、

お客さん、両替屋はこっちや

あらしません。こっちだす。

こっちゃへどうぞ。(雁助)

折しも、明治5年の秋、東京で、新橋から

横浜までの鉄道が開通してからというもの、

国内では石炭の需要がどんどん高まり、

あさは、軌道に乗り始めた炭坑の責任者

として、大阪と九州の間を頻繁に

往復するようになりました。

はあ、また炭坑へ行く、言いますのんか?

新次郎に言われ、あさは、

へえ、支配人の宮部さんから手紙が届いて

なんや、うちのいてた時といてへんように

なってからでは、石炭の採れ高がえらい

違うてしもうてるみたいなんだす。

せやさかい、

時々様子を見に行かなあきまへんのや。

ほう、そうだすか・・・

旦那様も一緒に行ってくれはりまへんか?

ふっ、行きまへん!

やっぱり・・・ほな。

その様子を廊下で聞いていたふゆ、

新次郎様、お気の毒に・・・

自分とこで作ったらよろしいやんか

藍之助と遊ぶ新次郎。

なんや、また来てはりますのかいな。

惣兵衛が文句を言います。

またとはなんや、なあ、藍之助!

ほらあ、笑うてますがな。

可愛らしいなあ。

ちいちゃい納屋が、新次郎はんの

持ってきたおもちゃでいっぱいですわ。

そない子ども好きなんやったら、

自分とこで作ったらよろしいやんか。

そない言うたかてお前・・・

そうだす旦那様、余計な事言うたら

あきまへん。(はつ)

せやけどやで、

藍之助の奴、新次郎はんの事、

お父ちゃんて呼んだんや。

お父ちゃ~ん。(藍之助)

ほーら、またー。

ほんまや~。

しょうがあれへんがな、惣兵衛はん

あない長いこと家空けてたんやさかい。

な、藍之助!

わてが、お父ちゃんやでー。(新次郎)

そやけどな、いや、あかんあかん。

藍之助、お前のお父ちゃんわしやー、

早う行こ!

惣兵衛は、

藍之助を抱っこして連れて行きました。

新次郎ははつに、

けど、人言うもんは

あない変わるもんなんやなあ。

へえ、あれがあの人の

ほんまのお姿なんだすやろなあ。

まあなあ、あない可愛いお子がいてたら、

どないなことがあっても頑張れる

いうもんだすわな。

・・・(はつ)

お、姉御!

九州・加野炭坑。

あさは炭坑に入っていきました。

カズが、

あ、奥さん、お早うございます。

お、姉御!

姉御が来よなったが!(福太郎)

お早うさん!

お早うさんだす。皆さん、

気張って働いてくれてはりますか?

治郎作が、

ああ、もちろんちゃー!

のー!?

おー!(みんな)

あさは、

時には坑夫たちと働き、時には

女たちと食事を共にするなどして、

すっかり働く者たちから「姉御」と

呼ばれ、親しまれていました。

あさは、

納屋頭のサトシが気になるようです。

サトシはあさを見つめています。

あの坑夫さんは・・・?

このまま、採炭量が増え続けたら、

加野炭坑は安泰ですばい。(宮部)

そげん言うてん、その分、掘らなならん

石炭の量が増えとるっちゅうこったい。

坑夫たちは疲れとるがー。(治郎作)

たーんと働いてもろうてるのに、

暮らしむきが楽にならへんのは

あきまへんなあ。

なーんかええ手、考えな・・・

サトシが戸を開けて、

親分、ちいーとよかですか?

おお・・・

親分さん、現場が大事だす。

行っとくなはれ。

おう、そんなら。

どげんした?

あさを見つめるサトシに頭を下げるあさ。

サトシはゆっくり戸を閉めました。

あの坑夫さんは・・・?

宮部は、

ああ、あれは、

納屋頭の一人でサトシ言うとですよ。

若いのになかなか仕切りのいい男で。

ふーん、そら、有り難いことだすな。

外で一人立っているサトシ・・・

まさか!?

あさは、九州の炭坑から帰ると、

決まって、はつの元へ通いました。

馬に乗るお稽古してるんやて?

へえ、山は広うてなあ、歩いて見て

回ってたら、何日あっても足らへん。

せやさかい、

お馬に乗るお稽古もしてるんだす。

大分、

お上手になりはったみたいで。(うめ)

そう、まあ、お琴よりはお馬さんの方が

あさに合うてるかもわからへんな。

間違いなくそうだすわ。(うめ)

うなずく惣兵衛。

そやろか?

頼まれてたお漬もん、あんたが来るまでに

間に合わへんかった、今度持ってくわな。

おおきに、お義父様もお義母様も喜びます。

せやけど、大丈夫?

なんや顔色悪いみたいやし。(あさ)

それが・・・

黙るはつ。

へっ!?

惣兵衛を見るあさ。

あわてて仕事をする惣兵衛。

まさか!?

そや!

へえ!? 旦那様戻って来られた思うたら

もう2人目て。(うめ)

しーー! お義父様とお義母様に知られたら

大騒ぎになるんで、

まだ内緒にしてんのやさかい。

すんまへん。せやけどまだ、お坊ちゃんの

散歩から帰ってきてはらんみたいやし。

そやけど、あ~、

お姉ちゃんには敵わへんなあ。

加野屋のやり手の若奥さんが

何言うてますのや。

やり手やなんて、誰も言うてくれまへん。

けったいな若奥さん言われてますわ。

加野屋の4男坊とか・・・

そやなあ、お仕事頑張るのはもちろんええ事

だすけど、もうすこーし、

旦那様といてる時を作らなな。

どないだす?

うん・・・

お百姓、生業にせえへんか?

納屋の中ではつと惣兵衛は縄を作りながら、

何偉そうに言うてますのやろ、うち・・・

お姉ちゃんぶって偉そうに。

子産むことしか出来んくせに・・・

なあ、はつ。

わしな、もう

両替屋にも商売にも未練あれへん。

お前さえ良かったら、わしらいつかどっかに

ちいそうてもいいさかい、土地買うて、

お百姓、生業にせえへんか?

うちらが、お百姓さんに?

そうや! 元は今井のお嬢さんやったお前に

そないな暮らしさしたら悪いな思うけど。

考えたことあらしまへんなんだ・・・

そやけど、そらよろしおますな。

いつか自分らでお百姓が出来たら、そない

なったら、どんなによろしおますやろか。

ははっ、せやろ!? まあ、今は

土地買うなんて、夢みたいな話やけど、

それでもいつか、大きい田畑で、青もんや

果もん仰山作って子どもたちにお父ちゃん

お母ちゃん言われてわいわい囲まれて・・・

わしは、そないな暮らししたいんや。

微笑むはつ。

おふゆちゃん、すっかり人気もんや

あさとうめが、新次郎たちが手紙を

書いている所に来ると、ふゆが、

新次郎様の字は、お綺麗だすなあ。

以前、新次郎様がおあさ様に送りはった

文を見てしもうたことがあったんだす。

それ以来ずうっと、あんな綺麗な字を書く

のはどんなお方やろと思ってたんだす。

へー、そうか?

へえ。

おふゆちゃん、わての字はどないや?

これ、ここ・・・(亀助)

丸こくて、可愛らしい字だすな。

ああ、ほんまに!?ははは。

うめが咳払いをして、

えらい楽しそうだすなあ。(うめ)

新次郎はあさに、

あ、おかえり!

今、亀助と、ふゆちゃんの実家に出す文、

書いてあげてますのや。

へえー、そらよろしおますなあ。

いえ、番頭さん、おおきに!

失礼いたします!

ふゆは、亀助が書いた文を持って

立ち去りました。

おふゆちゃん!

あっ、行ってしもうた。(亀助)

番頭さんの字は可愛らしい言うより

ミミズみたいだっせ。あんなんやったら

わてが書いたりましたのに。(弥七)

なんて事言うのやお前ー。

はっはっは。ほならわて、

ちょっと行ってきますわ。あさの言うてた

通り、おふゆちゃん、すっかり人気もんや。

へえ・・・、ほんまに!?(あさ)

お母はん!

あさは一人、廊下に立ってため息をつき、

はあー、なんやろ、この気持ち・・・

若奥さーん!(くま)

へえ、どないしました?

店の外には梨江がいました。

お母はん!

あさー!

京都から、

別れのあいさつに来た梨江でした。

つづく。

ふゆは新次郎が好きなんですね。

でも、亀助と一緒になったほうが

良さそうな気がします。

Sponsored Link

『あさが来た』ネタバレ・あらすじ一覧【見逃した回はありませんか?】

【あさが来た・人物相関図】人間模様・出演者役名キャストをチェック!

Sponsored Link

 - 【終】あさが来た(NHKテレビ小説)

[PR]

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

asagakita
『あさが来た』第60話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第60回 あらすじ&ネタバレ やや子ができたとやないで …

asagakita
『あさが来た』第42話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第42回 あらすじ&ネタバレ 売られた勝負は、買わんと …

asagakita
『あさが来た』第31話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第31回 あらすじ&ネタバレ どこがめでたいんや? あ …

asagakita
『あさが来た』第94話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第94回 あらすじ&ネタバレ 私はもう、あささんには会 …

asagakita
『あさが来た』第22話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第22回 あらすじ&ネタバレ せやけどなんでだす? あ …

asagakita
『あさが来た』第63話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第63回 あらすじ&ネタバレ おなごに評判いい頭 時は …

asagakita
『あさが来た』第87話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第87回 あらすじ&ネタバレ 雁助とうめ 店に、あさの …

asagakita
『あさが来た』第82話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第82回 あらすじ&ネタバレ 「女難の恐れあり」 (お …

asagakita
『あさが来た』第72話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第72回 あらすじ&ネタバレ 正吉が亡くなって・・・ …

asagakita
『あさが来た』第97話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第97回 あらすじ&ネタバレ 今やすっかり、肝っ玉お母 …