Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

『あさが来た』第62話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

   

Sponsored link

NHK朝ドラ「あさが来た」第62回 あらすじ&ネタバレ

大阪に戻るあさ

サトシと宮部の会話・・・

だけんが、それももう終わりたい。

えっ!? 終わりっち、なんね?

俺は、あやつらにこの炭坑の経営が

でけんごとしたるったい。

えっ!? なんっち?

なんでんなか! どいてくれんね。

そげなとこにおったら、石ふってきて

潰されてしまうったい。

その頃あさは、横になって、

みかんの匂いを嗅いでいました。

朝になって、鼻にみかんの皮をつけたまま

人々の待つ外に出てきたあさ。

その顔を見て、驚く治郎作とカズ。

すんまへん、しばらくは来られへんと

思いますけど、よろしゅうに。

ええん、気にせんでよか、こっちのことは

俺に任せといてくれい。(治郎作)

どうかご無事に生まれますように。(カズ)

あさ姉ちゃん、がんばりや!(子どもたち)

親分さん、カズさん、みんなも、おおきに。

坑夫たちも来て、

姉御、きばってな!

そうじゃ、きばらにゃな!

ええ子を産んで!

おおきに、みなさん。おおきに。

なんや、こっちの働き手のみんなも、もう

すっかり家のもんみたいだすなあ。(うめ)

サトシを捜す新次郎に、

旦那様? どないかしはったんだすか?

いいや、それより、

どないかならへんのか、その鼻!

はっはっはっは。(みんな)

すんまへん、せやけど、こないして

おみかんの匂い嗅いでましたら、

びんつけ油の匂いも、ちょっとは

気にならへんようになりますさかい。

そら、しゃあないなあ。

ほな、行こうか。

うめが亀助に、

亀助はん、一人で寂しいこっちゃ思います

けど、どうか気張っておくれやす。

ふゆにも、亀助はんがどないに頼りに

なったかようよう話しときますさかい。

ええっ? え、わかりました。

亀助さん、よろしゅうお頼みもうします。

頼むで!

へえ、新次郎さん、若奥さん、

任しとくなはれ。

こうしてあさは、新次郎やうめと一緒に、

九州の炭坑から大阪に帰っていきました。

ええ針の先生、知ってはりますやろ?

数日後、大阪の加野屋に着くと・・・

今、帰ったで!

新次郎があさを抱えて店に入ってきました。

お帰りやす!(みんな)

お義姉さん、どないしはったんだす?

話はあとや! 早う布団ひいたって。

あさちゃん、帰ってきたんやて?

正吉とよのが走ってきました。

口を手で押さえるあさを見て、よのが

はっ!? どないしたん?

つわりだす、何食べさしても

吐いてしまいますのや。

正吉がよのに、

ええ針の先生、知ってはりますやろ?

ああっ、かの、来てもらって。

わかりました。

新次郎はあさを抱えて寝床に急ぎます。

あさ、帰ってきましたで、もう大丈夫、

大丈夫やさかいな!

おあさ様!(ふゆ)

あさに針をうつ鍼灸師の先生。

あさのつわりは、それから1ヶ月以上も

続いたのち、季節の変わる頃になって

ようやく少しずつ落ち着いていきました。

さっぱりなあ・・・

腹帯をお締めいたしました。(うめ)

新次郎、正吉、よのの前に出るあさ。

まあ、ようよう無事に

帯結わいができましたなあ。(よの)

ほんまやなあ、いっときはどないなる

ことかいなと思うて、

心配しとりましたんやで。(正吉)

ご迷惑をおかけして、すんまへんだした。

せやけど、まだ無茶はあきまへんで。

もうあんただけの体や

あれへんのさかいな。(新次郎)

その通りにいたします。

あーれま、

今日はいやに、素直やないの?(よの)

今回ばっかりは、身にしみました。

体は丈夫な方や思うてたけど、こない

苦しいこともあるんやて・・・

きっと、お腹の子が教えてくれたんだす。

思いあがったらあかんて。

そら頼もしいな。頭のええ子や。

せやさかい、もう無理はいたしまへん。

無理は子が生まれてからにいたします。

はあ!?(正吉・よの)

おあさ様!(うめ)

なーんにも懲りてまへんがな。(よの)

いかにもあさちゃんらしいけれども、

ほどほどにしときなはれや。

近頃の街では、髷結うてるもんがえらい

減りましたなあ。(弥七)

へえ、断髪令が出てからもう

5年経ちますさかいなあ。(うめ)

なんでも、異国では髷はぶたのしっぽや

言うて笑われるて。(かの)

弥七は、

はあ!?失礼な話やなあ。けど、こない

暑い季節になってきたら、ああいう

さっぱりした頭、羨ましいなあ。

その話を聞きながら、自分の髷を

触っていた新次郎は、

さっぱりなあ・・・

それはまあ、お前たちの判断だすな

今井の母が、薬を送ってきました。

こないようけ!?(あさ)

うめが、

ええ、奥様からだす。今は、旦那様と

忠嗣様は、銀行言うののお支度で大変で

どうしても来られへん言うて、こないに

ぎょうさん、

ええお薬送ってくれはりました。

銀行・・・

いよいよ、お父はんの願うてはった今井の

銀行ができますのやなあ。

「今井銀行開業へ」と書かれた新聞を読み

正吉は、新次郎、榮三郎、雁助に、

今井さんが銀行開業しはったら、まあ他の

両替商も次々と銀行に変わっていくという

流れだわな。

銀行だすか?(榮三郎)

ほんま言うたらな、3年前にもう、

あさちゃんが加野屋を銀行にしたいと

言うてはりましたのや。

せやったなあ。(新次郎)

まあ、正直言うて、今の加野屋は両替商の

看板はあげてるだけで、何のもうけも

あらしあへんなあ。石炭の稼ぎの方で、

ようようやってるという、みんな知ってる

ことだす。

先祖代々のお金の仕事続けよう思うたら、

銀行になるしかあらへんのだすやろか?

榮三郎に聞かれ、正吉は、

それはまあ、お前たちの判断だすな。

やっぱり、お前も一緒に行こう

店で、榮三郎が雁助に、

雁助、どない思う?

へえ、ま、両替屋ちゅう仕事が時代に

合うてへんようになってきたいうのは

確かだす。そやけど銀行が志のあるもんに

金貸すなんて誰がそないな怪しい話、

信じます?わては、銀行なんちゅのは

ただの流行りで所詮長うない思うてます。

加野屋も無理して変わらんでも、今の

ままでもっとええ術探したほうがええんや

ないかと。

そやな。わてもそない思いますわ。

五代さんは、銀行は両替商の新しい形や

炊きつけはるけど、あれは異国帰りの

人の考えや。わても日本でそないあっさり

銀行が通用するとも思わへん。

お兄ちゃん、どないだす?

客のざんぎり頭が気になっていた新次郎は

うん・・・ん?

いや、せやから、そないな異国の流れを

あっさり取り入れてええんか言う話で。

異国の分野なんて金輪際関係あれへんて

思うてたけど、ええもんやったら、

取り入れていかなあかんしなあ。

髪を触りながら、ざんぎり頭を

考えている様子の新次郎。

えっ!? 銀行にしたほうがええって

言わはりますのか?

あっ!? わてそないなこと、

どっちでもかまへん。

立ち上がって行こうとする新次郎に、

待っとくれやす。(榮三郎)

やや子が男の子か女の子か、あさに

似てるかわてに似てるか、それやったら

まだしも、銀行か両替屋かなんぞ、

どっちでもよろしい。なーんにも、

ケチつけへんさかい、雁助とお前とあさで

決めてえな。

そんな・・・

せや、あさはお腹空いてるときはまだ気分

悪い言うてるよって、話すんのやったら

満腹のときにしたってな。ほなな。

はあ・・・

なんでお兄ちゃんは、あないにお商売の話

嫌がりますのやろ? お子ができて、

ちょっとは変わると思うたのに。

榮三郎!

やっぱり、お前も一緒に行こう。

雁助もな!

はいっ!?(榮三郎・雁助)

笑って手招きする新次郎。

後世に何を残せるか・・・

床掃除をするあさに、ふゆが、

おあさ様! そんなんうちがやります。

おおきに、これくらいもう平気や。

それに、ようお掃除したほうが、綺麗な

やや子が生まれるて言いますしな。

へえ。

おあさ様、五代様が

お見えになってはります。(うめ)

へえっ!? 五代様が?

すんまへん、八代目も主人も

どっか出ておりまして。いったいどこに

行ってしもたんやろう?

いやいや、良かった。寝込んではるて

聞いてましたんやけど、お顔の色も

もうよろしいようですな。

せやけど、

寄合所にも行かれしまへんのや。

何言うてはります、子どもを産み育てる

いうことは、国家のどんな新しい産業

起こすよりもお国のためになることです。

そないなことだすやろか?

はい。しかしなあ、あなたが母親に

なるなんてな。

自分でもまだ信じられまへん。

お姉ちゃん見てたら、妊婦さんてえらい

優しい顔してはるて思うてましたけど、

なんでかうちは、まるであべこべで。

五代様もどないだす?

今は何してはるんだすか?

ええ、前に一緒に見た米会所、

覚えてはりますか?

あれだけ栄えてた米相場も今では昔ほどの

賑わいはなくなってしまいました。

私は大阪経済のために、あれを再生させな

あかん思うてまして、今いろんな人たちの

力借りて動いているとこです。

そら素晴らしいことだすなあ。

なんや、そないな話聞いてたら、

動きとうてむずむずしてしまいます。

焦ることはありません。今はお金のことや

仕事のことは考えんかてよろしい。

どんなに働いてても、

人はいずれ死んでしまうし、

お金は墓場には持っていかれへん。

それよりも問題は、

後世に何を残せるかだけです。

後世に何を残せるか・・・

うふっ、さっぱりぽんや!

ま、あれま!?

ん? うめの声だす。

どないしたんやろ?

みんなが集まっているなか、

うめ、どないしましたんや?

新次郎様が、榮三郎様も、番頭さんまで。

何言うてるのか、

ちょっともわからしまへんがな。

あれは?

ええっ!?

ゆっくり歩いてくる新次郎。

新次郎さん・・・(店の者)

やっ、なんてこと・・・

うふっ、さっぱりぽんや!

つづく。

さっぱりぽんとは、ざんぎり頭?

びっくりぽんは、いろいろ活用できますな。

Sponsored Link

『あさが来た』ネタバレ・あらすじ一覧【見逃した回はありませんか?】

【あさが来た・人物相関図】人間模様・出演者役名キャストをチェック!

Sponsored Link

 - 【終】あさが来た(NHKテレビ小説)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

asagakita
『あさが来た』第58話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第58回 あらすじ&ネタバレ 例の、お三味線の・・・ …

asagakita
『あさが来た』第145話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第145回 あらすじ&ネタバレ さてはこの銀行もあぶな …

asagakita
『あさが来た』第65話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第65回 あらすじ&ネタバレ 親分が、穴の中におったと …

asagakita
『あさが来た』第119話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第119回 あらすじ&ネタバレ お義姉さん、困ったこと …

asagakita
『あさが来た』第113話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第113回 あらすじ&ネタバレ 要注意人物の四人 (閻 …

asagakita
『あさが来た』第117話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第117回 あらすじ&ネタバレ 養之助は、村の若いおな …

asagakita
『あさが来た』第148話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第148回 あらすじ&ネタバレ 花嫁衣裳選び 季節は変 …

asagakita
『あさが来た』第13話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第13回 あらすじ&ネタバレ わては雨男やさかいな 新 …

asagakita
『あさが来た』第118話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第118回 あらすじ&ネタバレ 大隈重信に会いに行くあ …

asagakita
『あさが来た』第149話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第149回 あらすじ&ネタバレ 笑われしまへん・・・ …