Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

『あさが来た』第74話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

   

Sponsored link

NHK朝ドラ「あさが来た」第74回 あらすじ&ネタバレ

男やったら、覚悟決めなはれ!

よのはあさに言います。

ええか、あんたは欲張りや。

あんたはよそのお嫁さんと違うて、男はんと同じように外で仕事する言う道を選びはりましたんや。

そやのに、家を守るおなごと同じように、お母ちゃんやりたいやなんて、わがままだす。

何かを選んだら、あきらめなあかんことかてあります。

たとえ、寂しい思うことがあっても、母親のくせして仕事ばっかりしてて、後ろ指差されることがあっても、わが子に背中を見せるつもりで、胸張って気張らなあきまへん。

それがあんたが選びはった道の歩き方やおまへんのか?

そやのになあ、今頃になってぶつぶつ言うて。

ええか、あささん!

男やったら、覚悟決めなはれ!

はい、お義母様!

えっ!?(新次郎)

ん?(うめ)

はっ!? お義母様、うちおなごだす・・・。

あれま!?(よの)

あささんなりのお母ちゃんにならはったらええのや

あれま、あれま、勢いで間違うてしもうたがな、はははは。

まあな、おなごも覚悟を決めなあかん言うことだす。

いいや、おなごも、おなごやからこそ尚更、よけい覚悟を決めなあかんのだす。

へえ。

あんたさっきな、もうちょっと大きいなるまででええさかいて言いはりましたけどな、子育てで目離してええ時なんぞ一時もありゃしまへんのやで。

せやけど幸い、千代には、一家のみんながいてます。

うちかてかのかて、うめかてふゆかて、それになんて言うたかて、このお父ちゃんがいてますがな。

みんなが、千代のことを見てます。

せやから今さら、うちやおはつさんみたいに「ええお母ちゃん」になろ思わんかてええんだす。

自分で言いますか?(新次郎)

あささんなりのお母ちゃんにならはったらええのや。

お義母様・・・。

おおきに、すんまへんだした。

うち、お義母様や旦那様やみんなのおかげで、こないして働かせてもろてるのに、わがまま言うて。

わかったらよろし。

せやけど、それやったらお母ちゃん、そらあさに、「東京行け」言うことだすか?

ええっ!?(あさ)

東京やなんて・・・、いや、せやけど、まあ・・・ええか。

仕事のことやったら、好きにしなはれ。

お義母様・・・。

その代わり、千代はあんたの思うようにはさせしまへんさかいな。

どないえらいお祖母ちゃん子になっても、知りまへんさかいな。

ええっ!? お祖母ちゃん子?(あさ)

いえ、千代は、お父ちゃん子に決まってます。(新次郎)

ええっ!? お父ちゃん子?(あさ)

いいや、わからへんのは新次郎、あんただす。

なんであんたが、あささんの東京行きを許そうと思いはったんか。

さあな、そら何でだすやろな、せや、わて千代のとこ行ってこ!

あっ、待って、うちかて行きます!

また新しいの(張子のネコ)、お祖母ちゃんが作ったんやで~。

行ってしもうた。(あさ)

くれぐれも、殿方と、過ちのないように

大きな張り子のネコに向かって話すよの。

あ~あ、これで良かったんかいな?

へえ、ほんまに良かったんだすか?(かの)

わからへん、せやけど、旦那様がのうなりはった時に、決めましたんや。

あの人は、あささんを子どもや思うて、あの3人にお家を任せるて決めはったんやさかい、うちはこれからは、それを見守っていかなあかんてな~。

奥さま・・・(かの)。

それに千代は、今のうちの生きがいだす。

駆けてきたうめに声をかけるよの。

うめ!

へえ。

うめ、あささんをくれぐれもよろしゅう頼んますな。

へえ。

くれぐれも、怪我のないように。

くれぐれも、殿方と、過ちのないように。

へえ、重々・・・。

九州には、わてが行きます

寝ている千代の側で、新次郎に話すあさ。

夜泣きで寝えへん時は抱っこして、耳たぶのとこ触ってあげると、だんだんうとうとしますさかいに。

ふんふん、わかった。

それから、可愛いのはわかりますけど、何でもかんでも甘やかしすぎ言うのはあきまへん。

甘やかすて、そらちいちゃい子に甘えさせな・・・。

そらそうだすけど、なんぼ小そうても、この子はもう、人の言うことはようわかってますし、自分の了見も持ってます。

その証拠に、お芋さんもよう食べますけど、柔らかいご飯は、わざと落としたりしますのやで。

えっ!? あれわざとだしたんか?

へえ、せやさかい、旦那様がよう見て、したらあかん事はあかんて、優しゅう言うて教えておくなはれ。

わかった・・・、(千代に)あんた、やっぱり頭ええなあ。

それから、あと何やろか?

お義姉さん!

榮三郎が来ました。

そないにあせってばたばたしはらんかて、東京へは、じっくり行ってきはったらよろし。

ええっ!?

九州には、わてが行きます。

榮三郎さんが!?

しーっ! お前が行くて?(新次郎)

へえ、わても炭坑はお義姉さんに任せきりやったさかい、勉強のためにもいっぺん、自分で足運んで見て来よ思いますのや。

まあ、雁助とも積もる話もありますさかいな。

そうか、そらええわ。

榮三郎さん、よろしゅうお願い致します。

へえ、任しとくなはれ。

庭で千代が歩いています。

上手、上手、千代、お母ちゃんとこおいで!

あさが千代を抱き上げると、千代が指をさしています。

ん? 何か見える?

千代との別れ

そして、五代との約束の日となりました。

それでは、行ってまいります。

行っといで。(新次郎)

あとのことは、よろしゅうお頼もうします。(うめ)

気つけて、行っといでやす。(亀助)

お早うお帰りやす。(ふゆ)

あさを見つめる千代。

振りかえってあさが歩き出すと、千代が「ふえ・・」と声を出しました。

あさが振り向くと、千代が歩いてきました。

千代!(新次郎)

あさは駆け寄り、目から涙がこぼれました。

思わず千代を抱きしめるあさ。

あさは千代と離れがたい様子です。

おあさ様、そろそろ船が・・・。

新次郎は千代を抱っこしました。

あさは涙を拭いて、覚悟を決めました。

行ってまいります、どうかよろしゅうお願い致します。

任しとき!(新次郎)

目を真っ赤にしながら、あさは歩いて行きました。

東京に着いたあさとうめ

あさとうめは、大阪から横浜までを船で、横浜から新橋までを汽車に乗り、ようやく東京へたどり着きました。

東京・新橋の街を歩くあさとうめ。

五代様の事務所は、「築地」言うとこだしたなあ。

へえ、たいした道のりやない言うてはったのに、どっちだすやろなあ、うめはもう疲れてしもて・・・。

そうやうめ、大丈夫やった?

えっ!? おいど(お尻)だすか?

おいどやったら大丈夫やございまへん。

丘蒸気が、こないにおいどが痛なる乗り物やとは思いまへんだした。

昔、おあさ様がよう、おいど叩かれてた気持ちが、ようようわかりました。

まだ痛みますのんか?

うちは案外ええ乗り心地で、感心してましたのに。

あの石炭の煙、ようやっと、念願やった丘蒸気に乗れましたわ。

ん? 何だすあれ?

福沢諭吉との出会い

向こうから、福沢諭吉(武田鉄矢)と弟子たちが、小走りにやってきて、通り過ぎていきました。

なんでだす? なんでみんなで揃って歩いてはるんやろ?

面白そうや、行ってみまひょ。

あの~、すんまへん!

立ち止った諭吉たち。

すんまへん、築地言うのはどっちだすやろか?

ああ懐かしい、その言葉は大阪ですね?(諭吉)

へえ、待ち合わせしてますのやけど、東京は初めてなもので。

築地ならば、北西になりますな、ちょうど逆になりますな。

そうだしたか、お忙しいとこ、おおきに有難うございます。

いやいや、ちなみに、辻馬車乗り場は北ですね、あちらですな。

馬車がございましたんだすか? そらええこと聞きました。それやったらおあさ様・・・(うめ)

おおきに、せやけど、せっかく東京に来ましたんやさかい、街並みを見ながら歩こ思います。

歩く?(諭吉)

歩くて・・・(うめ)

ああ、それはいい、歩行は心身の鍛錬に最適です、なあ諸君!

ははは・・・(弟子たち)

何だよ、何里か歩いただけで情けないぞ、諸君は。

しかし、あなたそのか細い体で築地まで、待ち合わせに間に合うように歩くことはできるんですか?

へえ、大丈夫や思います、いつも山道をよう歩いてますさかい。

山道を!? どこの山を?

北九州の、忠隈山だす、ええ石炭が採れますのや。

石炭? 何故石炭を?

それは、石炭で、丘蒸気や船や、日本を動かしたいからだす。

どうして・・・、何故東京に来られたんですか?

ええと・・・、「しびれ芸者」を見に。

しびれ芸者?

ご存じだすか? 「文明」、言う意味なんだっせ。

ほー・・・。

ほな、おおきに、有難うございました。

はいはい。

有難うござました。(うめ)

お気をつけて・・・。(諭吉)

あさたちが行ったあと、諭吉は弟子たちに言います。

話してる途中で、ようやく気がついたが、あのおなごは相当の変わりもんだぞ。

平静から、九州の鉱山を歩き回るとは、とんでもないことを言う。

そのうえにだ、「シビリゼイション」、「文明」と私に説明しよった、この私にだよ、えー。

まあ、あら、相当な・・・変わりもんだな、おかしなおなごだ。

なにが「しびれ芸者」だ、ほんとに・・・。

先生、落ち着いてください。

そうだな、いかんいかん、散歩の途中であったな。

再び、小走りに散歩する諭吉たち。

この親切な男性が、日本に近代思想をもたらした立役者である福沢諭吉であることは、もちろん、あさは何も気づいておりません。

そして何時間か、東京の街を歩いたのち、あさはようやく、築地にある五代友厚の事務所に到着しました。

東弘成館・・・。

うわー、大きいとこや。

あささん!

五代様!

つづく。

あさはこれから、福沢諭吉とも関わっていくのでしょうか?

東京で、どんな人と出会うのか、楽しみです。

Sponsored Link

『あさが来た』ネタバレ・あらすじ一覧【見逃した回はありませんか?】

【あさが来た・人物相関図】人間模様・出演者役名キャストをチェック!

Sponsored Link

 - 【終】あさが来た(NHKテレビ小説)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

asagakita
『あさが来た』第104話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第104回 あらすじ&ネタバレ 子どもかて、自分の道を …

asagakita
『あさが来た』第96話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第96回 あらすじ&ネタバレ ええっ!?五代様が借金? …

asagakita
『あさが来た』第43話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第43回 あらすじ&ネタバレ あさ宛ての手紙には 九州 …

asagakita
『あさが来た』第134話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第134回 あらすじ&ネタバレ 泣いたらあかん、男のく …

asagakita
『あさが来た』第10話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第10回 あらすじ&ネタバレ こない汚い字の恋文おます …

asagakita
『あさが来た』第80話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第80回 あらすじ&ネタバレ 番頭さん、いけずだす 弥 …

asagakita
『あさが来た』第137話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第137回 あらすじ&ネタバレ あさと義妹のとわ (養 …

asagakita
『あさが来た』第59話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第59回 あらすじ&ネタバレ 洋行帰りの人に負けたらあ …

asagakita
『あさが来た』第68話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第68回 あらすじ&ネタバレ なんでだす、なんでサトシ …

asagakita
『あさが来た』第153話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第153回 あらすじ&ネタバレ 商売よりも、旦那様のほ …