Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

『あさが来た』第80話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

   

Sponsored link

NHK朝ドラ「あさが来た」第80回 あらすじ&ネタバレ

番頭さん、いけずだす

弥七に言われて振り返ったあさたち。

あれが、ふゆの相手、洋傘屋さん・・・。(あさ)

そこにいたのは、洋傘屋の主人、山本平蔵(山本浩司)でした。

あさたちの顔を見て走り去る平蔵。

行ってしまいはった。(あさ)

ほんまに嫁に行ってしもうてええのか?(亀助)

ええっ!?(ふゆ)

どないな奴かもわかれへんのに、親の鶴の一声で嫁ぐて決まってしもうたみたいやさかい。

せめて、会うてみてから決めても遅うない・・・。(亀助)

いいや、父の決めたことだす。

おはつ様やおあさ様かて、お父様がお決めになったとこへお嫁に行きはりました。

うちかて、身分が違うてても、同じことでございます。(ふゆ)

せやけど、おふゆちゃんには、思うお人がいてますのやろ?

ええっ!?(ふゆ)

陰で見ていたあさとうめ。

ええっ!?(あさ)

思うお人がいてるのに、他の男に嫁ぐいうのは、胸が痛むのと違うやろか思うて。(亀助)

下を向くふゆ。

なんてな、はは。まあ、心に決めてしもうたんやったら、まあ、ええのやけどな。ははっ。(亀助)

なんでだす?(ふゆ)

へっ?(亀助)

なんで今さらうちに、そないなこと聞かはるんだす?せっかくもう、心決めましたのに。

うちはもう、お父ちゃんの言うとおりにしようて、そう決めたんだす。

そやのに、そんなん言われたら、ぐらついてしまいます。

番頭さん、いけずだす。(ふゆ)

去ろうとするふゆ。

そりゃ、あんたのこと思うてるからや!(亀助)

えっ!?(ふゆ)

いや・・・おふゆちゃんには、なにがなんでも、幸せになってほしいと思うてるさかいや。

わては、あんたのお兄ちゃんやさかい。(亀助)

亀助に頭を下げて走り去るふゆ。

立ち尽くす亀助。

なあ、うめ、ふゆの思う人て・・・。(あさ)

さあ、うめは何も存じませんけど・・・。(うめ)

ほにゃららら~って・・・

三が日も明けて、あさが店で仕事をしていると、ふらふらで新次郎が帰ってきました。

ただいま~。

おかえりやす。

おかえりなさいませ。またお年始回りでございますか?(あさ)

へえ、また飲んでしまいましてな。

誰か~、お茶~!(新次郎)

いちいち全部飲んで回ってるお人など、聞いたことあらしまへんで。

普通は、大きい声で名前だけ言うて、名札置いて、ぽぽぽーんといっぺんに周ってくるんやおまへんのか?

体にさわりますがな。(榮三郎)

なんの。お正月はこれが楽しいのや。(新次郎)

今日は午後から、寄合所の集まりにも行きはりますのやろ?(あさ)

は?寄合所?(新次郎)

そうだす。なんでも、久しぶりに五代様がお見えになる言うて、みんな喜んではりましたさかいな。(榮三郎)

五代様か・・・、あのお方、近頃日本中飛び回ってますさかい、お会いするいうたら、久しぶりのことだすわな。(新次郎)

へえ・・・。(あさ)

そやけど、わてはええわ、あんたら2人で頼んます。(新次郎)

えっ!?うちは、帳簿まとめよう思うてたのに。(あさ)

そうだす、行きまひょ、な、お兄ちゃん。(榮三郎)

けどな、商工ほにゃららら~とか、株式ほにゃららら~とか、なーんも興味ありまへんよってに。(新次郎)

ほにゃららら~って・・・。(あさ)

えらいことです!(うめ)

どないしましたんや、うめ。(あさ)

とうとう挨拶に来はりました、ふゆのお父さんが。(うめ)

ええっ!?(あさ)

こっちや、わてが興味あんのはこっちだす!(新次郎)

くせのあるお父ちゃんみたいだすな

ふゆの父・日野彦三郎(上杉祥三)と、平蔵が加野屋にやってきました。

はー、これが加野屋どすか!

おかしおすなあ、立派な店構えや。まだ潰れてへんのんか!?

へへへ、京の方では大阪の加野屋は、山に手出して失敗しはって、今に潰れるいう噂やったもんで・・・。(彦三郎)

そないだすのんか・・・。(平蔵)

ほな、入りまひょか、ははは。(彦三郎)

陰で新次郎とあさが見ていました。

加野屋が今に潰れるやて!?失礼な!(あさ)

くせのあるお父ちゃんみたいだすな。(新次郎)

よの、新次郎、あさの前に座る、彦三郎と平蔵。

彦三郎があいさつします。

明けましておめでとうございます。

お初にお目にかかります。京で染物屋を営んでおります、日野彦三郎でございます。

ご丁寧にお手紙いただきまして、ふゆは、私の方でもええ男はんを捜してやらな思うてたとこだしたのに、先越されてしまいましたなあ。(よの)

いいや、なにをおっしゃいますのんやら~。出来の悪い娘が長いことお世話になってしまいまして。

えー、加野屋さんには挨拶も出来ひんままやった言うて、気にやんどりました。

今に潰れるとかいうてはりましたのになあ。(小声で新次郎にささやくあさ)

ふゆは6人姉妹の下から2番目で、子どもの頃は癇の虫が、えろう強うおましてなあ。

よう泣くは病気はするは、犬猫の方がましやったぐらいですわ。

なんだすて!?(あさ)

あさを制止する新次郎。

あっ!いまはもう、なんの病気もおまへんえ~、はっはっは。

平蔵に言う彦三郎。

そこへ、ふゆがやってきました。

失礼いたします。

顔を上げたふゆを見て喜ぶ平蔵。

お父ちゃん、ご無沙汰しております。

おう!久しぶりやな。

ふゆ、こちらが、谷山町で洋傘屋をやってはる山本様だす。(よの)

頭を下げる平蔵。

ふゆも頭を下げます。

あさも新次郎も複雑な顔です。

ほんまにこのままでよろしいのんか?

仕事をする亀助に話しかける新次郎。

あのお父ちゃんはちょっと、なんやなあ思うけど、山本さんいうお人そのものは、そない悪いお人やあれへんみたいやなあ。

ありゃ、ふゆに相当、惚れこんでますな。

そうだすか・・・。(亀助)

洋傘屋いうたら、この頃の洋装流行りで景気もええさかい、おふゆのお父ちゃんからしたら、願うてもないええ縁談なんのかな。(新次郎)

気にしながらも仕事を続ける亀助。

小正月になったら嫁に出すいうて、お母ちゃんもう、支度始めましたで。

顔を上げる亀助。

えっ!?もう、そない早うに?

仕事を続けようとする亀助の帳面を伏せる新次郎。

えー、せっかくここまで綺麗に写したのに~。(亀助)

ほんまにこのままでよろしいのんか?

逃げてんと、いっぺん手止めて、よう考えてみなはれ。

そう言って立ち去る新次郎。

うめが亀助にお茶を持ってきました。

番頭さん・・・。

ふー、格好よろしいなあ。あないなお人はずるいわ、男のわてかて時々、惚れてしまいそうだす。(亀助)

お元気そうで良かった・・・

寄合所に来たあさと榮三郎。

商人の旦那衆たちにあいさつします。

あけましておめでとうございます。

おめでとうございます。

五代が入ってくると、みんな五代の元に駆け寄ります。

大久保利通卿が亡くなって以降も、五代は、大阪株式取引所や大阪商工会議所を設立し、その会頭になるなど、ますます精力的に活動していました。

えらい人気だすなあ。(榮三郎)

そらそうだす、御一新から長いこと暗雲立ち込めてた大阪の経済が、五代様のおかげで、ようやっと盛り上がってきましたんやさかい。

お元気そうで良かった・・・。(あさ)

あさに会釈する五代。

そや、どうですやろ皆さん、今日は今からみんなで、ぱーっと、お酒でも飲みに行きませんか?(五代)

おーーー、よろしなー。

行きまひょ、行きまひょ。(榮三郎)

お酒て・・・。(あさ)

美和の店。

はっ、お酒もええけど、たまにはこないなお正月もええもんだすな。(榮三郎)

せやろ、わてはいま、文明開化いうたら、ビールだっせ。(山屋)

はっはっは。(榮三郎)

おおきに、ありがとうございます。(美和)

美和は五代を捜しますが、あさの方に向かう五代を見て遠慮しました。

あとにいたしまひょか。(美和)

あさの所に来た五代。

明けましておめでとうございます。(五代)

あっ!?(あさ)

やっとご挨拶できました。(五代)

おめでとうございます。旧年中はほんまにいろいろ、お世話になってしもうて。(あさ)

こちらこそ。今年も、相変わらずよろしゅう。(五代)

へえ、よろしゅう。(あさ)

ビールを持って乾杯しようとする五代に、あさは紅茶のカップを差し出します。

おおっ!?お茶飲んでますのんか?(五代)

へえ、あの日みたいな姿は、もう見せられしまへんさかい。(あさ)

そうですな、私もすいませんでした。(五代)

あさは、五代が泣いたときを思い出していました。

私は、酒は弱い方ではありません。大酒飲んでても、なんぼでも仕事の話はできる。

せやけど、あの日は・・・。

どうにも気持ちをコントロールでけんかった。(五代)

気持ちを、コントロル?(あさ)

コントロールはつまり、「取り締まる」いうか、「ええ具合に調整する」いうか・・・。

日本語では、ええ言葉が見つかりませんな。

せやけど、こうして2人で話するのも、あれ以来ですな。(五代)

へえ、あれから五代様にはもうびっくりぽんだす。あっという間に、大阪商工会議所を作りはって、会頭におなりになって。

あの時まだ、東京商工会議所の議員さんかて、まだ50人くらいやったのに、大阪はいま、もう300人を超えてます。

これも全部、五代様のお力だす。

それに大阪株式取引所の開業の日なんか、花火まで上がってお祭りみたいでしたわ。(あさ)

これは、私だけの力ではないんです。(五代)

ん?(あさ)

商工会議所は、最初は驚くほどみんなに反対されました。

あささんみたいにすぐに、「お手伝いします」なんて言うてくれる人ほんま、まず居てんかった。

そやったんだすか?(あさ)

そやけど、私やあなたの考えを理解して、陰でみんなに広めてた、ありがたい立役者がいてたんです。(五代)

立役者?(あさ)

はい。(五代)

あ、来た来た。(山屋)

待ってましたで~。

ちょうど、その立役者が来はったみたいですわ。(五代)

振り向いたあさが見たものは!?

つづく。

立役者って誰なんでしょう?

亀助とふゆのその後も気になります。

Sponsored Link

『あさが来た』ネタバレ・あらすじ一覧【見逃した回はありませんか?】

【あさが来た・人物相関図】人間模様・出演者役名キャストをチェック!

Sponsored Link

 - 【終】あさが来た(NHKテレビ小説)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

asagakita
『あさが来た』第65話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第65回 あらすじ&ネタバレ 親分が、穴の中におったと …

asagakita
『あさが来た』第17話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第17回 あらすじ&ネタバレ 三味線のお披露目会 美和 …

asagakita
『あさが来た』第30話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第30回 あらすじ&ネタバレ ビッグなカンパニー びっ …

asagakita
『あさが来た』第73話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第73回 あらすじ&ネタバレ 「東京商法会議所」 五代 …

asagakita
『あさが来た』第49話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第49回 あらすじ&ネタバレ はつに会いに来たあさ あ …

asagakita
『あさが来た』第45話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第45回 あらすじ&ネタバレ アイム ゴーイング トゥ …

asagakita
『あさが来た』第93話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第93回 あらすじ&ネタバレ うわっ、あつぅーーー! …

asagakita
『あさが来た』第108話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第108回 あらすじ&ネタバレ 京都の女学校!? ええ …

asagakita
『あさが来た』第153話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第153回 あらすじ&ネタバレ 商売よりも、旦那様のほ …

asagakita
『あさが来た』第4話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第4回 あらすじ&ネタバレ はつの許婚・惣兵衛 あさた …