Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

『あさが来た』第88話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

   

Sponsored link

NHK朝ドラ「あさが来た」第88回 あらすじ&ネタバレ

日本中を敵に回してしまいましたな

新聞社は、政府がおよそ1400万円(当時の国家予算のおよそ5分の1)という巨額の費用を投じた官有物を、五代らの大阪の会社が、たったの39万円で払い下げを受けることになったと大々的に報じ、「官と民の癒着である」と厳しい批判を浴びせました。(ナレーション)

(大阪商法会議所に集まっている商人たち)

いやー、こりゃどういうことだすのや?

つまり、五代さんが、政府の知り合いと手組んで、北海道開拓者の権利をえろう安く買いはったっちゅうこっちゃ。

わても前からあの会社、なんやおかしいな思うてましたのや。

困ったなあ、あの会社にお金出してまんねんでー。

うちもやがな。

(店で新聞を読む新次郎たち)

なんぼ政府と仲がええ言うても、39万は安すぎや。

怒り買うてもしょうがあれへん。(弥七)

欲張ってしもうたんやろうけどなあ。

これで日本中を敵に回してしまいましたな。

こないな書き方されたら、すっかり五代様は悪徳商人だっせ。(雁助)

悪徳商人な・・・。(新次郎)

はあ~・・・。ただいま~。(あさが飛び込んできました)

旅の途中でこれ(新聞)を見ましたんや。

五代様は?五代様とは話しはりましたんか?(あさ)

いや、それが、わても気になって方々行ってみたんやけどな、どこにも見当たらへんのや。(新次郎)

そうだすか・・・。(あさ)

で、お義姉さん、見てきた山はどないやったんですか?(榮三郎)

へえ、それが・・・。(あさ)

おっとっとっと!(倒れたうめを支える雁助)

うめ!どないしたん?(あさ)

この先、これ以上の借金は御免だっせ

(部屋に、あさと榮三郎と新次郎)

証文、交わしてきました。(あさ)

そうだすか、やっぱり買いはりましたか・・・。(榮三郎)

あとの報告になってしもうてすんまへん。

せやけども、東京からも名古屋からも、「買いたい」言う店がようけ来はって。

せやのに売り主さんが、加野炭坑の評判聞いて、「是非に」と待っててくれはったんだす。(あさ)

評判?(新次郎)

そら、わても炭坑行ったとき聞きました。

「加野炭坑は、事故があっても山を見捨てることのう立て直した」て。

坑夫たちも大事にしてて、「決して、儲け一辺倒の店やあらへん」て。(榮三郎)

あっちでは、あさの気持ち、伝わってますのやな。(新次郎)

せやさかい、もう後戻りはでけしまへん。

きっと、新しい山も、加野屋のお宝になるよう育てていくつもりだす。(あさ)

わかりました。よろしゅうお願い申します。(榮三郎)

えっ!?(あさ)

えっ!?(新次郎)

ははっ、お義姉さんの目で見て、間違いあらへんて思いはったさかい、ハンコ押してきてくれはりましたんやろ?

それやったら、わてもそれを信じます。(榮三郎)

榮三郎さん、ほんまだすか?(あさ)

へえ。ああ、雁助かて、あないな言い方やったけど、「やめとけ」とは言いまへなんだ。

ほんまにあかん思たら、何が何でも止める男だす。

炭坑については、お義姉さんが頼りやて、どこかそない思うてるんや思います。

なんせ、「大阪一のおなごの商人」みたいだすさかいな。(榮三郎)

大阪一?(新次郎)

榮三郎さん、おおきに。(あさ)

ほんま、よろしく頼んます。

それにしても、この先、これ以上の借金は御免だっせ。(榮三郎)

へえ、わかっております。

いやあ、せやけどやっぱり、ここや言う時は、バーンと借金してでも買うて、それ以外の時は、コツコツ倹約して、そないやり方の方が・・・。(あさ)

お義姉さん!

すんまへん。承知いたしました。(あさ)

せやけど、やっぱり考えてみたらけったいやな。

五代さんは、あさやわてらなんかよりずっとお金のこと、わかってはるはずやわな。

せやのに、万が一、儲けが欲しかったとしても、こないな無茶なことしはるやなんて・・・。(新次郎)

やっぱりうち、五代様のとこ行ってきます。すんまへん。(飛び出すあさ)

あさ!はっ、五代様、好っきゃなあ。(新次郎)

お兄ちゃん。

五代様の話してはったことで、気になることがあるんです。

ほっ?(新次郎)

たまには自分を大事にしぃ

うめ、大丈夫やな?(あさ)

あっ、おあさ様!

ああ、うめはええさかい、休んでて!

うち一人で行ってきます。(走っていくあさ)

もう、炭坑から帰ってきたばっかりやのに、鉄砲玉みたいに飛び出してしもうて・・・。(うめ)

ちょちょちょちょっ・・・。(行こうとするうめの腕を捕まえる雁助)

今日は、さすがにもう、追いかけんかてよろしおますやろ。(雁助)

・・・へえ。(うめ)

言わはった通り、奥さんはもう、どこをどう一人で歩こうとおかしないお人だす。

それにあんたも、若うないんや。

長旅のあとで、そない無理したらあかん。

へえ・・・。(うめ)

たまには自分を大事にしぃ。

ま、わてもやけどな。(雁助)

この新聞いうのの力は大きおます

あさは五代を捜しました。(ナレーション)

(北海道で新聞を読む五代)

はあ、こない日本中の人気者になってしまうやなんてな。(五代)

冗談言うてる場合やございません!(三坂)

(美和の店にきたあさ)

薩摩同志で手組んで、私利私欲を計るとはなあ。

あの五代もとんでもない仕業してくれるもんや。

はははははっ。

(あさが握りこぶしを握り、男たちに迫ろうとするところを、美和が止めました)

来てくれはっておおきに。

そやけど、お店で揉め事は、かんにんだす。(美和)

すんまへん。そやけど、五代様は?(あさ)

(あさを外に連れ出す美和)

今、北海道に視察に行ってはります。(美和)

北海道?それやったら・・・。(あさ)

北海道をどう開拓したらええのか、自分の目で見に行ってはりますのや。

あささんとおんなじだす。(美和)

・・・・・。

そやけど、この新聞いうのの力は大きおます。

こない煽り立てるような字並べただけで、あっさり人を悪人に出来る・・・。

えらい、怖いことだす。(美和)

五代様、お腹黒いの?

(布団で横になる新次郎と千代の隣で、縫物をするあさ)

美和さんの言わはる通りだす。

なんも知らん人があないな記事読んだら、誰かて五代様は腹の黒い大悪人と思うてしまいます。(あさ)

五代様、お腹黒いの?(千代)

どないだすやろなあ。

わてもまだ、裸の付き合いまでしてへんさかい。

見たことあれへんよってな。(新次郎)

もうっ・・・。(あさ)

お母ちゃん、もう寝てしもうた。(千代)

ああ、ほんまや。

そらそやろなあ、九州から帰ったばっかりや言うのに、街走りまわって。

ほんで、千代の着物縫うて。

そらしんどいわな。

なあ、千代。

確かにお母ちゃんは、人と違うてます。

たぶん、普通の人より、力が有り余ってますのやろな。

ふ~ん・・・。(千代)

その力を、わてや千代にだけやのうて、お家や商いのために使うてくれてる。

みんなを守るために、闘うてくれてる・・・。

たたかう?(千代)

そうや。そやさかい、お母ちゃんはな、千代だけのもんでは、決してなられへん。

ちょっとさびしい時もあるかもわかれへんけど、人のためになるいうのは、大事なことだす。

我慢してな。(新次郎)

うん。(千代)

お利口さんや、おおきにな。

ほんまにもう、子どもみたいや。(あさの布団をなおす新次郎)

ご苦労さん。(新次郎)

ご苦労さん。(千代)

大阪の信用丸つぶれや

それから、新聞の開拓使に関する攻撃は益々強くなり、大阪商人たちまでもが、やり玉にあげられるようになりました。(ナレーション)

(大阪商法会議所に集まって新聞を読む、あさや商人たち)

ほかに、ご発言のある方、ごありまへんか?

ええかみんな、問題なんはな、この新聞読んだら、五代様だけやあれへん。

大阪の商人みんなが結託して、ぼろ儲けしようとしてるとしか、思われへんちゅうこっちゃ!

大阪の信用丸つぶれや。

また大阪の商人はあこぎなことするて、言われてしまうがな。

せや。大体、何年か儲けがあれへん言うのを、腹くくって商いしよう思うてたのに、なにがぼろ儲けや。

五代様はどこや!いつになったら話聞けるんや!

まあ、日本中駆けまわってはりますさかいなあ。(新次郎)

新次郎さん!あんた何してまんねや?(山屋)

何て、わて一応、ここの会員だすがな。(新次郎)

加野屋、あんたらえらい五代様と仲良うしてたけど、ほんまはなんぞ知ってはんのんと違いまんのんか?

何も知りまへん!知らんさかい聞きにきたんだす。

そしたら何だすか、この騒ぎは。(あさ)

お義姉さん・・・。(榮三郎)

だいたい、今まで、五代様は大阪のために、ぎょうさんいろんなことしてもろてて、うちたちが五代様を信じんと、どないしますのや!(あさ)

はあ?今さら何信じ言うねん!

せやせや!

あさ、また、何、火に油注いでますのや。もう。(新次郎)

すんまへん、そやけど・・・。(あさ)

えらいこっちゃ!

北海道の、官有物の払い下げ、取り消しになったて・・・。

ええっ!?

取り消して!?(あさ)

いや、もう待たれへん。私は・・・

結局、世間の大騒ぎを受けて、五代の準備していた北海道官有物の払い下げは、取り消しになってしまいました。(ナレーション)

(五代と三坂)

しかし、一旦許可された言うのに、今さら取り消しやなんて、信じられません。

政府は一体、何考えてますんや?(三坂)

ふっ、(英語で)結局、政治の争いに利用されたというわけか。(五代)

はい?(三坂)

いや・・・。(五代は立ち上がって荷物を持ちます)

どこ行きはります?(三坂)

大阪商法会議所に。(五代)

はあ!?(三坂)

皆に説明せなあかんやろ。(五代)

行く先々でメディアが、払い下げ批判の演説会をしています。騒ぎが収まるまで静かにしといてください。(三坂)

いや、もう待たれへん。私は・・・。

あっ!?(胸を押さえて倒れる五代)

大丈夫ですか!?五代さん!(三坂)

大丈夫だっ、はあはあ、なんともない。(五代)

せやけど・・・。(三坂)

私は、大阪商法会議所、会頭を、辞任する・・・、はあはあ・・・。(五代)

つづく。

五代の体の様子がおかしいようですが、大丈夫でしょうか?

史実では、明治18年、49歳で亡くなるんですね。

Sponsored Link

『あさが来た』ネタバレ・あらすじ一覧【見逃した回はありませんか?】

【あさが来た・人物相関図】人間模様・出演者役名キャストをチェック!

Sponsored Link

 - 【終】あさが来た(NHKテレビ小説)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

asagakita
『あさが来た』第125話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第125回 あらすじ&ネタバレ はつにコロコロ転がされ …

asagakita
『あさが来た』第35話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第35回 あらすじ&ネタバレ 本気で言うてますのんか? …

asagakita
『あさが来た』第146話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第146回 あらすじ&ネタバレ まさか、最初からそのつ …

asagakita
『あさが来た』第136話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第136回 あらすじ&ネタバレ なんという、小説のよう …

asagakita
『あさが来た』第96話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第96回 あらすじ&ネタバレ ええっ!?五代様が借金? …

asagakita
『あさが来た』第16話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第16回 あらすじ&ネタバレ じゃっど! 薩摩の五代才 …

asagakita
『あさが来た』第154話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第154回 あらすじ&ネタバレ 久しぶりの雁助 あさが …

asagakita
『あさが来た』第44話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第44回 あらすじ&ネタバレ 相変わらず、なかええ兄弟 …

asagakita
『あさが来た』第64話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第64回 あらすじ&ネタバレ なんてこと・・・びっくり …

asagakita
『あさが来た』第71話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第71回 あらすじ&ネタバレ うちは炭坑を手放す気はあ …