Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

『あさが来た』第105話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

   

Sponsored link

NHK朝ドラ「あさが来た」第105回 あらすじ&ネタバレ

自分の道は選ばしてあげなあかん

千代に、どないなってほしい思うてますのや?(新次郎)

へえ、うちは・・・。

やっぱりいつかは、ここで一緒に働いてくれたら、思うてしまいます。(あさ)

うん、やっぱりそうですか・・・。(新次郎)

せやけどそれは、うちの勝手な願いだす。

藍之助の言うてた通り、自分の道は選ばしてあげなあかん。

そのためには、千代には女学校行ってほしいと思うてますのやけどな。(あさ)

女学校?(新次郎)

へえ・・・。

ぎょうさん学ぶことは、きっとこの先、千代がいろんな道に進むためのテケツになる思うんだす。

進路・・・そう、進路だす!

うち、さっき聞いた、進路いう言葉のこと、ずっと考えてましたんや。(あさ)

ほう、進む路て書いて、進路、だしたな。(新次郎)

へえ。

思い浮かべてみとくなはれ。

ここに港があって、船がぎょうさん並んでるとこ・・・。

今までのおなごの道言うたら・・・。

お嫁さんになってお家守るか、家業を手伝うか、芸で身を立てるか、あるいは女中奉公ぐらいしか、進む道あらしまへなんだ。

せやけど今は、おなごにもいろんな航路が開かれるようになりました。

家の中にいてて、働くだけの昔とは、ちょっとずつ、違うてきたんだす。(あさ)

それで、その船たちは、海に出て、一体、どこに進んで行きますのやろなあ?(新次郎)

へえ、たとえばだすけど・・・。

東京に出来た官立の音楽学校に入ったら、ピアノ弾きやバイオリン弾きになれるかもわかれへん。

師範学校で学んだら、学校の先生にかてなれるやろし・・・。

勉強して、技術試験に合格したら、お医者様にかてなれるかもわかれへん。

ほかにも・・・看護婦・・・。

(廊下で話を聞いているうめ)

どないしたんだす?うめ・・・。(千代)

おあさ様の様子がまたけったいなんです。(うめ)

あっ、うめさん、掃除やったらぼくが・・・。(藍之助)

お母ちゃんがけったいやなんて、今に始まったことやあらへんやろ?(千代)

(話に聞き入る3人)

高等小学校を出ただけでも、十分にテケツは持てます。

せやけど、将来のために、よりぎょうさんの道に進むためのテケツを持つには、やっぱり、高等女学校は出といた方がええんだす。(あさ)

なるほど・・・。(新次郎)

文明開化で、新しい産業もぎょうさん興って、働く機会や場がみんなに開けるようになります。

そもそも、おなごの方が向いてる仕事かて、ぎょうさんあるはずだす。

そないな道を自分で選んで進めるやなんて、なんて夢のあることだすやろ。(あさ)

それはお母ちゃんの夢だすやろ!(千代)

・・・あっ、千代。

いつからいてましたんや?(あさ)

うちは、そないなテケツいりまへん。

女学校行く気も、お家の仕事を手伝う気もあれへんよって!(千代)

・・・。(あさ)

うちの事やのに、勝手に自分の夢ふくらまして・・・。

もう、勘弁してほしいわ!(千代)

千代!(追いかけようとするあさを止める新次郎)

いや、ここは、わてが行きまひょ。

また喧嘩になったらあかんさかい。

けどまあ、あさはテケツのない時代に生まれた言うのに、よう健気に船、漕ぎだしましたな。(新次郎)

いや・・・。(あさ)

せやけど、難破船にならんと、ほんま良かったな、はっはは。(千代の元に行く新次郎)

難破船?

うちが、難破船・・・。(あさ)

そうだす、おあさ様みたいに、女だてらに自由勝手に漕ぎ出す船なんか、いつ難破船になって底に沈んでもおかしなかったんだす。

そないならへんかったんは、ご先代様や、新次郎様、今井のご両親や、ようけのお方の導きがあってのことだす。(うめ)

・・・ほんまそないだすな。

(神棚に向かうあさ)

お義父様、五代様、大勢の皆様、ほんま助けてくれはって、おおきに有難うございます。(あさ)

うちは、おなごやさかい・・・

(自分の部屋に戻り、ベッドに座ってため息をつく千代と、入り口に立つ新次郎)

お母ちゃんは、ほんまわかってへん。

おなごで高等小学校出てからも、まだ学ぼうとする人なんて、ほとんどいてしまへんのやで。(千代)

まあ、そうだすな。(新次郎)

学校で、一人か二人いてるかどうかや、言うのに・・・。(千代)

(藍之助も来ました)

男かて、上の学校行くのは、20人に1人いてるかどうかだすわな。(新次郎)

ぼくはその、20人に1人になりたかったけどな・・・。(藍之助)

・・・。(新次郎)

ま、うちの田舎で言うたら、高等小学校出ただけでも十分な学歴なんですよ。

けど、世話になってる庄屋さんとこの子が、中学出て、東京の学校へ行った・・・。

それが、ほんま羨ましゅうてたまらへんかったんです。(藍之助)

それは・・・。

藍之助お兄ちゃんが男の子やさかいだす。

男やったら、学べば重宝されるかもわからへんけど、おなごが孔子や孟子やて習うても、屁理屈ばーっかり言うようになってて、嫌われてしまうて。(千代)

うん・・・。(藍之助)

うちは、おなごやさかい・・・。

せや!

うち、卒業したら、花嫁修業がしとうおます。

前から言うてます通り、ええお嫁さんに、ええお母ちゃんになりたいんだす。(千代)

そうかな。(藍之助)

(振り向く新次郎)

ぼくは、お嫁さんでもお母ちゃんでも、孟子や孔子の話できたほうがええけどな。(藍之助)

ええっ!?

なんで、なんでだす?(千代)

なんでて・・・。

そら、そのほうが一緒にいてて、楽しいやんか。(藍之助)

(うなずく新次郎)

社長、失礼いたします。(その場を去る藍之助)

なんや、ちょっとお兄ちゃんよう思うて偉そうに。(千代)

藍之助はなあ、学校で、一番の成績やったんやて。

せやけど、お家の事情で、中学には行かれへんかった・・・。

ああやって、いつも無邪気にしてるけど、自分の道のこと、懸命に考えてますのや。(新次郎)

そうだすか・・・。(千代)

うちの船は、これからどこ行ったらええのやろか?

Sponsored Link

(枕を持って、よのの寝床にきた千代)

うちやけど、よろしい?(千代)

ど~ぞ!(よの)

(中に入る千代)

おばあちゃん、一緒に寝てもええ?(千代)

うっふっ、もちろんやがな。

こっちおいで。(よの)

うちのお母ちゃんて、ちょっとも殿方に好かれそうなお人や、あらしまへんわな!?(千代)

ああ・・・そない言うたらそうだすなあ。

って、なんてこと言いますのや、自分の親のこと・・・。(よの)

そやけど、お父ちゃんとは仲良ろしいなあ。(千代)

うん・・・まあな。

あんたのおじいちゃんと、うちほどではあらしまへんけどな。(よの)

ああ!せやの?(千代)

新次郎たちかてな、うちら夫婦には勝てしまへ~ん。

な~、お前様!(張子のねこに話しかけるよの)

もう、おばあちゃん言うたら。(千代)

せやけどな、あの人かて、二番目に好きやったんは、あささんみたいだすのや。

もうなあ、好きで好きでなあ、ほんまの娘みたいに、大事にしてはりましたんやで。(よの)

へえー・・・。(千代)

(夢を見ているあさ)

”あんた、もうじき、日本一の女商人になるで。(奈良の玉利)”

”あなたはいつか、おなごの社長になりなさい。(福澤諭吉)”

”難破船にならんと、ほんま良かったな。(新次郎)”

”おあさ様みたいに、女だてらに自由勝手に漕ぎ出す船なんか、いつ難破船になって底に沈んでもおかしなかったんだす。(うめ)”

はっ!(飛び起きるあさ)

はー!?

なんや、何が起きましたんや?あさ。(新次郎)

はあ・・・すんまへん、船が、難破する夢見てしもうて・・・。(あさ)

なんや、夢かいな。勘弁してえな。(新次郎)

せやけど、うちの船は、これからどこ行ったらええのやろか?(あさ)

ああ!?(新次郎)

・・・いいや、おやすみなさい。(あさ)

一人一人が、加野銀行の顔だす

おおきに、ありがとうございました。(お客に深々と頭を下げる藍之助)

(その様子を見ているあさと平十郎)

しかし藍之助くんは、実に気持ちのええ、働きっぷりですねえ。(平十郎)

へえ、働く姿勢がよろしい。

見込みあると思います。

真面目にきっちりして、どっちに似たんやろか?

それにしても、何でうちの千代は、働きたいと思わへんのやろ?(あさ)

どっちに似たんですかね?(平十郎)

そない言うたら、そうだすな・・・。(あさ)

おおきに、ありがとうございました~。(佑作)

ん?

佑作さん、今のご挨拶は何です!?(あさ)

はいっ?(佑作)

「ござました~」やなんて、鼻かぜでも患うたみたいな声出して。

「おおきに、ありがとうございました!」だす。(あさ)

へい、すんまへん。(佑作)

それにお辞儀の仕方も、ちゃんとここまで曲げるようにて、へえさんが寮でも教えてくれはりましたやろ。(あさ)

せやけど、さっきの若い客は、10銭を細かいのに換えてくれいう、儲けにもならへん客で・・・。(佑作)

そないちょっと寄ってくれはったお客さんほど、大事にせなあきまへんのや!(あさ)

へえ。(佑作)

(怒りが収まらないあさ)

みんなもよろしいか!

なんべんも言います。

人様の大事なお金扱ううちらに、大事なんは真心だす。

一人一人が、加野銀行の顔だす。

頼りにしてますさかいな。(あさ)

へい!(みんな)

任しといてくれやす。(弥七)

弥七さん、ここ、数が違うてます。(あさ)

・・・あっ、しもた。

すんまへん。(弥七)

(あきれるあさ)

おいでやす!(店に来た紳士にあいさつする藍之助)

あー、工藤様、おいでやす!(あさ)

工藤徳右衛門という、加野銀行に巨額の預金をしているお客様です。(ナレーション)

お待ち申しておりました。(榮三郎)

いやあ、頭取、すんまへんな、お手間とらして。(工藤)

何をおっしゃいますやら。

わざわざおいでいただいて、先に言うといてもらえたら、私のほうからお伺いしましたのに。(榮三郎)

いや、今日はちょっと頭取に、お願いがあって来ましたんや。

どこぞに、ええ縁談の話ないやろか、思いましてな。(工藤)

縁談?(あさ)

わしらが悪いんや

(和歌山)

その頃、和歌山に住むはつの家に、あさからの手紙が届いていました。(ナレーション)

藍之助の居場所、わかったてな。(栄達)

へえ・・・。

大阪の加野屋さんとこにいてましたわ。(惣兵衛)

へえー・・・(菊)

・・・(養之助(西畑大吾))

はつ、そないな顏すんな。

あいつの話、もっとちゃーんと聞いたらんかった、わしらが悪いんや。(惣兵衛)

いいや、うちは・・・。(はつ)

つづく。

養之助が家業を継いだら、万事良い気がしますが、どうなるのでしょうか?

『あさが来た』ネタバレ・あらすじ一覧【見逃した回はありませんか?】

【あさが来た・人物相関図】人間模様・出演者役名キャストをチェック!

Sponsored Link

 - 【終】あさが来た(NHKテレビ小説)

[PR]

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

asagakita
『あさが来た』第80話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第80回 あらすじ&ネタバレ 番頭さん、いけずだす 弥 …

asagakita
『あさが来た』第46話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第46回 あらすじ&ネタバレ 加野炭礦(かのたんこう) …

asagakita
『あさが来た』第114話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第114回 あらすじ&ネタバレ 千代と宜(のぶ)の会話 …

asagakita
『あさが来た』第8話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第8回 あらすじ&ネタバレ 新次郎はんも気の毒なこっち …

asagakita
『あさが来た』第91話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第91回 あらすじ&ネタバレ わあー、こら、ピングィン …

asagakita
『あさが来た』第63話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第63回 あらすじ&ネタバレ おなごに評判いい頭 時は …

asagakita
『あさが来た』第50話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第50回 あらすじ&ネタバレ 上前をピンハネするサトシ …

asagakita
『あさが来た』第146話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第146回 あらすじ&ネタバレ まさか、最初からそのつ …

asagakita
『あさが来た』第128話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第128回 あらすじ&ネタバレ 千代の相談事とは? ( …

asagakita
『あさが来た』第127話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第127回 あらすじ&ネタバレ 腰の骨が折れた菊 (倒 …