Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

『あさが来た』第110話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

   

Sponsored link

NHK朝ドラ「あさが来た」第110回 あらすじ&ネタバレ

みかんの収穫

(はつたちと共にみかん畑にきたあさ)

わっ、立派なおみかんやなあ。(あさ)

あささん、そこ、滑りやすいよって、気つけてや。(栄達)

へえ。

(はさみでみかんを収穫するはつ)

へー、うちにも手伝わして。(あさ)

ええのや、これはコツがいるさかい。

それにあんたは、働きに来たのやのうて、遊びに来たのやろ?(はつ)

そうだした。(あさ)

(収穫を手伝う藍之助)

藍之助の商いへの思いを知るあさは、複雑でした。(ナレーション)

藍之助は神童だっせー!

(はつがみかんを箱詰めするところを見ているあさ)

なあ、はつさん。

今日は惣兵衛、どこに行きましたんや?(菊)

今、新次郎さん連れて、倉掛さんとこ行きはりました。

倉掛さんにお神楽見せちゃる言いはって・・・。(はつ)

そうか、ちょうど良かったわ。

なあ、あささん。

今、あんたがその、銀行いうの、仕切ってはんのやな。(菊)

へえ。(あさ)

藍之助の働きぶり、どないだした?(菊)

お母さん、あさは遊びに来てるのやさかい、そないなことは・・・。(はつ)

どないだした?(菊)

藍之助は、真面目によう働いてくれてました。

丁稚たちと一緒に、店の掃除も、出納係の手伝いも・・・。(あさ)

丁稚やてぇ!?

失礼な!

藍之助は神童だっせー!(菊)

やめとくなはれ、お義母さん。(はつ)

せやけど藍之助は、ずーっと首席で、庄屋さんの息子たちよりも、ずっとよう出来ましたんや!

勉強、続けることさえ出来てたら、誰にも負けへんのや!

・・・。

あささん、頼みます、藍之助を。

加野屋さんの銀行で、正式に、雇ってくれはらへんやろか?(菊)

・・・。(あさ)

あの子なあ。

お商売学びたい言うて、ずーっと言うてましたんや。

加野屋さんで働けて、ほんまに楽しかった言うてなあ。

そらあ、庄屋さんの言うてはることもようわかります。

せやけど藍之助は、有田の子やあらへん、山王寺屋の子だす!

せっかく商いの才があるいうのに、村のもんや親の願いだけで、あの子をこのまま、みかんの山に埋もれさせてしまうのは・・・。

なあ、頼みます。

あの子、雇たって。

あの子の願い、叶えてあげておくれやす!(あさに深々と頭を下げる菊)

(そこへ、藍之助が帰ってきました)

おばあちゃん!?(藍之助)

藍之助、あんたからも「働かせてほしい」言うて、なあ。(菊)

すんまへん、それは今、うちの一存では決められしまへん。(あさ)

それやったら、もうよろしい!

行こう、藍之助、行こ行こ。(藍之助を連れて外に出る菊)

ほんま、こんな悔しいことあれへん

Sponsored Link

かんにんやで、あさ。

お義母さんは、藍之助にもういっぺん、山王寺屋の暖簾、あげてもらいたい、思うてはんのや。(はつ)

へえっ!?(あさ)

藍之助も小さいころからお義母さんに、「あんたはほんまやったら大阪一の山王寺屋の跡取りやった」て言われてきたさかい、どっかでそないな気持ちもあるみたいで。

こないだも、大阪行く前にな・・・。

★回想シーン・・・★

お父ちゃん、なんで両替屋の商い、捨てたんですか?(藍之助)

・・・。(惣兵衛)

山王寺屋は、あの加野屋にかて負けへん店やったって聞きました。

なにもわざわざ大阪捨てて、お百姓にならんかて・・・。(藍之助)

なんてこと言いますのや。

お父ちゃんが、どないな気持ちで大阪を出て、この道選んだ思うてますのや?

どない苦労して山切り開いて、おみかん作てるて思いますのや?(はつ)

せやけど、僕は一生この山の中でみかんの世話だけして働くやなんて、そんなんまっぴら御免や!(藍之助)

(藍之助を殴ろうとするはつを止める惣兵衛、そして外に飛び出すはつ)

★・・・★

うちなあ・・・。

悔しかったんや。

お義母さんの受け売りや思うけど、それでも、旦那様がようやっと選んだこの道を、息子にそないな風に言われてしまうやなんて。

悔しいてたまらへんかった・・・。(はつ)

お姉ちゃん・・・。(あさ)

藍之助な。

あんたみたいになりたいんやて。

あんたはうちの自慢の妹や。

お家を守っただけやのうて、大きゅう大きゅうして。

えらい実業家さんになって。

せやけどうちは、うちは・・・。

一家みんなで山で働いて、おいしいおみかん作って。

この道が、あんたの道に負けてるやなんて、思われへんのだす。

特になあ、これからの時期、ほんましんどいけど、楽しいねんで。

一家みんなで、みかん取り入れて。

一年手かけて作ったみかんを、「あんなことあった」「こんなことあった」言いながら、大事に大事に。

力仕事で、体、痛なるけど、うち、この時期が一番好きなんや。

それを、一番わかってほしい息子にわかってもらわれへんて・・・。

ほんま、こんな悔しいことあれへん。

ああー、悔しい・・・。(涙ぐむはつ)

かんにんな、あんたが悪いわけあれへんのに、こないなこと話してしもて。(はつ)

ううん・・・。

そやけど、びっくりぽんだす。

自分の身に起こることはなんでも、「そういうもんや」て受け入れてきたお姉ちゃんが、子どものことになると、そないな顏もしはんのやてなあ。(あさ)

せやなあ・・・。

自分の心は、自分次第でどないにもなるけど、人の心動かすのは、難しいなあ。(はつ)

そうだすなあ。(あさ)

わしにはこっちの方が向いてる

(新次郎と歩きながら話す惣兵衛)

あの時はなあ、わしよりはつが怒ってしもてびっくりしたわ。(惣兵衛)

へえー。(新次郎)

わしはなあ、はつが思うてるほど、傷ついてへんのやで。

わしは、自分が親に引かれた道離れて、ようよう楽になった身やさかいなあ。(惣兵衛)

ああ、そないだしたなあ。(新次郎)

「親の決めた通り歩かせるのが一番やあれへん」言うことはわかってる。

それに百姓はきついしなあ・・・。

わしは銭金の商いのきつさ知ってるさかい、こっちの方がええ思うけど・・・。

子どもらにとっては、何がええのか、まだわからんやろう。

そやけどまあ、お父ちゃんもお母ちゃんも年取ってしもうたし、養之助はまだまだやし。

男手がわしだけやったら、やっていかれへん言うのも、ほんまのことやしなあ・・・。

ん?

なんや珍しい、茶化しもせんと黙ってしもて。(惣兵衛)

へへへ、いいや。

惣兵衛はん、いつの間にかほんまに、立派なお百姓のお父ちゃんなりはったんやなあ思うて。(新次郎)

はっはははは、せやで。

「銭や銭や」言うて走りまわってた頃がうそみたいや。

わしにはこっちの方が向いてる。

なーんもいらんわ。

家のもんさえいといてくれたら。(惣兵衛)

わての娘は、どないしてますのやろなあ・・・。(新次郎)

思うた通りのしょうもない女や

(京都白川高等女学校 花霞寮)

”おばあちゃん、寒なってきましたけど、お元気だすか?うちは学校で、友達と楽しく過ごしてます。”(よのに手紙を書く千代)

”せやけど、おんなじ部屋の子は、今日も一言も話をしません・・・。”

はあ、こない面白ない子が同室やなんて、もっと楽しい子と一緒やったら良かったのに・・・。(千代)

あー!(突然横になる田村宜(のぶ)(吉岡里帆))

おもしろかった・・・。

(起き上がる宜(のぶ))

ごめんなさい、ようやくこの本、読み終えました。

このような本をお借りして読めるだなんて、さすが関西でも名高い京都白川高等女学校よね。(宜(のぶ))

はあ・・・。(千代)

私は、男子に頼らない、新しい女子の生き方を学びたくて、この女学校に入学しました。

あなたはどう?

何を志してこの学校にいらしたの?(宜(のぶ))

はい? 志し?(千代)

ええ。(宜(のぶ))

うちは、学問いうより、花嫁修業しにきましたのや。(千代)

花嫁修業・・・。

ふんっ!

あーあ、思うた通りのしょうもない女や。(宜(のぶ))

はあ!?しょうもない女?(千代)

そうや、せっかく学びにきたいうのに。

いつも着物ずらーっと並べて、櫛で髪なんか梳かして。

あー、面白ないなあ。

こない、志しの低い女と同室やなんて。(宜(のぶ))

はあ!?志しが低いやて?

あんたみたいに、学だけ積んで、おなごの独立とか言うてるもんが、女子の徳を壊すのやて、今日も先生が授業でおっしゃってました。(千代)

そら先生が古いのです!

女子が学積んで何が悪いの?(宜(のぶ))

いいや、先生のおっしゃる通りだす。

女子の教育で大事なのは、男みたいに天下国家に有意な人物を創ることやない、それに従う淑女の徳を身につけることだす。(千代)

いいや!

これからは女子もおおいに学んで、家やあれへん、国家に尽くす人にならなあかんのです。(宜(のぶ))

はあー、大きではりましたなあ。(千代)

努力次第で、これからはなんぼでも女子は大きなれますのやで。

あなたみたいな女には、信じられへんことでしょうけど。

それを、この方が、証明してくれはりましたのや。(あさの記事を出す宜(のぶ))

これはなあ、私が今、心から憧れてるお方ですねん。(宜(のぶ))

これて・・・。(千代)

話が、ありますのやけど・・・

(新次郎と一緒にいるあさに声をかける惣兵衛)

妹はん・・・。

話が、ありますのやけど・・・。(惣兵衛)

さあ、あさに惣兵衛は、どんな話があるというのでしょうか?(ナレーション)

つづく。

また新しい、田村宜(のぶ)というキャラクターが出てきましたね。

千代とまったく正反対ですが、はたしてどうなる?

『あさが来た』ネタバレ・あらすじ一覧【見逃した回はありませんか?】

【あさが来た・人物相関図】人間模様・出演者役名キャストをチェック!

Sponsored Link

 - 【終】あさが来た(NHKテレビ小説)

[PR]

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

asagakita
『あさが来た』第81話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第81回 あらすじ&ネタバレ ぼんくら亭主だと思ってた …

asagakita
『あさが来た』第102話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第102回 あらすじ&ネタバレ ぜ、ぜんぜん、似合うて …

asagakita
『あさが来た』第130話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第130回 あらすじ&ネタバレ ぼくは一生、ここで生き …

asagakita
『あさが来た』第30話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第30回 あらすじ&ネタバレ ビッグなカンパニー びっ …

asagakita
『あさが来た』第150話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第150回 あらすじ&ネタバレ 新次郎を心配するあさ …

asagakita
『あさが来た』第71話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第71回 あらすじ&ネタバレ うちは炭坑を手放す気はあ …

asagakita
『あさが来た』第6話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第6回 あらすじ&ネタバレ ときめくあさの胸 帰ろうと …

asagakita
『あさが来た』第7話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第7回 あらすじ&ネタバレ 嫁ぐ日が決まったはつとあさ …

asagakita
『あさが来た』キャスト人物相関図・NHK朝ドラマ視聴ガイド

NHK連続テレビ小説 「あさが来た」 2015年9月28日スタート! 波瑠主演・ …

asagakita
『あさが来た』第125話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第125回 あらすじ&ネタバレ はつにコロコロ転がされ …