Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

『あさが来た』第113話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

   

Sponsored link

NHK朝ドラ「あさが来た」第113回 あらすじ&ネタバレ

要注意人物の四人

(閻魔紙を見るあさと新次郎)

一人目、萬谷与左衛門。(あさ)

ふん、これは今の萬谷さんやな。(新次郎)

へえ、今はあの人が一番の要注意人物です。(平十郎)

二人目・・・ん!?

山屋の与平・・・。(あさ)

ん、山屋さん?

なんで、山屋さんが?(新次郎)

あー、そない言われてみたら・・・。(榮三郎)

ん?(あさ)

こないだ、山屋さんもようよう代替わりして、隠居しはりましたんや。

それであまり寄合所にも行かんようになって。

かと言って、家にいてたらいてたで邪魔や言うて、跡取りや奥さんに追い出されてしまうみたいでな。(榮三郎)

へえ、それで居場所はないのか、時折来ては、一日中、この加野銀行で油を売ってはります。(平十郎)

はーあ、山屋さん・・・。(あさ)

わても、さすがにずっとは相手してられへんし。

そしたら、今度は顔見知ってる行員たちに、のべつまくなしに、しゃべりかけるようになってしもてな。

いや、わても暇があったら相手しますのやけどな。(榮三郎)

大切な頭取の時間を、そうそう使わせるわけにはいきません。

ですから、二番目の要注意人物ということで。(平十郎)

そら気の毒なこっちゃな。

わてが遊び行ってあげなな。(新次郎)

えっ、お兄ちゃん?(榮三郎)

行ってしまいはった・・・。

ん!?三人目は工藤様て・・・。

うちの一番の取引先だすがな。(あさ)

うちのせいです。

父がご迷惑をおかけして、すみません。(サカエ)

娘可愛さなのかなんなのか、ひんぱんに銀行においでになって、様子を見張ってはるのです。(平十郎)

この最後の四人目は?

ふやけたワカメて・・・(あさ)

へえ、名前はわかりませんが、ワカメがふやけたみたいな汚れの染みついた着物着て、おなごの働き手だけを、じーっと見てる客がいまして。(平十郎)

おなごの働き手?(あさ)

へえ・・・。

それが汚い格好やのに、いやに目だけ、ぎらぎらさせた男で・・・。(平十郎)

★回想シーン・・・★

おいでなさいませ、何か御用でしょうか?(平十郎)

いやっはっは、この銀行は素晴らしいですねえ。

女子たちが男たちの中でこんなにも活き活きと働いておるとは。(成澤)

へえ。(平十郎)

この女子たちの指導は、どなたがなさってるんですか?(成澤)

へえ、ご用件は?

融資のご相談でしたら、こちらでございます。

新規の口座の開設でしたら、こちらでございます。(平十郎)

いや・・・預ける金は、持ってません。(成澤)

へえ。(近寄る平十郎)

失礼しました。(立ち去る成澤)

さすがへえさんや、おかしな輩を、最小限の言葉のみで追い返しはりましたで。(弥七)

今日も節約してはりますなあ・・・。(佑作)

★・・・★

そないなお客さんが・・・。

そら気になりますなあ。(あさ)

へえ。せやけど言葉は大阪のもんやありませんでしたし、もう二度と来ないと思います。(平十郎)

まあ、こないお客が増えたら、時にはそないおかしなもんが来てしまういうことだす。

嬉しい悲鳴だすがな。

ほな、よう気をつけて、店の中見といてくらしな。(榮三郎)

へえ。(平十郎)

へえ~・・・(あさ)

旅立ちの日

そして、和歌山では、藍之助が大阪に旅立つ日となりました。(ナレーション)

(藍之助を送っていくはつ)

須佐神社のお守りは持ったか?(はつ)

うん、持った。(藍之助)

陀羅尼助(だらにすけ)の薬は?

持った。(藍之助)

船賃は?財布も。(はつ)

(財布を探す藍之助に、お金を渡すはつ)

ありがとう。

お母ちゃん、もう、ここでええよって。(藍之助)

せやな・・・。

大きゅうなろうやなんて思わんかてええ。

地に足つけて、しっかり歩くことさえできたら、それでええんだす。(はつ)

はい。

お母ちゃん、おおきに。(深々と頭を下げる藍之助)

(旅立つ藍之助を、いつまでも見送るはつ)

藍之助は、白岡家で間借りをしながら、加野銀行の行員見習いとして修業始めることになりました。(ナレーション)

(一生懸命床磨きをする藍之助を見守るあさ)

辞めてしもうたて、何をだす?

そして、日清戦争が始まったその年【1894年(明治27年)・夏】。(ナレーション)

(外で水を撒く藍之助、店に戻ってきたあさ)

あっ、奥さん、お帰りなさいませ。(藍之助)

ただいま。

はあ、今も昔も、子どもの戦ごっこは変わらしまへんなあ。

手に持つもんは、変わってきてますなあ。(あさ)

(お茶を飲む新次郎とあさ、そしてうめ)

そらあ、子どもの気合も違うてますやろなあ。

昔は戦言うたら、お侍さんのすることやったのが、今は、国民皆兵隊さんの世の中よってな。(新次郎)

へえ、戦が始まる前は、みんな関わりたないいう感じやったのに、今はえらい盛り上がりだす。

炭坑の子たちも、暇見つけては「えいや、えいや」やってましたわ。(あさ)

おあさ様はもう加勢したらあきまへんで。(うめ)

へえ、鉄砲やら出てきたら、もう加勢もできしまへん。

それに、景気もえらい良うなってきましたな。

東京では、缶詰屋が繁盛し始めた言う話も聞きました。(あさ)

わてもな、尼崎の会社の方も、この景気で女工さんの数、足らんようになってきましたんや。(新次郎)

そら難儀だすなあ。

せやけど、こない景気ええままやなんてこと、ありますのやろか?

うちはどないしても心配で・・・。(あさ)

せやなあ・・・。

せやけど、わてもう、辞めてしもうたさかいなあ・・・。(新次郎)

・・・はい!?(あさ)

やっぱりこの九州のお菓子美味しいなあ。(新次郎)

辞めてしもうたて、何をだす?(あさ)

いや、あれて、尼崎の阪神紡績をな。(新次郎)

へえっ!?(あさ)

いや、あさとここ何年か、事業の進む道のこととか、よう考えてきましたやろ?

それで、ふと、思いましたんや。

はて、この先、老い先、長いにしろ、短いにしろ、わての道はこれでええのやろか?

これやっぱりちゃいますなあ、ってな。(新次郎)

てな、ではございまへん。

社長辞めはるやなんて・・・。(あさ)

いいや、あっこの会社はわてなんかいてへんかて、十分やっていけますのや。

あとはもう、家業に専念さしてもらいます。(新次郎)

家業言うたら、そら有り難いことだすけど・・・。(あさ)

そない言うても加野商店は、わて、名前置いてるだけで、あさと九州の亀助に任せっぱなしだすしなあ。

せや、銀行は相談役やさかい、これからも榮三郎やみんなの愚痴、なんでも聞いてあげまひょな。(財布を持って立ち上がる新次郎)

あー、どこ行きはりますのや?(あさ)

せやな、相談役、これこそがわての道だす。

ほな、行ってきま!(出かける新次郎)

待っとくなはれ!

もう・・・なんてこと。(あさ)

あさと成澤との出会い

Sponsored Link

はあ、閻魔紙は増える一方だすなあ・・・。(弥七)

しょうがあらへんわ。

このとこの景気で、加野屋にはなんぼでもお金がある思うて、ずうずうしいこと頼んでくる輩が増えてしもうてますさかいな。(榮三郎)

へえ、奥さんにも、面会などの申し込みが増えてますが、これも要注意です。

貴重な時間を割いて会ってみたところ、これがまた、婦人実業家への興味本位だったりして、閉口してしまいます。(平十郎)

すんません!

奥さんはいらっしゃいますか?(成澤)

いません!(平十郎)

また来た・・・。(弥七)

四番の、水にふやけたワカメさんです。(サカエ)

はー、ほんま汚い身なりやな。(榮三郎)

たしか、奥さんはそろそろ九州から帰られる頃では!?(成澤)

九州から帰っておられますが、ここにはいません。(平十郎)

昨日もそう言われましたので、今日は店の前でずっと張っておりました。

しかし、朝5時から、今現在まで、奥さんらしき女性は、一度も店から出てません。(成澤)

へえっ!?(驚く平十郎)

もしや、私に会わせたくなくて隠してますなあ・・・。(成澤)

・・・。(平十郎)

わかりました、しかしこの成澤、生まれてこのかた、数々の困難に恵まれてしまったせいで、困難はあればあるほど奮起するたちとなっております。

これで諦めたと思わないでいただきたい。(成澤)

はっははは、身なりの割には、えらい前向きな男はんだすなあ。(榮三郎)

ほんまだすなあ。(弥七)

ほんなら行ってきます!(あさの声)

あーーーー!(みんないっせいに声を上げる)

どこ行きはるんだすか、そないな格好で?(祐作)

よろしいのや、今日はよう知ってる人しか会わへんさかい。

それにしても旦那様、どこ行きはったんやろなあ?

あれっきり、帰ってきはらへんようになって。(あさ)

お義姉さん、来てしもたで。(榮三郎)

大丈夫です、あの姿やったら、けったいな奥さんと思われるだけです。

まさか、天下の婦人実業家とは・・・。(平十郎)

うん・・・。(一同うなずく)

白岡あささん!?(成澤)

ええっ!?(一同驚く)

はっ?(振り向くあさ)

はははっ、イエーッス!

ようやくお会いできました。

私、成澤泉と申す者、あなたとこうしてお話できる日を、心待ちにしておりました。(成澤)

(手を差し出す成澤)

あらっ?久しぶりのシェイクハンドや。(握手するあさ)

そやけど・・・。(あさ)

へいへい、う、うん・・・。(閻魔紙を見せるみんな)

四番・・・あかん。

うち、来週からまた炭坑行かなあかんのだす。

その前に、片付けることが山積みだすのや。

ほな、失礼します・・・。(あさ)

ちょっ、ほんのちょっとの時でも構わないのです。

話を聞いてください。(成澤)

半月くらいで帰りますよって。(あさ)

半月?

いや、それは待てません!(成澤)

待たれへんて、そない急ぎのご用なんだすか?(あさ)

急ぎも急ぎ、一刻も早い方が良いのです。(成澤)

無職です

通してしもたがな。(あさ)

(テーブルを挟んで対面するあさと成澤、部屋の外から見守る従業員たち)

で、成澤さん言わはりました?(あさ)

ええ、成澤泉と申します。(成澤)

そない、どないしても早う会いたいて、うちにいったい、どないなご用件だすのやろか?(あさ)

はい・・・、おおっ、有り難い!頂きます。(お茶を出されて一気に飲み干す成澤)

あの、失礼だすけど、ご職業は?(あさ)

無職です。(笑って答える成澤)

そうだすか・・・。(あさ)

はい。(成澤)

あさはこの時、まさかこれが運命の出会いとなろうとは、まだ少しも、気付いていなかったのでした。(ナレーション)

つづく。

いよいよ、女子大設立に向かって進んでいくのでしょうか?

『あさが来た』ネタバレ・あらすじ一覧【見逃した回はありませんか?】

【あさが来た・人物相関図】人間模様・出演者役名キャストをチェック!

Sponsored Link

 - 【終】あさが来た(NHKテレビ小説)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

asagakita
『あさが来た』第35話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第35回 あらすじ&ネタバレ 本気で言うてますのんか? …

asagakita
『あさが来た』第95話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第95回 あらすじ&ネタバレ このまま行かしたらあかん …

asagakita
『あさが来た』第141話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第141回 あらすじ&ネタバレ そんな私でさえもう潰さ …

asagakita
『あさが来た』第105話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第105回 あらすじ&ネタバレ 自分の道は選ばしてあげ …

asagakita
『あさが来た』第135話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第135回 あらすじ&ネタバレ 夫婦とは、けったいなも …

asagakita
『あさが来た』第110話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第110回 あらすじ&ネタバレ みかんの収穫 (はつた …

asagakita
『あさが来た』第40話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第40回 あらすじ&ネタバレ 決して大阪へは帰りまへん …

asagakita
『あさが来た』第125話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第125回 あらすじ&ネタバレ はつにコロコロ転がされ …

asagakita
『あさが来た』第119話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第119回 あらすじ&ネタバレ お義姉さん、困ったこと …

asagakita
『あさが来た』第101話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第101回 あらすじ&ネタバレ 銀行を経営する者が、一 …