Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

『あさが来た』第119話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

   

Sponsored link

NHK朝ドラ「あさが来た」第119回 あらすじ&ネタバレ

お義姉さん、困ったことになりました

あさが思い描いていた通り、日本中に大きな影響力を持つ大隈の賛同を得てからというもの、東京でも協力者集めは順調に進みました。(ナレーション)

(成澤の事務所で、あさからの手紙を読んでいる成澤と協力者たち)

よっしゃ、また協力者が増えましたね。(スタッフ)

白岡あさ、なんてお人だ!(成澤)

(大阪に帰ってきたあさを見てうわさをする街の人たち)

ただいま。(テーブルを囲む白岡家の人々の元に帰ってきたあさ)

ん?

どないしたんだす、みんな浮かへん顏して・・・?(あさ)

おかえり・・・。(低い声の新次郎)

お義姉さん、困ったことになりました。(榮三郎)

ん?(あさ)

・・・道楽!?

(榮三郎、平十郎、新次郎の話を聞くあさ)

どないなことだすのや?(あさ)

お義姉さんがおなごの教育に夢中になってる話が、もう広まってしもてましてな。(榮三郎)

それはほんまのことやから、仕方ないとして、この銀行のたくさんの儲けを、その事業に回すと、悪い噂が立って・・・。(平十郎)

誰がそないなことを・・・。(あさ)

大事なお金を預けてるいうのに、おなごの大学校なんかに使われてたまるかいうて、預金してるお客さんが、ぎょうさん取引辞めにきてはんのだす。(榮三郎)

そんな・・・。

せやけど、東京では、大隈様やようけのお方が、「こらえらい大事な事業や」いうて、協力する言うてくれてはりますのやで。(あさ)

東京では、どないなってんのか知りまへんけど、大阪では事実、こないなことになってますのや。(榮三郎)

奥さん、前から言おう思うてました。

成澤さんは、立派な教育者かも知れません。

そやけど、私の目から見たら、あのお方は、一銭もこの銀行にお金を預けてません。

融資をする予定もない!

この加野屋の商いにとって、なんの関わりもないお方です。

おなごの大学校に力を入れているのは、奥さんの道楽です。(平十郎)

・・・道楽!?(あさ)

そんなことに、元々ない時間を使って、お金も使って、そんなこと続けられたら、私らはかないません。(平十郎)

せやけどうちは・・・。(あさ)

あさ!(怖い顔の新次郎)

すんまへん、迷惑かけてしもて・・・。

ほんま堪忍だす。

うち、ちょっと店見てきます。(あさ)

あっ、いやお義姉さん!(立ち上がる榮三郎)

この話が落ち着くまで、しばらくは、店のほうへは顔を出さんといてもらえますか?(榮三郎)

・・・。(あさ)

店の、ためだす・・・。

どうか、たのんます。(頭を下げる榮三郎と平十郎)

・・・わかりました。(あさ)

ひねくれもんやて!?

(部屋で一人、頭を抱えるあさ)

お母ちゃん?(千代がやってきました)

ああ、千代!

帰ってましたんか?(あさ)

へえ、連休で休みも長うとれたさかい、3日前から帰ってきてます。

それに、お父ちゃんがそろそろ先のことを、お母ちゃんと一緒に考えようて・・・。(千代)

そうだすか・・・。

うちは、ずっと思うようにさしてもらいました。

あんたもそないしたらよろしい。(あさ)

・・・そうだすか。(千代)

ゆっくり、後で話聞きますさかいな。(立ち上がるあさ)

(宜(のぶ)が言ってた「自分のせいで炭坑にうちこめなかった」の言葉や、「お母ちゃんなあ、商いが好きなんだす」のあさの言葉を思い出す千代)

せやなあ、思うようにしてきたんやろなあ。(千代)

(振り返るあさ)

せやのに、うちなんかが生まれてしもて、そらえらい、迷惑かけてしまいましたわ。(千代)

なに言うてますのや?(あさ)

「いてへんほうが良かった」て、思うてはりましたんやろ?

うちが足手まといやて・・・。

子どもさえいてへんかったら、もっと大好きな仕事に打ち込めて、失敗なんかすることものうて、自由に働いたり、学んだりできたのになあて・・・。(千代)

・・・。(あさ)

もう、心配しはることあらしまへんよって。

もう、うちかて、お母ちゃんなんか必要あらしまへん。

卒業したら、お母ちゃん言うように、好きに生きさしてもらいますさかい。(部屋を出る千代)

待ちなはれ・・・。(千代の手を掴むあさ)

待ちなはれ!(あさ)

痛い、やめてえな!(千代)

ええか?

あんたを足手まといなんて思うたこと、いっぺんもあらしまへん。

あんたがまだ、お乳飲んでる頃に置いていったことかてあるし、初めてしゃべったり歩いたり、そない大事な時にそばにいてやれへんかったこともある・・・。

申し訳あれへん思うたことはぎょうさんあるけど、後悔したことなんかあらしまへん。

それは、それがうちの選んだ道やさかいだす。(あさ)

・・・わかってます。

わかってますわ!

せやさかいつまり、いつも娘より、仕事選んではったいうことだすやろ?(千代)

・・・そない思うのやったら、そない思うてたらよろしい、このひねくれもんが!(あさ)

ひねくれもんやて!?(千代)

あんた言い訳にして仕事手抜いて、「やや子がいてたさかい、失敗しました、すんまへんなあ」言うてるほうが、よっぽどあんたに失礼と違いますのんか?(あさ)

そんなん、家空けて仕事したい女の言い訳や!(千代)

・・・なんでいつもそないな風にしかとられへんの?

お母ちゃんが、あんたをどない大事に思ってるか・・・。

あんたがいてるさかい、頑張ろう思うことはあっても、足手まといやなんて思うことがあってたまりますかいな!

せやのに、いてへんほうが良かったやて!?

甘えなさんな!

あんたがなあ、まだちいちゃい子どもやったら、「ごめんな、お母ちゃんいつも置いていって、ほんまごめんな」ってなんべんでも謝るけど、もうええ大人やあらしまへんか?

いつまで自分甘やかしたら、気済みますのや!?(あさ)

・・・せやなあ、可愛らしい娘やのうて、そらえらいすんまへなんだなあ!

せやけど、ずーっと甘えさしてくれへんかったんは、お母ちゃんやんか・・・。(涙がこぼれる千代)

(驚くあさの後ろから駆けつけるよの)

なんだす、二人で大きな声出して?(よの)

(行ってしまう千代)

ひょっとしたら、宜(のぶ)ちゃん?

Sponsored Link

千代!(あさ)

あささん、ちょっと、一人にしといたらよろしい。(あさを止めるよの)

な、そのほうがよろしい。(よの)

お義母様、そやけど・・・。(あさ)

わわわわ・・・。(突然現れた宜(のぶ))

わわわわ・・・。

す、すみません・・・。(宜(のぶ))

あなたは?(あさ)

あ、今な、うちに泊まってもらってますのや。

千代の女学校のお友だちでな、お名前は・・・。(よの)

ひょっとしたら、宜(のぶ)ちゃん?(あさ)

はい・・・。

わわわ、怪しい現れ方してしもて、ご免なさい。

今、憧れのお人に会えた喜びと、興奮と、自分の罪深さに、もう、三方板ばさみになってると申しますか・・・。(宜(のぶ))

罪深さ?(あさ)

すいません、千代ちゃんがあないなこと言いだしたのは、うちが余計なこと言うてしもうたさかいです。(宜(のぶ))

ええっ!?(あさ)

こんな銀行なん、もう長いことない

(あさに会わせろと、店にやってきた萬谷)

おい、いつもいてる奥さん出したって。(萬谷)

それが、今日はいてしまへんのだす。(弥七)

昨日もいてへんかったやないか、お前ら隠しとるやろ!?(萬谷)

いやいや、せやさかい、まだ東京から帰ってきてない・・・。(口を滑らす弥七)

ああ、せやったな。

東京まで行って、おなごの大学校がなんたらいう、くだらんもんに力、使うてはんねんてなあ!?

そんなくだらんもんに使う金あんねやったら、わしになんで貸してくれへんねん!?(萬谷)

いやいや、それとこれとは話が別だして・・・。(弥七)

そうかお前ら、わしは死ねいうんやな、お前らわしの一家もろとも殺す気やな!?(弥七と祐作を振り切って中に入ってくる萬谷)

皆さん!(客たちに話しかける萬谷)

この銀行やってる名物女の白岡あさっちゅうんは、ろくでもないおなごだっせ。

昔なじみのわしにはちょっとの銭も貸さんと、おなごの大学校かなんたらいう、どうでもええことに、みなさんの大事な銭、使うてますんやで!(萬谷)

またこの男かいな!?(奥から駆けつけた平十郎)

こんな銀行なん、もう長いことない。

直に潰れますさかいな、こんなとこにお金預けたらあきまへんでえ!(萬谷)

(どんどん中に入っていく萬谷)

ここのおなごはんは、あの奥さんからえらい教育受けてますのやろ?

客喜ばしてくれな・・・。(萬谷)

(萬谷の腕を後ろにキメる新次郎)

痛てててっ、何すんねん?(萬谷)

痛おましたらかんにんだっせ。

せやけど、なんぼ昔なじみでも、おなごに手だすいうのは、やっぱりちょっと許されしませんな。(新次郎)

離さんかい、こらあ!(新次郎に殴りかかる萬谷、それを受け止る新次郎)

離せ、離せ、この・・・。(倒れる二人)

萬谷さん、あんたなあ・・・。(萬谷を起こす新次郎)

たいがいのことは、そない気になれへんのだすけど、二つだけ、どないしても腹に据えかねることがありますのや。

それはな、男がおなごに手上げることと、わての嫁さんに、的外れの悪口言われることだす!(新次郎)

なんやと!?(萬谷)

帰っとくれやす!(新次郎)

(店の者に連れ出される萬谷)

お母ちゃん、あんたともっと話がしたい

(外から帰ってくる千代を、店の前で待っていたあさ)

千代・・・。(あさ)

(立ち止まる千代)

また、そないぎょうさん買い物して・・・。(あさ)

・・・お母ちゃんに、関わりあれへんことだす。(歩き出す千代)

千代・・・。

お母ちゃん、あんたともっと話がしたい。(あさ)

(立ち止まる千代)

お母ちゃんなあ、あんたと話したいことが、ぎょうさんありますのやで。

あんたがちいちゃい頃のことや、お父ちゃんのことや、おじいちゃんのことや・・・。(あさ)

うちは、お母ちゃんと話することなんかあらしまへん。

そないなもん、あれへんさかい・・・。(歩き出す千代)

(ばたっと、倒れる音がして後ろを振り返る千代)

ええっ!?(包丁を持ったまま立ち尽くす萬谷と、刺されてうずくまるあさ)

千代・・・。(倒れ込むあさ)

自業自得じゃ・・・。(包丁を投げて逃げて行く萬谷)

お母ちゃん!?(荷物を落とす千代)

いやや、お母ちゃん!(あさに駆け寄る千代)

千代!(外に飛び出す新次郎)

お父ちゃん、お母ちゃんが、お母ちゃんがー!(千代)

あさ、あさ・・・あさー!

しっかりせい、あさー!(新次郎)

つづく。

原作(土佐堀川)を読むと、万屋(萬谷)はとんでもない商人で、先代の頃から加島屋(加野屋)を目の敵にして意地悪してきたんですね。

それで浅子(あさ)も腹が立ってて、邪険に対応していたのです。

『あさが来た』ネタバレ・あらすじ一覧【見逃した回はありませんか?】

【あさが来た・人物相関図】人間模様・出演者役名キャストをチェック!

Sponsored Link

 - 【終】あさが来た(NHKテレビ小説)

[PR]

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

asagakita
『あさが来た』第140話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第140回 あらすじ&ネタバレ 悔しいけどな、わしもも …

asagakita
『あさが来た』第135話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第135回 あらすじ&ネタバレ 夫婦とは、けったいなも …

asagakita
『あさが来た』第48話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第48回 あらすじ&ネタバレ お前様、何を話してました …

asagakita
『あさが来た』第67話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第67回 あらすじ&ネタバレ 私はまだ生きてましたんか …

asagakita
『あさが来た』第30話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第30回 あらすじ&ネタバレ ビッグなカンパニー びっ …

asagakita
『あさが来た』第120話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第120回 あらすじ&ネタバレ お義姉さんの様子は? …

asagakita
『あさが来た』第19話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第19回 あらすじ&ネタバレ そら、薩摩言葉かいな? …

asagakita
『あさが来た』第5話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第5回 あらすじ&ネタバレ お母はん、あんな・・・ 1 …

asagakita
『あさが来た』第4話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第4回 あらすじ&ネタバレ はつの許婚・惣兵衛 あさた …

asagakita
『あさが来た』第59話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第59回 あらすじ&ネタバレ 洋行帰りの人に負けたらあ …