Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

『あさが来た』第124話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

   

Sponsored link

NHK朝ドラ「あさが来た」第124回 あらすじ&ネタバレ

なんや、元気そうやんか

あさ・・・。(はつ)

お姉ちゃん・・・。

かんにんな、忙しいやろうに。(あさ)

うちらのことなんかええのや。

ほんまにもう、あんたはいったいなんて・・・。(はつ)

頼むさかい、お姉ちゃんまで怒らんといて。(痛みをこらえるあさ)

奥さん、気ついてしっかりしはってからいうもの、みんなにえらい怒られて、気落ちしてますのや。(亀助)

そうですのや、ただでさえ痛いのに、もう心までくじけてしまいそうだす。(あさ)

自業自得だすのやけどな。(そう言って病室を出る千代)

なんや、元気そうやんか。

番頭さんも、えらいご迷惑おかけしました。(はつ)

いいや、わてなんか、なんも・・・。

もしかして、このお方は・・・!?(亀助)

御無事で、よろしおましたな。(惣兵衛)

惣兵衛さんもおおきに。(あさ)

で、どこ刺されましたんや?(はつ)

ここ、ここだす。(右脇腹をさするあさ)

しばらくは歩くことも、寝台から起き上がることもでけへんのだす。(あさ)

まあ、あんたは動き過ぎやさかい、たまにはそないなんもええのと違いますか?(はつ)

それもみんなに言われてます。(あさ)

(病室を出た惣兵衛と藍之助)

えっ、ほんまだすか?(千代)

へえ、ようよう捕まったそうや、萬谷さん。(新次郎)

はあ、そうだすか。(喜ぶ千代)

萬谷て・・・。(惣兵衛)

おっ、惣兵衛さん!?(新次郎)

そないなもん、ほんまに必要だすのか?

そうだすか、萬谷さんが・・・。(あさ)

ああ、長町のあたりに、逃げ込んでたみたいですわ。(新次郎)

旦那様、どうか、萬谷さんが悪いことにならへんよう、警察に、口添えしてもらわれしまへんやろか?(あさ)

ええっ!?(千代)

萬谷さんを、あないに追い込んでしもたんは、うちのせいだす。

萬谷さんかて、生きてくことに一生懸命やったはずだす。

なんもでけへんにしても、もうちょっと親身になって話聞いてあげてたらて・・・。

お願いだす、どうか・・・。(あさ)

わかりました、伝えときまひょ。

どうぞ、ごゆっくり。(はつに言う新次郎)

おおきに、電報もありがとうございました。(はつ)

へえ、ほな。(病室を出る新次郎)

うめから聞いたんやけど、今は商いだけやのうて、おなごの大学校作る手伝いしてるんやて?(はつ)

・・・あきれますやろ?(あさ)

ふふっ、そうだすなあ。

ようよう長いこと苦労して、商いが安定したいうのに、なんであんたはそこで留まられへんのやろなあ・・・。(はつ)

なあ、あさ。

これは、怒ってるわけやあれへん。

せやないんやけど、しいて聞かしてもらいます。

そないなもん、ほんまに必要だすのか?(はつ)

・・・。(あさ)

萬谷さん言うたら、あっこだすやろ?

(見舞客に説明する亀助)

えー、長いこと、面会謝絶とさしてもろうてましたけど、白岡あさ本人の望みによりまして、来週から、お見舞いいただける運びとなりました。(亀助)

そら良かったがな。

ほな、また来まひょ。(帰っていく見舞客たち)

おおきに。

で、惣兵衛さん、畑のほうは?(新次郎)

ちょうど取り入れ済んだとこやったさかいなあ、あわてて後片付けして後は、養之助に任してきましたわ。(惣兵衛)

そうか、おおきにな。

ずっと大阪離れてた、あんたたち夫婦までこさせてしもうてな。(新次郎)

萬谷さん言うたら、あっこだすやろ?

天満でそれなりに大きい店出してはった・・・。(惣兵衛)

そうや、御一新以降、いろいろ商い替えしたんやけど、そのどれもこれもがうまいこといかへんかってな。

ま、そら、気の毒なことだしたわ。

あー、そら、大阪の街も、こない変わったらな。(惣兵衛)

いやー、山王寺屋さんの変わりようも、決して負けてへんで・・・。(小声でつぶやく亀助)

あっ!?(惣兵衛・新次郎)

あっ、いえいえいえ・・・。(亀助)

家政学いう、立派な学問なんやて

Sponsored Link

今の時代、そら、おなごかて思うように学問できることは、ええことや思います。

そやけどそのせいで、あんたが命すり減らすことになるのやったら・・・。(はつ)

うちもそない思います。

学校の先生が授業でよう言うてはりますけど、男はんいうのは生まれつき、おなごにちょっと下でいてほしい思う性分やて。(千代)

えっ、そやの?(あさ)

そうだす。

近頃は、頭のええおなごを妻にするいう流行りも、上流階級にはあるのやけど、男よりでしゃばるやなんてことは、決してあかん。

ほんまはどないに物知りやったとしても、「ちょっと下ですよ」いう振りして、ニッコリ笑うてるのが一番ええて、先生言うてはりました。(千代)

はあ?びっくりぽんや。(あさ)

ほんまだすなあ。

女学校て、そないなこと習いますのやなあ(はつ)

へえ、良妻賢母になるための、大事なことだすさかい。

せやさかい、男はんが十人いてましたらな、十中八九、お母ちゃんの事、嫌いだすわ。(千代)

え~、うそや。(あさ)

ほんまだす。

お父ちゃんみたいなお人は、珍しいんやて。

十中八九、はつおばさんの方が好きや思います。

うちかてそうだすさかい。(千代)

なんであんたは、いつもそないひどいことが言えますのや?(あさ)

いいや、十中八九かて、やさしい言いすぎだす。

九分九厘な。(そう言って病室を出る千代)

一番怒ってはんのは、千代ちゃんみたいだすなあ。(はつ)

そやの。

それに、あの子の言うことは、どっか正論で、あながち間違いでもあれへんさかい、困ってしまうんだす。(あさ)

そうだすなあ。

頭のええ子や。(はつ)

それにお姉ちゃんの方が、良妻賢母や言うのかて、間違いあれへんしなあ。(あさ)

うちは、いっこも学問なんかしてしまへん。(はつ)

ほら、お姉ちゃんは今、村の方に、お琴教えたりしてはりますやろ?

他にも頼まれた繕いもんしたり・・・。(あさ)

そないなもん・・・。(はつ)

いいや、家事や裁縫はただの花嫁修業やあれへん。

家政学いう、立派な学問なんやて。(あさ)

そやの?(はつ)

そうだすのや。

うちが応援してる成澤先生が、一番心配や言うてはるのは、おなごがお家や旦那さんに縛られたまま、一人ぼっちになってしまうことなんだす。

外の世界をなんも知らん、関わることがでけへんかったら、自然と他の世界と切り離されてしまう。

(昔の自分を思い出すはつ)

教育は、そないなおなごの今を変えることが出来ます。

お家に入っても、周りの人たちと関わりながら、その居場所の、大事な一人になれるんだす。(あさ)

そう・・・。

そない言うたら、近所の、遠いとこにいる息子さんから届いた手紙読んだり、代わりに書いたりするのも、えらい喜ばれてますなあ。(はつ)

そうだすやろ?

成澤先生は、「おなごかて一人の人間や」言うてはるだけだす。

その中には、うちみたいな「動きの激しい世間で働くおなごがいててもええのやないか」て。

うち、ようよう、お姉ちゃんの生き方にも、うちの生き方にも、一本筋が通ったような気してますのや。

そやさかい、たとえ、「おなごの高等教育なんてもってのほかや」て、力づくで押さえつけられたとしても、うちはもう、屈するわけにはいかしまへん。(あさ)

それにしても、実にいい「べっぴん」だな

(廊下に出て、りんごの皮を剥く東柳に出会う千代)

あっ・・・。(千代)

ああっ、君!

良かった、今日は顔色も良いみたいだね。

おっと・・・。(包丁を隠す東柳)

(りんごにかぶりつき)本当は男なら、ちまちま皮を剥くより、こうして食べたほうが百倍いさぎいい。

けど、ぼくの先生はこういうのは嫌いでね。

きれいに剥いてくれと頼まれてしまった。(東柳)

ああ、そうだしたか・・・。

良かったら、うちやりまひょか?(千代)

えっ!?(東柳)

こないだびっくりさせてしもたお詫びに。(千代)

(包丁で皮を剥きだす千代)

へーーー。(東柳)

先日は、すんまへんだした。

親が包丁で刺されて入院してて、それでついびっくりしてしもうて。(千代)

ああっ、もしかして、どこかの銀行のお偉いさん?

待合室に人がいっぱい集まっていた。(東柳)

へえ、そうや思います。

やっと意識が戻って、もう無事に犯人も捕まったそうで。(千代)

良かったね。

ぼくは東京の人間なんだ。

昔世話になった先生が、こっちで入院されていて、それで励まそうと、仲間と来たってわけで・・・。(東柳)

そうだしたか。(千代)

それにしても、実にいい「べっぴん」だな。(東柳)

へっ!?いや・・・。(千代)

・・・りんごのことだよ。(東柳)

・・・失礼いたしました!(逃げ出す千代)

ああっ・・・。(東柳)

ケガの治りだけは、男並み

しかし、刺されるやてなあ・・・。

幕末の志士やあるまいし。(惣兵衛)

ほんまだすわ。

まさか、自分の嫁さんがやて。

★五代の言葉・・・★

あささんは、きっとこんなもんやない。

これから、大阪や日本かて変えられるお方や。

★・・・・・★

って、五代の友ちゃんも言うてたんやけど、かんべんしてほしいわ。

あさはそないなもんにならんかてええのに・・・。(新次郎)

せやなあ、男やったらそないな生き方もて思うとこ、まああるかもわからへんけど、おなごはなあ。(惣兵衛)

そうだす。

なんぼあさが、おなごでも男と同じようにしたい言うても、わて刺されるのだけは許さしまへん。

けどなあ、ケガの治りだけは、男並みに、ええみたいだすのやけどな。(新次郎)

はあー、そらそら、ははは。(惣兵衛)

二十歳になったら、お嫁さんにもらう

成澤先生、今はどないしてはりますのやろなあ?(あさ)

そう言えば、お見舞いも来てくれまへなんだなあ。(うめ)

(はつが病室へ)

新次郎さんと旦那様、ちょっと街見てくるいうて出ていきはりました。

結納に必要なもん、見繕うてくるて・・・。(はつ)

結納?(あさ)

実はなあ、養之助、もうお嫁さんもらう言うてますのや。(はつ)

ええっ!?(あさ)

近所の幼なじみの子(セツ(寺下怜見))と、すっかり恋仲になってしもてなあ。

二十歳になったら、お嫁さんにもらう言うて・・・。(はつ)

おませさんやなあ。(あさ)

まあ、二十歳になったら兵隊さんになる言うのよりは、ずっとマシなんやけどな。

千代ちゃんかて、卒業したらお嫁さんだすやろ?(はつ)

・・・。(あさ)

(一人、事務所で考えこむ成澤)

「もとはと言えば、あんたのせいやろー!(平十郎の言葉を思い出す成澤)」

ごめんください!

(4人の男たちが入ってきました)

つづく。

成澤の元にきた4人の男たちはいったい!?

『あさが来た』ネタバレ・あらすじ一覧【見逃した回はありませんか?】

【あさが来た・人物相関図】人間模様・出演者役名キャストをチェック!

Sponsored Link

 - 【終】あさが来た(NHKテレビ小説)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

asagakita
『あさが来た』第97話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第97回 あらすじ&ネタバレ 今やすっかり、肝っ玉お母 …

asagakita
『あさが来た』第92話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第92回 あらすじ&ネタバレ ここがわての潮時だすのや …

asagakita
『あさが来た』第71話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第71回 あらすじ&ネタバレ うちは炭坑を手放す気はあ …

asagakita
『あさが来た』第142話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第142回 あらすじ&ネタバレ お母ちゃんおおきにな …

asagakita
『あさが来た』第15話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第15回 あらすじ&ネタバレ なんでうち、こんなとこに …

asagakita
『あさが来た』第73話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第73回 あらすじ&ネタバレ 「東京商法会議所」 五代 …

asagakita
『あさが来た』キャスト人物相関図・NHK朝ドラマ視聴ガイド

NHK連続テレビ小説 「あさが来た」 2015年9月28日スタート! 波瑠主演・ …

asagakita
『あさが来た』第154話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第154回 あらすじ&ネタバレ 久しぶりの雁助 あさが …

asagakita
『あさが来た』第122話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第122回 あらすじ&ネタバレ 亀助のなやみ (加野銀 …

asagakita
『あさが来た』第54話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第54回 あらすじ&ネタバレ ペングゥインという鳥 グ …