Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

『あさが来た』第126話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

   

Sponsored link

NHK朝ドラ「あさが来た」第126回 あらすじ&ネタバレ

これぞ、「僥倖(ぎょうこう)の極み」

お義母様・・・。(はつ)

私はなあ、大阪に帰りたかったんや・・・。

ようも私の最後の夢、奪うてくれましたなあ!(菊)

・・・。(養之助・栄達・惣兵衛)

(あさの病室に来た千代と宜(のぶ))

お母ちゃん、田村の宜(のぶ)ちゃんがまた来てくれやったの。

お見舞いにて。(千代)

ああ、宜(のぶ)ちゃん。(あさ)

こ、こんにちは。

あらためまして、ぼくは、田村宜(のぶ)と申します。(名刺を渡す宜(のぶ))

ええっ、ぼく?(あさ)

あ、こら近ごろ男はんがよう使うてるいう、名刺いうもんだすやろか?(うめ)

はい!

ああ、こうしてまた、お元気な白岡先生とお会いできて、これぞ、「僥倖(ぎょうこう)の極み」。(宜(のぶ))

はっはっはっは、面白い子やなあ。(あさ)

はあ・・・そらまた名言ですなあ

ぼくは、女子にも大学校は必要や思うてます。(宜(のぶ))

ほんま?ほんまにそない思う?(あさ)

はい、一刻も早う作ってもろて、ぼくが真っ先にそこへ入りたいぐらいです。(宜(のぶ))

いやあ、嬉しいなあ。

今の若いおなごはんも、そない望んではんのやったら、やる気もようけ湧いてきます。

成澤先生にも教えてあげたいわ。(あさ)

うち、いえ、ぼく、白岡先生のお話伺いたいて、ずーっと思うてました。

銀行や炭坑の商いのことも、雑誌で読み漁ったり、千代ちゃんからいろいろ聞いたりしていたもので。(宜(のぶ))

おなごやのにけったいやなあて、思いましたやろ?(あさ)

いいや、ぼくも子どもの頃から、男には負けたない思うてました。

おなごのくせにとか、おなごだてらにとか、何べん言われたことかわかりません。

家では、お嬢様扱いでしたけど、一歩外へ出てみますと、世間の風の冷たいこと、冷たいこと・・・。

上方一と言われる我が女学校ですら、なお、男子の愛を受けて、それに媚びへつらうことのみを望みとする女子ばかりで。

ぼくは、すっかり浮き上がっております。(宜(のぶ))

ええ~!?(あさ)

このようなとこで、女子の改革が出来ようかと、失望していた矢先に、千代ちゃんという親友に出会いました。

しかも白岡先生と、かかる僥倖に恵まれるとは・・・。(あさを拝む宜(のぶ))

はあ、また始まってしもうた・・・。(うめの側に行く千代)

なんであの方は、おなごやのにぼく言わはりますのや?(うめ)

なんや雑誌で、東京の女学校の学校言葉で、「ぼく」とか「君」とか使うのが流行ってるらしい言うて、それであんなんなってしまいましたのや。

こないだまでは、「よくってよ」とか、「だわ」とか、女学校言葉好んでたのに。(千代)

へ~。(うめ)

これからは、白岡先生のように、女性も、仕事を持って生きていかなあきません。

男の人に頼るのではなく、自立して、自分の道を切り開いていきたいのです。(宜(のぶ))

いやあ、ひょっとしたら宜(のぶ)ちゃん、昔のうちに、ちょっと似てるのかもわかれへん。(あさ)

ほんまですか?

そらまた僥倖です。(宜(のぶ))

(ムッとして病室を出る千代)

せやけどなあ、宜(のぶ)ちゃん。

うちは、おなごは別に、男はんみたいになる必要はあれへんて思うてますのや。(あさ)

へ!?(宜(のぶ))

たまには、男はんに頼ってもええ思うし、逆に頼られるのもええ思うし。(あさ)

そうでしょうか・・・。(宜(のぶ))

へえ、その証拠に、宜(のぶ)ちゃんにはその、「ぼく」いうの、あんまり似合うてはりまへん。

そない優しい顔してはんのやさかい、普通に「うち」とか、「私」とかいうほうが似合う思いますけどなあ。(あさ)

いいや、ぼくはぼくでいきます。(宜(のぶ))

はは、そうだすか、まあよろしいけどなあ。

うちも、偉そうなことは言われへん。

近ごろずっと、自分のことだけで必死になってしもうてましたさかいなあ。

寄付金集めるために、えらい労力と時間使うてしもて。(あさ)

いいや、尊いことやと思います。

一文の得にもならへんのに、女子教育のために頑張ってはって。(宜(のぶ))

せやけど、人間って、こう、人の間って書きますやろ?

人さんのおかげ被って生きていける、自分だけやのうて、もっと、誰かのためになることしたい、思うてますのや。(あさ)

はあ・・・そらまた名言ですなあ。

心にとどめな!(宜(のぶ))

はは、そないなとこもよう似てますなあ。(あさ)

ほんまだすなあ。(うめ)

なあ、宜(のぶ)ちゃん。

宜(のぶ)ちゃんに、お願いがありますのやけど・・・。(あさ)

うちの東柳くんだってすごいぞ

Sponsored Link

(手洗い場にいる千代)

あれ、女学生がいるじゃないか?(3人の男子学生)

あっ、君は!?(東柳を捜す千代)

もし、東柳くんを捜しているのなら、東京に帰ったけど。

ええっ!?(千代)

なんだよ、東柳くんの女友だちかよ、あいつもやるなあ。

おい、めったなこと言うな。

このお嬢さんは、向こうで入院している加野銀行の頭取のお家柄らしい。

そりゃすごいな。

うちの東柳くんだってすごいぞ。

かつての栄光は薄らいだとはいえ、華族のお家柄だぜ。

失礼いたします。(その場を去る千代)

どないかしましたんか、千代?(新次郎)

いいや、なんでも・・・。(千代)

(3人の男たちを見て、けげんな顔の新次郎)

あさからの伝言/h3>

(成澤の事務所に来た宜(のぶ)と千代)

あの!(宜(のぶ))

(驚く成澤)

すいません。(宜(のぶ))

えっ、君たちは・・・。(成澤)

ぼく、いえ、うちは、京都白川女学校の田村宜(のぶ)と申します。

本日は、成澤先生に、白岡あさ先生の使いとして参りました。(宜(のぶ))

白岡さんの?(成澤)

はい、手紙を書くのも痛いので言うて、伝言を承ってきました。

すぐにでも、女子大学校の話をしたいので、一刻も早う病院に来てもらいたい、と。(宜(のぶ))

・・・。(成澤)

はあ、びっくりしてしもうた。

宜(のぶ)ちゃん、どんどん歩いてってしまうや・・・。(千代)

顔面の良き男は、女を惑わし破滅させ、ろくな男はいないという、旧来の認識を改めざるを得ませんな。(宜(のぶ))

えっ、今なんて?(千代)

ううん、ええの。行きましょ。(宜(のぶ))

そうや、道頓堀でおぜんざいでも食べまひょ。(千代)

うん。(宜(のぶ))

もう振り返ってる暇なんかあらしまへん

さあさ、どうぞ。(新次郎)

こんばんは・・・。(成澤)

先生!?(あさ)

このたびは、本当に私のせいで!(最敬礼する成澤)

いやあ、先生・・・。

ご自分のせいやなんて、ちょっとでも思うてはんのやったら、そら自惚れだす。

うちは炭坑かて銀行かて、やる時はいつでも命がけだす。

責任なんて感じてもろたら困ります。(あさ)

いや、しかし・・・。(成澤)

うちが死なへんかったのは、まだ使命があるさかいやて思うてます。

おじいちゃん、お義父様や五代様やみんなが、もうちょっと頑張れて、見ててくれはるさかいやて。

もう振り返ってる暇なんかあらしまへん。

宜(のぶ)ちゃんみたいな、これからの若いおなごのために、もっともっと頑張りまひょ、な。(あさ)

・・・はい!(成澤)

亀助と娘のなつ

あさは正月も病院で過ごし、春の来る前に、ようやく退院しました。(ナレーション)

(あさが帰ってきて、銀行の前で万歳をするみんな)

その間にも日本は、東海道線に続き、神戸から広島まで走る山陽鉄道も開通し、東京へ行くのも、福岡の炭鉱へ行き来するのも、ずっと便利になりました。(ナレーション)

いやあ、着いた、着いた。(大八車に家財道具を乗せて加野屋に帰ってきた亀助と娘のなつ)

お母ちゃん、歩くの遅いなあ。(亀助)

(外に出てきた新次郎)

亀助!(新次郎)

おお、新次郎さん。(亀助)

ああ、こらこら、あんたが、亀助とふゆの娘さんだすか?

大阪にようこそ!(新次郎)

こんにちは。(なつ)

こんにちは、あっはっはっは。(新次郎)

また3月には、日清戦争が終結し、戦後景気で、加野銀行の預金高は67万円となり、関西の銀行として、さらに存在感を増していきました。(ナレーション)

千代の縁談のことだす

あさは、病院だすか?(新次郎)

うん、あささん一人で先生の話聞いたら、またええようにとって、無理したらあかんさかい、うめにな、ちゃんと話聞いといてって頼んでおきましたのや。(よの)

そうだすか、そらおおきにな。(新次郎)

こんばんは!(榮三郎が次女を連れてきました)

おー、まさやないか、よう来てくれましたな。(新次郎)

まさ、おばあちゃんやで。(よの)

お母ちゃん、足の具合はどないだす?(榮三郎)

それがな、こないだ千代にようさすってもろてから、もうだいぶええのや。(よの)

そらよろしおましたなあ、千代ちゃん様様だすな。(榮三郎)

お前こそ、二人も孫、お母ちゃんに見せてあげてくれて、こないな親孝行、あらしまへんな。(新次郎)

お母ちゃんから聞きましたんや、千代の縁談のことだす。(榮三郎)

(とたんに顏が暗くなる新次郎)

次の春卒業や言うたら、そないええ時、あらしまへんで。

千代の相手言うたら、いずれわてらと一緒に、加野屋のいろんな商いを守ってもらうことになる、大事なお人だすがな。

わても一緒に、ちゃんと考えさせてもらわなあきませんな。(榮三郎)

(面白くない新次郎)

ただいま!(あさ)

病院はどないだした?(榮三郎)

予後の調子もええみたいやて、先生も言うてくれはりました。(あさ)

たしかに、そない。(うめ)

ああ、それならよろしい。(よの)

今日はみんなおそろいで、楽しそうだすなあ。

あっ!?(ぶすっとしてる新次郎を見て不思議に思うあさ)

今な、千代の話してましたのや、千代の縁談の話をな。(よの)

縁談!?ああ、それで。(納得するあさ)

失礼いたします。(亀助)

見とくなはれ。(手紙を見せる亀助)

頭取宛てに、雁助さんから手紙だす。(亀助)

(驚くうめ)

雁助さんから?わー。(手紙を受け取るあさ)

(喜ぶみんなの中、手紙の中身が気になるうめ)

どないしましたんや?

(和歌山 眉山家 縫物をしているはつ)

おばあちゃん!?(養之助)

(倒れて苦しんでいる菊)

どないしましたんや?(栄達)

お義母様!?(はつ)

お母ちゃん!(惣兵衛)

(苦しむ菊)

つづく。

菊さんが倒れてましたけど、どうしたのでしょうか?

気になりますね。

『あさが来た』ネタバレ・あらすじ一覧【見逃した回はありませんか?】

【あさが来た・人物相関図】人間模様・出演者役名キャストをチェック!

Sponsored Link

 - 【終】あさが来た(NHKテレビ小説)

[PR]

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

asagakita
『あさが来た』第103話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第103回 あらすじ&ネタバレ そないないけず言うたら …

asagakita
『あさが来た』第63話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第63回 あらすじ&ネタバレ おなごに評判いい頭 時は …

asagakita
『あさが来た』第4話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第4回 あらすじ&ネタバレ はつの許婚・惣兵衛 あさた …

asagakita
『あさが来た』第78話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第78回 あらすじ&ネタバレ 私は、あなたに会えて良か …

asagakita
『あさが来た』第108話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第108回 あらすじ&ネタバレ 京都の女学校!? ええ …

asagakita
『あさが来た』第25話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第25回 あらすじ&ネタバレ い、今おまえ、なんと言う …

asagakita
『あさが来た』第51話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第51回 あらすじ&ネタバレ いつかやや子を育ててみた …

asagakita
『あさが来た』第110話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第110回 あらすじ&ネタバレ みかんの収穫 (はつた …

asagakita
『あさが来た』第130話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第130回 あらすじ&ネタバレ ぼくは一生、ここで生き …

asagakita
『あさが来た』第150話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第150回 あらすじ&ネタバレ 新次郎を心配するあさ …