Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

『あさが来た』第145話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

   

Sponsored link

NHK朝ドラ「あさが来た」第145回 あらすじ&ネタバレ

さてはこの銀行もあぶないのやな?

(銀行開店前に店先に立つ弥七と祐作、そこへ千代とうめが来ました)

あっ、うめさんやお嬢さん、お早うございます。(弥七)

お早うさんだす。(千代)

こないな朝から何してはりますのや?(弥七)

今日は、婚約者の啓介さんが朝一番でおいでになるいうことでな、それでこないして待ち構えてるいうことだす。(うめ)

そらそら、ええ朝でございますなあ、はは。(祐作)

(そこへ預金者が何人も押しかけてきました)

おい!

頭取はいてるか?

いや、まだ開店前だすさかい。(弥七)

さてはこの銀行もあぶないのやな?

はあ!?(弥七、佑作)

難波銀行が倒産したやて聞いたさかいな、お前とこも逃げる気あらへんのか?

いやいやいや・・・。(弥七、佑作)

(次々と押し寄せてくる預金者たち)

わてらが扱うてんのはお客さんのお金だす

(加野銀行店内)

あかん、とうとう難波銀行のとばっちりが来ました。

大阪はどこの銀行も、預金者が詰めかけてきてます。(平十郎)

なんでこないなことに・・・。(すず)

去年、清の国で、大きい戦乱があったせいやて。(藍之助)

まるで日本と清国の貿易が止まってしもうて、それで今までその商いで儲けてた大阪商人たちが、いっぺんにお金が回らへんようになってしもうてますのや。(榮三郎)

へえ。(平十郎)

へえさん、やっぱり預金者に安心してもらうためにも、支払うたほうがええのやないやろか?(榮三郎)

へえ、いや、あきません、こんな大騒ぎになってしもて、言いなりに預金支払ったら、いったいどんな額になるかわかりません。

ここは、よっぽどな理由ない限り、うちもいったん支払いを停止するべきです。(平十郎)

わてらが扱うてんのはお客さんのお金だす。

困ってはる時に返されへんのは、おかしいのと違うか?(榮三郎)

確かに、それが正論ですが・・・。(平十郎)

(祐作が外から中に押し込まれました)

大丈夫か、佑作?(榮三郎)

話し合いにもなりません、返してくれの一点張りで・・・。(佑作)

えらいことだすなあ。(新次郎)

なにのん気にお茶飲んではりますのや、お兄ちゃん!?(榮三郎)

いいや、わてなんかが深刻ぶって眉間しわ寄せたかて、何の役にも立たれへんさかいな。

それに、お前がちいちゃいころにも、こないなことあったな。

さて、ぼちぼち、わての格別なおなごはんが、帰ってくるころ違いますかいな。(新次郎)

誰が言いましたんや、そないなこと!

(店先に押し寄せた預金者たちに驚く啓介)

これはいったい!?(啓介)

啓介さん、こっち!(千代)

えらいことになってしもうた・・・。(うめ)

(帰ってきたあさと亀助)

まあ~、前にもこないなことありましたなあ。(あさ)

御一新の後の、銀目廃止の時だすわ、なつかしいなあ。(亀助)

(時計を見て)よっしゃ、行きまひょ。(あさ)

へえ。(亀助)

奥さんや!

金、返してえや。

あぶない!(行こうとする啓介を止めるうめ)

加野銀行が危ないて聞いてきたんやけどな。

まだ開店まで5分ございます、お待ちになっとくれやす。(あさ)

わしは預金者やで、預けた金が無事なんかどうか、説明してもらわなあかん。

無事に決まっております!

信用してお待ちになっとくれやすと申し上げてるんだす。(あさ)

加野銀行が潰れるて聞いたで!

はあ~!?

誰が言いましたんや、そないなこと!

なに根拠にそないなこと言わはりますのや。

加野銀行には、両替屋時代からの信用がございます。

滅多なことではびくともいたしません。

いい加減なこと言うてもろうたら困りますがな。

どうか私どもを信用して、あと4分、お待ちになっておくれやす。(あさ)

これがこの加野屋のやり方なんだす!

Sponsored Link

(店に入ったあさと亀助)

難波銀行がいよいよあかんようになりました。(榮三郎)

知らせてもろうておおきに、遅なってしもうてかんにんだす。(あさ)

へえ、危ないとは聞いてましたが、こんなに早いとは思いませんでした。(平十郎)

難波銀行は、取引先がようけ潰れてしもうたさかいなあ。(あさ)

これから恐慌は、日本中に飛び火する思います。

きっとまた、あの頃の両替屋みたいに、ようけ銀行が潰れますやろなあ。

あ、いや、みんなにお金支払うたほうがええのはわかります。

せやけど、万が一とばっちり受けて、共倒れになったら・・・。(榮三郎)

大丈夫だす、うちのお得意さんは、おおかた経営もしっかりしてはります。

表にいる預金者には店開けて、全額支払いまひょ。(あさ)

へえっ!?(平十郎)

なんのために炭坑売った思うてはりますのや。(あさ)

そない言いますけど奥さん、ほかが支払いを停止して、うちだけ支払ったら、今日だけやない、これから先、どれだけの客がうちに詰め寄せてくるかわかりません。(平十郎)

せやけど恐慌言うたら、日本そのものの危機だすわな、政府がほっとくわけあれへんて思いはりまへんか?(あさ)

その政府で働いてた私が、まずいと言うてるんです!(平十郎)

あれま。(あさ)

そうだすな、ま、へえさんの言わはることようわかります。

せやけどなんやわて、銀行の神さんの言葉、思い出してしもうてな。(新次郎)

「信用さえあれば、人が金を運んでくれます」(渋沢栄一)

それだす、ほかの銀行が支払えへんなか、うちが無理してでも支払うたら、お客さんはきっと喜んでくれはる。

そしたらまたいつかきっと、信用して、お金預けてくれはる。

円は、ご縁だすさかいな。(新次郎)

そう言うたらお父ちゃんも、ようそない言うてはりましたな。(榮三郎)

わても何べんも聞きましたわ。(亀助)

へえさん、どうか頼みます。

甘い奴らやなあと思いはるやろけど、これがこの加野屋のやり方なんだす!(あさ)

へえ、こうなったら腹くくります。

よっしゃ、払うで、店、開けるで!(平十郎)

へえ、承知!(亀助)

へっへっへ。(新次郎)

いつもおおきに旦那様

多くの銀行が支払いを停止するなか、加野銀行は、預金者への払い戻しを続けたのでした。(ナレーション)

いやあ、加野銀行、様様ですなあ。

払うてくれたのここだけやで。

(家の絵を見る千代、啓介、うめ)

まず建てる家によって、家具を洋風であつらえるか、和風であつらえるか決めなあきまへんのだす。(うめ)

はあ、そうだすなあ。

こない選ぶのは楽しいけど・・・。(千代)

(啓介は浮かない顔)

はーあ、なんや、気張ってたらしんどなってしもうた。

すんまへんなあ、啓介さんにこないなとこ。(あさ)

いいえ、大変なときにお邪魔してしまって。(啓介)

いや、大変やあれへんときが少ないさかい。

ほれ、肩の力を抜きなはれ。(あさの肩もみを始める新次郎)

いつもおおきに旦那様。(あさ)

ちょっと、お父ちゃん、啓介さんもいてはる言うのに・・・。(千代)

へえへえ、そら、啓介さんみたいな旦那さんやったらよろしいのやけどな。

わてはな、人に弱み悟らさんと、いつも強気に出て道理通すいうお商売人のやり方を、すっかり自分の奥さんに託してしまいましたよってな。

そやさかい、常日頃から、ねぎらわなあきまへんのや。(新次郎)

なに言うてはりますのやら、旦那様言うたら。(あさ)

ああ、肩やったらうめが揉みますさかい。(うめ)

そうだすか、ほんならわて、お茶でも入れまひょかいな。(新次郎)

お茶もうめが入れます、ちょっと休んどくなはれ。(うめと一緒に奥に行く新次郎)

ああ、こないな家なあ。

こないな造りやったら、洋服でも裾がもっていかれへんかもわからしまへんなあ。(あさ)

裾がもっていく!?(啓介)

へえ、うちは元が和風な造りやさかい、母みたいな服は裾がぶつかって、お裁縫道具やらいろんなもん倒してしもうて、たまりまへんのだす。(千代)

西洋では、物は下に置けへんようで。(あさ)

へえ、そうみたいだす。(千代)

啓介は、加野屋の一員として、今なにができるかを考え始めていました。(ナレーション)

ん、なんだす?

(夜、新次郎とあさの部屋)

わあ、お茶立ててはりますのんか。(あさ)

へえ、この頃、お三味線仲間、減ってきましたさかいな。

これからは、こっちゃのほう、気入れてみよう思うてますのや。(新次郎)

そらええこと。

せやけど、久しぶりにお三味線も、聞いてみとうおますけどなあ。

旦那様・・・!?(あさ)

ん、なんだす?(新次郎)

・・・いいや。(あさ)

新次郎の様子に、何故か不安を覚えるあさでした。(ナレーション)

なんか手打たんと、このままやったら・・・

(電話をするあさ)

へえ、へえ、ああ大隈様、決してそないなことは・・・。

心配してくれはって、おおきにありがとうございます。

また近いうちにお伺いさせてもらいますさかい。

へえ、ほな失礼いたします。(あさ)

(電話室を出るあさ)

大隈様からだす。

東京でも、加野屋が潰れるんやないかいう噂があるみたいで・・・。(あさ)

そうだすか・・・。(榮三郎)

あいも変らず、預金の引き出し、あいついでます。(平十郎)

やっぱり、なんか手打たんと、このままやったら・・・。(榮三郎)

あの、頭取、これが手打つことになるのかわからしまへんのだすけど・・・。(あさ)

あさは加野屋最大の大改革を考えていました。(ナレーション)

つづく。

加野屋最大の大改革とは、いったいなんでしょうか?

『あさが来た』ネタバレ・あらすじ一覧【見逃した回はありませんか?】

【あさが来た・人物相関図】人間模様・出演者役名キャストをチェック!

Sponsored Link

 - 【終】あさが来た(NHKテレビ小説)

[PR]

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

asagakita
『あさが来た』第75話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第75回 あらすじ&ネタバレ 実は、あなたに会わせたい …

asagakita
『あさが来た』第47話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第47回 あらすじ&ネタバレ えっ!? お母はんがお義 …

asagakita
『あさが来た』第13話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第13回 あらすじ&ネタバレ わては雨男やさかいな 新 …

asagakita
『あさが来た』第36話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第36回 あらすじ&ネタバレ 私、櫛田の妻でございます …

asagakita
『あさが来た』第5話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第5回 あらすじ&ネタバレ お母はん、あんな・・・ 1 …

asagakita
『あさが来た』第136話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第136回 あらすじ&ネタバレ なんという、小説のよう …

asagakita
『あさが来た』第84話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第84回 あらすじ&ネタバレ 祝言の日の朝 (新次郎と …

asagakita
『あさが来た』第1話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第1回 あらすじ&ネタバレ 白岡あさ 学校の廊下を闊歩 …

asagakita
『あさが来た』第140話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第140回 あらすじ&ネタバレ 悔しいけどな、わしもも …

asagakita
『あさが来た』第138話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第138回 あらすじ&ネタバレ たいがいにせなあきまへ …