Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

バケモノの子 ネタバレ・あらすじ・感想!広瀬すずが声優挑戦で話題に

      2016/07/28

Sponsored link

映画「バケモノの子」あらすじ・ネタバレ・感想

先日、小学生の息子と一緒に、「バケモノの子」を観てきました。

親子共々「涙腺の弱い」私たちは、涙、涙の映画でした。

復習のために、帰りに書店で、「バケモノの子」の文庫本を買いました。

感動の冷めないうちに、書き留めておきたいと思います。

ネタバレを含んでいますので、自己責任でお読みください。

蓮(れん)

蓮は、熊徹によって、九太(きゅうた)と名付けられます。

映画では、蓮の母が交通事故で亡くなって、親戚がアパートに来ている場面がありますが、お父さんはいませんでした。

離婚しているとだけしかわかりませんでしたが、文庫本を見ると、

本家の叔父・叔母が、「家系唯一の男の子で、大事な跡取り」として、蓮を引き取る為に、無理やり両親を離婚させたのです。

叔父叔母の家(本家)は、都心に不動産をいくつも持つ金持ちです。

母が亡くなって、叔父叔母に引き取られるのが嫌で、蓮は渋谷の街に飛び出しました。

熊徹(くまてつ)

渋谷の路地を決められた通りに進んでいくと、バケモノの住む「渋天街(じゅうてんがい)」に行けます。

渋天街は、世界中のバケモノの街の中で一番賑やかな街です。

バケモノは、人間を含めたあらゆる生き物と、八百万の神々との中間に位置していて、

バケモノの中でも、特別に徳の高い「宗師(そうし)」だけは、希望の神様に生まれ変わることができるのです。

渋天街の宗師・卯月(うげつ)は、高齢を理由に引退を考え、神様に生まれ変わることに決めました。

次の「宗師さま」候補には、「強さ」のみならず、「品格」、「素行」が一流という条件がありました。

それに一番ふさわしいのが、猪王山(いおうぜん)という、イノシシのバケモノでした。

猪王山は、大勢の弟子を抱え、元老院の議員であり、武術館「渋天街見廻組」を主宰して、誰もが認める男でした。

そして、一郎彦(いちろうひこ)、二郎丸(じろうまる)の二人の息子の良き父でもありました。

猪王山の対抗として候補に挙がっているのが熊徹(くまてつ)です。

熊のように毛むくじゃらで、サル並みに動き回る体力があり、武者としては、腕力だけなら猪王山を凌ぐとの噂も。

ただ、粗暴で自分勝手なので、弟子が一人もいなくて、息子なんかはいるはずがありませんでした。

熊徹は、宗師様に、跡目を目指すなら弟子を取れと言われていました。

しかし、弟子になってもすぐにみんな辞めてしまいます。

熊徹は、猿のバケモノの多々良(たたら)と渋谷を歩きながら、人間でも良いから弟子になる奴を探していたのです。

蓮と熊徹との出逢い

蓮は、自分を連れて行こうとする叔父叔母や、自分を助けにこない父のことを考えながら、

胸の中から「大嫌いだ」と響いてくる声を、思わず口に出して叫んでしまい、

注目する大人たちを避けるように、路地裏に逃げ込みました。そこでネズミのチコに出会います。

その後、高架下の駐輪場でうずくまっている所へ、

「人間でも良いから弟子になる奴」を探していた熊徹に、「オメエ、俺と一緒に来るか?」と誘われますが、

多々良が熊徹を引っ張って行き、路地の向こうに消えてしまいます。

蓮は熊徹たちを探しますが、見当たりません。

警官に声を掛けられ、逃げ出した蓮は、熊徹たちが消えた路地に入り込み、

偶然にも決められた通りの道順を通り抜けることで、バケモノの街・渋天街に入りこんでしまいます。

渋天街には、見渡すかぎりバケモノばかり。文庫本では10万3千人。帰ろうとしても、出口が見当たりません。

オオカミのバケモノたちに捕まり、三味線屋に売られそうなところを、

僧侶姿のブタのバケモノ・百秋坊(ひゃくしゅうぼう)に助けられます。

百秋坊は、蓮を元の人間の世界に連れて行こうとしますが、蓮を見つけた熊徹が、

「迷子なんかじゃねえ、今からこいつは俺の弟子だ。」と言います。

そうして、熊徹は蓮を連れていきました。

そこまでして跡目の座がほしいのかと言う百秋坊に、いやいや、あいつは猪王山とのけんかに勝ちてえだけよと多々良が言います。

熊徹もひとりぼちだった

無理やり熊徹に、弟子にさせられた蓮ですが、名前を聞かれても黙っていると、年齢を聞かれ、

指で9本立てると、”九太(きゅうた)”と名前を付けられました。

しかし、師匠らしくない粗暴な熊徹に、弟子でもないのに家に連れてこられた九太は腹を立て、熊徹の家を逃げ出していきます。

昼の渋天街の広場に来た九太。

露店でフルーツパフェを食べようとしていたのは、猪王山の息子の、一郎彦と二郎丸でした。

そこへ、父の猪王山がやってきました。息子たちと話をしていた猪王山は、熊徹を見かけ、声をかけます。

弟子をとったという噂を聞いていた猪王山は、熊徹に尋ねると、その弟子の九太を探しに来たところだと答えます。

すると、猪王山の弟子に、人間の子どもがいると持ち上げられた九太、

熊徹が、「おお九太!」と言うと、熊徹が人間の子どもを弟子にしたことを、猪王山は知りました。

 

猪王山は、人間はひ弱ゆえに、胸の奥に闇を宿らせるという、

もし闇につけこまれ、手に負えなくなったら大変なことになるから、元の世界に返してこいと忠告しますが、熊徹は聞こうとしません。

渋天街の皆のためにもやめろと言う猪王山に、もう新しい宗師にでもなったつもりか、なら力づくで止めてみろと、二人は対決することに。

二人とも刀を持っていますが、宗師が抜くことを禁じたため、ひもで結ばれて抜けないようになっています。

猪王山は皆から信頼され、応援されますが、熊徹を応援する人は誰もいません。

 

「あいつはこのバケモノの中で、ひとりぼっちなんだ」

劣勢の熊徹に、九太は「負けるな!」と声を張り上げました。

熊徹は驚いて目を見開きますが、猪王山に吹っ飛ばされてしまいました。

「そこまで!」と声をかけたのは宗師さまでした。

人間を引き入れた熊徹を罰してくださいと猪王山は言いますが、弟子をとれと言ったのはわしだから、責任はわしがとる!と宗師が言います。

「ですがもし、闇を宿したら」という猪王山に、

「なにも、人の全てが闇に飲み込まれるわけでもあるまいて」と答える宗師。

 

ここまでの解説

この物語では、人間はひ弱な存在で、誰でも胸の奥に闇を持っていると言っています。

逆に、バケモノは、神々に生まれ変わることもできる高尚な存在になっています。

動物たちは、生きるために獲物を殺すことはありますが、それ以上の無駄な殺生はしません。

人間は、己の欲望を満たすために殺人を犯します。

猪王山は、人間はもともと悪い存在だから、自分たちの世界に引き入れるべきでなはいと、最初から人間に対してあきらめている言い方ですが、

宗師さまは、人間は闇を持っているけれども、闇をコントロールする力を身につければ、闇に飲み込まれないはずだと、人間を信じようとしています。

また、九太を弟子にすることで、熊徹が人格的に成長してほしいという願いが感じられます。

九太は、両親がいない、孤独な立場になってしまいました。

そんななか、声をかけた熊徹に心を惹かれて、この世界にきました。

誰も応援しない、ひとりぼっちの熊徹を見て、自分の姿と重なります。

そして、一人で生きていく決心をした九太は、熊徹のように強くなれば一人で生きていけると思い、弟子になろうと決めるのです。

本当の強さとは?

熊徹のそばには、多々良と百秋坊がいつもいました。

熊徹は、弟子の九太に、棒の使い方を教えようとしますが、擬音ばかりが多くて、初心者の九太はわかりません。

熊徹は、教え方が下手で、しかも怒りっぽいので、弟子はすぐに逃げて行ってしまうのです。

ていねいに教えてやれと百秋坊に言われ、

「胸ん中で剣を握るんだよ!あるだろ、胸ん中の剣が!」

「胸ん中の剣が重要なんだよ!ここんとこの!ここんとこの!!」

 

わけがわからない説明に、九太は意地になって黙っていると、熊徹は黙って出て行ってしまいました。

熊徹を追っていく百秋坊、残った多々良が、「弟子っつったら、5年や10年の修業はザラだ。

ただ食っていきてえだけなら、人間の世界で面倒みてもらえ。

ここにゃ、お前の居場所はねえ、わかったら自分から失せろ。」

そう言って出て行きました。

 

九太は、戻ってきた百秋坊に、弟子は何をするのかを教えてもらい、

掃除、洗濯を始めました。

市場に買い物に行った帰り、二郎丸に出会った九太は、

倒されてしまい、殴られそうになったところを、兄の一郎彦に助けられました。

優しそうな一郎彦ですが、「こんなひ弱な奴が怪物になどなるか」

と二郎丸に言ったことが、九太にとってはショックでした。

一郎彦は、手を触れずに物を浮かせる念動力があります。

より一層、強くなりたいという思いが強まる九太でした。

しかし、九太と熊徹はいがみあってばかり。

 

熊徹は、宗師さまから紹介状をもらい、弟子を連れて諸国を巡る旅に出て、各宗師に面会せよと言われます。

名だたる賢者たちから、真の強さを知る手がかりを得てこいと言うのです。

 

熊徹、九太、百秋坊、多々良の4人は、諸国を巡る旅に出ました。

いろんな宗師から話を聞きますが、皆それぞれの持論を言うだけなので、「ほら見ろ、たわごとを聞いてたら自分を見失うだけだ」と熊徹。

勉強になったし面白かったという九太に対し、熊徹は、

「意味なんかテメエで見つけんだよ!」と言います。

テントで野宿をする4人。

火の番をしていた百秋坊に、テントから出てきた九太が話しかけます。

「俺、才能ないのかな? 勘が悪いのかな?」

そう言う九太に、悪いのは熊徹の教え方だと百秋坊は言います。

あいつには、親も師匠もいない。

あいつは自分一人で強くなってしまった。

それがあいつの才能であり、不幸だ。

誰の言うことも聞かないかわりに、適切な助言もできない。

しかしたまに、うむ、なるほどと思うことがある。

「『強さの意味は自分で見つけろ』ってこと?」

うむ、一理あると思ってな。

修業

九太は、「意味は自分で見つける」という熊徹の言葉を思い返していました。

チコと九太しかいない小屋の中で、チコの真似をしていた九太に、母の声で、「なりきる。なったつもりで・・・」と聞こえました。

九太は、熊徹になったつもりで、熊徹の動きを真似し始めました。

 

なかなか熊徹のの俊敏な動きのすべてを真似するのは難しいので、せめて足だけでもと、足の動きを真似するようになった九太。

最初は、熊徹に見つからないように、密かに真似ていましたが、ついには堂々と真似するようになり、まるで、親ガモと子ガモのようにくっついていきました。

 

一人ぼっちの九太に、バケモノであっても親のような存在の熊徹。

最初の動機は、「熊徹のように強くなりたい」でしたが、親子の疑似体験をすることを通して、

9歳の九太に必要な親代わりの存在が身近にいたということは、

のちのち、九太が「闇にのみこまれそうになったとき」、

闇をコントロールすることの出来る力を育てることになるのでしょう。

 

そして、真似されて嬉しくない親はいないと言われるように、我が子のような存在の九太によって、熊徹の心が変わっていくのです。

 

そんな真似する日々を続けるうちに、熊徹の足を見なくても、足音だけで左右の動きがわかるようになりました。

そして、次の足の動きがわかるようになったので、九太を捕まえようとする熊徹の手をかわせるようになりました。

それからは、九太は足の真似の仕方を熊徹に教え、熊徹は九太に、剣の持ち方やパンチの仕方を教えあうことになりました。

そうするうちに、九太はどんどん強くなり、ケンカを仕掛けてきた次郎丸もやっつけてしまいました。

強い奴が好きだという二郎丸は、九太のことがすっかり好きになり、二人は友だちになりました。

楓との出会い、そして父との再会

年月が過ぎて、九太は17歳になりました。

これからは十七太だと言う熊徹に、九太で結構だと言います。

九太のように強くなりたいと、熊徹の弟子になりたい若者が押し寄せてきました。

熊徹とケンカをして、逃げ回る九太。

あとで家に寄ってけと、九太に声をかけた二郎丸は、九太の一つ下で16歳。一郎彦は、九太の一つ上で18歳です。

 

熊徹から逃げるため、渋天街の路地を走りまわった九太は、いつのまにか、渋谷の街に出ていました。

8年ぶりの渋谷は、異世界のように感じられました。

文字の大半が読めなかった九太は、すっかり「よそ者」になっていました。ここには居場所がない!

歩いていくと、区立図書館にたどり着きました。

ハーマン・メルヴィルの「白鯨」を手に取り、読んでみますが、ほとんど読めません。

 

横にいた女の子に声をかけ、何て読むか聞きました。

「くじら?」と答える女の子。

こうして、蓮と楓(かえで)は出会います。

九太は、渋谷では蓮として楓に会います。

熊徹には内緒で、渋谷と渋天街を行ったり来たりしながら、楓に勉強を教えてもらう九太でした。

「白鯨」の主人公は、自分の片足を奪った鯨に復讐しようとしているけど、実は主人公は、鯨と闘っているようで、自分自身と闘っているんじゃないかなと、楓は九太に言います。

楓は、幼稚園から親の期待に応えるために勉強してきましたが、親は自分の気持ちなんてわからないと言います。

九太に、高認(高等学校卒業程度認定試験)を受験して、大学に行かないかと楓は言います。

高認受験のために区役所で住民票をとろうとしたら、行方がわからなくなっていた父親の現住所を知ることになります。

そして、意を決して父親に会いに行きました。

 

父は、母親が亡くなったことを、ずっと後になって知り、その後、警察があきらめたあとも、蓮の行方を捜していたのです。

九太は、思い切って熊徹に、人間の学校に行きたいと話しました。

熊徹は、強くなるのがお前の目的だろと言い、九太は、十分強くなったと言います。

九太が強くなったことを認めてくれない熊徹に、父親が見つかり、一緒に暮らすと言って出て行きます。

九太がいなくなり、熊徹は元のダメ男に逆戻りです。

 

Sponsored Link

胸の奥の闇

蓮は父の元に行きました。

他愛もない会話をする父と蓮ですが、父の何気ない言葉に、蓮の胸の中で何かが蠢きました。

その何かは、蓮を攻撃的に変え、豹変させました。

その後、蓮はすぐに落ち着きを取り戻しました。

父と別れ、どうして豹変したのか悩む蓮です。

向かいのビルに映ったのは、9歳の頃の自分の影。

その影の胸の部分には、ぽっかりと大きな穴がありました。

怖くなった蓮は、楓が待っている区立図書館へ行きました。

 

俺はバケモノなのかと恐れる蓮に、あなただけじゃない、私もそう、みんなそう、と言って、小さいころ好きだった本のしおりを蓮の手首に巻きつけ、

「お守り」と楓は言いました。

闘いの決着は?

渋天街に戻ると、まるでお祭りのようになっていました。

二郎丸に呼び止められ、家に行きました。

明日が、二郎丸の父・猪王山と、熊徹の、新しい宗師を決める決着の日なのです。

どっちになっても、おいらたちは友だちだと言う二郎丸。

 

一郎彦がやってきて、九太を玄関まで送ると言います。

小さな門の前で、突然九太の腹を殴る一郎彦。

九太は、地面に伏してしまいました。

 

何度も何度も足で蹴る一郎彦。

去って行く一郎彦の胸には、九太と同じく黒い穴が開いていました。

遂に、熊徹と猪王山の対決が始まります。

刀は抜かずに、鞘のまま使用すること。

逃げたら負け。

十拍の間、失神したら負け。

そして闘いは始まり、熊徹はいきなり膨れ上がって獣の形態になり、突進していきます。

スタミナも考えずに最初から飛ばしていく熊徹。

しかし、猪王山にうまくかわされます。

 

猪王山も、大きなイノシシの形態になり、体当たりで吹き飛ばします。

熊徹は地面に叩きつけられダウン。

カウントダウンが開始されます。

 

そこへちょうど、九太がやってきました。

大きな声で怒鳴りつける九太。

熊徹は目を開き、起き上がって九太と罵り合います。

再び闘い始める熊徹。

宗師が、熊徹一人なら勝ち目はない。じゃが、ふたりならわからぬぞ。

 

「負けちゃう」と声を上げる二郎丸を殴りつけ、「黙れ!」と鬼の形相の一郎彦。

「あのやろう、人間のくせに・・・」

九太に憎しみを向ける一郎彦。

両者は、鞘に入った剣で激突、すると、猪王山の剣は鞘が砕けていき、刀身のみとなりました。

熊徹の思いきりの蹴りが猪王山に入ると、猪王山が持っていた刀身は、宗師の座っていた椅子に突き刺さりました。

 

熊徹の拳が猪王山の顔面に叩き込まれ、そのまま倒れた猪王山は、立ち上がることができませんでした。

新しい宗師は、熊徹に決まりました。

一郎彦の正体は?

観客みんなが満足し、負けた猪王山も、「良い息子だ」と思わず口にした良い闘いでした。

満足げな宗師が、椅子を見ると、刺さっていた剣がなくなっています。

その剣は、真っ直ぐに熊徹の背中に飛んでいき、グサっと刺さってしまいました。

血が流れ出る熊徹。

高笑いする一郎彦。

 

「私の念動力と父上の剣で勝負をつけました。あなたの勝ちです。」

一郎彦の口元を隠していた布ははずれ、

そこには、猪王山や二郎丸のような猪の牙はなく、長い鼻もありません。

まさに人間そのものでした。

 

そして、一郎彦の胸には、黒い闇が出現しました。

さらにとどめを刺す一郎彦。

怒りに狂う九太の胸にも、同じ黒い闇が。

 

九太の腰の剣が抜かれ、一郎彦めがけて飛んでいきます。

するとチコが九太の鼻先にかみつき、思わず右手で顔を覆った九太の目には、赤い手首のヒモが。

「・・・楓」

我に返った九太、剣は一郎彦の顔の前で制止し、落ちました。

怒り狂う一郎彦は、黒い闇に覆い尽くされてしまいます。

一瞬でその場から消えてしまった一郎彦。

俺は行きます

一郎彦の力は、バケモノの念動力ではない、明らかに人間の胸にのみ宿る闇が生み出した力じゃ。

宗師に問い詰められ、全てを話し出す猪王山。

若いころ、人間の世界を彷徨い歩いていた猪王山は、路地裏に捨てられていた赤ん坊を見つけます。

 

このままでは間違いなく死んでしまうと思った猪王山は、自分が密かに育てようと決心し、連れて帰ります。

人間が胸に闇を宿すことは知っていましたが、自分が愛情をしっかり注げば大丈夫だろうと思ったのです。

しかし、それが自分の驕りだったと猪王山は言います。

 

成長するにつれて、顔かたちが父や弟のようにならない、自分自身を信用できず、闇を深くしてしまったのです。

一郎彦を救えるのは俺しかいないと、九太は一人、心に決めました。

 

黙って行こうとする九太を、かたき討ちのつもりかと??りつける百秋坊。

九太は、かたき討ちとは違うよ。

一歩間違えば、俺も一郎彦みたいになっていた。

 

そうならずに済んだのは、俺を育ててくれたいろんな人たちのおかげだよ。

多々さんや、百さんや、みんなの・・・

だからって、他人事には出来ない。

一郎彦の問題は、俺の問題でもあるから。

だから、俺は行きます。

あいつのこと、頼んます。

九太が行ったあと、熊徹は目を覚ましました。

変身する一郎彦

渋谷の街に戻った九太。

楓に電話して、会います。

「白鯨」の本を渡して、預かってと頼みます。

決着をつけなきゃいけない相手がいる。

勝てるかわからない。

負けたら、何もかも終わりだ・・・

九太を見つけた一郎彦が近づいてきます。

 

刀と刀でぶつかり合う二人。

巨大化した一郎彦の手で殴られ、飛んでいく久太。

一郎彦は路上に落ちていた「白鯨」の本を見て、「クジラ・・・」とつぶやき、自らの体を変化させていきます。

巨大なクジラとなって、車を押していく一郎彦。

バケモノの子

重傷の体をひきずり、宗師の前に来た熊徹。

あんたならなんとかできると宗師に言う熊徹。

あいつの胸ん中の足りねえものを俺が埋めてやるんだ。

それが、半端者の俺にできるたった一つのことなんだよ。

熊徹は、転生する権利をよこせと宗師に言います。

宗師になった熊徹は、転生することができるのです。

 

九太は、自分の胸の闇に一郎彦を取り込んで、剣で突き刺し共に死ぬ覚悟を決めました。

そこへ、付喪神(つくもがみ)に転生し、大太刀に姿を変えた熊徹が飛んできました。

熊徹は、九太の胸ん中の剣になるつもりです。

 

9歳の頃に言われた、「胸ん中の剣が重要なんだ」という言葉が思い出されます。

そして、大きなクジラに化けた一郎彦を、付喪神となった熊徹の剣と共に九太は貫きました。

二本の剣が闇を切り裂いたのです。

人間に戻った一郎彦が倒れて眠っていました。

俺たちはバケモノじゃない。

ひ弱な人間だ。バケモノにはなれない。

しかし、人間でありながらバケモノの中で暮らし、バケモノに育ててもらった。

つまり、バケモノの子だ。

感想

やはり、愛が大事

一郎彦は、多々良と百秋坊が連れて帰りました。

ベッドで眠る一郎彦の腕には、赤い「お守り」のひもが。

九太は、蓮に戻り、父親と暮らすことにしました。

そして、高認を受け、大学に行くつもりです。

熊徹は、神様となって、蓮の胸の中にいます。

 

蓮が渋天街に行かなければ、一郎彦は闇に取り込まれなかったのか?とも思いますが、やはりいつかは闇に取り込まれたと思います。

蓮が熊徹に出会い、渋天街に行ったのは、運命だったのだと思います。

誰もが抱えている心の闇を、コントロールするための大切なことを教えてもらった気がします。

周りの人のたくさんの愛に気付かされました。(S.A.)

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

キャスト・声優・相関図

Sponsored Link

 - アニメ, 映画

[PR]

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

img0386
聖の青春 伝説の実話映画化!松山ケンイチ主演あらすじ・キャスト相関図

映画「聖の青春(さとしのせいしゅん)」 主演:松山ケンイチ 2016年11月19 …

nightMUSEUM
ナイトミュージアム3 エジプト王の秘密 ネタバレあらすじ

2015年3月20日公開の「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」は、ナイトミュ …

hensin
《変身》東野圭吾 映画 ネタバレあらすじ感想・キャスト相関図

映画「変身」あらすじ・ネタバレ・感想 原作:東野圭吾「変身」(講談社刊) 変身 …

150616_009
映画『ゴーン・ガール』 町山智浩の解説/ネタバレ・あらすじ・ 批評

あらすじ アメリカミズーリ州の片田舎。ニックとエイミーの結婚5周年目の日、突如と …

業火の向日葵 名探偵コナン劇場版 主題歌ネタバレあらすじ

劇場版名探偵コナン 業火の向日葵(ごうかのひまわり) シリーズ19作目となる本作 …

rogue-one
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー あらすじ・キャスト鑑賞ガイド

映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 2016年12月16日(金) …

Alice in Wonderland2
アリス・イン・ワンダーランド2 時間の旅 あらすじ登場人物 映画鑑賞ガイド

映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」 2016年7月1日(金)公開 『 …

TOO YOUNG TO DIE
トゥーヤングトゥーダイ! 若くして死ぬ あらすじ・キャスト相関図

映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」主演:長瀬智也×神木隆之 …

150707_010
映画 『ターミネーター:新起動/ジェニシス』  町山智浩の解説/ネタバレ・あらすじ・ 批評

ターミネーター ジェニシス ターミネーター5リブート! 2015年7月10日(金 …

141228_028
年末年始(2015) アニメドラえもん他 テレビ番組特番 一挙放送一覧 地上波 BS11 映画etc.

2014年12月29日(月) 暴れん坊力士!!松太郎 ■テレ朝ch2 12月29 …