Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

デッドプール 漫画実写版映画 あらすじ・鑑賞ガイド

   

Sponsored link

映画「デッドプール」

2016年6月1日(水)公開中!

製作

【監督:ティム・ミラー 】
CGやVFXの分野で20年以上ものキャリアを積み、CM、ゲームのトレーラー、アニメーションなどさまざまな映像媒体で脚本・監督を手がけてきた。マイクロソフト社Xbox用ソフトのマーケティング・キャンペーン“Halo 4:Scanned”では立ち上げスポット映像を監督。共同脚本を務めた“Gopher Broke”(04)はアカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされた。長編映画では、『スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団』(10)でVFXクリエイティブ・スーパーバイザーを務め、『ドラゴン・タトゥーの女』(11)のタイトル・シークエンスでクリエイティブを指揮。『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(13)のオープニング・プロローグを監督した。『デッドプール』(16)で長編監督デビュー。同作の世界的大ヒットにより、続篇の監督に名前が挙がっている。

【脚本・製作総指揮:レット・リース、ポール・ワーニック】
高校時代から友人だった彼らは、15年以上にわたって仕事上の協力を続けている。ゾンビ映画としては異例の大ヒットとなった『ゾンビランド』(09)で2人は脚本と製作総指揮を担当。『G.I.ジョー バック2リベンジ』(13)の脚本も手がけた。今後の作品では、ジェイク・ギレンホールが火星に向かうSF作品“Life”の脚本や、クリス・プラット主演のアクション大作“Cowboy Ninja Viking”の脚色など、数本のプロジェクトに関わっている。単独の仕事では、リースがディズニーのアニメ『ダイナソー』(00)のストーリー制作に参加し、『モンスターズ・インク』(01)の脚本に協力。ワーニックはTVのリアリティ番組などを製作し、ニュースの仕事でエミー賞を3度受賞している。

[出典:映画『デッドプール』(公式サイト > http://www.foxmovies-jp.com/deadpool]

映画「デッドプール」RedBand予告

みどころ

このヒーローは、今までのヒーロー像からは かなりかけ離れていました。

「能天気で無責任」

「口からとびだすのは毒舌ばかり」

「子どものようなギャグが大好き」

「すぐにブチキレる」

「美女には弱い」

「自分のことを『俺ちゃん』と呼ぶ軽さ」

そしてハローキティのグッズを愛用する お茶目な一面もありました。

人類を守るなんて正義感は最初からゼロで、あくまでも「自分のため」、あるいは「報酬のため」に戦います。

闘いの真最中でも、おしゃべりは止まりません。

しかも、カメラに向かって映画の観客に語りかけるのでした。

それがなぜか、世界中で大ヒット!

その秘密は、以下を参考にしてください。

【役に組み込まれたライアン・レイノルズのDNA】
「デッドプールのようなキャラクターは他にいないし、ライアン・レイノルズはこの役のために生まれてきたみたいだ。」

そう語るのは、マーベル・コミックのレジェンドであり、今回、映画内に楽しいカメオ出演をしている製作総指揮のスタン・リー。「ロバート・ダウニー・Jr.が生まれながらのアイアンマンであるのと同じく、ライアン以外にデッドプール役は考えられない。」

当のライアン・レイノルズは、このキャラクターの多面性(しかも、ひねくれた面)を受け入れたという。「コミックブックの世界でデッドプールは、最悪のタイミングで大衆文化について絶妙なコメントを発する。つまり今の時代に生きる男なんだ。そこが限りない面白味になっている。ひねくれたユーモア・センスにも引き込まれるね」と語るレイノルズは、デッドプールの映画化を長年、支援してきた。彼は監督のティム・ミラーや脚本家のレット・リース、ポール・ワーニックと一緒にアイディアを検討し、製作期間中、ずっと映画の開発に深い部分で関わってきたのだ。

『デッドプール』で長編映画の監督デビューを飾るティム・ミラーも次のように語る。「このキャラクターにはライアンの人格やDNAが組み込まれている。もともと2人はよく似ていたから、ライアンはデッドプールに惹きつけられたんだろう。」

「ライアンにはユーモア・センスがたっぷりあるし、頭の回転が速い。このキャラクターは彼の中にすっかり溶け込んでいる」と話すのはレット・リース。「ある意味、彼は“デッドプール警察”だった。コミックを知りつくしたライアンは、脚本のトーンがずれたり、ぴったり来ない台詞を書いたりすると、 “そういうのはデッドプールらしくない”と指摘していた。多くのコミックブック映画は、音声ナシで見ても内容が分かるが、われわれは、デッドプールの声や、笑える意見を聞いてほしかった。『デッドプール』では、他のキャラクターが横から口をはさむことはできない。なぜなら、彼が気の利いた言葉を次から次へと発するからだ。」

マーベル・コミックのファビアン・ニシーザとロブ・ライフェルドは、デッドプールをスーパーヒーローらしくない態度の持ち主として作り出した。ライフェルドは、このキャラクターを映画化したフィルムメイカーの手腕を賞讃する。「『デッドプール』のアクションは迫力に満ちている。ライアン、ティム・ミラー、ポール、レットは10年分のコミックから良い物ばかりを掘り出して、それらを組み合わせて映画にした。これは、前進し続けるデッドプールの原典になる。」

ティム・ミラー監督は、時間を前後に行き来させることで断片的に物語を進めた。予測がつかない語り口だが、“口の達者な傭兵”=デッドプールを知らない人にもわかりやすいスタイルだ。その監督について、レイノルズはデッドプールに似た特徴があると打ち明ける。「ティムは、ウェイド・ウィルソンのように辛辣で、話し方や動作も似ている。ウェイドは悲劇のキャラクターでもあるから、派手なアクションとユーモアにペーソスを絶妙に組み合わせているんだ。とにかく僕らは、他の映画ではありえない自由を手にして、斬新なストーリーを語ることができたと思う。」

【恋人、敵、そしてミュータント仲間】
ウェイドの運命で最も共感を誘うのは、ヴァネッサ・カーライルとのラブストーリーだろう。ウェイドが会った時のヴァネッサは売春婦だが、2人は一緒に、もっと良い人間になろうと愛の生活を送る。モリーナ・バッカリンはヴァネッサ役を次のように説明する。「ヴァネッサは、私が今まで演じた人とはまったく違うキャラクター。頭が良くて、セクシーで、クール、そして男勝りなのに女らしい部分もある。スーパーヒーローの映画で、男性と同じようにタフで、自分の意見を持ち、ガッツのある女性キャラクターというのはとても斬新だわ。」

デッドプールの宿敵となるのは、エド・スクラインが演じるエイジャックスで、ウェイドを変身させる処置を考案し、彼を苦しめることに喜びを感じる男だ。エイジャックスの洗礼名はフランシス(デッドプールはこの名前を使って大いに楽しむ)。かつてウェイドと同じプログラムを経験した彼は、敏捷さと強靭さを備え、痛みを感じず、人の感情を理解しない人物となった。そのエイジャックスの右腕で“用心棒”のエンジェル・ダストを演じるのがジーナ・カラーノ。「エンジェル・ダストの超人パワーは、アドレナリンにアクセスして超人的な力を生み出す。自分の手綱を引くエイジャックスに、“さあ、準備できたわ。私にやらせて”と言うの」とカラーノは説明する。

これらの敵に対し、デッドプールの“ミュータント仲間”として登場するのが、ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド(NTW)とコロッサス。生きた核弾頭というパワーを持つNTWは、反抗的でクールな皮肉屋のティーンエージャーだ。彼女の指導を任されているX-MENの一人、コロッサスは皮膚を金属に変えることができるCG合成のキャラクター。「コロッサスがデッドプールの監視役で、彼の引き立て役として書かれていた脚本を読んで、椅子からころげ落ちたよ」と、マーベルのロブ・ライフェルドは喜びを隠さない。

【刀で急所を一撃!アクションへの挑戦】
型破りのスーパーヒーローを描く作品は、撮影現場でも予想外の雰囲気を生み出すことがある。スタン・リーが次のように語る。「ティム・ミラーとライアン・レイノルズが協力する様子を見ていると、映画に対してまったく同じ見方をしていることが分かった。私が『デッドプール』で自分のシーンを演じた時は、仕事をしていたことにも気がつかなかったほどだ。ティムはそれくらい、撮影をたやすいものにしてしまう。」

遊び心と容赦なしの暴れっぷりの組み合わせは、アクロバティックなアクション・シークエンスに反映された。「デッドプールは、マーベル世界の他のキャラクターよりもしなやかで敏捷に動く」と語るのは、ロブ・ライフェルド。「彼は考えるよりも先に、疾走する車に飛び乗り、屈強な男たちのグループをやっつける。しかもその間ずっと、軽口をたたき続けるんだ。」

ウェイドは戦闘訓練を受けた傭兵の出身で、新たに手にしたミュータント・パワーで肉体の再生が可能になる。スタント・コーディネーターのフィリップ・シルヴェラによると「デッドプールの戦闘スタイルは突拍子もないものだ。初めはデッドプールの戦略が意味をなすようには見えないが、最後にはうまく行く。番狂わせが生じるんだ。」

デッドプールの戦い方に、史上最高のボクサーの一人がヒントになったと語るのは、第2班ディレクター/スーパーバイジング・スタント・コーディネーターのロブ・アロンゾ。「ライアンとのトレーニングには、モハメド・アリの動きを取り入れた。アリは、打ち合いをしながらずっとしゃべっていたことで有名だ。ソニー・リストンやジョー・フレイジャー、ジョージ・フォアマンと戦った初期の試合を見ると、アリは相手に脅威を与えながらも、同時に気楽な態度だったことに気づく。ライアンのデッドプールは、遊び感覚で笑いを呼ぶような肉体の動きを見せつつ、ミットを構えると、ものすごい強打を繰り出すんだ。」

ある対決シーンでは、トレードマークの刀を振り回すデッドプールに、エイジャックスが2本の破壊力のある斧で応じる。「刀はハイブリッド・スタイルで作った」とシルヴェラは説明する。「伝統的な日本刀の使い方とは違う。日本と中国の剣法、それにカリ(フィリピンのマーシャル・アーツ)の一撃を組み合わせ、デッドプールに相手の急所や関節を狙わせるようにした。」

CGで制作されたのは、身長が7フィート(約2.1m)以上のコロッサスだ。エンジェル・ダストとの対決シーンは、実写でジーナ・カラーノのみを撮影した後、数ヶ月かけてコロッサスの映像が合成された。「コロッサスは全身が反射するから、3Dカメラを利用して彼の周囲で起きている動きをとらえた」と説明するのはVFXスーパーバイザーのジョナサン・ロスバート。「それを彼のボディに映る映像として使ったんだ。デッドプールがコロッサスの回りをぐるぐる走り回り、クレイジーなことをやるシーンは、ライアンの動きを、コロッサスの体に映ると想定して撮影したのさ。」

【傷だらけの顔、そしてR指定の選択】
デッドプールのズタズタにされた顔は、彼が受けた恐ろしい実験の結果だ。デッドプールがマスクを脱ぎ、その素顔をあらわにするシーンは、彼の人間らしさを見せる瞬間でもある。メイクアップ部門の責任者、ビル・コルソは、クリエイティブ・キャラクター・エンジニアリング部と協力して、この傷だらけの顔を作り出した。「単にズタズタの顔というだけでなく、クールな偶像的キャラクターに仕立てるため、メイクアップ・テストやデザインを何度も試みた」と語るコルソは、皮膚の下にある筋肉や血管、組織が見えるように、薄いシリコン製の透明のマスクをライアンに装着した。「エイジャックスと戦うシークエンスで、ライアンは生まれたままの姿なので、そのシリコンマスクで全身を覆った。洋服も詰め物もないから、生々しくて容赦のない戦いになったね。」

デッドプールが全裸で戦うほか、ウェイドとヴァネッサの濃厚なラブシーンや、デッドプールの止めどなく発せられるいかがわしい言葉はどれも、映画のR指定の要因となった。「R指定のおかげで、PG-13では不可能な現実味を出せたと思う」とティム・ミラー監督は告白する。「コミックブック映画が語るストーリーの範囲を拡大する重要な一歩だ。R指定だから作れるタイプの映画がある。そして今こそ、この手の映画を作る時期だという気がしている。」

[出典:映画『デッドプール』(公式サイト > http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/ ]

あらすじ

タクシーに乗って目的地へ急ぐ、全身、赤いコスチュームの男。
彼は運転手に、自分の名前を「デッドプール」だと告げる。
到着したのはハイウェイの上だった。
デッドプールは、そこで宿敵への復讐を果たそうとしていたのだーー。

そこからさかのぼること2年。
ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、かつて特殊部隊の有能な傭兵だったが、第一線を引退。
好き勝手に悪い奴をこらしめ、金を稼ぐという、ヒーロー気取りの生活をしていた。

そんなウェイドが一夜の相手として知り合ったのが、娼婦のヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)。
最初のベッドインがあまりに“完璧”だったため、彼らは一年間の同居を経て、結婚を決意する。
幸福な未来が待ち受けると思ったのも束の間、ウェイドは原因不明の痛みに襲われ、全身にガンが転移していると診断されてしまった。
余命は、あとわずかとなりーー。

[出典:映画『デッドプール』(公式サイト > http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/ ]

Sponsored Link

デッドプール 特報

『デッドプール』20秒予告

デッドプール 日本版本予告(90秒)

Deadpool Clip SuperheroLanding

デレクの予告:映画『デッドプール』 エイプリルフール編

町山智浩 映画「デッドプール deadpool」 たまむすび

キャスト・吹き替え声優・人物相関図

ウェイド・ウィルソン / デッドプール……ライアン・レイノルズ(加瀬康之)

160630_003ニューヨークでトラブルシューターをしながら日銭を稼ぎ生活している。ヴァネッサと出会い幸せを得るも、末期がんであることが判明し、その治療のために人体実験の被験者に志願した。傷を治癒する能力を手に入れるが、再生能力を引き出させる代償として全身の皮膚が焼けただれたように変異してしまう。軽度の精神分裂症状も併発している。

ヴァネッサ……モリーナ・バッカリン(林真里花)
ウェイドのガールフレンドでニューヨークのストリッパー。

フランシス・フリーマン / エイジャックス……エド・スクライン(浜田賢二)
痛みを感じない能力を持つ。女性名である本名で呼ばれることを嫌っており、ウェイドに対して敵意を抱く。難病の治療と称し、リクルーターの男を通じて各地の難病患者を集めて人体実験を施している。実験の狙いは人工的なミュータントの製造であり、奴隷としてオークションで売り飛ばしていた。

ウィーゼル……T・J・ミラー(佐藤せつじ)
ウェイドが行きつけの酒場の店主。

エンジェル・ダスト……ジーナ・カラーノ(行成とあ)
フランシスの側近を務める女性ミュータント。常人を遥かに超えるパワーを持つ。

ブラインド・アル……レスリー・アガムズ
コカインを常用する盲目の老婆。デッドプールとなったウェイドと同居している。

ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド……ブリアナ・ヒルデブランド(嶋村侑)
ミュータントのヒーローチーム「X-MEN」の訓練生で、坊主頭の少女。身体から原子力のエネルギーを放出させ攻撃に利用する能力を有する。

コロッサス……ステファン・カピチッチ(木村雅史)
ミュータントのヒーローチーム「X-MEN」のメンバーの一人。鋼鉄の体を持つ。復讐の為に手段を厭わないデッドプールを更生させようとX-MENへの勧誘を続けている。

ドーピンダー……カラン・ソーニ(影平隆一)
タクシーの運転手。インド系。

リクルーター……ジェド・リース
エイジャックスの配下。ウェイドを実験に誘う。

ボブ……ロブ・ヘイター
ウェイドと旧知の傭兵。そのため気絶させられただけで済んだ。ウェイド曰く既婚者。

[出典:デッドプール (映画) Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%AB_(%E6%98%A0%E7%94%BB)]

Sponsored Link

 - 映画

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

150124_002
映画 『悼む人』 あらすじ 感想 ネタバレ キャスト相関図 石田ゆり子に注目! 

待望の堤幸彦監督作品  映画「悼む人」(いたむひと) 2015年2月14日全国ロ …

ansatukyousitu
暗殺教室 映画 豪華キャストで実写化!ネタバレ人物相関図

超人気漫画の実写化! 映画「暗殺教室」 2012年31号の週間少年ジャンプで連載 …

syokubutuzukan
植物図鑑 有川浩原作映画 あらすじ・キャスト相関図・主題歌

  映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」主演:岩田剛典×高畑充希 …

kiminonawa
君の名は。 新海誠監督アニメ映画 あらすじ みどころ 鑑賞ガイド

映画「君の名は。」 2016年8月26日(金)公開 原作・脚本・監督 新海 誠( …

151016_003
ダブルフェイス潜入捜査・偽装警察/大杉探偵事務所~美しき標的 MOZU祭視聴ガイド

3週連続MOZU祭 『ダブルフェイス 潜入捜査編』 『ダブルフェイス 偽装警察編 …

150722_055
バケモノの子 ネタバレ・あらすじ・感想!広瀬すずが声優挑戦で話題に

映画「バケモノの子」あらすじ・ネタバレ・感想 先日、小学生の息子と一緒に、「バケ …

150919_004
図書館戦争 THE LAST MISSION あらすじ・キャスト人物相関図

映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』 全国東宝系劇場にて、201 …

Alice in Wonderland2
アリス・イン・ワンダーランド2 時間の旅 あらすじ登場人物 映画鑑賞ガイド

映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」 2016年7月1日(金)公開 『 …

TOO YOUNG TO DIE
トゥーヤングトゥーダイ! 若くして死ぬ あらすじ・キャスト相関図

映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」主演:長瀬智也×神木隆之 …

natuminohotaru
夏美のホタル あらすじ・キャスト相関図・主題歌

映画「夏美のホタル」主演:有村架純 2016年6月11日(土)公開 原作:森沢明 …