Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち あらすじ・キャスト相関図

   

Sponsored link

映画「アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち」

2016年4月23日(土)公開

アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち 予告編

みどころ

「アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち」は、強制収容所解放70周年を記念して制作された作品で、世界が震撼したナチスの戦犯アイヒマンを裁く『世紀の裁判』の制作・放映の裏側を描いたヒューマンドラマです。

この『世紀の裁判』は、世界がホロコーストを理解するための出発点となり、世界初となる貴重なTVイベントの実現のために奔走した制作チームの、情熱と葛藤、信念の物語です。これまで一度も語られることのなかった衝撃の実話が今、スクリーンに再現されます。

アドルフ・オットー・アイヒマンは、ドイツの親衛隊(SS)の隊員で、最終階級は親衛隊中佐でした。
ドイツのナチス政権による「ユダヤ人問題の最終的解決」(ホロコースト)に関与し、数百万の人々を強制収容所へ移送するにあたって指揮的役割を担った人物です。

戦後はアルゼンチンで逃亡生活を送っていましたが、1960年にイスラエル諜報特務庁(モサド)によってイスラエルに連行されました。
1961年4月より人道に対する罪や戦争犯罪の責任などを問われて裁判にかけられ、同年12月に有罪・死刑判決となり、翌年5月に絞首刑に処されました。

1961年、イスラエルのエルサレムでは、歴史的な裁判が開かれようとしていた。
被告は、アドルフ・アイヒマン。
第二次世界大戦下のナチスの親衛隊の将校であり、“ユダヤ人問題の最終的解決”、つまりナチスによるユダヤ人絶滅計画(ホロコースト)を推進した責任者である。
15年による逃亡生活の果て、アルゼンチンで身柄を拘束されたアイヒマンは、イスラエルに移送されエルサレムの法廷で裁かれることになった。
このテレビ放映権を獲得したのが、アメリカの若き敏腕プロデューサー、ミルトン・フルックマンである。
「ナチスがユダヤ人になにをしたのか、世界に見せよう。そのためにTVを使おう」
TVというメディアに関わる者として、フルックマンは強い使命感に駆られていた。
彼が監督に指名したのは、才能があるにも関わらず、反共産主義に基づくマッカーシズムの煽りで職を失っていた米国人ドキュメンタリー監督レオ・フルヴィッツ。
悪名高きナチスの戦争犯罪人の素顔を暴くためには、一流のスタッフが必要だった。
政治の壁、技術的な問題、さらにはナチの残党による脅迫などさまざまな壁を乗り越え、撮影隊は裁判の初日を迎える。
それから4ヶ月間、フルヴィッツらによって撮影された映像は、世界37カ国でTV放映された。
アメリカの3大ネットワークでも放映され、イギリスのデイリーニュースは速報で伝えた。
ドイツでは人口の80%がこの放映を観たといわれている。
アイヒマンが悔恨の情を垣間見せることなく淡々と罪状を否定する様子が映し出され、112人に及ぶ証人が生々しくホロコーストの体験を語った。
この世のものとは思えない残酷な実録映像も証拠として流された。
世界を揺るがせたアイヒマン裁判のTV放映は、まさにその後世界が知ることになるホロコーストの真実が、映像として明るみに出た最初の瞬間だった。
『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』は、歴史的TVイベントを成功させたテレビマンたちの熱きドラマであると同時に、実話に基づいた歴史映画としても貴重である。
映画の中では、実際の裁判のモノクロの記録映像や強制収容所内の衝撃的な映像も使用されている。
映像によって見せることで、単に書物で読んだり、耳で聞いただけよりもずっとリアルにホロコーストの実態が伝わり、人々の心に響く。
フルックマンのこの考えは、今日でも有効で、戦後、70年経った今でもそれらの実録映像は私たちの胸に深く突き刺さるに違いない。
気骨ある若手プロデューサー、フルックマンを演じたのは、BBCによるヒットドラマ『SHERLOCK/シャーロック』でベネディクト・カンバーバッチ演じるホームズの相棒ワトソン役を演じて大ブレイクしたマーティン・フリーマン。
アイヒマン裁判の裏側で起こっていたドラマを、このプロジェクトを通じて初めて知ったというフリーマンは、脅迫に決してひるむことなく、持ち前の機転と信念によって困難を乗り越えて行く、現実的なテレビマンを真実味をもって演じることに成功している。

[出典:アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち(公式サイト > http://eichmann-show.jp/intro/index.html ]

あらすじ

1945年9月2日、人類史上最大の犠牲者を出した第二次世界大戦が終戦を迎えた。死者5千万人、その内の600万人がユダヤ人であった。
ヒトラー政権下のナチスが行った残虐行為が明らかになるにつれて、重要な戦犯として、浮かび上がってきたひとつの名前があった――アドルフ・アイヒマン。
“ユダヤ人問題の最終的解決”、すなわちユダヤ人絶滅計画を推し進めたナチ親衛隊の将校である。
戦後、一旦は米国軍によって拘束されるが、偽名を使い、捕虜収容所から脱出。
ドイツ、イタリアなどを点々とし、1950年、親ナチだったファン・ペロン政権下のアルゼンチンに密かに渡っていた。
家族を呼び寄せ、リカルド・クレメントの名前で生活していたが、1960年、ついにイスラエル諜報機関は、そんなアイヒマンを追いつめ、ブエノスアイレス市内で身柄を拘束した。
終戦から15年後のことである。
イスラエルへ移送されたアイヒマンは、エルサレムの法廷で裁かれることになった。

1961年、エルサレム。
革新派の敏腕TVプロデューサー、ミルトン・フルックマンは、アドルフ・アイヒマンの裁判を世界中にテレビ中継するという前代未聞の計画の実現に向けて、全力を注いでいた。
「ナチスがユダヤ人になにをしたのか、世界に見せよう。そのためにテレビを使おう。これはテレビ史上、最も重要な事件となるだろう。過去、現在、そして未来においても」

この“世紀の裁判”の撮影にあたって、フルックマンは、最高のスタッフを集めたいと考えた。
監督として白羽の矢が立てられたのは、米国のドキュメンタリー監督レオ・フルヴィッツである。
ロシア移民としてブルックリンで育ったフルヴィッツは、マルチカメラを用いたスタジオ放送の草分け的存在だ。
その仕事は高く評価されていたが、反共産主義に基づくマッカーシズムの煽りを受け、ブラックリストにあげられたため、10年以上も満足に仕事ができていなかった。
彼にとっても、このアイヒマン裁判は、大きな賭けだった。

エルサレムに着いたフルヴィッツは、フルックマンが編成した撮影チームとともに急ピッチで準備を始める。
フルックマンは、裁判を撮影できるように判事たちに根回しを始めた。
だが、存在感のあるテレビカメラが裁判の妨げになる。
法廷の壁を改造して、隠しカメラを設置するアイデアによって、なんとか撮影許可を得るが、一方で、フルックマンの元には、ナチスシンパなどから脅迫状がくるなど圧力は増す一方だった。

また、フルヴィッツは、アイヒマンをマスメディアが騒ぎ立てるような“モンスター”ではなく、ひとりの人間としての彼の姿をカメラで暴き出したいと考えていた。
「“モンスター”などいない。だが、人間は、自分が行った怪物的な行為に対して責任をとる必要がある。なにが子煩悩な我々と同じようなありふれた男を、何千人もの子供を死に追いやる人間に変えたのか。我々は、状況下によっては誰でもファシストになる可能性があるのだ」 スタッフの中には、そうしたフルヴィッツのリベラルな考え方に反発を唱えるものもいた。
「アイヒマンは、私たちと同じ人間ではない。私は、アイヒマンのようには決してならない」

それぞれの思惑と野心、信念が交錯するなか、裁判は始まった。
4ヶ月に渡る裁判の間、撮影された映像は、すぐに編集され、世界37カ国で放映された。
衝撃的な証言や映像は、世界中の視聴者を驚かせた。
だが、アイヒマンは、来る日も来る日も悔恨どころか顔色ひとつ変えずに、淡々と罪状を否定し続けた。
そんな中、フルヴィッツのいら立ちは最高潮に達していった……。

[出典:アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち(公式サイト > http://eichmann-show.jp/story/index.html ]

キャスト・登場人物相関図

ミルトン・フルックマン …… マーティン・フリーマン
当時35歳でアイヒマン裁判のテレビ放送権を獲得し4ヶ月もの撮影期間、毎晩37カ国に映像を配給したアメリカのプロデューサー。
裁判の前にはリタ・ヘイワースの『サロメ』(53)、NBC用のドキュメンタリーシリーズを含む数多くのハリウッド映画に携わった。
その後彼はその業績によりピーボディ賞を受賞。現在もプロデューサーとしてアメリカで働いている。

レオ・フルヴィッツ …… アンソニー・ラパリア
革新的なアメリカのドキュメンタリー映画の製作者でアイヒマン裁判のテレビ番組の監督。
左翼思考の為マッカーシー上院議員により10年間ブラックリストに入れられていた。
ハーバード大学卒、ドキュメンタリー『Native Land』(42)と『Strange Victory』(48)で名声を得て、アメリカの中でも最も高名な映画製作者となった。
その後彼はニューヨーク大学の映画の教授と映画とテレビの卒業者の機関の議長となった。

ミセス・ランドー …… レベッカ・フロント
レオ・フルヴィッツがイスラエルで泊まった宿の女主人。

 

Sponsored Link

 - 映画

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ジョニー大倉 幻の映画 『異邦人の河』 DVD化! 町山智浩解説

在日韓国人スタッフ&キャストによる初の日本映画。当時の日本の世情、韓国政権へ切っ …

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件 シャーロック・ホームズ映画 まとめ

シャーロック・ホームズよ、永遠に! 2016年3月18日(金)に、映画「Mr.ホ …

暗殺教室 映画 豪華キャストで実写化!ネタバレ人物相関図

超人気漫画の実写化! 映画「暗殺教室」 2012年31号の週間少年ジャンプで連載 …

映画DVD『怒り』あらすじ・キャスト人物相関図・鑑賞ガイド(吉田修一原作)

映画「怒り」主演:渡辺謙 映画公開日:2016年9月17日(土) DVDレンタル …

映画 『インサイドヘッド』 町山智浩の解説/ネタバレ・あらすじ・ 批評

2015年7月18日(土)より公開 オトコが話を聞かない理由、オンナが急にイライ …

町山智浩さんが語る 映画『007 スペクター』あらすじ視聴ガイド

映画「007 スペクター」 2015年12月4日 全国ロードショー 映画『007 …

映画 『ルック・オブ・サイレンス』 町山智浩解説/ネタバレ・あらすじ・ 批評

映画評論家の町山智浩さんが映画『ルック・オブ・サイレンス』について語って下さいま …

映画『娚の一生』豊川悦司 JUJU 西炯子漫画実写版 感想人物相関図

予告編『足キス』映像がついに公開 映画『娚の一生(おとこのいっしょう)』 201 …

高台家の人々 実写化映画 あらすじ・キャスト相関図・主題歌

映画「高台家の人々」(読み方:こうだいけのひとびと)主演:綾瀬はるか 2016年 …

ターザン:REBORN あらすじ・キャスト・映画鑑賞ガイド

映画「ターザン:REBORN」 2016年7月30日(土)公開 原作:エドガー・ …