Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

警視庁 ナシゴレン課 島崎遥香主演ドラマあらすじ・キャスト相関図

   

Sponsored link

テレビ朝日「警視庁 ナシゴレン課」主演:島崎遥香

2016年10月17日(月)スタート
毎週月曜 深夜0:15~0:45

au「ビデオパス」にて、2016年10月17日(月)テレビ朝日放送直後より、見放題独占配信。
※テレ朝動画でも個別課金型配信

企画・原作:秋元康

「警視庁 ナシゴレン課」2016年10月17日(月)スタート!

みどころ

「AKBホラーナイト アドレナリンの夜」で頂点の座を射止めた、島崎遥香さん主演の連続ドラマがいよいよスタート。

それは、刑事部屋を舞台にしたワンシチュエーションコメディー。

島崎遥香さん演じる風早恭子は、25歳にして「警視庁 ナシゴレン課」の課長に任命されます。

《捜査に出向かず、会議室で解決する》

「聞き込み? 張り込み? 必要ないない」「それで問題ナシゴレン」と言い放つ 自由奔放で高飛車な女刑事です。

”誰も捜査に出かけることなく、すべての謎が『刑事部屋』”で解決されてしまう…”という、前代未聞のドラマ。

企画・原作は、あの秋元康さんですから、どんなドラマになるのでしょうか?

あらすじ

風早恭子は、『警視庁 ナシゴレン課』という、一風変わった部署の課長。
捜査はすべて部屋でできると考えており、足で稼ぐというような“昭和”な考えを全否定。
自ら部屋を出て捜査にあたることはほぼないに等しいのに、その卓越した洞察力、推理力により数々の難事件を解決していく。
(出典:警視庁 ナシゴレン課 テレビ朝日 http://www.tv-asahi.co.jp/nashigorenka/)

Sponsored Link

キャスト・登場人物相関図

風早恭子(かざはや・きょうこ)(25)……島崎遥香(しまざき・はるか)
『警視庁 ナシゴレン課』の課長。
まわりには『デカ長』と呼ばせている。
自由奔放で高飛車、年上だろうが常に上から目線。
事件が起きても「捜査に行くヤツは無能」とバッサリ切り捨て、聞き込みなどは一切行わず、すべてテレビや週刊誌の情報をもとに刑事部屋で推理していく。
ワイドショーを見ながら、思い込みで推理を始めるにもかかわらず、その優れた洞察力で最後は解決に導くため、上層幹部もその実力をしぶしぶ認めている。
最近のトレンド、芸能から学問まで知識の幅が広くあらゆることに精通しているが、自身のことを聞かれてもほとんど答えることはない。
年齢や役職に関係なく言いたいことはハッキリ言う高飛車な性格で、口は悪いが、基本的には部下思い。
よくいえば懐が深く、悪くいえば“雑”。
持ち前の高い推理力と大胆でクレバーな言動で部下たちをまとめ上げ、ここぞというときには決める頼れるデカ長である。

石鍋幹太(いしなべ・かんた)(48)……古田新太(ふるた・あらた)
都内の交番に25年間勤務した後、ナシゴレン課に異動となった新人刑事。
刑事になりたいという長年の夢が叶い、やる気に満ちあふれている。
体育会系で、自身の強みは「足で稼ぐこと」とアピールするも、恭子には「“脳筋”はいらない」と切り捨てられる。
都内の交番をほとんど知り尽くしているため、ひとたび事件が起きれば、その現場周辺の住民や情報に関する記憶力が役に立つ。
「この店はたしか、2年前にオーナーが夫婦ゲンカの末に失踪してですね……」などと細かな情報が、事件解決のヒントになっていく。
こちらが熱を持って接すれば、相手は分かってくれる、と非行少年などの対応には慣れているが、恭子には「そういうの暑苦しいんで」と煙たがられる。
何事も全力で情熱的に取り組もうとするため、恭子とは捜査方針や推理をめぐってたびたび衝突する。
憧れの刑事は石原裕次郎。恭子には「細目」など適当なニックネームを付けられ、がっかりしている。
バツイチの独身。

伊吹暁彦(いぶき・あきひこ)(48)……勝村政信(かつむら・まさのぶ)
警視庁にナシゴレン課が新設される際、「課長のポストで」という話を受けて異動してきたが、蓋を開けるとその座には恭子がおり、サブリーダーという地位に甘んじている。
そのため表向きはニコニコと朗らかにしているが、恭子に対しては嫉妬や憎悪が渦巻いている。
基本的に人柄と常識力で出世してきたため、突飛な発想を持つ恭子には「それ、普通」とバカにされる場面が多々ある。
勤務態度は真面目だが、小心者で小ずるい性格。
実は、同僚の女性刑事と不倫関係にあるが、家庭を壊してまで一緒になる気はない。

高見拳次郎(たかみ・けんじろう)(36)……波岡一喜(なみおか・かずき)
関西弁と硬派な風貌からは想像できないが、MIT出身の元科学捜査班というギャップの宝庫。
「まさか、わしがフェルマーの定理を解いてるとは思わへんやろ?」と、他者が誤解するのを楽しんでいるようだ。
メカに強く、パソコンやタブレットを自在に使いこなす。
読書家で、インドア派。

鳥海琴美(とりかい・ことみ)(35)……猫背 椿(ねこぜ・つばき)
元サイバー捜査班に在籍していたITのスペシャリスト。
現在はその活躍の場もなく、1日の大半をネットショッピングに費やしている。
物事をズケズケとハッキリ言うタイプでデカ長と似ているが、裏では女の部分を出して男に甘えたりもできる。
伊吹とは、不倫関係にある。
ただ、2人の関係は、まだ部署内の誰にも気づかれていない。

小野田哲(おのだ・てつ)(62)……越村公一 (こしむら・こういち)
定年退職後、嘱託で再雇用されたパートタイム刑事。
現役時代、担当した事件はすべて未解決という特異な経歴を持っている。
しかしながら、最終的に温情で犯人を逃しているのではないかと噂が立つほど、経験から導き出される推理力、洞察力は確かだ。
いつも居眠りをしているが、肝心なことはちゃんと聞いている。
極度の女好きで、女性警官を意味なく部屋に呼んだりする。

浅羽ショウ(あさば・しょう)(25)……中山麻聖(なかやま・ ませい)
清潔感のある正統派のエリート刑事で、ついつい誰にでもよい顔をしてしまう。
本音と建て前の差が激しく、心の中では、今の部署にいても出世は望めないと周りを見下し、見切りをつけている。
デカ長の機嫌を取りつつ、こっそり現場に出向いたり、他部署と情報共有をしながら精力的に証拠を集めている。
恭子を一方的にライバル視していて、その能力を認めていない。
(出典:警視庁 ナシゴレン課 テレビ朝日 http://www.tv-asahi.co.jp/nashigorenka/)

Sponsored Link

 - ドラマ

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

150201_007
『ラギッド!』芦田愛菜 幼さが消えた現在 NHKドラマ初出演!

天才子役「芦田愛菜」ちゃんNHKドラマ初主演 NHK BSプレミアム 2015年 …

151225_007
最高のオヤコ ドラマ あらすじ・キャスト 人物相関図

TBS 新春ドラマ特別企画「最高のオヤコ」 2016年1月10日(日)よる9時か …

junkogonin5nin
5人のジュンコ あらすじ・キャスト 人物相関図

WOWOWオリジナルドラマ「5人のジュンコ」 原作・真梨幸子「5人のジュンコ」( …

yokokuhan
予告犯  ドラマ第2話 ネタバレ・あらすじ

WOWOW 日曜オリジナルドラマ 予告犯-THE PAIN- 第二話 あらすじ& …

aibo15
相棒season15 水谷豊×反町隆史×仲間由紀恵 ドラマあらすじ・キャスト相関図

「相棒season15」主演:水谷豊×反町隆史×仲間由紀恵 テレビ朝日系 201 …

pokittoneabesadao
心がポキッとね 第1話 ネタバレあらすじ・書き起こし

心がポキッとね 第1話 小島春太(阿部サダヲ) ヒーリングメッセージを聞いている …

fujiko
殺人鬼フジコの衝動 ドラマ全6話 ネタバレあらすじ・感想 

ドラマ「フジコ」(原作・殺人鬼フジコの衝動)あらすじ・ネタバレ・感想 オリジナル …

img0750
鬼平犯科帳 THE FINAL!前編・後編 あらすじ・キャスト・人物相関図

「前編鬼平犯科帳 THE FINAL 『五年目の客』・後編『雲竜剣』」主演:中村 …

totto-tv
《トットてれび》 あらすじ・キャスト・相関図/ドラマ視聴ガイド

NHK土曜ドラマ「トットてれび」2016年4月30日(土)スタート 主演:満島ひ …

mohouhan
ドラマ模倣犯【後編】ネタバレあらすじ 感想批評 宮部みゆきサスペンス

ドラマ「模倣犯 後篇」あらすじ&ネタバレ&感想 2016年9月22日放送のドラマ …