Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

刑事の本懐 上川隆也主演ドラマ あらすじ・キャスト・人物相関図

   

Sponsored link

「刑事の本懐」主演:上川隆也

テレビ朝日系ドラマスペシャル
2016年12月3日(土)よる9時放送

原作:柚月裕子(ゆづきゆうこ)「検事の本懐」(宝島社刊)


検事の本懐 [ 柚月裕子 ]

みどころ

柚月裕子さんの佐方貞人シリーズは、
2015年1月に「最後の証人」、
2016年1月に「検事の死命」と映像化されました。

そして、佐方貞人シリーズの第3弾として、2012年に山本周五郎賞候補となり、2013年に大藪春彦賞を受賞した「刑事の本懐」が、今回ドラマ化され登場します。

シリーズ1作目の「最後の証人」では、検事を辞めて弁護士になった佐方でしたが、シリーズ2作目の「刑事の本懐」、シリーズ3作目の「検事の死命」では、検察時代の佐方の物語になっています。

佐方がいる米崎地検は、架空の地方検察庁で、同じく架空の県庁所在地・米崎市は、東京都内から北へ新幹線で2時間程のところにあるとされている地方都市です。

おそらく、米山がある新潟県柏崎市のことかなと思ったりします(米山の米と柏崎の崎をとって)。

「刑事の本懐」では、佐方は東京地検特捜部の応援に駆り出され、「検事の死命」にも登場した大物政治家・大河内定和が絡んだ贈収賄事件の真相に迫っていきます。

また、佐方の亡き父にまつわる“謎”、罪を背負ったまま獄中死した父・陽世の秘められた真実が解き明かされることによって、佐方の人間としての本質、検事としての矜持が育まれた背景が浮かび上がっていきます。

《本懐》とは、もとから抱いている願い、本意、本望などの意味。

刑事の本懐とは、どういう意味なのか、ドラマでどう表現されるのか楽しみです。

【上川隆也 コメント】
どんな作品でも演じ終わった時に後悔の無い様にと心がけています。
続編を期待する事はありません。
だからこそ、同じ役で改めてオファーを頂けた時の感慨は、新しい役に巡り会う時のそれとはまた趣の違う、何とも云えない喜びを感じます。

今回3作目となるこのシリーズは、『現在・過去・過去』と時系列が不揃いに並んでいます。
しかし佐方の人格形成に父・陽世の影響があることはかねてから理解して演じてきましたので、気持ちは揺らぎません。
『佐方』の骨子は変わることなく、一貫しています。
それがこの作品への最も正しい向き合い方だと考えていますし、今作での演技も改めて“佐方イズム”を確認する作業だったように思います。

本仮屋さんは、この佐方シリーズに、また新たな風を吹き込んでくれる方だと、強く思っています。
2人のやりとりが作品の中でホッと息抜きできるポイントになればと考えていましたが、思った以上の芝居で返してくださって、むしろ驚きました。 また、本仮屋さんは『“京都だから、誰も私のこと知らないよね”と普通に町を歩いていたら、皆さんに声をかけられてビックリした』というような愛らしい方で、コメディエンヌとしての一面も秘めているのかなと。今回の撮影現場はそんな“本仮屋ワールド”に皆、楽しく巻き込まれていました(笑)。

本作は、第2弾にも登場した大河内代議士が関わる贈収賄事件と、佐方のルーツ、をたどっていく物語の、太い2本の柱で描かれます。
1作目、2作目をご覧になった方はもちろん、初めてご覧になる方にも楽しめる、極上のミステリー作品となることは間違いないと確信しています。

【本仮屋ユイカ コメント】
前作のオンエアを拝見していたので、今回、声をかけていただき、とても光栄に思っています。
以前、上川さんと共演したときはわずか数時間ご一緒しただけでしたが、しびれるぐらい寒い日だったので、上川さんがずっと火にあたらせてくださり、すごくやさしい方だなと思っていました。
今回じっくり共演させていただいたら、いったいいくつ目玉がついているのかと思うぐらい、端から端まで現場に気を配り、8人分ぐらい働いているスーパーマンみたいな方で本当にビックリ!
上川さんは、この現場の灯台のような存在です!

京都での撮影は初めてでしたが、とても新鮮で、まるで違う国にやって来たような驚きと発見がありました。
また、大親友の貫地谷しほりちゃんが別の撮影で京都に来ていたので、一緒に食事に行くことができて、とても癒されました!
また、友人から『“京都有次”の包丁は買って来るべき』とアドバイスされたので、撮影の合間に京都の町に出て、包丁を買って名前も彫っていただきました。
妹と叔母の包丁と、マネージャーのまな板も買いました(笑)!

私が演じる加東はとことん真面目な事務官で、今まで教わったことすべてに忠実にいようとする、頑なな女性。
反発を覚えつつも、佐方検事の真実への向き合い方を尊敬するようになるので、その敬意を少しずつ出していこうと思いながら演じました。

このシリーズは、佐方検事がどこまでもブレないところが魅力。
“この時代にこんな人がいるんだ!”というカッコよさと、観終わった後の爽快感がいちばんのみどころ。
その佐方に感化され、変化していく加東にも注目していただけるとうれしいです!

【柚月裕子(原作)コメント】
このドラマの原作、『検事の本懐』(宝島社)収録の「本懐を知る」は、東日本大震災が起きた後に執筆しました。
私は震災で宮古市の両親を失い、瓦礫のなかから探し出せた形見と呼べるものは、父が愛用していた腕時計だけでした。
半ば自失した状況で――両親は私に形のないものを残してくれた、という事実に気づきました。その思いを胸に書いた作品です。

先日、撮影現場にお伺いしましたが、上川さんが胸につけていた秋霜烈日のバッジを見て、“ああ、また佐方になってくださるんだ”と、嬉しさでいっぱいになりました。
その日の撮影は佐方が厳しい状況に追い込まれる場面でしたが、休憩中の優しい上川さんと同一人物とは思えないほど、険しく白熱した演技には、鳥肌が立ちました。

本仮屋ユイカさんには初めてお会いしましたが、第一印象は“笑顔がとてもすてきな方”で、思わず見とれてしまいました。
本仮屋さんが演じる事務官の加東は、怜悧でちょっとクールなキャラクターです。
穏やかで優しい本仮屋さんが加東をどのように演じられるのか、いまからとてもワクワクしています。

ドラマ『検事の本懐』は、収賄事件をめぐる特捜内部の闘いも見どころですが、佐方がなぜそこまで、正義をまっとうに貫こうとするのか、その背景が描かれています。
佐方親子の過去が明かされるシーンは、ドラマをご覧下さったみなさまの胸にきっと残ることと思います。
“佐方シリーズ”はまだまだ続きます。
頑張りますので、ドラマに引き続き、ぜひ小説“佐方シリーズ”も応援してください。
よろしくお願いします。

[出典:ドラマスペシャル「刑事の本懐」(テレビ朝日 > http://www.tv-asahi.co.jp/kenjinohonkai/ ]

Sponsored Link

あらすじ

米崎地検検事・佐方貞人(上川隆也)と庄司真生(松下由樹)は、東京地検特捜部の応援に駆り出されることになった。
現在、特捜部では大物代議士・大河内定和(寺田農)と、“技術技能支援財団”代表理事・増元敬清(六平直政)の贈収賄事件の捜査に当たっていたが、疑惑の渦中にいた重要参考人、事業団の経理担当役員・園部勝也(稲田龍雄)が自殺。
捜査の糸口が絶たれ、上層部は焦りを抱いていた。

だが実際に東京地検に赴くと、参考人の取り調べなどの重要な捜査は特捜部が行い、応援組の仕事は些末なものばかり…。
佐方は、事務官の加東栞(本仮屋ユイカ)からも「地方でのやり方はお忘れください」と冷静にいさめられてしまう。

そんな中、次なる鍵を握る人物と思われた、事業団の経理責任者・葛巻利幸(手塚とおる)が行方をくらました。
佐方は葛巻の残したメモを分析し、加東と共に彼の居場所に迫るが、結局見失ってしまう。

その後、佐方は特捜部の主任検事・輪泉琢也(正名僕蔵)から、葛巻の従兄・岩舘啓二(春田純一)の事情聴取を行うよう命じられる。
逃亡中の葛巻の居場所を吐かせろという指示だが、岩舘には余命いくばくもない母がおり、その見舞いに行きたがっていた。
それを知った佐方はある“策”を講じて岩舘を救うが…!?

一方、週刊誌記者・兼先守(山口馬木也)は、強制捜査を取材した際、佐方の存在を知り、佐方の父・陽世(中原丈雄)が逮捕された29年前の事件を思い返す。
その事件は、陽世が顧問弁護士を務めていた建設会社会長の遺産5000万円を横領したというもの。
陽世は容疑事実を認めたものの、完全黙秘を貫き、懲役2年の実刑判決を受けた。
今回の一連の事件と29年前の陽世の疑惑を絡めて書けば面白い記事になるとにらんだ兼先は、広島に調査に赴く――。

あらゆる手段を講じて、贈収賄の真相を闇に葬ろうとする大河内と増元。
そして、検察の面子を守ろうと躍起になる特捜部。
一方で、佐方の父の事件の真相を暴き、検察を地に貶めようと狙う兼先。
それぞれの思惑が交錯する中、佐方がたどり着いた驚愕の真相とは…!?

[出典:ドラマスペシャル「刑事の本懐」(テレビ朝日 > http://www.tv-asahi.co.jp/kenjinohonkai/ ]

キャスト・登場人物相関図

佐方貞人(さかた・さだと)………上川隆也
米崎地方検察庁検事。検察官の仕事は“罪をまっとうに裁かせること”だという信念を持つ。
偏屈でとっつきにくそうな男だが、その胸には自らの正義を貫くための情熱が燃えさかっている。
本作では、“技術技能支援財団贈収賄事件”の立件のため、東京地検特捜部に応援として駆り出されるが、巨悪を捕えるためには多少真実を捻じ曲げてもかまわないとする上層部の考えに納得がいかず…!?

庄司真生(しょうじ・まお)………松下由樹
米崎地方検察庁検事。佐方とは同期。
“どのような理由であれ、罪を犯した人間は裁かれるべき”という信念を持ち、自らの正義感に忠実に仕事に向かっている。
佐方と共に東京地検特捜部の応援に向かうが、暴走しがちな佐方とは違って常に空気を読み、上層部のやり方に従いながらも佐方を陰でサポートする。

加東 栞(かとう・しおり)………本仮屋ユイカ
東京地方検察庁特捜部・検察事務官。
検察は上意下達の組織であり、事務官は指示どおりに動くだけとクールに割り切っていた。
だが、応援でやってきた佐方とコンビを組んだことから、彼に振り回されながらも真実の究明に奔走することに。

小山哲明(こやま・てつあき)………和泉崇司
東京地方検察庁特捜部・検察事務官。
真生とコンビを組む、有能な事務官。

兼先 守(かねざき・まもる)………山口馬木也
週刊誌記者。
元地方新聞の社会部記者。
スクープを狙うハイエナのような男。
嗅覚が鋭く、スキャンダルの匂いを嗅ぎ取ると徹底的に調べ上げ、あらゆる手段を使って記事にしていく。
今回の贈収賄事件をきっかけに、佐方の父・陽世が逮捕された事件を思い出し、取材をはじめる。

近田慶彦(こんだ・よしひこ)………矢島健一
東京地方検察庁特捜部・部長。
今回の贈収賄事件の指揮を執る。
巨悪を捕えることこそが検察の正義だと考え、政治家の闇献金を突き止めるためなら、その方法は問わないというスタンスを貫く。

輪泉琢也(わいずみ・たくや)………正名僕蔵
東京地方検察庁特捜部・主任検事。
近田の命令には絶対服従、佐方を“田舎検事”とバカにする。

葛巻利幸(くずまき・としゆき)………手塚とおる
技術技能支援財団の事務員。
陣中見舞いと偽って、大河内に裏献金を運んだ人物と思われたが、事情聴取の最中にこつ然と姿を消す。

増元敬清(ますもと・けいせい)………六平直政
技術技能支援財団・代表理事。
財団を母体とした“技術向上大学”設置の口利きの見返りとして、大河内に闇献金を渡した男。
大河内と共に、真相を闇に葬ろうと企てる。

清水沙代(しみず・さよ)………真野恵里菜
亮子の娘。
佐方の父・陽世の事件を掘り返す週刊誌記者・兼先に突撃され困惑する。

清水亮子(しみず・りょうこ)………黒田福美
佐方の父・陽世が顧問弁護士を務めていた広島の建設会社“小田川建設”の元従業員。
現在は、病気を患って入院中。

大河内定和(おおこうち・さだかず)………寺田 農
米崎選出の衆議院議員で、総理候補と目される実力派。
父親が元検事総長という経緯から、検察庁関連の予算に好意的な後押しをしてきた。
検察からすると最も頼りになる代議士だったが、今回は“技術向上大学”の設置に伴う闇献金疑惑を持たれ、検察と対峙する。

佐方陽世(さかた・ようせい)………中原丈雄
佐方の亡き父。
広島県内で弁護士事務所を開業していた。
県内の有力企業“小田川建設”の顧問弁護士を務めていたが、48歳のとき、その創業者の遺産を横領した罪に問われ、懲役2年の実刑判決を受けた。
出所を目前に病死する。

筒井義雄(つつい・よしお)………伊武雅刀
米崎地方検察庁公判部部長。
佐方の上司。
懐の深い男で、「存分にやって来い」と言って佐方や庄司を東京地検に送り出す。
(出典:ドラマスペシャル「刑事の本懐」 テレビ朝日 http://www.tv-asahi.co.jp/kenjinohonkai/)

Sponsored Link

 - ドラマ

[PR]

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

suizokukwan-girl
《水族館ガール》 実写版ドラマ あらすじ・キャスト・相関図・主題歌

NHKドラマ10「水族館ガール」主演:松岡茉優 梶良平役……桐谷健太 NHK総合 …

150809_004
妻と飛んだ特攻兵 戦後70年ドラマスペシャル キャストあらすじ人物相関図

テレビ朝日 2015年8月16日(日) よる9時放送 戦後70年ドラマスペシャル …

kurosuroodo
クロスロード|NHKプラミアムドラマ|あらすじ・キャスト・人物相関図

NHKBSプレミアム 「クロスロード」舘ひろし×神田正輝 2016年2月25日( …

151114_007
視覚探偵・日暮旅人 ドラマあらすじ・キャスト人物相関図。

金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「視覚探偵日暮旅人」主演:松坂桃李 日本テレビ …

oooku
フジテレビドラマ『大奥』最凶の女/悲劇の姉妹 あらすじ・キャスト・人物相関図

フジテレビ 「大奥 第一部 最凶の女」「大奥 第二部 悲劇の姉妹」主演:沢尻エリ …

seireinomamoribito
精霊の守り人|NHK大河ファンタジードラマ|あらすじ・キャスト・人物相関図

NHK 放送90年 大河ファンタジー「精霊の守り人」主演:綾瀬はるか NHK総合 …

transitgirls
トランジットガールズ ドラマあらすじ・キャスト人物相関図

フジテレビ 土ドラ『トランジットガールズ』 フジテレビ 2015年11月7日(土 …

isikitakaikei
『その男、意識高い系。』伊藤歩vs林遣都 あらすじキャスト相関図

プレミアムよるドラマ「その男、意識高い系。」 2015年3月3日(火)スタート( …

img0050
がっぱ先生 二階堂ふみ主演ドラマ あらすじ・キャスト相関図

「がっぱ先生」主演:二階堂ふみ 日本テレビ 金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画 …

150701_001
『ある日、アヒルバス』 ドラマ あらすじ・キャスト・人物相関図

プレミアムドラマ ある日、アヒルバス 主演・藤原紀香 NHKBSプレミアム、毎週 …