Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

その健康法、間違ってない!?

   

Sponsored link

今まで「正しい」と信じてきた健康法、間違っていませんか?
科学・医学の進歩は日進月歩、昨日までの常識が、非常識になることもあるのです。

疲れている時に甘い物を摂り過ぎるのは余計に疲れやすくなる原因

甘い物を多く摂ると血糖値が急上昇し、それを抑えるためにインスリンが分泌され、血糖値が一気に下がります。
すると前より下がってしまうため、眠くなったり余計に疲れやすくなるのです。

血糖値をいきなり上げず、緩やかにする食べ物が良いです。
食後、体内で血糖値が上昇するスピードを測ったものをGI値と言い、GI値がなるべく低いものが良いです。

血糖値が上がったままだと、動脈硬化の原因になりやすいので、血糖値を出来るだけ抑えることが動脈硬化の予防になります。

GI値が低い食品は、「ナッツ類」「牛乳・チーズ」等
GI値が高い食品は、「ご飯・パン」等

甘みは欲しいが血糖値は上げたくないときは「サツマイモ」を利用

サツマイモはGI値が低く、エネルギー源にもなります。
ダイエット食品として最適です。

同じイモでもジャガイモは、GI値が高いです。

甘い物の摂り過ぎはうつ病のリスクを高める

甘い物を摂るときは、コーヒーを一緒に飲むと良いです。
コーヒーをよく飲む人は、うつ病になりにくいというデータが。

うつ病の人に「頑張れ!は禁句」というのはウソ

今まで、うつ病の人に「頑張れ」と言うのは禁句と言われてきました。
しかし、そうではないということがわかってきました。

昔は、うつ病が世の中に病気として捉えられていませんでした。
そして「頑張れ!は追い打ちをかける言葉」として禁句と言われてきました。

しかし、現在はうつ病が認知され、患者自身も「うつ病」と分かって治療に臨みます。
うつ病は、患者はもちろん、家族も、頑張って病気に向き合わないと治療できません。

実際にうつの人は、「トンネルの出口がない」「一生うつなのでは?」という気持になっています。
それが「頑張ろう」と周りから言われる事で「治す事ができるんだ」という前向きな気持ちになれるのです。

だから、「頑張ろう」はとても優しい言葉だと言えます。

カルシウムの取り過ぎは「短命」「心臓病」の原因

6万人の中高年女性の健康調査の結果、カルシウムを1日1400mg以上摂っている人は、そうでない人に比べ寿命が短く、心臓の病気が非常に多いです。
1日あたりのカルシウム推奨量は、成人で約600mg~800mgですが、昨今の健康志向により、カルシウムをサプリメント等で過剰に摂取する人がいます。

カルシウムは炎症に沈着しやすく、腎結石・胆石・動脈硬化の原因になります。

Sponsored Link

集中力を鍛えるのは「実は危険」

もし、動物が目の前の獲物にだけ集中していたら、後ろから忍び寄る他の動物に気づかず、食べられてしまいます。
人間も同様です。

車を運転している時、前だけ見ていたら横からの飛び出しに気づきません。
「集中する」のが良いのではなく、「注意をうまく分配する力」が大切です。

スポーツ選手が、集中して「ゾーンに入る」と言いますが、そういうときは結構、周りが見えています。

ダイエットのための水泳は危険

ダイエットのため水泳をするのは、危険な場合があります。
肥満で膝・腰が悪い人で、普段運動をしていない人に水泳を勧められる事は多いです。

泳げない場合は水中ウォーキングとか、水の中の運動を勧められます。
水の中では水圧がかかるため、膝や腰に負担がかかりませんが、水中から出る時に血圧が急に下がり、心臓の負担になります。

健康な人なら良いのですが、高血圧や心臓に問題がある人は注意が必要です。

少し太っている方が、がんになりにくい

がんの研究者団体のデータによると、少し太っている人の方ががんは少ないです。
痩せ過ぎや太り過ぎの場合は、がんの発生率が高いのですが、少し太っている程度は好ましいと。
[出典:2017年1月18日(水)「ホンマでっか!?TV 」]

Sponsored Link

 - 健康, 雑学・豆知識

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

waraugakati
吹いたら負け!猫・動物 おもしろ画像動画集

笑うが勝ち《こらえ笑い》が免疫力をぐんぐん高める!   たまには仕事の …

img1633
今日使える雑学~まるでカミ!!心優しいデザイナー 古堅ちひろのペーパージュエリー

紙からつくられる女性にやさしいものとは? ”紙100% 女性にやさしい新アイテム …

151018_002
肩甲骨はがしとは!? 揉んではいけない!肩こり解消新常識 

肩こり解消のポイントは肩甲骨だった! 肩甲骨はがしで治す!肩こりの新常識!! 肩 …

nakano-kyouko
怖い絵画の秘密!!中野京子先生が徹底解説!

  怖い絵に込められた画家の知られざる人生   画家の人生と …

pengin
転んだペンギンどうやって起き上がる!?水族館を100倍楽しむための豆知識

水族館を100倍楽しむ豆知識ベスト5   ペンギンは転んだらくちばしを …

img1896
【どっちがお得?】好きなおかず「最後に食べる?」or「最初に食べる?」

脳科学・澤口先生>>> 最後に食べた方が良い 好きなおかずの為に全て食べるので栄 …

img1697
沼田晶弘・ぬまっち先生のカリスマ授業

沼田先生が生徒にやる気を出させるためにつけた肩書とは? 東京学芸大学 付属世田谷 …

sumaho
SNSで洗脳され130人が自殺した

SNSで洗脳され130人が自殺した(情報7daysニュースキャスター) 神奈川県 …

edorankingu
今と昔の人気ランキングを比べてみた!!歴史オンチも一発解消!?面白為になる日本史

現代と昔を徹底比較! 人気ランキングで学ぶおもしろ日本史 就きたい職業ランキング …

erizabesujyou
エリザベス女王の中国批判が流出した原因とは!?

英国のVIPたちの本音 連日、トランプ大統領のツイッターでの発言が話題になってい …