Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

【特別コラム】清原和博氏逮捕に思う【ブログ速報】

      2016/05/18

Sponsored link

清原和博逮捕に思う事

元プロ野球選手・清原和博容疑者を逮捕

2016年2月2日の夜、東京都港区の自宅マンションで、覚醒剤を所持していたとして、元プロ野球選手の清原和博容疑者が逮捕されました。

警視庁によれば、逮捕された清原容疑者は2日午後9時前、港区東麻布の自宅マンションで、覚醒剤の粉末0.1グラムを所持していた疑いが持たれています。

清原容疑者は、自宅で現行犯逮捕された後、東京都中野区の病院で診療を受け、3日未明に、勾留先の警視庁本部に戻りました。

調べに対して、「私のものに間違いありません」と容疑を認めているという清原容疑者。

覚醒剤を使用している可能性があるとみて、これまで清原容疑者の内偵捜査を続けていた警視庁は、今後、覚醒剤を使用していたかどうか、入手ルートなどを調べることにしています。

外見と違って内面は気弱

この一報には、多くの方たちが驚いたことと思います。

「やっぱり!」という声も多いなか、「どうして?」と、憤懣やるかたない思いの方も多いのではないでしょうか?

今日は朝からこの話題一色になり、ベッキーのことは霞んでしまいました。

「ひるおび」を見たら、捜査員が自宅に入ると、テーブルの上に、使いかけの覚醒剤や注射器が置いてあったそうです。

警察は、2年前から内偵を続けていて、特に、警視庁組織犯罪対策5課は、芸能人・有名人などの社会的に影響力のある人物のための特別班なんですね。

「警察です」ってノックすると、証拠隠滅の恐れがあるから、出てくるまでじっと待つんだとか。

部屋に踏み込んで証拠が見つからなかったら大変なので、相当の確証を持って乗り込んだのでしょう。

週刊誌報道があって、この2年間の間に、やめようと思えばやめられたはず。

もしかしたら、やめていた時期もあったのかも知れません。

でも、「警察の動きがない」という思いが、気の緩みとなって、再び始めてしまったのではないでしょうか。

この2ヶ月の間に、自身のブログを尋常じゃないくらい、相当数更新していたようで、コメンテーターが「寂しがり屋だったのでは」と言ってました。

いかつい外見とは裏腹に、内面は気弱で神経質だったのかも。

乙武さんが言うには、「弱さを隠すために威嚇していた」と。

栄光の西武時代と苦悩の巨人時代

PL学園時代には、「K・Kコンビ」で桑田と共に甲子園で大活躍し、鳴り物入りで臨んだドラフト会議では、「巨人と相思相愛」と言われ、誰もが巨人入り確実と思っていたのに、巨人がまさかの桑田指名で、清原は西武に。

西武入団後は、常勝西武の不動の4番として大活躍。

西武にいた11年間は、彼の野球人生の中で、さらには人生の中で、一番輝いていた時代でした。

1996年のオフには、「巨人が清原を巨人に入れるために作った」といわれるFAを宣言して、子どもの頃からの夢だった巨人入団を実現させました。

しかし、巨人に入ってからの清原は、期待が大きい分、期待通りの数字が残せず、マスコミや世間に叩かれ、また、怪我にも悩まされて、西武時代の栄光の歴史から一転、苦悩の野球人生の連続でした。

2005年には、シーズン途中で戦力外通告を受け、巨人を去ることに。

「王さんの本塁打記録を抜けるのは清原しかいない」とまで言われた清原でしたが、どこで彼は間違ってしまったのでしょうか?

野球に出会わなければ・・・

阪神ファンの父親以外、みんな巨人ファンの家庭に育った清原は、小学校入学の頃から野球を始めます。

プロ野球選手になっていなければ、「生涯年俸50億」とまで言われるお金を持つこともありませんでした。

お金があれば、悪い人も寄ってきます。

お金がなければ、覚醒剤を買う事もできませんでした。

強面の風貌とは裏腹に、繊細で傷つきやすい心を持った彼は、周りの人の影響を受けやすい人だったと思います。

抑圧された高校時代から一転、西武に入って高給取りになり、先輩と共に夜の街に繰り出してちやほやされ、だんだん悪い人ともつきあうようになったのではないかなあと想像します。

「天賦の才能があった」だけに、苦労しなくても活躍できたことが残念でした。

王さんの記録を抜くために、王さんがしたように「血のにじむような」練習をしていれば、遊ぶ暇などなかったはず・・・。

巨人に入らなければ・・・

巨人に入り、注目度がアップしました。

テレビへの露出も多くなりました。

そして、活躍できなければ、マスコミに叩かれ、世間から批判されました。

巨人時代の精神的ストレスは、相当だったと思います。

人間不信になってもおかしくないはず・・・。

当然、お酒の量も増えるでしょうし、女性との交遊も増えていったのでは・・・。

西武一筋に野球を続けていたら、今頃は指導者になっていたかも知れません。

緊急入院した時に、きっぱりやめていれば・・・

2014年3月に、緊急入院した時に週刊文春が、薬物使用疑惑の報道をした際、「これを機会に」薬物と決別すべく治療を始めていたら、疑惑は疑惑のままで終わったかも。

あるいは、潔く、使用していたことを認め、謝罪して一からやり直せば、再出発する道も開けたはず。

悪いことをしたら、「ごめんなさい」と謝る勇気が必要です。

隠しても、いつかはばれてしまうのです。

「失敗したとき、ミスをしたときどうするか?」によって、その人の真価が問われるのではないでしょうか?

これからの彼の人生は、前途多難だと思いますが、罪を清算して、タトゥーも消して、マイナスからやり直してほしいと思います。

そして、見事に立ち直って、苦しんでいる人たちに勇気を与えられるような人生を生きてほしいと願っています。

(S.A)

Sponsored Link

Sponsored Link

 - コラム, 事件, 芸能

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

96oyaji
イスラム国へ日本からスパイ潜入捜査が極秘に進められている?

着々と進められている?「イスラム国」へのスパイ潜入の真偽? 今や、「遠いアラブの …

【ファン待望最新動画UP!_161219】山下ヤスミンちゃんのCDと来日希望!

[出典:bastosja.com.br] 山下ヤスミン(YASMIN YAMAS …

doping
ロシア陸上界 衝撃のドーピング事情 世界まる見え!テレビ特捜部

現役選手が告発!ロシア陸上界のドーピングを暴く! 2016年5月30日(月)放送 …

Diana
【衝撃真相】 ダイアナ妃暗殺の首謀者とは? 親友霊能者が語る真実

ダイアナ妃 親友の霊能者が明かす”暗殺 真犯人”とは? 2016年3月31日(木 …

yakyutobaku
【column】 高木京介の野球賭博問題について考えてみた

野球賭博から考える、ミカンを腐らせない方法 野球賭博関与の巨人・高木京 会見で謝 …

Michael Joseph Jackson
【疑惑の真相】マイケルジャクソン 死因の謎を親友が激白!【陰謀?】

マイケル・ジャクソン 死の謎 陰謀か?薬物依存か? 親友が語った衝撃の真実とは? …

151215_006
大沢ケイミが神田うのベビーシッター事件に噛み付き炎上!の一部始終まとめ

2015年12月13日 芸能人つまずきビッグデータ 神田うの VS 大沢ケイミ …

kiyohara-sasaki
【速報】清原被告初公判《情状証人》佐々木主浩氏会見ノーカット

2016年5月17日。覚せい剤取締法違反罪に問われた清原和博被告(48)の初公判 …

150401_000
米倉涼子の離婚危機説急浮上!結婚間もないカップルに何が!?

[出典:hachigen.com] 昨年末、イケメンのセレブとの電撃結婚で世間を …

akaruiyasumura
【感動秘話】とにかく明るい安村!! その嫁の知られざる素性とは

「とにかく明るい安村」を支えた妻からの手紙に感動! 奥さんに対する疑問 2015 …