Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

北朝鮮工作員はタバコを買いに来る感覚で日本に潜入する

   

Sponsored link

北朝鮮、ミサイルより恐ろしいのは「浸透工作員」だった に続く第2弾です。
今回は北朝鮮工作員の潜入方法、活動内容など、元工作員の生々しい証言です。
日本に自由に出入りする「北朝鮮工作員」驚くべき実態(竹内 明)

日本に自由に出入りする「北朝鮮工作員」驚くべき実態 私が出会った北朝鮮工作員 第2回 竹内 明 2017.10.15

核やミサイル開発で、毎日のようにニュースを騒がせている、北朝鮮。
しかし、北朝鮮の脅威はすでに、あなたの隣に迫っているかもしれない……。
日本にも数多く潜伏しているとされる北朝鮮の工作員たち。
彼らはいったい何者で、どんな生活を送っているのか。
元工作員たちへのインタビューを重ねてきた報道記者・作家で『スリーパー 浸透工作員』の著者でもある竹内明氏が、自らの目で見、直接話を聞いた、彼らの実像を語ります。

工作員の「浸透」と「復帰」

北朝鮮の元工作員である金東植(キム・ドンシク)氏は、彼らがどのようにして対象国を出入りしているのかを、生々しく語ってくれた。
工作員たちが対象国に潜入し、その社会に溶け込むことを「浸透」、母国・北朝鮮に帰国することを「復帰」と呼ぶ。
ここではまず、金元工作員が語った、極秘出国当日の様子を描いてみよう。

……夜、11時。
土を盛っただけの墓地の茂みの中に、金東植は潜んでいた。
月明かりのない、新月の夜。

坂を登って来る人影が見えた。
足音はしない。男だ。二人いる。
一人がついてこいと手を動かした。

金工作員は、老身の女工作員・李善実(イ・ソンシル)を背負って二人の後を追った。
男は松の木の下を指差した。
金工作員が近づくと、人数分の潜水服が置いてあった。

その場で潜水服に着替えた。
再び暗闇を歩き始めた。

田んぼを抜け、李善実を背負って歩き続けた。
ここで誰かに見られれば、全てが終わりだ。

海の匂いがする。
道路を渡り、階段を降りると、目の前は海岸だった。

波打ち際に黒い影があった。半潜水艇だ。
海水に腰まで使って乗り込んだ。
金工作員の任務は、その瞬間、完了した――。

「当時80歳近かった高齢の李善実を『復帰』させる作戦は難しい任務だった。
お年寄りは早く歩けないし、発見されれば逃げることは不可能だ。
『浸透』と『復帰』は同じ場所で行うのが原則なのだが、私が浸透した済州島は遠いから断念して、江華島から復帰することにした」(金元工作員)

北朝鮮の権力序列で19位にまで上り詰めた伝説の工作員、李善実を無事、平壌に連れ戻すことは、北の工作機関にとって極めて重要な作戦だった。
その任務を与えられたのが、1990年当時、20代だった金東植元工作員だった。

ことは慎重に運ばれた。実行の2ヵ月半前である8月には、「10月中旬復帰決行」と決められた。
高齢の李善実に配慮して、浸透地点である済州島からの復帰を断念。
ソウルから1時間ほどの江華島を復帰地点に選んだ。

9月に半潜水艇の接岸地点を決め、金元工作員は現場に下見に行って、警備の状況、深夜の人や車の通行状況、接岸地点の岩場の状況などを確認し、本国に報告した。
その上で迎えに来る作戦部の案内員との接線地点(接線とは、味方の工作員と接触すること)を墓地に決めたという。

選ばれるのは「新月の夜」

この作戦では工作母船は使わなかった。
半潜水艇が北朝鮮西岸、黄海南道・海州(ヘジュ)を出発、通常の2倍近い、7時間もの時間をかけてやって来た。

半潜水艇は通常、40ノットのスピードまで出せるのだが、速度をあげれば、白波が立つ。
それを避けるために、ゆっくりとやって来たのだ。

「浸透、復帰に一番、適しているのは、月の出ていない新月の夜です。
闇夜ならば発見されにくいですからね。

迎えに来る案内員は、当時は労働党作戦部の浸透復帰の専門の工作員たちでした。
このように工作機関の中でも役割分担がはっきりしていました」(金元工作員)

復帰のときには大事なポイントがある、と金工作員は言った。

「意外に思われるかもしれないが、『お土産』です。
江華島の接線地点に行く前、私たちは大型スーパーによって、ウイスキーやブランデー、タバコを買いました。
案内員たちに渡すためです。

やはり、お土産をもらえば、仕事に手を抜かない。
機嫌よく仕事をしてもらうためには必要なことです」(金元工作員)

金元工作員はこうして、伝説の工作員・李善実を無事、帯同復帰(仲間とともに帰国させること)させ、国旗勲章一号と共和国英雄称号をもらったという。

日本人拉致にも使われた手口

準備を重ね、新月の夜を選んで、海岸の復帰地点から北朝鮮へ――。
こうした手法は、日本人拉致にも使われていたと、金元工作員は明かした。

「日本人を拉致していくのにも、工作員の復帰と同じ手法が使われていました。
街中で拉致するのではなく、大抵は海岸線にいる人を拘束して、半潜水艇に乗せていました。

そのまま北朝鮮に連れていくこともあったし、沖合で大型の工作母船に乗せかえて連れていくこともありました。
韓国は軍や警察の警戒が強かったのですが、日本は海上保安庁や警察の警戒も甘いですから、はるかに簡単でした。

Sponsored Link

特に70年代や80年代は甘かった。無防備といってもいい。
だから拉致が行われたのです。
韓国と比べれば、日本は工作員にとって天国です」(金元工作員)

日本が北朝鮮工作員たちにとって、気軽に潜入できる場所だと考えられていたことは別の場所でも耳にしたことがある。
私が取材した、北朝鮮工作員と接触した経験のある在日朝鮮人男性も「北の工作員は、『日本にタバコを買いに来た』と軽口を叩いていた」と証言していた。

金元工作員は、対南工作(韓国国内での扇動工作)を専門としたので、日本人拉致には直接、関わってはいない。
だが、拉致を実行した工作組織の先輩や同僚たちから、彼らの手法についての話を聞いていたという。

「不意に襲い掛かられて、世の中に抵抗しない人はいないでしょう。
だから、強力な麻酔剤を持参して、布にふくませて鼻に押し当て、意識を失わせた後、袋に入れて運んでいたのです」(金元工作員)

利用される「土台人」たち

さらに、金元工作員は日本が北朝鮮工作員たちにとって活動しやすい場所である理由を、こう指摘した。

「日本は工作活動の環境が整っている。
警戒が甘いだけではなく、朝鮮総連や民団の中に工作補助をさせられる人間もいるし、日本人になりすましている我々の工作員もいる。
外見が似ているので怪しまれることもない」(金元工作員)

日本に浸透した工作員にとって一番必要なのは、一時的な定着先(隠れ家)と活動資金である。
これを在日朝鮮人から提供を受けるというのである。
独り暮らしは怪しまれやすいため、できれば住宅の一室などを間借りするのが望ましいとも金元工作員は話した。

だが、在日朝鮮人の人々が、誰もみなもろ手を挙げて工作員を歓迎するわけがない。
平穏な暮らしを送っているのに、見ず知らずの工作員に協力などしたくないという人のほうが普通だろう。

それを見越して、工作員は周到に準備を重ねる。
ターゲットになるのは、北朝鮮に親族がいる「土台人」と呼ばれる在日朝鮮人たちだ。

工作員は彼らの自宅を訪問する。
そして、こんなことを言うのだ。

「平壌にいるお兄さんの家族にお会いして来ました。
よろしくとおっしゃっていました。
私に協力していただければ、お兄さんの一家は末長くお幸せです」

工作員は1枚の写真を見せる。
写真には兄の一家が写っており、その中心に、目の前にいる工作員が一緒に写っているではないか。
見せられた本人は青ざめるだろう。

これは土台人に対する、典型的な脅迫だ。
工作員は「協力しなければ、兄一家は不幸になる」と暗に脅すわけだ。

協力者を得るための非情な「録音」

私が入手した公安警察の記録には、他にも土台人に対する、様々な脅迫のパターンが記されている。
その一つが、北へ帰った母親の「声」を携えて工作員がやってくるケースだ。

記録によれば、こうだ。
公安警察が、ある在日朝鮮人男性の自宅を捜索した際、1本のテープを押収した。
そこには、老女の声が録音されていた。

<……お前に会えなくて悲しいんだよ。
1日も早く会いたい。
私はお前の顔さえ見れば死んでも、心残りはないよ。

録音を持った先生が来られたら、もてなしをよくしなさいよ。
先生を接待してくれたら私がどんなに良くなるか……>

北朝鮮にいる母親の声だった。
このテープを聞かされて、男は「補助工作員」になることを誓約させられ、工作員に住居を提供することになったのだ。

工作員たちに狙われるのは、パチンコ業や金融業など、日本で事業に成功した裕福な在日朝鮮人である場合が多い。
衣食住の面倒を全て見させた上、中には、自宅を改築させて、道路から見えない2階の1室を提供させたり、敷地内に大型犬を2匹放し飼いにさせていたりしたケースもある。
在日朝鮮人が、北朝鮮工作員による脅迫の被害者となっているケースがあることも、忘れてはならないだろう。

身分を奪う「背乗り」の恐怖

こうして「定着先」を確保した工作員たちは、次に自らの身分を「合法化」する。
その代表的な手法が「背乗り」(はいのり)だ。
端的に言えば、日本人や在日朝鮮人の身分を、乗っ取るのである。

背乗りは、もともと旧ソ連の諜報機関KGB(現在のSVRの前身)が得意としていた手法だ。
対象国の国籍を持つ人間に成り代わって、社会生活を営みながら、諜報活動を展開するという手口である。

北朝鮮の工作機関は、歴史的な経緯から、KGBをモデルとし、そのスパイ技術を学んできた。
旧ソ連の工作員たちが、アメリカやヨーロッパに浸透する際、同じ白人であるから見分けがつかないということを利用したのと同様、北の工作員たちは日本人とは一見して見分けがつかないことを武器に、日本人に成りすますのだ。

では、工作員に身分を奪われ、成り代わられてしまった人はどうなるのか。
一つには、拉致されて北朝鮮に連れていかれているケースがあると考えられている。
だが一方では、殺害され、闇に葬られてしまうこともまた、多々あると言われている。

標的にされるのは、親類縁者がなく、天涯孤独な身の上の人であることが多い。
次回は、こうした背乗りの実例と、日本や韓国など自由な社会に浸透した北朝鮮工作員たちが抱える心の葛藤について取り上げたい。

[出典:日本に自由に出入りする「北朝鮮工作員」驚くべき実態(竹内 明)現代ビジネス(講談社 > http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53199 ]

北朝鮮工作員は、タバコを買いに来るぐらいな感覚で日本に侵入するんですね。
在日朝鮮人を脅して協力させるという、なんともドラマや映画みたいな話です。

Sponsored Link

 - 社会

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

kiyohara-sasaki
【速報】清原被告初公判《情状証人》佐々木主浩氏会見ノーカット

2016年5月17日。覚せい剤取締法違反罪に問われた清原和博被告(48)の初公判 …

trump
トランプ大統領就任演説 日本語訳全文【2017年1月20日】

  就任演説・第45代米国大統領 ドナルド・ジョン・トランプ(Dona …

img0841
北朝鮮 核ミサイル発射の恐怖 日本が危ない!池上彰のニュース2016総決算まとめ

今そこにある”核の脅威” 暴走する”北”の資金源 すぐそこにある核の脅威、暴走す …

haruna
女子少年院の生活とその実態

知られざる女子少年院の実態 女子少年院を1年間”唯一”取材した「極妻」作家・家田 …

1
膨張する中国|池上彰のニュース2016総決算!今そこにある7つの危機を考える!ニッポンが危ない!まとめ

膨張する中国 領土拡大を続ける超大国の真意とは!? 2016年11月23日放送「 …

Mujica_Interview
#日本生きろ! ホセ・ムヒカ大統領インタビューまとめ 書き起こし

「ムヒカ大統領のメッセージ」2015年10月11日放送 Mr.サンデー拡大スペシ …

misairu
北朝鮮秘密組織「39号室」とは!?(ミサイル資金獲得のからくり)

エリート脱北者が証言する「ミサイル開発の資金源」 経済的に困窮しているはずの北朝 …

kumamotojisin-2016
【特別寄稿】 熊本大地震2016

熊本の大地震に思ったこと 2016年4月14日、16日に起きた熊本の大地震は、私 …

himootoko
ヒモと暮らす女 by ねほりんぱほりん

ヒモ、それは「女を働かせて金を貢がせている男」 男)「おい、金出せ!」 女)「え …

img2110
痴漢冤罪に気をつけろ!! by ねほりんぱほりん

NHK教育「ねほりんぱほりん」《痴漢えん罪経験者》 この番組は、聞きたくても聞き …