Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

島田秀平の怪談話@稲川淳二の怪談グランプリ

      2017/08/14

Sponsored link

都市伝説の貴公子「島田秀平」の怪談話

ファッション誌界で有名な、霊感の強い若い男性カメラマンがいます。

二八歳の彼は、みんなから《ピーちゃん》と呼ばれています。

本当は人を撮りたいのですが、モデルを撮るといろいろと映ってしまうので、物撮り専門のカメラマンをやっています。

ファッション誌界では、引越しをするときは必ずピーちゃんを呼びます。

部屋を見てもらい、「この部屋いいですね」と言われれば何もない部屋です。

「この部屋ヤバいですね」と言われると、いわゆる《いわくつき物件》という部屋です。

あるとき、ピーちゃんの先輩カメラマンが都内で引越すことにして、部屋を見てもらうために最寄駅で集合しました。

まだ部屋に行く前なのにピーちゃんが「先輩、この部屋止めた方がいいですよ。ヤバいっすわ」と言うのです。

先輩は気に入ってる物件なので「せめて見てから言ってよ」と言い、ピーちゃんはとぼとぼついて行きました。

先輩が部屋のドアを開けた瞬間、ピーちゃんが「やっぱりこの部屋、ヤバいっすわ」と言いました。

「なんで?」

「先輩、見えないですか?玄関のところに小さな女の子が体育座りしてますよ」

「えー!?」と先輩は思いましたが、気に入ってるし、霊感はないからいいかと、ピーちゃんの忠告も聞かずに住むことにしたのです。

二か月後、ピーちゃんは気になり先輩に電話しました。

「この番号は現在使われておりません」

ピーちゃんは先輩が心配になり、先輩の会社に電話をしました。

社長が電話に出たので、ピーちゃんは先輩のことを聞きました。

「言ってなかったっけ。あいつ、引っ越したあと、目を失明してしまって、カメラマンを続けられなくなり、実家に帰ったんだよ」

ピーちゃんはとても後悔しました。

どうしてもっと強く止めなかったのかと。

実は、玄関に入ってすぐのところに体育座りしていた女の子には、目がなかったのです。

(了)

[出典:2016年8月7日放送『稲川淳二の怪談グランプリ2016』]

 

地獄・あの世の怪談

Sponsored Link

 - 都市伝説・怪談・怖い話

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

2
アメリカ大統領選に隠された秘密 やりすぎ都市伝説SP 2016.12.2まとめ

アメリカ大統領選に隠された秘密 2016年12月2日やりすぎ都市伝説SP 201 …

tanakmaa
田中将大 日本最後の15球!奇跡の連投劇舞台裏 神様に選ばれた試合

田中将大 日本最後の15球!初告白!奇跡の連投の新事実 2013年の日本シリーズ …

kowaikaidan
【厳選】怪談ぁみ語「ありがとうぁみ」の最恐怪談話

ありがとうぁみ 語り継がれる怖い話 今から八年ぐらい前に、実際に僕が体験した話で …