Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

「桶狭間の戦い」で信長が勝てた理由

   

Sponsored link

今年の大河ドラマの主人公である女城主・井伊直虎は「実は男性ではないか」という説があるのをご存知ですか?
科学・医学の進歩は日進月歩と言いますが、歴史の定説が時代とともに変わることも、今や常識のようになっています。

従来の定説では、1560年に織田信長は、今川義元と桶狭間で戦い、信長が少数の兵で大軍を撃破したと伝えられています。
この戦いによって一躍「時の人」となった織田信長、そして戦国時代は大きな転機を迎えました。

一般的に今川義元のイメージとしては、貴族化したような武将で弱い感じ。
しかし今川義元は、現在の静岡県一帯の3国を統治する有力な大名だったのです。

なので、実際の今川義元は優秀な武将で、兵隊も強かった。
だとすると、そんな有能な今川義元を相手に、当時まだ小物だった信長が、本当にたった3000人の兵で勝つことが出来たのかという疑問がわいてきます。

信長公記(しんちょうこうき)

織田信長の家臣が信長について詳しく書き残した伝記「信長公記(しんちょうこうき)」を元に、現代まで伝えられてきました。
歴史は勝者が好きなように書けるので、信長伝説を作りあげるため、信長公記の兵士の数は書き換えられているのかも。

信長公記は歴史家の中でも、信長の歴史を忠実に描いた伝記として評価が高いものです。
しかし、桶狭間の戦いについては、他の資料から1560年の戦いだと確定しているのに対し、信長公記には1552年と書いています。
そういう意味では、3000VS45000の表記の信ぴょう性は低いかも知れません。

Sponsored Link

兵隊の数は石高に比例

石高とは「お米の量」であり、お米の量が多いということは、作る人が多いということです。
つまり、石高が多いほど、人が多いのです。

当時、戦に参加していたほとんどは、農民だったと言われています。
であれば、石高が多いほど戦う兵士が多いということに。

今川の領地は確かに広かったのですが、山ばかりで平野が非常に少なく、戦国時代の今川義元の頃にどれだけお米が穫れたかはわかりません。
もう少し後の、豊臣秀吉の時代に検地をやっていますが、それによると、今川義元の領地3国を合わせて、だいたい70万石くらいです。

関ヶ原の戦いの頃は、【40万石で兵士が1万人】でした。
であれば、70万石で45000人の兵は不可能であると推測できます。

そう考えると、桶狭間の戦いでの今川軍の兵力は、15000人程度だったのではないかと。
信長公記に書かれている数の3分の1になるわけです。
では、一方の信長軍3000人というのは本当だったのでしょうか?

尾張の国の石高はどのくらいだったのか

尾張の国は面積で言えば、伊豆半島と変わらないくらいでした。
伊豆半島は山が多いため7万石でしたが、尾張の国は平地のため、57万石でした。

そこを支配しつつあった信長の軍が、3000人のわけがないですよね。
今川義元の70万石に匹敵するぐらいの石高が、信長にはあったはずです。

仮に、50万石であったとしても、1万人を超える兵力はあったのです。
尾張には港町として栄えた「津島と熱田」があり、財源は豊富にありました。

お金が豊富にあったということは、傭兵を雇うことも十分に可能なはず。
そうであれば「15000人くらいは兵力があったのではないか」と考えられます。

15000人VS15000人で勝ったとしても「信長伝説」にあまりならないので、あえて大幅に脚色したのではないかと。
[出典:2017年2月7日放送の「林修の今でしょ講座 最新の知識が手に入る3時間SP」]

Sponsored Link

 - 歴史, 雑学・豆知識 ,

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

uranaitteataruno
占いは本当に当たるのかを科学的に分析

あなたは占いを信じますか? 信じるという人、その理由は何ですか? 占いに関するこ …

kyouiku
教育・育児・子育ての悩みや疑問を解消する方法

教育・育児に関する悩みや疑問に答えます 父親が怒らず、母親ばかり怒っているけど大 …

img1708
今日使える雑学~自動販売機についてるマスコットの秘密

日本全国、どんな街にも置いてある自動販売機。 そこには、缶コーヒーやペットボトル …

masaka
まさかのトラブル発生!!その時お金はいくら必要!? 損害賠償について考えてみる

こんな時「いくら必要!? 突然のお金トラブルをチェック!! 人生には三つの坂があ …

img1415
風邪を引いた時は汗をかいて熱を下げてはいけない!!

風邪で高熱の時に汗をかいて熱を下げるは「間違い」 小児科医の児玉和彦先生は、京都 …

天気痛ドクター佐藤純先生が教える気象病の原因・予防と対策!

頭痛やその症状は天気のせいだった!天気痛 天気予報でわかる気象病(meteoro …

kekkonnimuitenai
こんな女性は結婚に向いていない

キス顔の時、下唇が出る女性は結婚に不向き あなたは、キスをする時どんな顔になりま …

img1702
今日使える雑学~ビッグサイズのサカゼン 試着室の秘密

体の大きなお客さんに向けた試着室の工夫とは? ”体が大きい人にやさしい!サカゼン …

jituenhanbai
レジェンド松下に学ぶプレゼン術の極意

レジェンド松下のプレゼン術の極意を、林先生が解説します レジェンド松下は、林先生 …

img1633
今日使える雑学~まるでカミ!!心優しいデザイナー 古堅ちひろのペーパージュエリー

紙からつくられる女性にやさしいものとは? ”紙100% 女性にやさしい新アイテム …