Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

あなたにも書ける怪談創作トーク術ネタ帳指南

      2017/08/14

Sponsored link

あなたも怪談作家になれる!?怪談創作トーク術を暴露

いわくつき物件

1

怖い話って好きですか?
修学旅行なんかで、部屋を暗くして怪談話をしたりするのが楽しみだったりして。

まずは、ダイノジ・大谷ノブ彦さんの怪談話から。

いわくつき物件

最近、芸人が二人一組でルームシェアをするのが増えています。
ルームシェアのコツは、生活のスタイルをバラバラにすることです。
例えば、「A君が昼にアルバイトで夜は寝る」なら、「B君は夜にアルバイトして昼に寝る」みたいに。

そのアパートは、ロフト付きの1Kの部屋。
A君が主にロフトを使い、B君は下で寝ていました。

A君は昼の仕事を終えて夜はロフトで寝ます。
明け方の5時くらいにB君が夜の仕事を終えて帰ってきます。

鍵を開け、必ず毎回コンビニの袋をガサガサさせて、テーブルの上に置くのを、A君は目を開けていないけどわかるんです。
面白いのは、毎回B君は、帰ってきてコンビニの袋をテーブルの上に置いたら、階段を上ってA君が寝てるかどうかを確認します。

あるとき、A君は「ドッキリ」を思いつきました。
B君が帰ってきて、階段を上って来たので 一番いいタイミングで「ワー!」と大声で言いました。

すると、全然知らない女が A君の顔を覗き込んでいたのです。

不動産屋に聞くと、昔 お母さんと息子が住んでいましたが、不慮の事故で二人とも亡くなりました。
いつもお母さんは夜 仕事をしていて、家に帰ると ロフトで息子が寝てるかどうかを確認していたのでした。

10代”最恐”の怪談を作ろう

3

10代”最恐”の怪談を作るため、今回選ばれたRさんは、怖い話大好き!・いしがみと、超ビビリ・かすが。
二人が訪ねたのは、夜な夜な怪談が語られているという怪しいお店。

出迎えてくれたのは、怪談師の城谷 歩(しろたに・わたる)さん。

4

これまで、怪談を話した数は1万回以上!
さっそく、最恐の怪談の作り方を教えてもらうことに。

【怪談を作るための4つのキーワード】
○時間
○場所
○登場人物
○アイテム

7

時間はやはり「夜」、あとは、10代が共感できるものが良いそうです。

怪談の設定①「場所」

9

第3位【墓】……家の近くが墓地で、近くの公衆電話ボックスに青い人だまが出るとか……。(街角の女子高生)
第2位【病院】……病院の地下室とかが怖い。(街角の女子高生)
第1位【学校】……学校のトイレとか。旧校舎のときはよく幽霊が出てたみたい……。(街角の女子高生)

10代の80%が「学校が怖い」

では何故、10代にとって学校は怖い場所なのでしょうか?
人の恐怖心について研究している福山女学園大学 心理学科 山根一郎教授の話。

「みんなが学校に通っているから、共通の場所として共感しやすい」
「みんながいる時と、誰もいない時の落差がとても激しい空間で、その落差の雰囲気が 強い違和感を与える場所」

「一緒に帰ろ」

学校が舞台の怪談(アオイちゃんからの投稿)

私の学校には、誰も使っていない屋上に続く階段があります。
なんとなく気味が悪いので、自然と誰も近づこうとしていませんでした。

ある放課後のことでした。
私は、誰もいない、暗くなった廊下を早足で歩いていました。
屋上に続く階段の前を通ったときのことです。

「一緒に帰ろ……」

その声に振り向くと、そこには誰もいませんでした。
気のせいかと思って行こうとすると……。

「僕も帰りたいよ……」

その声を聞き、なぜか私は 引き寄せられるように、屋上に続く階段を上ってしまったんです。
すると、屋上のドアの前で 白い顔をした男子が立っていました。

「なんで僕だけ……帰れないの?」

そう言いながら、彼はゆっくりと階段を下りてきます。
くねくねと 異様に体をくねらせながら、私に近付いてくるのです。

「ねえ、連れてって……」

私は驚いて、急いで階段を駆け下りました。

あとから聞いた話ですが、10数年前 あの屋上へと続く階段で、男子学生が足を滑らせて亡くなってしまったそうなんです。
あのとき私を呼び止めたのは、その男子学生だったのでしょうか……?

怪談の設定②「登場人物」

第3位【小さい男の子】……通学できなかったって感じで、自殺しちゃった子の幽霊(のイメージ)……。(街角の女子高生)
第2位【若い女性】……女性で白いワンピース着てるみたいな。(街角の女子高生)

10代が怖いと思う登場人物 第1位の答えは、こちらの怪談で……。

「肝だめしのあと」(古橋舞悠さんからの投稿)

あれは、林間学校でのことです。
みんなで肝だめしをすることになったのですが、私は気分が乗らず 部屋で待っていました。

肝だめしを終えて友だちが帰ってきました。
「怖かった」とはしゃぐ友だちの中で、リサだけが浮かない顔をしていました。
少し心配しましたが、「楽しかったよ」というリサの言葉に安心しました。

私たちはその夜、遅くまでおしゃべりをしていました。
すると突然、部屋の電気が消えたのです。

「えっ!?怖い!」
「もう、誰?消したの」

友だちがスイッチを入れると、電気がつきました。

「ちょっと待って。今 みんな寝っころがってたよね?誰?電気消したの」

みんな顔を見合わせませすが、言葉が出てきません。

「もう寝よっか」
「明日も早いしさ」

気味の悪いことが起こったせいで、私たちは切り上げることにしました。

翌朝。
玄関を出て「楽しかったね」とリサに言うと、「うん……」と言って下を向いていました。
「どうしたの?」と聞くと、リサはゆっくりと話しはじめました。

肝だめしのときに、真っ暗の中 木の横に立っている白い女の子を見たのです。

「悪いモノ見ちゃったな……って思って。あのあと 夜中に急に電気消えたでしょ?あのとき 私思ったんだよね。いけないモノついてきちゃったな……って」

あのとき あの部屋には、森で見た女の子が 部屋の隅に座っていたのです。

「ついてきちゃったってどういうこと?」
「ううん、なんでもない」

そう言って歩き出すリサを追いかけました。
そのとき、2階の窓から あの女の子がのぞいていたのでした。

13

 

10代が最も怖いと感じる登場人物は「小さい女の子」でした。
なぜ小さい女の子が怖いと感じるのでしょうか?
山根教授によると……

「大人や活発な男の子は、森や夜の学校にいてもおかしくない」
「女の子が一人でいると、大きな違和感があって怖い」

怪談の設定③「アイテム」

Sponsored Link

第3位【包丁】
第2位【人形】

10代が怖いと思うアイテム 第1位の答えは、こちらの怪談で……。

「ポンポン」(みーさんからの投稿)

あれは、寝苦しい ある夏の夜のことでした。
「はあ……暑い……」

びっしょりと汗をかいて気持ちが悪かったので、私は顔を洗うことにしました。
洗面所で顔を洗っていると、後ろから肩をポンポンと叩かれました。

「あれ、お父さんも?ちょっと待ってね」

そう言っても、再び肩をポンポンと叩かれました。

「わかったから、もう せかさないで!」

今度は、肩をゆっくり ポンポンと叩かれました

「だから!」

私が顔を上げて鏡を見ると、後ろにお父さんはいませんでした。
振り返っても誰もいません。

「でも、肩をポンポンって……」

もう一度 鏡をのぞき込むと……
私の左肩に、手だけが乗っていました。

10代 最恐のアイテム、それは「鏡」でした。

10代の怪談対策テクニック

怪談苦手!10代に聞いた「あなたの怪談対策テクニック」

怪談を聞いて怖くなったときの対策テクを街の10代女子100人に聞きました。

「友だちに電話をする」20%
「家族や友達と一緒にいる」70%
「大声で歌う」36%
「音楽を聴く」70%
「いつでも逃げられるように常に動き回る」24%
「乱暴な言葉を叫ぶ」9%
「大声を出してふざけた動きをする」19%

山根教授によると、効果的な対処法は「逃げる」か「戦う」か。
「逃げる」は、恐怖心から逃げて安心すること。頼れる人と一緒にいればすぐ安心できる。
「戦う」は、戦う動きをすることで、恐怖心に打ち勝てる。

ストーリー作り

10代のリサーチで揃った最恐の設定は、「夜」「学校」「女の子」「鏡」の4つ。

【怪談作りのテクニック①】
「あえてぼやけさせる」

25

「8月3日 水曜日 午前2時」を、「蒸し暑い夏の夜」に変える。
具体的に言わないことで、聞き手の想像力が掻き立てられ、物語の世界に入り込める!

【怪談作りのテクニック②】
「オチを裏切れ!」

27

夜 一人で道を歩いていると、なんとなく後ろに気配を感じて……
フッと振り向いたら……
そこに口の裂けた女の人が立っていた。

これでも十分怖いのですが、オチを裏切ってみると……

夜 一人で道を歩いていると、なんとなく後ろに気配を感じるんだって。
振り向いたら、いないんだって。
フッと前 振り返ったら「目の前にいた」。

以上をふまえて、かすがといしがみの二人が「10代最恐の怪談」を作ってみました。

「第二音楽室」

30

かすがが、母校のうわさを元に作成。

私の昔通ってた小学校って、南校舎と北校舎の2つに校舎が分かれていたのです。
北校舎っていうのが 立ち入り禁止の場所。
南校舎に音楽室があるのですが、北校舎にも「第二音楽室」っていう音楽室があります。
「第二音楽室」には、大きい全身を映す鏡があります。
そこに映った自分が 白くかすんで見えると、その人は必ず「1年以内に死んでしまう」という噂があります。
その噂のために、立ち入り禁止になったのです。

私が小学校3年生か4年生ぐらいのときでしょうか?
ある日 学校に忘れ物をして、夕方ぐらいでもう ちょっと暗かったけど、急いで校舎にとりにいきました。
忘れ物をとり、帰ろうと思って玄関に行くと、廊下の奥の方に……女の子が立っているのです。
白っぽい服を着た、同い年くらいの女の子でした。
なぜか手招きをして こっちを見ています。
「何かあるのかな?」と思い、私はついていってしまいました。

すると、突き当りに大きな扉がありました。
扉を少し行った先に教室が一つあり、そこの目の前に女の子が立っていました。
その教室には、かすれた文字で「第二音楽室」と書かれていました。
私は女の子に、北校舎に連れていかれてたのです。

「ここはダメだ」「早く逃げなくちゃいけないんだ」と思い、逃げようとしました。
すると耳元で「クスクス……」と笑い声が聞こえたかと思うと、その瞬間に……「もうちょっとだったのに」

そのとき私は気がつきました。
あの噂は「白くかすんだ自分が鏡に映るんじゃなくて、白い服を着た女の子が鏡に映ってるんだ」と。
私は急いで家に帰りました。

「天井のシミ」

31

いしがみが、視聴者投稿を元に作成。

カナちゃんっていう女の子の話です。
私の高校の3階の女子トイレの天井に、茶色いような赤黒いような点々としたシミがあります。
よく見たら、足跡に見えなくもない。
「工事のときについたシミじゃないの?」と、結構 忘れ去られていました。

ある夏の 夜7時くらい、部活終わり。
手を洗おうと思い、3階のあのトイレに行ってしまいました。

トイレの入り口に人気(ひとけ)を感じて、「あっ、まだこんな時間に人 おったんや」とあまり気にしませんでした。
すると今度は、後ろに気配を感じました。
「ちょっとこれ怖い」と思い、パッと振り返りました。

しかし何もなくて「良かった……」と思い、パッと振り返りました。
すると、鏡越しに女の子と目が合いました。
一目で 女の子が、この世の者ではないことがわかりました。
なぜかと言えば、顔が逆さまになっていたからです。

わかりますか?
天井からぶら下がって、後ろからこっちを見ているのです。

カナちゃんは驚いてすぐ逃げ出しました。
次の日、カナちゃんは私に その話をしてくれました。

「だからあの足跡は 工事じゃなくて、女の子の足跡だと思う」

「澪(れい)!今 絶対 後ろ向いちゃダメだよ」

そのときカナが、私の後ろで何を見ていたのかは、私はまだわかりません。

[出典:2016年8月3日放送「Rの法則」]

Sponsored Link

 - バラエティ

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Comment

  1. 片岡真由 より:

    何回見てもぞっとします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

151020_000
真似るな危険!?メンタリズムのネタばらし ~ メンタリストdaigoの師匠が大暴露!

アナタも明日から使える!?メンタリストがマル秘手口を自らネタばらし!! 9割の人 …

img1477
頭が悪いのも親のせいだった!?親はあなたの反面教師【最新遺伝子研究】

  親に似ること・似ないこと 近年、遺伝子の研究が急速に進む中、自分の …

img2104
偽装キラキラ女子の生態 by ねほりんぱほりん

NHK教育「ねほりんぱほりん」《偽装キラキラ女子》 この番組は、聞きたくても聞き …

151110_000
あまり聞きたくないけど気になる『私の自慢話』

街頭調査;自慢話を調査してみた件 娘、息子がアメリカに 娘とか息子とか、ヒュース …

img2079
刑事ドラマの嘘と真実

刑事ドラマのウソ・ホント Q) クセの強い刑事はホントにいる? 元捜査一課の飛松 …

img0685
森田正光 気象予報士サービス 元祖お天気キャスターの教え(天気予報士)

森田正光、大失敗の連続!どしゃぶり人生からの大逆転 人生で大事なことは天気予報か …

taochan
土屋太鳳の人生相談?

土屋太鳳の人生相談「心配性で大荷物になってしまう」 土屋太鳳のバッグの中身 土屋 …

jagaasan
千葉市川市のジャガーさん。謎に包まれた素顔とその実態を暴く!

ジャガーさんの実態について調査してみた件 「月曜から夜ふかし」スタッフが謎に包ま …

tosiandorite onee
『トシ&リティ』ブログ画像がオーラ全開!口コミ予約殺到の占い師

行列の出来るスピリチュアルカウンセラー [出典:actokyo.jp] トシアン …

namae-unmei
名前と運命の科学的検証!姓名判断より当たる!?

名前で人生は変わるのか? 生まれた時に付けられた名前と一生付き合っていく人が多い …