Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

瀬戸内少年野球団 武井咲主演ドラマ あらすじ・キャスト相関図

   

Sponsored link

「瀬戸内少年野球団」主演:武井咲×三浦貴大

テレビ朝日 ドラマスペシャル

2016年9月17日(土)よる9時放送

 

原作:阿久悠「瀬戸内少年野球団」(岩波現代文庫刊)

瀬戸内少年野球団 [ 阿久悠 ]

みどころ

「瀬戸内少年野球団」は、生涯に5000曲以上を作詞したという昭和を代表する作詞家・阿久悠先生の自伝的小説として、1979年に誕生しました。

今は亡き伝説の女優・夏目雅子さん主演、篠田正浩監督で映画化されたのが1984年で、32年の時を経た2016年に、武井咲さんという新たなヒロインでドラマ化しました。

今回のスペシャルドラマでは、直木賞候補ともなった原作をより忠実に再現し、舞台となる兵庫県淡路島で敗戦を迎えた少年少女たちの目を通して、絶望感、喪失感、無力感から、野球をすることで生きる力を取り戻していく人々の姿を生き生きと描いています。

武井さんが演じる主人公の中井駒子は、子供たちの憧れの美人先生であり、戦後荒んでいく子供たちの心を危惧し、子供たちと日々真剣に向き合う、心優しい先生です。

子供たちに夢と希望を持つ力を与えようと、明確なルールにのっとって、チームが一丸となり一つの白球を追って真剣勝負のできる野球を教えます。

1984年に大ヒットした映画で、夏目雅子さんを相手に郷ひろみさんが演じた駒子の夫・中井正夫を演じるのは三浦貴大さん。

戦地に赴き、一度は戦死が伝えられますが、片足を失いながらも奇跡的に復員し、駒子と共に、子供たちに野球を通して生きる希望と夢を与えていきます。

コメント

【三浦貴大 コメント】
楽しい現場でした。
戦地で片足を失った姿をどう見せるか、また方言の難しさなど大変なこともあったはずなんですが、振り返れば、子供たちの元気で純粋でまっすぐな演技に触れて、芝居の楽しさを再確認することができました。
郷ひろみさんがかつて演じられた役を僕がやらせてもらうのは、非常にうれしい反面、怖い部分もありました。
映画を観て思ったのは、郷さんの正夫さんに自分の正夫さんは届くのか?という不安。
でも、今、再び「瀬戸内少年野球団」を作るということは、新しい正夫をやっていいんだろうとポジティブに解釈して、演じることにしました。
印象に残っているのは、家族団欒のシーン。
本当の家族みたいで、こんなお父さん、お母さんと暮らしたら楽しいだろうなという撮影ができました。
この作品の主題は人間の生きる力、前に進む力だと思います。
戦争の悲惨さの反面、生きる力にあふれていた時代を描いているので、きっとどの世代の方にも楽しんで見ていただけると思います。

●武井咲さんの印象
僕、きれいな人恐怖症なんです。
きれいな人は怖い人という感覚があって、武井さんは自分の奥さん役なのに、会話がまったくできなかったらどうしよう…と思っていたのですが、こんな僕の適当な感じを現場でうまく受け入れてくださった。
駒子と武井さんのイメージにも相違があまりなかったので、非常にやりやすかったですし、優しくしていただきました。

【武井咲 コメント】
●三浦貴大さんの印象
今回、初めてお会いしての夫婦役ですが、実はお父様(三浦友和さん)には以前からお世話になっていました!
夫婦役ということで、二人のシーンが多くありましたが、三浦さんは自然な方で、初めて会った気がしませんでした。
三浦さんが自然体でいてくれたおかげで、居心地よく演じることができました。

[出典:瀬戸内少年野球団(テレビ朝日 > http://www.tv-asahi.co.jp/setouchi/ ]

荒廃する少年たちのヒロイン的存在として、海軍提督の娘、波多野武女に、人気子役の本田望結ちゃんが出演します。

武女は紅一点として野球団にも所属し、武井さん演じる駒子先生とともに見られる、可憐なユニフォーム姿が楽しみですね。

コメント

【武井咲 コメント】
時代も言葉も違う役に不安を感じることもありましたが、子供たちの頑張りに引っ張られて最後までやり通すことができました。
特に感動したのは、子供たちが頑張って野球の試合をしている姿。
役を通り越して胸を打たれました。最後は、ありがとうという思いで子供たち全員に手紙を書かせていただきました。
演じるにあたり映画を拝見しましたが、今では難しいような衝撃的な表現があって、今回のドラマではどうなるのかな?と思ったのと、ただただ夏目さんが美しくて…。
この方が演じられた役を私がやるという緊張感はものすごいものでした。
この作品は、子供たちの大きなエネルギーと、みんなが前を向いて一生懸命生きようとする希望にあふれています。
その象徴でもある主人公の駒子をどこまで明るく描けるかが、とても大事になると思って演じさせていただきました。
子供たちの元気とか笑顔とか感動は、自然に出てきたものだからこそ、どんな人の心にも届くお芝居になっていると思います。
私が演じながら感じていたことが、見てくださる皆さんの心にも届くことを願っています。

●初共演・本田望結さんの印象
子供の形をした大人なのかな(笑)と思わせるしっかり者。
望結ちゃんが笑ってくれるとみんなうれしくて、男の子も調子に乗って笑わそうとしていましたね。
芝居ではスッと集中していて、望結ちゃんからも勉強することがありました。

【本田望結 コメント】
撮影、楽しかったです!武女ちゃんは一人っ子で、お父さんが職業軍人という、周りの男の子たちから憧れられるような人気者。
初めは男の子の中に女の子一人ですごくドキドキしましたが、演じられて本当に幸せでした。野球はすごく練習しました!
最後の撮影は試合のシーンで、特訓の成果が出てすごくうまくいったと思います。
私のセリフは広島弁だったのですが、京都弁に似ていたので演じやすかったです。

●初共演・武井咲さんの印象
これまでにもお会いする機会はたくさんあったので、初共演とは思えないくらいでした。
すごく優しくしてくださり、たくさん勉強させていただきました。
今回が咲さんにとって初の先生役ということでしたが、どこからどうみても先生!
咲さんがいたからこそできた作品だと思います。
たくさん練習した野球のシーンでは、咲さんがとても面白いことをされるので、ぜひ見てください!

[出典:瀬戸内少年野球団(テレビ朝日 > http://www.tv-asahi.co.jp/setouchi/ ]

Sponsored Link

あらすじ

昭和19年、春。
駒子(武井咲)は数日後に出征を控えた網元の長男、中井正夫(三浦貴大)とささやかな結婚式を挙げる。
駒子の願いは、婚約者ではなく妻として夫の帰りを待つこと。
甲子園球児だった正夫は、駒子から生きて帰るためのお守りにするようにと言われた野球のボールを手に、戦地へと旅立っていく…。

駒子が務める江坂町国民学校の校庭はイモ畑へと変わっていた。
子供たちは常に空腹を抱えていたが、それでもまだ笑顔でふざけ合う元気を蓄えていた。
そんな中、足柄竜太(坂田湧唯)に父の戦死が伝えられる。
届いた骨箱には、父が使っていたとされる歯ブラシだけがぽつんと入っていた。
「お父ちゃんは名誉の戦死して、歯ブラシになってもうたんか?」。
子供らしい疑問を抱く竜太。時をおかず、駒子には紙切れ一枚で正夫の戦死が伝えられる。
そして、戦争が終わる……。

その夏、海軍提督の娘、波多野武女(本田望結)が江坂町国民学校に転校してくる。
終戦を機に学校の教育方針は一変。
男女が同じ教室で勉強することになり、竜太と武女は席を隣同士にする。
大人びた雰囲気のある武女に竜太はドギマギしながらも、駒子の指導のもと教科書に掲載された軍事色の強い内容を墨で塗りつぶしていく。
その従順な姿に、駒子は胸を痛める。
正夫の弟、鉄夫(栗山航)は駒子の胸中を深く理解。
正夫亡き今、両親の銀造(大杉漣)と豊乃(高橋惠子)は、そんな鉄夫の嫁に駒子を改めて迎えたいと思い始める。

そんな中、淡路島には進駐軍が上陸。
島はたちまちアメリカ文化に感化されていく。
床屋の『猫屋』はアメリカ軍人目当てのキャバレーへと商売替えを決め、竜太と同級生の三郎(山下真人)の兄、二郎(えなりかずき)は大阪で一発当てると島を出て行く。
半ベソの三郎と一緒に二郎を見送る竜太。その前に、謎の三本足の男が現れる。
それは、戦地で片足を失い松葉杖をついた正夫だった!
約束通り野球のボールとともに戻ってきた正夫は、大人の都合に左右されない確かなルールのある野球を子供たちにやらせてはどうかと提案。
駒子は監督となり教え子たちと少年野球団を結成する!
[出典:瀬戸内少年野球団 テレビ朝日 http://www.tv-asahi.co.jp/setouchi]

キャスト・登場人物相関図

中井駒子(なかい・こまこ)………武井咲
江坂町国民学校初等科の先生。
明るく楽天的な性格で、子供たちからも慕われている。
戦死したはずの夫、正夫との劇的な再会後、子供たちのために正夫と二人で野球チーム『江坂タイガース』を結成。
自らも監督としてチームを率いて子供たちを勇気づける。
敗戦により生きる気力を失った子供たちに、野球を通して夢と希望を与えていく。

中井正夫(なかい・まさお)………三浦貴大
新婚早々出征して、戦地で戦死したと思われていた駒子の夫。
戦地で片足を失うも奇跡的に復員する。
戦前、野球で甲子園大会に出場したことがあり、子供たちの野球チームを作ることを駒子に提案。
自らもコーチとして子供たちを指導する。
不自由な身体にもかかわらず、駒子とともに敗戦後の無気力な少年少女たちに、野球を通して生きる力と希望を持たせる事に尽力する。

穴吹トメ(あなぶき・とめ)………友近
商魂たくましい島の名物“オバハン”。

正木二郎(まさき・じろう)………えなりかずき

池田新太郎(いけだ・しんたろう)………山内圭哉
トメが入れあげる旅芸人。

波多野武女(はたの・むめ)………本田望結
海軍提督の娘。

足柄竜太(あしがら・りゅうた)………坂田湧唯

足柄忠勇(あしがら・ただお)………平泉成

中井鉄夫(なかい・てつお)………栗山航
正夫の弟。

中井豊乃(なかい・とよの)………高橋惠子
正夫の母。

中井銀造(なかい・ぎんぞう)………大杉漣
正夫の父。

[出典:瀬戸内少年野球団 テレビ朝日 http://www.tv-asahi.co.jp/setouchi/]

Sponsored Link

 - ドラマ

[PR]

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

150710_001
最強のふたり~京都府警 特別捜査班 キャスト人物相関図 テレビ朝日ドラマ

テレビ朝日 木曜よる8時 木曜ミステリー「最強のふたり」 主演・橋爪功×名取裕子 …

mamagoto
ママゴト NHKBSドラマ あらすじ・キャスト・主題歌情報

NHKBSプレミアムよるドラマ「ママゴト」安藤サクラ×中田秀夫 2016年8月3 …

img1056
しあわせの記憶 2017新春ドラマあらすじ・キャスト・相関図 1月8日よる9時放送

「幸せの記憶」主演:渡辺謙 MBS・TBS系 2017年1月8日(日)よる9時放 …

img0279
吉祥寺だけが住みたい街ですか?実写版ドラマあらすじ・キャスト相関図

テレビ東京「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」 日本テレビ系2016年10月14日 …

150321_002
アイムホーム つまらないと噂の木村拓哉ドラマ視聴ガイド

木村拓哉&上戸彩のドラマ「アイムホーム」 スマップ・木村拓哉さんが、テレビ朝日の …

img0307
コック警部の晩餐会 ドラマあらすじ・キャスト相関図

TBS「コック警部の晩餐会」主演:柄本佑 2016年10月19日(水)スタート …

sosite-daremoinakunatta
そして、誰もいなくなった|ドラマあらすじ・キャスト相関図

「そして、誰もいなくなった」主演:藤原竜也 日本テレビ系 2016年7月17日( …

sousituno-girei
松本清張特別企画ドラマ|喪失の儀礼|あらすじ・キャスト・人物相関図

テレビ東京 松本清張特別企画「喪失の儀礼」村上弘明×剛力彩芽×陣内孝則 2016 …

suizokukwan-girl
《水族館ガール》 実写版ドラマ あらすじ・キャスト・相関図・主題歌

NHKドラマ10「水族館ガール」主演:松岡茉優 梶良平役……桐谷健太 NHK総合 …

img0750
鬼平犯科帳 THE FINAL!前編・後編 あらすじ・キャスト・人物相関図

「前編鬼平犯科帳 THE FINAL 『五年目の客』・後編『雲竜剣』」主演:中村 …