Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

心霊ドクターと消された記憶 ネタバレあらすじ 評価 感想

   

Sponsored link

映画「心霊ドクターと消された記憶」あらすじ&ネタバレ&感想

2016年5月14日(土)公開

原題「BACKTRACK」(オーストラリア製作)

映画『心霊ドクターと消された記憶』予告編

みどころ

周りの人は覚えているのに、何故か自分だけ全く覚えていない出来事があった、という経験がないだろうか?
人の記憶はデリケートで、抱えきれないショックな出来事があると、まるっと記憶が消えてしまうことなどもある。
本作は、20年前に起きた列車事故の唯一の目撃者でありながら、記憶を封印してしまった男が、事故の被害者の亡霊たちに導かれ、記憶の迷路を突き進み事件の真相を暴き出していく物語。

主演を務めるのは、『戦場のピアニスト』でアカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞、『プレデターズ』や『グランド・ブダペスト・ホテル』など、あらゆるジャンルの作品で独特の存在感を放つ名優エイドリアン・ブロディ。
監督・脚本に、『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』、『ザ・ライト エクソシストの真実』の脚本家、マイケル・ペトローニ。
亡霊たちの暗示的なセリフや、動作が散りばめられた緻密な脚本が紡ぎ出した衝撃と驚愕のクライマックスをあなたは見抜けるか-。

[出典:映画「心霊ドクターと消された記憶」(公式サイト > http://www.shinreidr.jp/about/ ]

あらすじ

精神分析医ピーター・バウアー(エイドリアン・ブロディ)は、娘を亡くし、悲しみに沈んでいた。
だが彼は、立ち直って普段の生活を取り戻すため、患者との面談を再開する。
そんなある日、エリザベス・ヴァレンタイン(クロエ・ベイリス)という少女がピーターの前に現れる。
患者ではない彼女は、一言も言葉を発しないまま、1枚のメモを残して足早に立ち去って行った。
この出会いが全ての始まりとなり、そのメモを調べたピーターは、患者たちの奇妙な共通点に気づく。
全員、1987年7月12日に起きた列車事故で亡くなっていたのだ。
しかも、その事故が発生したのはピーターの故郷。
亡霊たちに導かれ、20年間封印されてきた秘密を解き明かすためにピーターは故郷を訪れる。
そこで彼の脳裏に蘇ってきたのは、10代の時、乗客47名が死亡した列車脱線事故に関わっていたという過去だった。
記憶が塗り替えられていた……。
その事実に愕然としたピーターは、亡霊たちによってさらにその夜の記憶を取り戻してゆくが……。
少女が伝えたかった事実とは……?
そして、ピーターが封印していた、忘れなければならなかった記憶とは……?

[出典:心霊ドクターと消された記憶(Movie Walker > http://movie.walkerplus.com/mv60387/ ]

キャスト・登場人物相関図

ピーター・バウアー/エイドリアン・ブロディ

ダンカン・スチュワード/サム・ニール

エリザベス・ヴァレンタイン/クロエ・ベイリス

ウィリアム・バウアー/ジョージ・シェブソフ

バーバラ・ヘニング/ロビン・マクリーヴィー

フェリックス・マターズ/ブルース・スペンス

エリカ・ジョージ/アンナ・リース・フィリップス

バリー/マルコム・ケナード

キャロル・バウアー/ジェニー・ベアード

イーヴィー・バウアー/エマ・オファレル

ピーター・バウアー(少年時代) 、ジェシー・ハイド

ネタバレあらすじ

※ 以下は映画のネタバレです。映画を観ていない人は面白さが半減するので、観てからのほうがお勧めです。読むのは自己責任でお願いします。

精神分析医ピーター

目を覚ますピーター。
妻がベッドで泣いている。
ただの夢だ、眠りなさいと言うピーター。

奥の部屋のドアが開いたり閉まったりして音を立てている。
ピーターが部屋に入ると窓が開いていた。

ピーターは仕事に向かった。
彼の仕事は精神分析医。

患者のフェリックスの職業はミュージシャン。
彼は老齢の男性、足を組んでしきりに動かす。
最近演奏した場所を聞くと、今は無くなっている場所。
アメリカ大統領をロナルド・レーガンだと言う。
そして、現在は1987年と答える。

ピーターを気にするダンカン

新しい仕事はどうだ?と聞くダンカン。
ピーターは以前、ダンカンの助手をしていた。

ピーターは娘のイーヴィーを事故で亡くし、なかなか立ち直れないでいた。
ダンカンはピーターの助けになろうとやってきた。

ピーターは娘が自転車に乗っているときに一緒にいたが、目を離したすきに車に轢かれてしまった。
何に気を取られたのかを彼は思い出せない。

相談に来る患者たち

眠りたいという女性。
人嫌いになってきたという男性。

娘が私を無視するという女性。
時々見えなくなる、時々、ここで何をしているのかもわからなくなるという彼女に、「死にたいのかな?」と聞くピーター。
そんな事できないと答える彼女。

エリザベス・ヴァレンタインという名の少女

ブザーが鳴ってドアを開けると、人形を持った少女が椅子に座っていた。
両親は?と聞くと、首を横に振る。
少女を中に入れるピーター。

少女は黙って、エリザベス・ヴァレンタインと名前が書いてある定期券を見せる。
話せる?と聞くが黙っている。
書ける?と聞いてペンとノートを出す。

ペンがひとりでに動き出す。
怖がる彼女。
電車が通過したからだと説明するピーター。

窓のブラインドを閉めるピーター。
振り返ると少女はいなくなっていた。
窓の外を見ると、少女は雨の中を走っていった。

ノートを見ると、「12787」という数字だけが書かれていた。

娘の死から立ち直れない夫婦

自宅に戻るピーター。
妻はベッドで寝ている。

隣の部屋で、娘の荷物や写真を見ていると、「何してるの?」と妻が来た。
妻は薬を飲んで1日中寝ていたという。

「来週、彼女(娘)の記念日だな」と言うと、「何を祝うの?」と妻。
「どうしてここに引っ越してきたの?」と聞く妻に「前に進むため」と答える。

再び来たエリザベス

職場にやってくると、部屋の外に、エリザベスの持っていた人形が落ちていた。
中に入ると、窓の側にエリザベスが立っている。

外を見て歌っている彼女に声をかけるピーター。
ボイスレコーダーで録音する。
彼女は突然苦しみだし、その場に倒れた。

ピーターは彼女をソファーに寝かせた。
しかし、ちょっと目を話したすきに、彼女はいなくなってしまった。

鳥の罠を仕掛けた人間が窓に隠れて見えない

ボイスレコーダーを聞くダンカン。
ダンカンは、「電車の音と自分に話しかけていただけだった」とピーターに言う。
もしこの人形がなければ理解できないと。
イーヴィーが生きていたら今何歳だ?と聞くダンカン。

彼女の名前は「エリザベス・ヴァレンタイン」
定期券に書いてあり、定期券は彼女に返したと言うピーター。

イニシャルは「E.V」

そう言われてピーターは、娘のイニシャルも「E.V」だと気づく。

「人形はどこから来たんだ?」とつぶやくピーター。
イーヴィーが最近夢に出てきたことは?と聞くダンカン。

ダンカンの部屋に飾られている一枚の絵「鳥の罠と冬の風景」を見て、夢に見た絵だというピーター。
鳥の罠を仕掛けた人間が窓に隠れて見えない。

「誰がヒモを引いている?会いたくない人か?」とピーターに聞く。
「窓には誰がいる?」と聞くダンカン。

3度目のエリザベス

事務所に戻ってきたピーター。
エリザベスのカルテと番号が書かれた紙を見ている。
机の引き出しを開けると、返したはずの彼女の定期券が入っている。

ブザーが鳴り、ドアを開けると誰もいない。
部屋に戻ると、窓の側にエリザベスが立っている。

「彼女がいる」というエリザベスに、「誰?」と聞く。

すると、エリザベスではなくイーヴィーが立っていた。
思わず駆け寄るが、誰もいなくなってしまった。
膝から崩れ落ちるピーター。

開いたり閉まったりするドア

Sponsored Link

自宅に帰ってきたピーター。
この前と同じように、奥の部屋のドアが、かすかに開いたり閉まったりしている。

そっとドアを閉め、鍵をしめる。
ベッドで、妻の横に眠る。

エリカ・ジョージ

列車に乗って居眠りをしているピーター。
目を覚ますと、目の前の席に女性が座っている。

「乗り越したわ。エリカ、あなたの患者よ」
この女性は、以前来た患者の女性。

「どうして死ねないかわかったわ、私はすでに、」
突然真っ暗になり、ゾンビのような顔になる女性。
そして女性はいなくなり、列車は駅に着いた。

ホームを歩いていると、さっきの女性がゾンビになってじっと立っている。

12787の意味とは!?

ネットで、「エリカ・ジョージ」の死亡を確認するピーター。
「ヴァレンタイン」で検索すると、「故人」。

自分の患者の名前を検索していくピーター。

「12787」の数字を、「12/7/87」としてみる。

ダンカンに電話し、電話をしてくれとメッセージを残すピーター。
窓の外に止まった電車を見ると、今までピーターの患者だった人たちと、エリカ、そしてエリザベスもいて、みんなピーターを見ている。
電車が走り、ゆっくりとブラインドを下ろす。

ダンカンも実は!?

ダンカンと話すピーター。
自分の患者がみんな、1987年7月12日に亡くなっていたと話す。

「君にとってその日付は?」と聞かれ、心当たりがないピーター。

右前の鏡を見るピーター。
ダンカンが映っていない。
目の前の椅子にも、さっきまでいたダンカンがいない。

ダンカンも実は亡霊なのだ。

故郷に帰ってきたピーター

地図を開き、患者の住所を調べると、自分の故郷の近くだった。
ピーターは、列車に乗って故郷に向かう。

雨の中、傘をさして列車を降りた。
実家に帰ると、父のウィリアムが迎えてくれた。
母はすでに亡くなっている。

列車で来たというピーターに、「車でもなくボストンバッグもなく、いったいどうした?」と聞く。
イーヴィーの葬儀に行かなかったことを謝るウィリアム。

自分の部屋に入るピーター。
子どもの頃のおもちゃ箱を見つける。

おもちゃを出すと、中には新聞の切り抜きが入っていた。

友人バリー

家を出たピーターは、ある店にやってきた。
カウンターで酒を飲んでいる友人のバリーに声をかける。

テーブル席に移って話をする2人。
ピーターが「1987年」の話を切りだすと、「その話はやめろ」と言う。

「人が死んだんだ」と言うピーターに、「そんなこと掘り返すために帰ってきやがったのか?俺はお前と違う、弁護士は雇えん。刑務所行きだ。俺に近寄るな、いいか!」
そう言って店を出て行くバリー。

※ここから記憶を取り戻していきます。
映画をまだご覧になっていない方は、映画で確認した方が良いかも知れません。
それでも続きを知りたい方は、自己責任で読み進めてください。

記憶がよみがえる

ウィリアムはピーターの部屋に入り、新聞の切り抜きを見つける。
そこには、「列車事故で乗客47名死亡」の記事が載っていた。

ウイスキーを飲みながら線路の上を歩くピーター、彼は少年時代を思い出す。

バリーと2人で、この線路沿いを自転車に乗ってやってきた少年時代のピーター。
目的は、離れたところに置いた車の中で、カップルが愛し合うのをのぞくためだった。
彼らは自転車を線路脇に投げ捨てていた。

しばらくして、列車が来たことに気づき、急いで自転車のところに戻る。
しかし間に合わず、列車は脱線してしまった。

その乗客の中には、ピーターの患者たち、そしてエリザベスがいた。

ピーターたちの自転車が原因で、列車の脱線事故が起き、47名の人たちが亡くなった。
それを知っているのは、ピーターとバリーと、ピーターの父ウィリアムだけ。
ウィリアムは当時警察官で、彼らの証拠が残らないようにしておいたのだった。

忘れていた記憶を思い出したピーター。
側には、イーヴィーが立っていた。

イーヴィーに「見て」と指をさされ、見ると線路の上にイーヴィーとエリザベスが立っていて、その瞬間、列車が通り過ぎて行った。

窓をバンっと叩くエリザベス

実家のベッドで寝ていると、誰もいないブランコが揺れているのが窓から見えた。
いや、エリザベスが乗っている。
今度はイーヴィーが乗っている。
窓に近付いて外を見ると、誰もいないのにブランコが動いている。
そして、窓をバンっと叩くエリザベス。

自首をしたピーター

ピーターは、ついに警察署にやってきた。
そして、女性警察官バーバラに全てを打ち明けた。

「一人でやったのね」と聞かれ「そうだ」と答えるピーター。
警察官だった父には相談しなかったのかと聞かれ、「していない」

実は、バーバラの母がこの事故で亡くなっていて、「娘が時々無視する」と相談にきていたピーターの患者「エリカ・ジョージ」だった。
彼女はピーターを責めたりせず、10代のことだったから告訴はない、もう心配することはないと話す。

ピーターが警察署を出たところを、窓から見つめる彼女。

燃えないで焼け残った新聞

妻の留守電にメッセージを残すピーター。
心に少し、区切りがついたピーターは、新聞の切り抜きにライターで火をつけるが、火は途中で消えてしまい、新聞は焼け残った。

物音に気づいて、そこにいくと、自宅の時と同じように、ドアが開いたり閉まったりしていた。
そこは、新聞の切り抜きが入っていたおもちゃ箱のあった部屋だった。

ドアを開けて中に入る。
すると突然ドアが閉まり、開かなくなってしまった。
暗い中、懐中電灯で中を見ると、うずくまっていたエリザベスが突然首を絞めてきた。

別の記憶をでっちあげる!?

気を失っていたピーターが目を覚ますと、目の前にはダンカンがいた。

「本当に自転車で列車を脱線させたと思っているのか?」
「受け入れたくない記憶を消すためなら、別の記憶をでっちあげるのさ」
「イーヴィーが死んだ日、何に気をとられた?それは何だった?思い出したくない何かか?」

イーヴィーが死んだ日を思い出すピーター。
ピーターが気を取られたのは、店のショーウィンドーにあった鉄道模型、線路、踏切、シグナルボックス(木造の小屋)、」

ピーターが自首をしても、終わりではありませんでした。
ここから確信に迫っていきます。
映画をまだご覧になっていない方は、映画で確認した方が良いかも知れません。
それでも続きを知りたい方は、自己責任で読み進めてください。

バリーの自殺

当時の資料を見直す女性警察官バーバラ。

再びピーターは、記憶をたどるために事故現場の線路にやってきた。
目の前にはシグナルボックス(木造の小屋)がある。

ピーターがドアを開けると、バリーが首をつって死んでいた。
ピーターは、バーバラに電話して知らせる。

パトカーの中で、彼女に「バリーと一緒に自転車を置いた」「自首するつもりで、昨夜バリーと話をしたら、自分の名は出すなと頼まれた」と話す。

「窓には誰がいる?」

焼け残った新聞の切り抜きを見ているピーター。

「行方不明だったエリザベス・ヴァレンタインの遺体が、事故列車の中から発見された」と書いてあった。

出かけるピーターの車を、家の中から見ている父ウィリアムが窓に映っていた。

エリザベスは列車に乗っていなかった

現場検証をした警察官が、「現場に小さなアクセサリーが落ちていた。かなり古いもののようだ」と、バーバラのもとに持ってきた。

そこへ、ピーターがやってきた。
焼け残った新聞の切り抜きを彼女に見せるピーター。

ピーターは、「エリザベスは列車に乗っていなかった。事故の前に車から走って逃げるのを見た」と言う。

「昨年娘を亡くして以来、何かが目覚めた。見えないものが見えるようになってしまった。事故に遭った人たちと会っている。君のお母さんのエリカは、英語の訛りがある。君のことをベニーと呼んでいた。気性は荒い、」

ピーターを信じられない彼女は「帰って!」という。

窓ガラスにエリザベスの手形

ピーターが車に乗ると、助手席にエリザベスが持っていた人形があった。

事故当時、エリザベスを見た現場にやってきたピーターは「出てこい」と念じる。

「エリザベス・ヴァレンタイン」の名前を呼ぶと、運転席の窓ガラスに手形がついた。
今度は、リアガラスに手形が。
そして、外を何かが走っていった。

前を見ると、エリザベスが立っている。
ゾンビのような顔で手招きをする彼女。
ピーターは車を降りて彼女を追う。

エリザベスを追いかけながら、記憶を取り戻していくピーター。
彼女は、あのシグナルボックス(木造の小屋)の側に立っている。

ついに、事件の真相がはっきりとします。
映画をまだご覧になっていない方は、映画で確認した方が良いかも知れません。
それでも続きを知りたい方は、自己責任で読み進めてください。

バーバラが訪ねた場所は!?

バーバラは、自殺現場に落ちていたものを取り出し、キレイに拭いた。
「ミシェル」と書いてある。
そして、エリザベスはミシェル高校の学生だった。

資料室で、行方不明者のファイルを見ると、「エリザベス・ヴァレンタイン」だった。

バーバラは、ピーターの父ウィリアムを訪ねてきた。
シグナルボックス(木造の小屋)で見つけたと言って、ミシェル高校のバッジを見せる。
エリザベスの遺体を見つけ、処理していたのは彼だった。

「たぶん、息子さんは何かを見たのね。そしてあなたは、彼が見たものを知っている」

ウィリアムは、「何を見たのかはピーターに聞け」とバーバラに言う。

はっきりとよみがえった記憶

ピーターが思い出した記憶、

エリザベスは、シグナルボックス(木造の小屋)の中にいて、ウィリアムに首を絞められていた。
そのとき、エリザベスは線路を切り替えるレバーを引いてしまい、それが原因で脱線してしまった。
ピーターが座り込んでいると、エリザベスの遺体を抱えたウィリアムが脱線した列車に向かい、彼女を座席に座らせていた。

ピーターはドアを開けて小屋の中に入った。
エリザベスの手形がガラスに残っていた。

ウィリアムはバーバラを、

「ピーターを待ってていいか」と聞くバーバラに、「どうぞ」というウィリアム。
引き出しを開けるウィリアムを警戒し、拳銃ホルダーを開けるバーバラ。
しかし、いきなりウィリアムに鈍器で殴られてしまった。

彼女が乗ってきたパトカーをガレージに入れ、トランクにバーバラを入れた。
その時、彼女の携帯に着信があったが、ウィリアムが切ってしまった。

「チャンスをやる、自首しろ」

電話をしたのは、運転中のピーターだった。
ウィリアムがガレージのシャッターを閉めたとき、ちょうどピーターが帰ってきた。

ピーターは、ウィリアムがエリザベスを蹂躙したのちに殺害、事故列車に運んだのを見たと言う。
ピーターは、「チャンスをやる、自首しろ」と言って携帯を差し出す。

「代わりに電話する」と言ってピーターが電話をかけると、ガレージの中から着信が聞こえてくる。
「彼女に何をした?」というピーターに拳銃を向け、「ガレージに入れ!」というウィリアム。

拳銃を突きつけられたピーターは!?

ガレージのシャッターを開け、ピーターを中に入れる。
手錠を持ち、手を出せとピーターに言う。

「ずっと僕のせいにして悩ませやがって。何人の女の子を殺したんだ?」
ピーターのアゴに拳銃を突きつけるウィリアム。

そのとき、トランクから「助けて」の声が。
ピーターは拳銃をはねのけ、ウィリアムを倒して上から首を絞める。
しかし、逆に工具で殴られてしまう。

ウィリアムを待っていたのは!?

2人を乗せてパトカーを運転するウィリアム。
途中、エリザベスの亡霊が現れ、避けようとしてポールに激突。
ピーターは車から投げ出される。
パトカーはいくつもぶつかりながら止まった。

そして、そこは線路の上だった。
エンジンをかけてもかからない。
ドアは自動的にロックされてしまい開かなくなった。
バックミラーに映るエリザベスの亡霊。

列車が迫ってくる。
ピーターに助けを求めるウィリアム。
ピーターは拳銃で窓を撃つが、弾は弾かれてしまう。

トランクが開き、バーバラは脱出する。

ピーターが撃った弾がリアガラスに当たりガラスが割れた。
ウィリアムは外に出ようとするが、エリザベスの亡霊が足を引っ張って車内に引きずりこむ。

ピーターは、線路にうずくまっていたバーバラを間一髪で助けるが、パトカーは列車に吹き飛ばされ下敷きになった。

通り過ぎる列車の窓には、ウィリアムによって殺された事故の犠牲者たちの亡霊が映っていた。

助かったピーターとバーバラ。
ピーターの前には、制服を着た生前のエリザベスが立っていた。
そして彼女は、遠くに歩いていった。

イーヴィーとの最後の別れ

海辺の砂浜にいるピーター。
隣には生前のイーヴィーがいた。
ピーターにキスをして、イーヴィーは海に向かって歩いていく。

ピーターの隣には妻がいたが、彼女にはイーヴィーは見えていなかった。

映画はここで終了。

★★★

感想まとめ

だらだらと書いてみましたので、少し整理してみます。

ピーターと妻は娘を亡くして以来、立ち直れないでいましたが、前に進むために引越しをしました。

新しい場所で精神分析医として働くピーターでしたが、診ていた患者はすべて列車事故の犠牲者でした。

突然現れては消えてを繰り返したエリザベスは、ピーターの父・ウィリアムによって殺され、事故列車の座席に座らされたのでした。

エリザベスのことで相談をしていた恩師のダンカンはすでに亡くなっていて、彼が記憶を取り戻すように手助けをしていました。

ダンカンは、「鳥の罠と冬の風景」の絵の話で、「誰がヒモを引いている?」と、陰に隠れている人物(ウィリアム)がいることを示唆しています。

列車事故の犠牲者とエリザベスは、事故を引き起こしたウィリアムに復讐するため、「思い出したくない記憶」を封印していたピーターの記憶を取り戻させました。

結局、ピーターとバリーの自転車が事故原因ではなかったのに、バリーが自殺してしまったのは残念でした。

でも、バリーがあの小屋で自殺をしなければ、エリザベスの高校のバッジを見つけることができなかったので、何かしらの力が働いていたのかも知れません。

最後のシーンで、イーヴィーが生前の姿で現れて海に消えていったことから、イーヴィーがエリザベスに同情して、ピーターの記憶が戻るようにしたのかなと思ったりしました。

イニシャルが「E.V」で同じだし、年齢も同世代ということもありますし。

よく出来たストーリーだと思います。

最初のころの患者とのシーンで、1987年で時が止まっている老紳士や、「娘が私を無視する」と言っていたバーバラの母の場面も、「既に亡くなっている」ことを匂わせています。

最後の砂浜で、ピーターと妻の顔が晴れやかだったのは、全てが解決したからで、それまでの苦しみは「列車事故の犠牲者」が引き起こしていたのかなとも感じました。

ホラー映画と言ったらいいのか、ミステリー映画と言ったらいいのかわかりませんが、「全て解決した」ので、観終わって充足感がありました。

良い映画だと思います。

いろいろ伏線が張ってあるので、ネタバレを読み返してもらうと楽しめると思います。(S.A.)

Sponsored Link

 - 映画

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

img0333
映画『金メダル男』内村光良原作監督主演作品 あらすじ・キャスト相関図

映画「金メダル男」内村光良×知念侑李 2016年10月22日(土)公開 原作・監 …

natuminohotaru
夏美のホタル あらすじ・キャスト相関図・主題歌

映画「夏美のホタル」主演:有村架純 2016年6月11日(土)公開 原作:森沢明 …

150630_000
映画 『テッド2』  町山智浩の解説/ネタバレ・あらすじ・ 批評

最強の中年色ぬいぐるみ熊 テッド2 2015年8月25日(金)全国公開! 第1作 …

img0552
RANMARU 神の舌を持つ男 鬼灯デスロード編 あらすじ・キャスト相関図

映画「RANMARU 神の舌を持つ男 鬼灯デスロード編」主演:向井 理 2016 …

sanada10yusi
真田十勇士 映画あらすじ 主題歌 キャスト人物相関図 鑑賞ガイド

映画「真田十勇士」堤幸彦×中村勘九郎 2016年9月22日(木)公開 監督・脚本 …

umiyorimomadafukaku
海よりもまだ深く あらすじ・キャスト相関図・主題歌

映画「海よりもまだ深く」主演:阿部 寛 2016年5月21日公開 原作脚本監督: …

10cloverfieldlane
10クローバーフィールド・レーン ネタバレ あらすじ・感想・批評

映画「10 クローバーフィールド・レーン」 メアリー・エリザベス・ウィンステッド …

Hawking
『博士と彼女のセオリー』ホーキング博士の映画ネタバレあらすじ

2015年3月13日より公開中 ノストラダムスの大予言を超えたホーキング博士の超 …

bokudakgainaimati
映画「僕だけがいない街」完全ネタバレあらすじ・感想・批評

映画「僕だけがいない街」ネタバレ・感想 映画「僕だけがいない街」を息子と観てきま …

アカデミー賞2015 第87回決定!

2015年2月23日、第87回アカデミー賞が決定しました。 ノミネート 作品賞 …