Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

木曜時代劇ちかえもん|あらすじ・キャスト・人物相関図

   

Sponsored link

NHK総合 木曜時代劇『ちかえもん』青木崇高(不孝糖売り・万吉)×松尾スズキ(近松門左衛門)

2016年1月14日(木)
毎週木曜 夜8時00分~8時43分(全8回)

藤本有紀(連続テレビ小説「ちりとてちん」、大河ドラマ「平清盛」、土曜ドラマ「夫婦善哉」ほか)。

ドラマの見どころ

大坂堂島新地「天満屋」を舞台に、毎度、騒動が巻き起こります。

登場するのは、『曾根崎心中』のお初、徳兵衛、平野屋忠右衛門……、一癖も二癖もある人々が巻き起こす騒動に、近松は巻き込まれ、やがて、傑作人形浄瑠璃『曾根崎心中』が誕生します。

“朝ドラ”「ちりとてちん」の藤本有紀が、「曾根崎心中」誕生秘話を大胆に創作、“人間近松”を描き出すオリジナル人情喜劇!

あらすじ

近松門左衛門が描いて空前の大ヒット作となった人形浄瑠璃、『曾根崎心中』の誕生は、歴史的な事件だった!

傑作誕生から遡ること半年前、元禄16(1703)年1月のこと。

近松は、定番の“歴史モノ”しか書けず、妻には逃げられ、母には呆れられ、超スランプに陥っていた。

大坂堂島新地の「天満屋」に入り浸っては、年増遊女「お袖」相手にちびちび酒を飲む、冴えない中年男だった。

ところが、そこに現れた謎の渡世人、「万吉」と出会ったことで、近松の人生に次々と災難が降り掛かる。

万吉は、情に厚く純粋な男で、困った人は放っておけない。

気がつけば、近松は万吉とコンビを組まされていた。

ワケあり遊女「お初」や、商家の放蕩息子「徳兵衛」らが巻き起こす、厄介な騒動の解決に立ち向かうことになる。

よせばいいのに万吉は、どんどん揉め事の奥深くに首を突っ込む。

事態はさらにややこしくなるが、近松はそこに、“人間の生きるたくましさ”と“本物の愛”を発見していく……

キャスト・人物相関図

万吉……青木崇高

謎の渡世人、“不孝糖売り”。
時の将軍・綱吉が、親孝行を奨励。
世は空前の親孝行ブームとなる。
“孝行糖売り”達が謳い文句も高らかに、町角を練り歩く。
母に着物の一つも買ってあげられないスランプ渦中の近松は、孝行糖売りたちの声が耳触りで仕方ない。
そんな時、「親孝行なんか糞食らえ、親不幸こそがほんものの孝行や!」と異彩を放つ“不孝糖売りの万吉”が現れる。
万吉は、近松行き付けの「天満屋」に居座る。
事あるごとに近松に懐いてくる。
情に厚く純情で、曲がったことは大嫌い。
思いこんだら命がけ、困った人は放っておけない。
近松の適当な助言が万吉の予期せぬ行動を誘う。
毎度近松は、神出鬼没の渡世人・万吉に翻弄されていく。
天使か悪魔か、馬鹿か天才か、異色のヒーロー万吉と出会いが、近松の運命を変えていく。

お袖……優香

年増遊女。
スランプ渦中の近松、気が付いたら堂島新地の「天満屋」に足を運んでは、ちびちびと酒を飲み、年増遊女・お袖相手に愚痴をこぼす。
金持ちの若旦那に身請けしてもらおうと色めき立つ遊女たちとは対照的に、お袖はどこか冷めている。
お袖の部屋には、万吉もたびたび転がり込む。
お袖の言葉が、騒動解決の糸口になる。
やがて近松は、いつかお袖を身請けして、お嫁さんにしたいと恋心を募らせるが。

平野屋徳兵衛……小池徹平

豪商・平野屋の跡継ぎ。
放蕩息子。
どうしようもない“あほぼん”。
親の金は自分の金。
放蕩の限りを尽くして「天満屋」で遊女たちとドンチャン騒ぎの毎日。
ある日「天満屋」にやってきたワケあり遊女・お初との出会いが、徳兵衛の運命を変えて行く。
同じくお初に惚れた万吉の目の敵となる。
あほぼんと万吉の対決が、思わぬ騒動に発展する。
父との間に確執がある。
徳兵衛に宿る“やり場のない憤り”に、近松だけが気づく。

お初……早見あかり

京の遊郭・島原から流れてきた、ワケあり遊女。
気にいらない客は取らない“厄介者”。
女将や遊女仲間から敬遠される存在になる。
その美貌に打たれ恋に落ちた万吉は、お初を攻略しようとする。
万吉が巻き起こす騒動が、お初と徳兵衛に運命の出会いをもたらす。
どうやらお初には、隠された過去があるよう。
お初の存在は、やがて「天満屋」を揺るがす大騒動に発展。
近松の運命をも変えていく。

黒田屋九平次……山崎銀之丞

半年前までその存在すら知られなかった、謎の商人・油問屋九平次。
近松に接近し「近く歌舞伎小屋を建てるから座付作家になってくれ、報酬は弾む」と、甘い誘いをかける。
風流な身のこなしに近松は揺らぐ。
九平次の胸の内には、大いなる野望があった。
九平次の存在は豪商平野屋を揺るがし、お初・徳兵衛の運命を大いに翻弄する。

竹本義太夫……北村有起哉

道頓堀竹本座 座主。
近松は、竹本義太夫の見事な語りと出会って、『出世景清』で大ヒット作を生んだ。
それにより、近松は人形浄瑠璃作家としての道が開けた。
しかし、最近は、顔を合せば「世間が湧き立つ筋を書け」と急かす。
近松が書くモノ全て否定し、少しも褒めてくれない義太夫を敬遠する近松。
だが、竹本座は歌舞伎小屋に押され、客入りはさっぱり、借金が膨れ上がっていく。
義太夫も引退を覚悟するが、やがて傑作人形浄瑠璃で蘇り、義太夫節が道頓堀に響き渡っていく。

お玉……高岡早紀

世の辛酸をなめてきた「天満屋」の肝っ玉女将。過去は謎。
お金の匂いのする客には、柔らかい物腰と衰えぬ美貌で愛想を振りまく。
貧乏人には手厳しい。
脇の甘い旦那を尻に敷く。
ちびちび酒を飲み金払いの悪い近松にはいつも迷惑顔をする。
京の島原から夫・吉兵衛が連れて来た遊女・お初の振る舞いに激怒して、厳しいお灸を据える。
「天満屋」では、毎度大騒動が巻き起こる。

忠右衛門……岸部一徳

大坂で一、二を争う豪商・平野屋を取り仕切る頑固な大旦那。
醤油問屋だけでなく、米取引や貸し金業にも手を広げる。
近松が座付作家である竹本座の金主(きんしゅ)でもある。
息子・徳兵衛の放蕩ぶりに困惑し、歯がゆい思いを抱えている。
世間では悪い噂もある平野屋。
そこには、厳しい時代を生き残る商売人としての矜持があった。
いつか息子に暖簾を継がせたいと願っている。
お初と徳兵衛の出会いは、やがて平野屋の存続をも危うくする大騒動となる。

喜里……富司純子

越前にて、武家・杉森家に嫁ぎ、三人の息子を育てた近松の母。
兄弟は仕官したが、武士の道を選ばず、浄瑠璃作家となった息子・信盛(近松)と、京を経て大坂で同居している。
創作に行き詰まり、稼ぎも悪く、妻にも逃げられた息子の不甲斐なさに呆れる。
気がつけば近松に小言を言う。
息子のことを誰よりも気遣う。
作家としての成功を人知れず祈る。
折り目正しき武家の母。
渡世人・万吉のことを一目で気に入る。
近松の迷惑も顧みず、万吉を家族の様に迎え入れる。

近松門左衛門……松尾スズキ

中年スランプ作家。かなりの優柔不断。やや引きこもり。
褒められたくて、プライドが高いのに、自尊心が持てない、少々厄介な男。
20数年前、竹本義太夫と出会い、『出世景清』の成功で浄瑠璃作家としてその名が多少知られるようになった。
報酬は豊かでなく、座付作家の地位も無く、武家でも町人でも無い世間のはみ出し者に過ぎない。
近松は、これまで主君への忠義を描く定番の“歴史ドラマ”ばかりを書いてきた。
50歳を越え、何を書いても面白いと思えず、極度のスランプに。
筆を折ることも考えた近松。
やがて傑作『曾根崎心中』を誕生させる。
“世話物”というジャンルを人形浄瑠璃にもたらした事は、日本の演劇界の大事件に。
近松に何があったのか?如何にして名もなき男と女の愛の物語を書き上げたのか?人間近松がいま蘇る!!

Sponsored Link

ドラマが七倍楽しめる豆知識・参考資料

落語の孝行糖について

koukoutou[出典:http://www.geocities.jp/teru_rakugo/manga/manga_koukoutou.html]

孝行糖(こうこうとう)は、古典落語の演目のひとつ。
主人公が褒賞金をもとに飴売りをする噺。元は上方落語で、明治期に3代目三遊亭圓馬によって東京に移植されたとされる。

東京落語においては、主人公に与太郎のキャラクターが付与され、いわゆる「与太郎噺」の一種として定着している。

主な演者に、上方では5代目桂文枝らが、東京では3代目三遊亭金馬、5代目春風亭柳朝、4代目三遊亭金馬らが知られる。

明治の頃には実際に大阪に孝行糖売りが居た。白のサラシの着物、薄茶の袴に頭巾をかぶり、太鼓を叩いて、節を付けて、おもしろおかしく売り歩いた、と言われています。

koukoutou

【あらすじ】
演者はまずマクラに、江戸期の行商の売り声について触れる(東京では、魚屋、ふるい屋、荒金屋=金属回収業者が登場する小咄が語られることが多い。
豆屋#あらすじ参照)。

主人公の若者(上方では大工の吉兵衛、東京では与太郎)は、「とても親を大事にしている」として奉行所から表彰され、褒賞金として「青挿し五貫文(あおざしごかんもん=青く染めた麻ひもに通した1文銭の束5本。1本あたり、1000枚から手数料を除いた枚数)」を与えられる。

長屋の住人や大家は、若者に対し、褒賞金を元手に商売を始めさせることを思いつく(東西で動機が少し異なる。

上方では、若者の大工としての拙い仕事ぶりを案じ、口が上手いことから、別の職業が向いているのではないかと考えて。

一方で、東京では、愚かな若者が褒賞金をすぐに全部遊びに使ってしまうとよくないと考えて)。

ある住人が、「昔、東西の歌舞伎役者の嵐璃寛と中村芝翫の顔合わせが評判を呼んだ時に、『璃寛糖』と『芝翫糖』という飴を売り出して儲かった人がいる。

それに倣って、彼に飴を売らせたらどうか」と提案した

。皆はそれに賛成し、飴の名を「孝行糖」とし、鉦(かね)、太鼓、派手な衣装など、飴売りに必要な道具を買い与え、売り声の口上を考えて若者に覚えさせる。

「孝行糖、孝行糖。孝行糖の本来は、うるの小米(こごめ)に寒晒し(かんざらし)。
カヤに銀杏(ぎんなん)、肉桂(にっき)に丁字(ちょうじ)。
チャンチキチ、スケテンテン。昔々もろこしの、二十四孝のその中で、老莱子(ろうらいし)といえる人。
親を大事にしようとて、こしらえあげたる孝行糖。食べてみな、おいしいよ、また売れたったらうれしいね。テンテレツク、スッテンテン」

若者は、毎日欠かさず飴売りに出る。彼の売る飴は「食べさせれば子供が親孝行になる」と評判となり、毎日飛ぶように売れる。

ある日、飴売りは静かな屋敷町の、門番の立つとある1軒(上方では中之島の葬式が行われている蔵屋敷。東京では小石川の「水戸様の屋敷」)を通りかかり、いつもの調子で「孝行糖、孝行糖」と口上を言いながら鉦や太鼓を打ち鳴らし始める。

門番が「御門前によって、鳴り物は相ならん(=武士の家の前だから、楽器を鳴らすのはだめだ)」と注意しても、飴売りは聞かず、「チャンチキチン」と鉦を鳴らす。

「むこうへ行け、おい」「スケテンテン」「ならんというのだ」「ドンドコドン」「こら!」「テン」「こらこら!」「テンテン」と、門番の叱声が飴売りの鳴り物の掛け声になっていく。

怒った門番は、飴売りを六尺棒で打ちすえる。そこを飴売りの顔を知る人が偶然通りかかり、事情を説明して門番を押しとどめる。通行人は飴売りをいさめる。

「お前は打ち首にされてもおかしくなかったが、親孝行の徳で助かったんだ。どれ、どこを殴られたか言ってみろ」

飴売りは、泣きながら体を指差して……

[出典:Wikipedia]

孝行糖の原料

■うる【粳】
(南方土語からか) 米・粟・黍(キビ)などの、もち(糯)に比して、炊いて粘りけが少ない品種。うるち。

■こ‐ごめ【粉米・小米】
搗(つ)きしらげる時くだけた米。くだけごめ。

■かん‐ざらし【寒晒し】
穀類などを寒中にさらすこと。

■かや【榧】
チイ科の常緑高木。4月頃開花。実は広楕円形で、核は食用・薬用とし、また油を搾る。材は堅くて碁盤などをつくる。

■ぎん‐なん【銀杏】
(ギンアンの転。アンは唐音) イチョウの種子。外種皮は黄色、多肉で悪臭あり、内種皮は硬く、白色、稜線を有する。食用。

■にっき=にっ‐けい【肉桂】
クスノキ科の常緑高木。インドシナ原産の香辛料植物。享保(1716~1736)年間に、中国から輸入。高さ約10メートル。樹皮は緑黒色で芳香と辛味がある。古来、香料として有名。葉は革質で厚く、長楕円形。6月頃葉腋に淡黄緑色の小花をつけ、楕円形黒色の核果を結ぶ。この木の樹皮(桂皮)を乾燥したもの。香辛料・健胃薬・矯味矯臭薬とし、また、桂皮油をとる。にっき。シナモン。

■ちょう‐じ【丁子・丁字】
(clove) フトモモ科の熱帯常緑高木。原産はモルッカ諸島。18世紀以後、アフリカ・西インドなどで栽培。高さ数メートル、枝は三叉状、葉は対生で革質。花は白・淡紅色で筒状、集散花序をなし、香が高い。花後、長楕円状の液果を結ぶ。蕾 (つぼみ)を乾燥した丁香(チヨウコウ、クローブ)は古来有名な生薬・香辛料。果実からも油をとる。黄色の染料としても使われた。

[出典:広辞苑]

Sponsored Link

 - ドラマ

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

151224_001
刑事バレリーノ ドラマ あらすじ・キャスト人物相関図

日本テレビ スペシャルドラマ「刑事バレリーノ」 日本テレビ系列 2016年1月9 …

tennnounoryouriban
天皇の料理番 佐藤健主演で美観地区視聴率予想は神戸倉敷ロケ決定!

TBSテレビ60周年特別企画 佐藤健主演 日曜劇場「天皇の料理番」 TBSテレビ …

ijosinri-sousakwan
ON 異常犯罪捜査官 あらすじ・キャスト相関図

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」主演:波瑠 関西テレビ・フジテレビ系 201 …

sousekintuma
我輩は『夏目漱石の妻』である。名前は鏡子。NHKドラマあらすじ・キャスト

NHK土曜ドラマ「夏目漱石の妻」 NHK総合2016年9月24日(土)スタート …

img0749
本当にあった女の人生ドラマ あらすじキャスト相関図

フジテレビ「金曜プレミアム・本当にあった女の人生ドラマ」 フジテレビ系 2016 …

totoneetyan
NHK 『とと姉ちゃん』 視聴ガイド!あらすじ・キャスト・人物相関図

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」2016年4月4日スタート! 2016年4月 …

nezumi-edowohasiru
NHK 鼠、江戸を疾る2(ねずみえどをはしる)ドラマあらすじ・相関図

「鼠、江戸を疾る2」2016年4月14日(木)スタート 主演:滝沢秀明 毎週木曜 …

mohouhan
ドラマ模倣犯【後編】ネタバレあらすじ 感想批評 宮部みゆきサスペンス

ドラマ「模倣犯 後篇」あらすじ&ネタバレ&感想 2016年9月22日放送のドラマ …

151221_001
美しき三つの嘘 あらすじ・キャスト人物相関図 by 女性作家ミステリーズ

フジテレビ「女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘」永作博美、土屋太鳳、鈴木京香 …

ieuruonna
家売るオンナ 北川景子主演ドラマ あらすじ・出演者・相関図

「家売るオンナ」主演:北川景子 日本テレビ系 2016年7月13日(水)よる10 …