Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

窓ぎわのトットちゃんと校長先生の感動ドラマ

   

Sponsored link

「窓ぎわのトットちゃん」に学ぶ、子どもの個性を伸ばす教育法

2015年8月15日放送の「世界一受けたい授業」より

今も売れ続けている「窓ぎわのトットちゃん」

日本で一番売れた本、「窓ぎわのトットちゃん」は、

絵本などを含めた総売り上げが800万部以上。

世界35ヶ国以上で翻訳され、

中国だけでも800万部を超えます。

その「窓ぎわのトットちゃん」の著者、

ユニセフ親善大使の黒柳徹子さんの授業です。

トットちゃんとは、黒柳さんの幼少時代のあだ名です。

この本は、黒柳さん自身の小学校生活を綴った自伝。

あまりに自由奔放なトットちゃんは、

授業中に、窓ぎわでチンドン屋さんを待っていたり、

ずっと机をパタパタ開け閉めしたり、

先生に迷惑がられ、問題児扱い。

小学校入学後、すぐに退学を言い渡されてしまいます。

しかし、東京・自由が丘に実在したトモエ学園に

転校することで、状況は一変!

教室は、使われなくなった電車の車両を利用。

障がいを持った子も一緒に学ぶという、

1940年代当時でも、大変珍しい学校でした。

トットちゃんは、この学校で個性を伸ばしていきます。

小学校の教科書にも採用され、発売後30年以上たった

今でも売れ続けている「窓ぎわのトットちゃん」には、

今の時代にも、学ぶべきことが溢れています。

小学校1年で退学

150816_001黒柳さんによると、

小学校の机が上に開くタイプで、

100回くらい開けたり閉めたりしてたら、

先生がすごく怒ったそうです。

他にもいろんなことがあって、2~3ヶ月で、

「よその学校へお連れください」と言われました。

黒柳さんがお母さんに感謝しているのは、

退学になったと言わないで、

「よその学校に行ってみる?」と言ったので

「うん」と答えたそうです。

そのときに、もしも退学させられたと聞いたら、

次の学校で、自分が退学になったことを知ってるかな?

と思って、きっと楽しくなかっただろうと、

そういうことで、お母さんに感謝している黒柳さん。

小林宗作校長先生

150816_000初めてトモエ学園に行った日のことを、

今でも鮮明に覚えている黒柳さん。

学校に入っていったら、小林宗作校長先生が、

「ちょっとお話しましょう」と言って、

お母さんはお帰り下さいと言いました。

校長先生は、

「君の話したいこと、なんでも話してごらん、全部。」

とおっしゃり、とても嬉しくなった黒柳さんは、

いろんな話をしました。

家にいる犬のこと、前の学校の先生がきれいだったこと、

ずっと話しているうちに、とうとうお話がなくなって、

先生に、「もう終わりかい?」と聞かれて、

「はい」と答え、4時間話したそうです。

その間、先生は、一度も電話をとったり、

帳面を見たりせずに、黒柳さんの話を聞いてくれました。

もし、先生が他のことを始めたら、話をしなかったそうです。

自分の好きな勉強をする

Sponsored Link
トモエ学園には、様々な変わったルールがありました。

トモエ学園には、決まった時間割がありませんでした。

一時限目が始まるときに、その日の全教科分の問題を

先生が黒板に書いて、

「さあ、どれでも好きなものから初めてください。」

さらに、自分の座る席すら決まっていませんでした。

毎日、その日の気分で好きな場所に座り、

好きな教科から勉強するのです。

ほとんど自習で、わからないと先生に聞きに行く、

何回聞いても構わない。

黒柳さんは朗読が好きだったので、誰も聞いていないのに

一人で朗読をしていました。

また、授業にないことをやっている子もいました。

化学の実験とか、一人で英語を勉強している子もいました。

その人は、後に物理学者になったそうです。

全員が問題を午前中に終えた時のご褒美は?

午前中に、クラス全員がすべての問題を終えると、

午後はみんなでお散歩でした。

お散歩中に先生が、

「このお花きれいね。どうしてお花が咲くのかわかる?」

といった話から、おしべとめしべの受粉を知ったり、

散歩の途中、農家の人に出会っては、

野菜の収穫の仕方を習ったり、

近くの九品仏・浄真寺に行っては、仁王様のお腹を見て

笑ったりしながら、歴史を感じたり、

子どもたちにとって、自由でお遊びの時間だと思っていた

散歩が、実は貴重な、生物や歴史の勉強になっていたのです。

「君は、ほんとうは、いい子なんだよ!」

校長先生がお弁当に入れるように指導したものとは、

海のものと山のものでした。

母親たちに、バランスの良いものと言っても難しいので、

梅干し(山のもの)と海苔(海のもの)という感じで。

黒柳さんには、校長先生から、

毎日のように言われた言葉がありました。

それは、黒柳さんの一生を決定づけた言葉でした。

これを言われなかったら、今日の黒柳さんは

なかったとおっしゃいます。それは・・・

「君は、ほんとうは、いい子なんだよ!」

この言葉を言われるたびに、

「そうです、わたしは、いい子です!」と答えたそうです。

黒柳さんが、先生たちが驚くような事件を

いくつも起こすとき、絶対に親を呼び出すことはしませんでした。

「君のほんとうの性格は悪くなくて、いいところがあって、

校長先生には、それが、よくわかっているんだよ。」

毎日、毎日、1日10回は言われたそうです。

「君は、ほんとうは、いい子なんだよ!」

「この本を、亡き、小林宗作先生に捧げます。」

トモエ学園は、今はもうありません。

昭和20年の大空襲で焼けました。

校長先生は、全然ショックを受けてなくて、

学校に焼夷弾が落ちてくるのを息子さんと見ながら、

「今度はどんな学校をつくろうか」とおっしゃいました。

なぜ、「窓ぎわのトットちゃん」を書いたかというと、

校長先生に、大きくなったらこの学校の先生になると

約束しました。

ところが、学校は焼けてしまったし、

先生にはなれなかったので、せめて、

”子どもには必ずいいところがある、小さいうちに

それを見つけて伸ばそう、個性的な子どもを伸ばそう”

と思っていた、そういう人がいたことを書いておこう!

それで、巻頭に、

「この本を、亡き、小林宗作先生に捧げます。」

と書かれているように、この本を書いたそうです。

トモエ学園にはどんな生徒がいた?

障がいをもった子もいました。

1番仲が良かった泰明ちゃんは、ポリオ(脊髄性小児麻痺)でした。

その子は、本を読むことを教えてくれたり、

木の葉はどんな風に動くかを教えてくれたり、

いろんなことを教えてくれました。

運動会は、障がいのために一番背が低い高橋君が、

いつも一等でした。

競技が全て、高橋君に有利なように、

鯉のぼりの口から入ってしっぽから出るとか・・・

一年に一度でも、高橋君が誇れる日を、

校長先生が作っていたと、あとで思いました。

校長先生は、体の不自由な子を助けてあげなさいとは、

一回も言ったことがありませんでした。

「一緒だよ、みんな一緒にやるんだよ。」

とだけおっしゃいました。

”どんな子がいても、一緒にやっていくんだという気持ち”

さえあれば、いじめもなくなるかもしれない。

戦争だってなくなるかもしれない。

「みんな一緒だよ、みんな一緒にやるんだよ。」

いじめのない社会になりますように・・・

Sponsored Link

 - 感動

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

tanaka
【感動実話】 田中将大の感涙エピソード!

ニューヨークヤンキース田中将大投手の感動エピソード [出典:huffington …

img1635
ほんとにあったイイ話~「お母さんの顔、汚いよね?」 息子→〇に〇〇がついてるだけじゃないの?

40歳になった私が、自宅で鏡を見ていたときのこと。 シミが気になりだした私は、隣 …

simojikazuaki
【感動】下地一明 現在|奇跡バスケットボールコーチ物語

奇跡のバスケットボールコー 今から9年前の2007年3月24日、プロバスケットボ …

150625_007
【感動実話】一着のウエディングドレスが呼び起こした奇跡

ウエディングドレスが結んだ奇跡(熊本県合志市)   奇跡は、時がきたら起きる 熊 …

150122_005
【感動実話・恋愛】運命の赤い糸はあった!!生まれた瞬間から結ばれたままの夫婦

生まれたときから赤い糸で結ばれていた夫婦の奇跡 『生まれた時に出会った夫婦の奇跡 …

Joanne's Milne
ジョアン・ミルン 人工内耳手術でアッシャー症候群克服!感動物語

音によって人生を変えた女性 現代のヘレン・ケラー ジョアン・ミルン(Joanne …

長岡花火大会2017 フェニックスに秘められた感動の物語

一生に一度は観ていただきたい… 感動で涙が止まらない長岡花火 慰霊の花火 長岡の …

img2076
ハドソン川の奇跡の真実

旅客機事故で犠牲者ゼロ!ハドソン川の奇跡の真実   映画「ハドソン川の …

sibazakura
【世界が感動!!】妻の為に植え続けたシバザクラの秘密

奥様を元気づけるために旦那様が10年かけてしたやった事さしい事とは? ”夫婦の愛 …

151001_005
危機一髪!中学生の咄嗟の行動がまるで映画のような感動シーンだった

奇跡のエピソード珍百景 命の恩人が信じられない行動 交通事故から奇跡の生還!忽然 …