Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

【感動実話】嫌がらせのためだけのキャラ弁に秘められた母娘の絆

      2017/06/20

Sponsored link

キャラ弁に込めた母の愛

はじまりはここから

⇒ ttkkの嫌がらせのためだけのお弁当ブログ(アメブロ)

150302_004実際のブログの写真より

「嫌がらせ弁当」の中身の写真は、いろいろ見て知っていましたが、その背景に素敵なドラマがあったことを知り、とても感動しました。

八丈島を舞台にした母娘の物語

嫌がらせ弁当の舞台は、八丈島だったんですね。お母さんのカオリさんは、22歳で結婚しましたが、2人の娘を出産したあとに離婚してシングルマザーになりました。昼はお菓子工場、夜は内職と、2人の娘を育てるために一生懸命だったんですね。
そんな中、高校生になった次女が反抗期となり、言う事を聞かない娘にイライラするカオリさんでした。

「ウザッ」と言われれば誰でも「イラッ」ときます。そんなイライラ解消のために思いついたのが「ある作戦」でした。
それは、普段からクールでリアクションのない娘が嫌がる「可愛い漫画のキャラクター」のお弁当でした。

娘の友人たちは、「可愛い」と喜びますが、「可愛い」のが苦手な娘には「仕返し」になるのでしょうね。
しかし、そんな母の「キャラ弁」に対し、娘は「無反応」で対抗します。それがまたカオリさんには「腹が立つ」態度だったのです。

そんな「キャラ弁」作りが半年ほど続いたある日、夜中まで仕事をだったカオリさんに、「車で送ってよ」と頼む娘。眠い目をこすりながら送ってあげたのに「ありがとう」の言葉もない娘の態度に、再び「イラッ」ときたカオリさんは何か思いつきました。

そして次の日の弁当箱を娘が開けてみると、のりとチーズで「歩け」の文字が!

150302_005
この時から、言葉で言っても言う事を聞かない娘の
弁当に「メッセージ」を残す日々が始まったのです。

反抗期の娘と母をつなぐ「交換日記」のような(一方的ですが・・)やりとりが、高校を卒業するまでの3年間続きました。娘は相変わらずリアクションがないので、カオリさんは作った弁当の写真をブログにアップするようになったそうです。

そして最後のお弁当の日、もはや弁当とは呼べない2段重ねの大きなものになっていました。

150302_006
その中身は、いつもの特殊なキャラ弁ではなく、豪華なおかずが詰まったごちそうでした。

その2段目をあけてみると…

「表彰状 娘殿 あたなたは嫌がらせのお弁当を残さず三年間食べ続けました。その忍耐を称えここに表彰します。 母」

というメッセージの描かれたお弁当でした。 さすがに娘も感動するかと期待しましたが、最後までノーリアクションでした。

150302_007

後日、カオリさんの元に、一冊の本が届きました。毎日アップしていたブログが出版社の目にとまり、それが本となって発売されたのです。3年間の娘への想いが詰まった本です。

Sponsored Link

最後のページを開いてみると、そこには娘からのメッセージが書かれていました。

「どんな時でも出来合いのものではなく、手作りだったのはすごいと思っています。家で夜中の1時すぎくらいまで仕事をしているのに朝5時くらいから台所でカチャカチャお弁当を作ってくれたこと、実は感動しています。ママは最強最高に恐いし、変なことばっかりして笑わせてきてうざいけど心の底から尊敬しています。最後に、3年間きっちりキャラ弁でしたが お弁当ありがとうございました。今まで私のためにやってくれたこと、すべてに感謝しています。 反抗期ムスメより」

3年間無反応だった娘から届いた初めてのメッセージでした。お母さんの想いは娘に伝わっていたんですね。言葉では恥ずかしくて言えないけど、母の本に感謝のメッセージとして残してくれた娘さんは偉いです。母の言動は、「すべて自分のため」にしてくれたことと思えるようになって感謝に変わっていったんでしょうね。

娘さんは高校卒業しても島に残るそうです。カオリさんの夢は、「この島で娘と飲食店を開くこと」だそうです。いつまでも仲の良い母娘でいてほしいですね。感動しました!(S.A.)

愛情のたっぷり詰まったキャラ弁画像

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

今日も嫌がらせ弁当!キャラ弁を超えた傑作画像集

Sponsored Link

 - 感動

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

1
【感動】 職場の同僚は40年前に生き別れた姉妹だった!

生き別れた姉妹が40年……偶然の連続神様のいたずらで奇跡の再会 2015年8月、 …

150522_003
【感動実話】犬が教えてくれた思いやりの心

過酷! 命がけレース チーム崩壊!? 犬が結んだ奇跡の絆 犬と人間の奇跡の絆 太 …

kodaira-aizawa
金メダリスト小平奈緒選手に結果を求めないで支えた相沢病院理事長の話

多くの感動を残した平昌オリンピック。 中でも、スピードスケート女子500メートル …

tekken
実はイケメン鉄拳の素顔(画像あり)パラパラ漫画PVが泣ける

お笑い芸人の「鉄拳」さんが、パラパラ漫画で制作したハイレベルのPVが話題を呼び、 …

img1631
ほんとにあったイイ話~粋な居酒屋のお客さん

私が居酒屋でアルバイトをしていた頃、 酔っぱらった男性客が連絡先をしつこく聞いて …

kazoku
養子 by ねほりんぱほりん

子どもが欲しくても授かれない夫婦は養子を迎えます しかし、いつかは「あなたは私た …

160812_006
【感動】畠山陽一さん 余命宣告後ヒマラヤ登山の理由

余命わずかでヒマラヤ登山・山が育んだ夫婦愛!そして奇跡 山が育んだ夫婦の愛、そし …

9
【感動】永六輔が遺した永遠の言葉 名言金言

前向きに…生で思い出したい永六輔が遺した言葉たち 人は二度死ぬんだよ 古舘伊知郎 …

imuramasayo
シンクロ日本代表の井村雅代ヘッドコーチの話に感動

シンクロ日本代表の井村雅代ヘッドコーチの話が深い 1978年 日本代表コーチに就 …

150508_000
【感動実話】トムワトソン キャディ ブルースエドワーズ物語

伝説のゴルファーが語る奇跡の友情 天国のキャディへ   トム・ワトソン …