Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

養子 by ねほりんぱほりん

   

Sponsored link

子どもが欲しくても授かれない夫婦は養子を迎えます

しかし、いつかは「あなたは私たちから産まれた子どもじゃない」「養子なの」と告げなければなりません。
今回は、突然知らされる衝撃の事実、真実の告知から始まる「親子の愛の物語」です。

今回のゲストは高校3年生のケイタさん(仮名)

2歳9か月で養子になり、現在は育ての両親と3人暮らしです。
ケイタさんの場合、特別養子縁組という制度で養子になりました。
特別養子縁組とは、産みの親が貧困や虐待などの理由で子どもを育てられない場合、児童相談所などを介して別の夫婦にその子どもが託され、法的にも実の子と同じように扱われ、産みの親との関係は消滅することになります。

6歳の時、親から養子だと伝えられました

産みの親は交通事故で亡くなり、親族も預かれないという状態で乳児院に預けられました。
乳児院とは、保護者が育てられない就学前の乳幼児を養育する施設です。
平成27年10月1日の調査で、全国134か所、2939人が預けられています。

乳児院は食事の時間が決められていて、ケイタさんの記憶ではデザートがつくのですが、人数が多いのでスイカも多くは食べられず、小さすぎて種が入らないほどでした。
育ての親の家でスイカを食べたときに種があることにビックリしたそうです。
お風呂も一斉に入り、イモ洗い状態になってゆっくり入れません。

育ての親に初めて会った時のことはあまり覚えてはいません

週何回か来てくれました。
その時は一緒に外出ができて、動物園や公園に遊びにいくうちに段々と馴染んでいきました。

「今日からこの家の子だよ」みたいに、急に行くのではありません。
徐々に慣れていくそうです。
段々寄り添ってくれたお蔭で、「本当のお父さん・お母さんなのかな」思っていました。

ケイタさんは、お母さんのお腹から産まれるとは知らず、「乳児院で教育された後に、親の所に連れて行かれるシステム」だと思っていました。
良いシステムだと、ずっと思っていたそうです。

育ての親の家に行って自由が増えました

寝たい時に寝れて、遊びたい時に遊んでいい。
風呂にも好きな時間に入れます。

「養子」だと言われたのは6歳の誕生日の時

ケーキを食べた後に突然、お母さんから「自分のお腹が壊れているから産めなかったんだよ」と言われました。
しかし、「養子とは何か」をあまり理解できず、「母親が違う」ということだけしか理解できませんでした。
育ての親も辛くて泣いていたので、その泣いている姿を見て、自分も悲しくなってきて泣きました。

養子って言われてショックでした

親だと思っていた人を親として見れなくなり、親と距離をとって、自分の部屋に閉じこもったりして、当時はあまり口をききませんでした。
ケイタさん曰く「いつかはわかることなので、本人自身が直接知るより、親から伝えられるほうが良い」と。

……………………

「真実の告知はどう伝えた!?」

ケイタさんのような特別養子縁組で結ばれる親子は、年間約500組。
親はどんな気持ちで子どもに真実を告知しているのでしょうか?
育ての親たちに聞きました。

6歳の娘に真実告知

3歳ぐらいから考えていたのですが、その後3年かかりました。
子どもがテレビを見て笑っているときに、話があるんだけどとも言えなかったりして、あっという間に3年が過ぎてしまいました。

「向こうから聞いてきた時に話すのがいいかな」と思っていたのが布団に入っていたとき、「私はママから産まれたんでしょ?」っていうことを言ってきて…。
「どんなふうに産まれたの?」って言ってきたので、単刀直入に「産んでくれたお母さんと育ててくれたお母さんと二人いる」ってことを最初に言ったら「え!?」って。

「本当に?」と聞くので「本当だよ」と言うと、私の首にしがみついて泣きました。
その晩は、泣いて朝まで寝てしまいました。

朝起きてからも、認めようとはしたくなかったらしく…。
「産んでくれなかったママおはよう」と起きてきました。

「ゆうべの話はウソでしょ」と言うので「本当だよ」と…。
しばらくは、受け止めるのに子どもも時間がかかったみたいです。

4歳の息子に真実告知

綺麗な景色の中で、最高のタイミングで、落ち着いた環境でやりたいと思い、家族旅行を冬にしました。
いわゆるスキーのロッジみたいな個室で、家族で泊まれるようなところでした。

画用紙に自分たちの家族の絵を描き、その家族に家を囲みました。
その絵の横にお母さんの絵を描き、「このお母さんは、君を産んでくれたお母さんなんだよ」と言いました。

びっくりした様子でしたが、「僕たちが産んだ子どもではないけれども、大切な子どもで家族であることに全然変わらないんだよ」と強く伝えました。
彼の中で整理がついたのか、スムーズに告知は終わりました。
必ず通らなければいけないひとつの関門みたいなもので、そこを乗り越えてホッとしました。

……………………

小学校4年生に「産まれてから10年間を1冊の本にまとめる」という宿題が出ました

「1/2成人式」というもので、0歳から写真つきでまとめるのですが、1歳・2歳の写真は乳児院で手に入りました。
しかし、0歳の写真がありませんでした。

「どうしよう」と悩み、先生には「忘れました」「出来てません」と言い訳をしました。
親にも相談しましたが、良いアイディアが浮かびませんでした。

そこでパッと浮かんだのが、ネットにアップされている別の乳児の写真を使うことでした。
バレないよう、ピンボケさせて加工し、それを貼って出しました。

先生には、養子のことを言ってないので知りません。
そこからずっと悩みました。

当時の道徳の教科書には、血のつながっているものを家族という定義が書かれていました。
ケイタさんは、血がつながっていないからうちは家族じゃないと考えるようになりました。

授業参観に親が来ても「本当の親じゃない」という認識が強すぎて、親に見れなくなりました

周りはお母さんが来てくれているのに、自分は「知り合い・知人」が来てくれたという感覚でした。
もう嫌になり、先生に養子のことを全部話しました。

すると先生は、何を勘違いしたのか、クラスの子に全部言ってしまったのです。
そこから「イジメ」が始まりました。

「親なし」とか言われたり、プロレスごっこのマネをして殴られたり、「外で遊ぼう」って言っても仲間外れ状態に。
ドッジボールのときはすぐに当てられたり、完全にクラスとはかけ離れてしまいました。
イジメを恐れるために、養子であることを隠している子は多いのだそうです。

Sponsored Link

いじめのことは親には言えません

言わずに耐えました。
親の前ではいつも通りにして、気づかれないように「学校でこんなことあったよ」とウソでも話します。
「新しい遊びがあって」と、友だちがやってたけど自分はやってないことを話したり。

「育ててもらってる分、迷惑をかけているんだから、そこで『いじめられた』という、また新しい迷惑をかけたくないし。それなら耐えておこう」と思い、ケイタさんはずっと耐えていたそうです。
自分で抑えられる分は抑えていたのです。

しかし、抑えられないときもあり、壁をぶちやぶってました。
18センチの穴が開いていて、それをポスターで隠しています。
親もそっとしておいてくれたのが、逆にありがたかったです。

思春期のときは大変で、中学校に入って名前で呼ばれたくないと

産みの親からもらった名前であり、誕生日だと思いますが、育ての親が乳児院に聞いて乳児院が答えたので、名前が本当かどうかわかりません。
誕生日も、本当にその日に産まれたのかどうかわからないので、友だちには誕生日は言いません。

名前も名字で呼んでくれと言います。
名字だけは本当だから。

乗り越えるきっかけがありました

中学2年生までは、嫌で嫌でたまりませんでした。
でも、中学3年生のときに、プロボクサーの坂本博之さんと会う機会があったのです。

坂本博之さんは、元OPBF東洋太平洋ライト級チャンピョン。
幼少時に知人の家に預けられた後、児童養護施設で過ごしました。

坂本さんに「良い名前じゃん」「名前通りに生きてるじゃん」と言われ、「今の家族に不満があるの?」と聞かれました。
その時、「今の家族に不満がない」ということに気がつきました。

今の家族があるからこそ、今こうしていられるので、「産みの親には『産んでくれてありがとう』と感謝しなくちゃいけないけど、今は育ての親でいいでしょ」と言われました。
それで「あっ、そうじゃん」と思って、そこからもう吹っ切れました。

”俺は養子だし、血縁関係もないけど、今の家族は家族だし、親は親。きちんと周りと同じ条件はそろってるから、周りとは何も変わりはない”と。

産みの親に会いたかったのでは!?

もしかしたら生きているかも知れないですよね。
交通事故で亡くなったというのはウソかもしれない、「隠すための道具」なのかもと…。

よく「親に会いたくないの?」「親、今なにしてる?」と言われますが、吹っ切れたケイタさんにとってはその質問が苦痛だそうです。
むしろ、会いたいとは思わないと。

産みの親に会ったら、その後また育ての親を親と思えなくなるかもしれない

「誕生日・名前は本当?」「俺、どうやって生まれた?」などと、聞きたいことがまた増えてしまうからです。
そうなったとき、自分に迷いが出て、今まであった育ての親への愛がなくなってきたらと、ケイタさん自身怖いのです。
「育ての親がすごい大事だから」

……………………

「産みの親との再会」を養子に聞いた!

別れた産みの親への想いを抑えきれなかった養子もいるのです。

タツヤさんは、養子縁組支援団体の協力を得て、中学3年生の時に産みの親と再会しました。
どうして自分が養子になったのか、その疑問を解消したかったのです。

最初、タツヤさんが部屋で待っていて、産みのお母さんが部屋に入ってきた時、彼は椅子から立ち上がりました。
お互い緊張していました。

産みのお母さんは、顔立ちなどが自分と似ているなと思いました。
産みのお母さんが15歳の時に妊娠、高校の夏休みに出産しました。

しかし、育てることができなかったので、仕方なく支援団体に預けるしかなかったのです。
産みのお母さんは「育てられなくてごめんね」と謝ってくれました。

タツヤさんは「よく堕ろさないで産んでくれた」と思いました。
そういう事情なら仕方がないと思ったそうです。

産みのお母さんはスポーツをやっていて、ユニフォームの背番号をタツヤさんの誕生日にしています。
産んでくれたことを忘れないで覚えていてくれて、背番号にしてくれたこと、とても嬉しかったそうです。
タツヤさんは、産みの親と会ってからも、育ての親との関係は良好です。

……………………

自分のやりたいことを我慢しているのでは!?

ケイタさんは吹っ切れてからは、自由奔放、親に迷惑をかけまくっているそうです。
お母さんにも「ババア!」と言ったり、ケンカも普通にしています。
最近はどんどん仲良くなり、小学校の頃の一般の家族みたいになっています。

スタッフに託された「育てのお母さんからの手紙」

あなたに初めて会ったのは、あなたが2歳半。
お父さんとお母さんは、結婚して何年経っても子どもが授からず、不妊治療にも疲れてしまったときでした。
乳児院の部屋の扉を開けたとき、たくさん子どもたちがいる中で、真っ先にあなたの姿が目に入りました。
あなたも振り返り、私たちを見てニコッと笑ってくれましたね。
あの瞬間、あなたとは出会うべき運命のようなものを感じました。
一緒に暮らす前の交流期間もとても楽しみでした。
毎週末、一緒に買い物に行ったり、ご飯を食べに行ったり、動物園に行ったり、親戚のみんなに紹介したり、家にお泊りもしましたね。
いよいよ迎えに行く日、あなたは何かを感じたのか、熱を出していました。
お父さんもお母さんもいきなり親になり、子育てにとまどうこともありましたが、親になれた喜びは、今までの人生で一番嬉しかった出来事です。
そして「おとうたん、おかあたん」と初めて呼んでくれたときは、号泣でした。
お父さんとお母さんは、二人だけの静かな生活から、毎日がとても賑やかで、楽しい生活になりました。
お父さんは、あなたに早く会いたくて、会社からの帰りがすごく早くなりました。
子ども服を選んだり、おもちゃを買いに行ったり、家族でいろいろな所に遊びに行って、お父さんもお母さんも初めての経験をたくさんさせてもらいました。
お父さんとお母さんは、今でもあなたの成長を楽しみにしています。
前向きな気持ちを常に持ち、まっすぐに成長しているあなた。
お父さんとお母さんは、あなたに出会えたことにとても感謝しています。
あなたを誇りに思います。
そして、あなたが私たちの子どもでとても幸せです。

[出典:2016年12月28日放送「ねほりんぱほりん」]

Sponsored Link

 - 人物, 感動

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

150613_005
【感動】飛び降りるか餓死か!? 120mの断崖絶壁でカオジロガン雛鳥の決断

生後数日のヒナに課された究極の選択 グリーンランド東部にあるスピッツベルゲン島・ …

iphone-shimon
iPhoneで指紋認証させるアップル社の理由とは!?

自宅のガレージを出発点に 様々な製品を世に送り出してきたスティーブ・ジョブズ。 …

150628_000
【感動実話】横綱曙太郎とイチローのレジェンドエピソード

横綱が変えた少年の未来 第64代横綱・曙 太郎 基本的に、大相撲は、番付で全ての …

keimusyo
中野瑠美さん出演TV!!かつて刑務所生活に入っていたオンナたち まとめ

ダウンタウンなう:かつて刑務所に入っていたオンナたち この番組は、特殊な人生経験 …

151001_005
危機一髪!中学生の咄嗟の行動がまるで映画のような感動シーンだった

奇跡のエピソード珍百景 命の恩人が信じられない行動 交通事故から奇跡の生還!忽然 …

kusamayayoi
草間彌生 芸術の根底にあるもの ヤヨイクサマ手帳人気の秘密!

  草間彌生さんといえば、超一流の芸術家ですが、一般庶民にはあまり馴染 …

150617_001
岡田武史をどん底から救った金言

どん底 アスリートを救った金言 岡田武史 岡田武史 サッカー元日本代表監督、岡田 …

hosokawagarasya
日本史上最も有名な怖い女性ランキング! The 歴史人物ミステリー

日本史ミステリー 歴史上の人物で一番怖い女性は誰? 歴史を作ってきたのは常に男性 …

tenzai-tanakakakuei
天才・田中角栄を裏で支えた女たちとは!?

田中角栄伝説 2016年に、元東京都知事で作家の石原慎太郎さんが、元首相・田中角 …

hasigozake-isiba
キャンディーズオタク石破茂大臣の知られざる素顔

石破茂大臣 アイドル論・日本の安全を語る 超大物・石破茂大臣がバラエティに! ダ …