Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

36歳の元モデルが結婚に踏み切れない理由は「パパ活依存」

      2018/09/04

Sponsored link

最近よく耳にする「パパ活」という言葉。
大人の関係なしに、月に何回かの食事をするだけで金銭的支援をしてくれる男性とのお付き合いを意味しています。
そんな「パパ活」から抜け出せない女性の話です。
36歳の元モデル、パパ活依存で結婚に踏み切れない「月70万円はお小遣いが欲しい」

36歳の元モデル、パパ活依存で結婚に踏み切れない「月70万円はお小遣いが欲しい」1/7(日) 16:00配信

テレビやネットニュースなどでたびたび聞かれるようになった「パパ活」という言葉。
一般的には大人の関係はなく、月に何回か食事をするだけで金銭的支援をしてくれる男性との交際を指す。
だが、パパ活という単語を聞くたびにそんな虫のいい話あるのか、と半信半疑になってしまうのはわたしだけではないはず。

そんなわたしが初めて本物のパパ活女子と出会ったのはつい先日のこと。
パパ活歴15年の彼女は、きらびやかな私生活の裏で“パパ活依存”に苦しんでいた。

元モデルの美女・唯香さん(仮名・36歳)。
かつて友人が主催した業界人が集う飲み会で知り合い、そのあとも何度かお酒の席で顔を合わせていた。
驚くほど肌にハリがあり、常にネイルやメイク、ヘアセットも完璧にこなしている彼女は、よく20代前半に間違えられていたほど。

そんな彼女と昨年末、某イベント会社の新年会でひさしぶりに再会。
共通の知り合いからは、こう聞かされていた。
唯香さんは彼氏と長らく同棲しており、結婚を理由に芸能界を引退した……。
しかし、現実は少し事情が異なるようだ。

本人を前に、なにげなく「もう結婚したの?」と聞いてみたが、「まだだけど、来年には」と気のない返事が戻ってきた。
彼氏との仲は良好で「いつでも結婚していいから」と言われているそうだ。
しかし、すぐにでも結婚できる状況なのに、なぜ唯香さんは先延ばしにしているのだろうか。
そんな疑問をぼんやり考えていると、お酒を飲んで顔を赤らめた彼女がポロリ。

「パパ活がやめられないのよ」

◆月70万円以上、10代の頃から15年続けている「パパ活」

唯香さんは10代の頃から芸能活動をしていて、そのときからパパがいた。
今まで何人か入れ替わりがあり、現在は3人抱えている。
全員既婚者で会社経営者。
パパ活をしている同業の女のコから紹介されたという。

月30万円定期的に振り込んでくれるパパ、お金がほしいと言ったら必要な分だけ振り込んでくれるパパ、ご飯へ行くたび20万円手渡しでくれるパパ――
彼らから受け取る金額は総額月70~120万円ほど。
10代から月70万円を切った生活をしたことがない。

つまり、結婚に踏みきれない大きな理由は、パパ活で金銭感覚が狂ってしまったことにある。

◆複数のパパが保険代わり

唯香さんは週に2~3回、誰かしらのパパとご飯へ行ったり、ホテルに泊まったりしている。
しょっちゅうパパに会っているなかで、同棲している彼氏との時間まで確保するのは、スケジュール管理が大変じゃないのか?

「確かに忙しいけれど、パパを1人に絞るほどリスキーなことはない」

パパの数を減らすことを“リスク”だと捉えている唯香さん。
その裏には、芸能界の仕事だけでは満足に生活できないという現実がある。

「10代の頃は1人しかパパがいなかったの。でもあるときケンカをしたら、音信不通になっちゃって……。その日は仕事が手につかなくなるくらいパニックになった。だって、彼からお金をもらえなくなったら来月の家賃もカードも払えなくなっちゃうんだよ。そんな恐ろしいことはない」

幸いそのパパとは仲直りしたが、その件以降、彼の顔色ばかり伺うようになり、ノイローゼになってしまったという。
どんなに大金を貢いでくれたとしても、突然支援が打ち切られてしまったら、翌日からの生活がままならなくなってしまう。
だから、複数のパパをつくり保険をかけるのだ。

Sponsored Link

ちなみに、関係を持続させるコツは「美容代がほしい」「海外旅行に行きたい」と欲望のままにおねだりしないこと。

パパたちは、あくまでも“女の子の夢を応援したい”という気持ちでお金を払っているのだ。
「エステに通ってオーディションに受かりたいから」、「海外に行って語学の勉強をしたいから」と目標に向かっていることをアピールするのがポイントだそう。

毎月受け取るお金は、整形・海外旅行・家賃・外食・ブランド品・美容に消えていく。
そんな生活を15年以上続けているという。
彼女は、リアルな経験談に感心しているわたしにチラリと目をやり、「こんな悪知恵を覚えちゃったから、余計抜け出せないんだよね」と笑う。

だが、パパに依存しながらも結婚をしたいと思った理由は、36歳という年齢だけではなく、友人の元アイドル・玲子さん(仮名・22歳)の存在も大きかった。

◆お金のために40歳年上の男性と結婚した元アイドル

玲子さんは、高校生のころから大所帯のアイドルグループに所属。
5年近く在籍していたが、鳴かず飛ばずのまま、特に大きな理由もないまま、グループを卒業した。

彼女曰く、「アイドルグループで売れなかったメンバーは、卒業後いかにお金持ちの男と結婚できるかで、“勝ち組”か“負け組”かが決まる」のだそう。
例にならって、玲子さんは、40歳年上の会社経営者と結婚し、六本木の高級マンションに住んでいる。
もちろん、お金目当てだ。
こうして一足先に勝ち組になったはずの玲子さんだが……。

「お金持ちと結婚したはずなのに、玲子ちゃん全然幸せそうじゃないの」(唯香さん)

結婚相手の男性は気が強く、基本的に言いなり(というか、そもそも性格が合わない)。
また、高齢ということもあり、子づくりにも消極的だという。
しかし、人気も職歴もない彼女は、芸能界に残ることも就職することもできない。
彼に依存するしか生きていく道はないのだ。
そんな玲子さんの話を聞き、唯香さんは「ちゃんと好きな人(彼氏)と結婚したい」と思うようになったのだそう。

◆月15万円のお小遣いじゃ満足できない

唯香さんは彼氏から、「結婚したら生活費のほかに月15万円を渡す」と約束されている。
専業主婦をしながら自由に使えるお金が15万円あるなら十分ではないか、と思ってしまうが、彼女が今の生活水準を求め続けるなら、それはあまりにも安すぎる金額だ。

唯香さんは去り際にこんなアドバイスをわたしに告げた。

「あなたは自分の力で稼いで、ただ隣にいれくれるだけで幸せと思える男の人と結婚してほしい。わたしみたいにはならないでね」

たんなるOLに過ぎない自分にとって、パパ活でウン十万のお金が手に入ってしまうことは確かに魅力的。
でも結婚できなくなるくらいなら、お小遣いは副業ライターの仕事でいいや……と改めて思う筆者なのであった。
<取材・文/渋川アキ>
日刊SPA!

[出典:36歳の元モデル、パパ活依存で結婚に踏み切れない「月70万円はお小遣いが欲しい」(週刊SPA!)(Yahoo!ニュース > https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180107-01443761-sspa-soci ]

「パパ活」に依存し過ぎたせいで、普通の結婚ができなくなったという女性…。
生活費の他に自由に使えるお金が15万円でも満足できなくなったなんて、慣れというものは恐ろしいものです。
貧乏が身に染みて、芸能人になってもつつましい生活している人もいますけどね。

Sponsored Link

 - 社会

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

小室圭さんと母が元婚約者に送った6通のメールの内容

小室圭さん母の元婚約者が話す、小室母子からのメールの内容です。 「小室圭君と母が …

「産後うつ」「虐待死」の実態を知っていますか?

10年間に63人の妊産婦が「産後うつ」が原因で自殺するという東京23区。 「虐待 …

大韓航空機爆破事件の実行犯・北朝鮮「女性工作員」金賢姫が自白をした理由

夫が北朝鮮の工作員と知らなかった日本人妻と子供たちが辿った残酷すぎる運命に続く第 …

たった4ヵ月で40年以上未解決だった性的暴行事件が解決した驚きの理由

たった4ヵ月で、40年以上未解決だった性的暴行事件が解決したのには、驚きの理由が …

【速報】清原被告初公判《情状証人》佐々木主浩氏会見ノーカット

2016年5月17日。覚せい剤取締法違反罪に問われた清原和博被告(48)の初公判 …

今年の漢字占い2014年 歴代から予想する 2015年は『掃』

先日、池袋の『すしまみれ』ってところに連れられて行ってきました。  ⇒ http …

蔵王山噴火警報!2015 早急の避難体制を!松原照子も予言していた??

山形宮城蔵王山火口周辺警報発令! 4月13日、気象庁は、蔵王山が噴火する可能性が …

韓国人は「文章読解力第一位の日本」に倣い漢字を使うべき

日本語と韓国語の違いについて語る、韓国人ジャーナリストの趙甲濟氏。 それは、反日 …

浅間山噴!! 2015年06月16日10:13

[出典:live.ueda.ne.jp] ※昭和48年2月の噴火の様子 気象庁は …

毒親とは絶縁しなさい!!その特徴と対処法まとめ

今、毒親がまじヤバい 毒親(どくおや、英:toxic parents)とは、過干 …