Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

『あさが来た』第106話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

   

Sponsored link

NHK朝ドラ「あさが来た」第106回 あらすじ&ネタバレ

うちは、藍之助が許せまへん

和歌山のはつの元に、あさから手紙が届いていました。(ナレーション)

はつ、そないな顏すんな。

あいつの話、もっとちゃーんと聞いたらなかった、わしらも悪いんや。(惣兵衛)

いいや、うちは・・・。

うちは、藍之助が許せまへん。

旦那様にあんなひどい事言うて、そのままいてへんようになるやなんて。(はつ)

(はつの肩にそっと手を置く惣兵衛)

縁談言うのは、お嬢様のことだすのか?(榮三郎)

そうですねや。

実は娘に愚痴こぼされましてな。

お父ちゃんの言うとおり、女学校へ入ってみたはええけど、卒業して2年経ってもなーんにも役に立つ場所、あれへんてな。(工藤)

あれまあ。(あさ)

ずっと学校でええ成績やったさかい、調子に乗って女学校行けてしもたんだすけど。

ま、確かに、古事記の暗唱が出来ても、数学が出来ても、どないもならしまへん。

行き遅れんうちに、嫁入り先決めてやらな、思いましてな!(工藤)

それで、お嬢さんも、早うお嫁に行きたいて言うてはりますのんか?(あさ)

それがそないでもないのが問題ですのや・・・。

変に知恵がついてしもたもんやさかい、せっかく身に着けた学が、宝の持ち腐れや~、なんて生意気なこと言いますのや、はっはっは。(工藤)

女性が、学ぶという切符を手に入れたとしても、思うように船をこぎ出すことは、あさが考えるより、ずっと難しいことだったのでした。(ナレーション)

そうや、その手がありました!

(美和のレストランに来ているあさと平十郎)

縁談ですか。

得意先から心あたり、当たってみます。(平十郎)

いや、うちが思うだけだすけど・・・。

おなごかて、男はんとおんなじくらいに働きもんやと思うんだす。(あさ)

そうだすなあ。

殿方かて、わては働きたない、言う方もいてますしな。(美和)

へえ。(あさ)

ふふふふっ。(美和)

働くのが、得手か不得手か言うのは、男や女や言うのとは関わりあれへん・・・。

一人一人の問題やと思うんだす。(あさ)

はっ、へえ。(美和にみとれてた平十郎)

明治の宮になる前かて、おなごはお家の中や、田畑や炭坑でかて、ほんまによう、働いてきました。

ただその働いてるのが、家業や家の中でのことやったり、行儀見習いのためやったりしただけで・・・。(あさ)

そうだすなあ。

どんなに働いても、おなごに仕事、言う考え方自体が、この国にはありまへなんださかいな。(美和)

そうだすのや。

そないな中で、美和さんはよう一人で、お三味線のお師匠さんしたり、こないなお店出そうやなんて、思いはりましたな。(あさ)

おわかりだすやろけど、ここは、うちの力だけで作ったもんやあらしまへん。

五代様や、大勢の男はんに助けていただきました。(美和)

お待たせいたしました。

(女性が給仕していることに驚くあさ)

ありがとう。(美和)

ここは、おなごの給仕さんも雇うてはりますのやな。(あさ)

へえ~。

広告出したら、あっと言う間に集まりました。

あささんが言うてはった通り、自分の手で稼いでみたい思うおなごが、ようけいてたみたいで・・・。(美和)

華やかで、よろしいですね。(平十郎)

へえ、うふふ。(美和)

そうや、その手がありました!(うなずくあさ)

どうか、どうかやらしとくなはれ!

Sponsored Link

はあ!?

おなごの行員を雇うて?(榮三郎)

しばらくは行員の補助として働いてもろて、いずれ正式に、女子行員にしたい思うてます。(あさ)

それはあきまへん!(榮三郎、新次郎、平十郎)

へっ!?(あさ)

お前も?(榮三郎に聞く新次郎)

へえ、当然だす。

へえさんもだすのか?(榮三郎)

へえ。

奥さんの考えの斬新さはわかります。

そやけど、この意見は取り入れるわけにはいきません!

おなごを、銀行の内側に入れるのは・・・。

難しいと思います。(平十郎)

なんでだす?(あさ)

おなごが、お金を扱うのは・・・。

難しいと思います。(平十郎)

そない言わはりますけど、へえさんがさっき、「華やかでええなあ」言うてたおなごの給仕さんたちかて、お金扱うてはります。(あさ)

はっきり言います。

おなごは、数字に弱いものじゃないでしょうか?(平十郎)

それは今までおなごが、実学を十分まともに学べる機会がなかったさかいだす。

他に理由、あらしまへんのか?(あさ)

わてもそれは無謀や思いますわ。

今まで、どないな両替も銀行も、おなごが働いてたいうことはいっぺんもあらしまへん。

それは世間が、おなごが店に入ることを求めてへんさかいです。

それを加野銀行が急に雇うやなんてなったら、せっかく今まで得たお客さんからの信頼を失いかねまへん。(榮三郎)

頭取の考えはわかります。

せやけど、今までありえへんことやったさかい余計、もし成功したら、先手打った加野屋は、必ず他の銀行を大きゅう引き離すことができます。(あさ)

うん・・・。(榮三郎)

うちはとことん選んで、信用できるおなごだけ採用しよう思うてます。

男子の行員に引けとらへん実力をつけることは、簡単なことやあらしまへん。

そやけど、どないな苦労も根性だして、ついてきてくれる子だけを選びます。

男とか、おなごとか隔てのう、一人の人間として、その子の力、活かしてあげたいんだす。(あさ)

それはかなり冒険・・・。(平十郎)

その通りだす。

そやさかい、その子たちのお給金も、信用してもらえるまで、うちが用意しよう思うてます。(あさ)

ええっ!?(榮三郎、平十郎)

この試みの責任は、一切うちが負いますさかい・・・。

どうか、どうかやらしとくなはれ!(あさ)

お兄ちゃんはどないだす?(榮三郎)

わてだすか?(新次郎)

お兄ちゃんかて、今、わてらと一緒に「それはあきまへん」言うてましたろ?(榮三郎)

わてはな・・・。

銀行の表におなごはんが出て、良からぬ客においどでも触られたら、どないするつもりやてなあ。(新次郎)

(あきれる3人)

そないな下衆な輩言うのは、この世には少なからずいてますのや。

それがどないしても心配なんだす。(新次郎)

・・・。

働くおなごの大事なおいどは、必ずうちが守ってみせます!(あさ)

そうか?

それやったらよろしい。

店におなごはんがいてくれたら、店も華やぎますやろな。(新次郎)

はあ・・・。

ははは、なんやもう、お兄ちゃんいう人はもう・・・。(榮三郎)

それから、二人とも、一つ忘れてますけどな。

このあさも、一応、おなごだす。

このおなごはんは、昔っから、店の内側で働いて、代金もよう扱うてましたけど、いっぺんも計算間違えたことあらしまへんのやで。

なっ!?(新次郎)

へえ、そやけど、一応おなごとはなんだすか?(あさ)

はーっはっはっは。

どないなおなごが働くようになんのか、楽しみなことだすな。(新次郎)

失敗は一つもしたらあきまへん

こうして、加野銀行は、銀行で働く女性の募集を始めました。

銀行で女性が働けるという噂は、巡りにめぐって、100人もの女性から応募が殺到しました。(ナレーション)

娘だす。今日はどうぞよろしゅう。(工藤)

・・・。(おじぎをする工藤サカエ(横田美紀))

へえ。(あさ)

まず、基礎学科試験、続いて接客実地試験を行いました。

遊び半分な気持ちで応募したものや、気分だけで職業婦人に憧れているものは、ここでふるいにかけられました。

意欲的で、知性溢れる女子だけが選ばれ、さらに最後は、あさ自らが面接。

器量や愛想の良さよりも、真面目で根性の座っている打たれ強い女子を、注意深く見極め、最終的に4人の女性が選ばれました。(ナレーション)

「高木ツル」でございます。よろしゅうお願い致します。(高木ツル(村崎真彩))

「末松すず」でございます。よろしゅうお願い致します。(末松すず(三宅唯真))

「中川ハト」でございます。よろしゅうお願い致します。(中川ハト(加藤千果))

「工藤サカエ」でございます。よろしゅうお願い致します。(工藤サカエ(横田美紀))

あなたがた4人を、加野銀行の女子行員候補として、見習い採用といたします。

十何年もおなごとして生きてきたんやさかい、ようわかってはる思いますけど。

今この世は、どっちか言うたら男はんが生きやすいようにできてます。

あなたがた4人が、なんか小さい失敗でもちょっとしようもんなら・・・。

「ほれ見たことか」、「これやさかい、おなごはあかんのや」なんて・・・。

言いとうて言いとうて、うずうずしている男はんが、周りにぎょうさんいてます。

男に混じって働く言うのは、そういう事だす。

せやさかい、失敗は一つもしたらあきまへん。

一つもだす。

ふふっ。

って言うてもな、このうちも、何べんもようけ失敗してきたんだす。

せやけど、志しは高うもちまひょ。

悪いけど、当分の間、男子行員より、1時間早う出勤しとくなはれ。

あなたがた4人の進む道の後ろには、ぎょうさんの、これから働きたいて思うてるおなごたちがいてます。

あなたがたは、これから外で働くおなごたちの、「ファースト・ピングゥイン」や。

道を切り開くんだす。(あさ)

はい!

あさはそれから、毎朝一番に出勤し、採用した4人の女子行員候補たちの訓練にあたりました。(ナレーション)

お母ちゃんは、ほんま銀行が好きやさかい・・・

(食事中の新次郎と千代)

お早うございます。

本日も勤めさせていただきます。(藍之助)

お早うさんだす。(新次郎)

お早うございます。(よのに挨拶する藍之助)

藍之助ちゃんの元気のええこと。

あささん、もうお仕事出はりましたんやな。

近頃は晩ご飯だけやのうて、朝ご飯も一緒に食べられやしまへんのやなあ。(よの)

お母ちゃんは、ほんま銀行が好きやさかい・・・。

銀行で育て甲斐のあるおなごはん、ようけ見つけたさかい、嬉しいてたまらへんのと違いますやろか?

そういうお人だす。(千代)

なあ、千代。

あんた・・・。(新次郎)

そして、その頃、はつが大阪にやってきました。

つづく。

新しい女子行員も増えて、加野銀行も賑やかになります。

千代はこれから、どうするのでしょうか?

『あさが来た』ネタバレ・あらすじ一覧【見逃した回はありませんか?】

【あさが来た・人物相関図】人間模様・出演者役名キャストをチェック!

Sponsored Link

 - 【終】あさが来た(NHKテレビ小説)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

asagakita
『あさが来た』第98話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第98回 あらすじ&ネタバレ あさは、あさらしゅう生き …

asagakita
『あさが来た』第39話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第39回 あらすじ&ネタバレ そげんことも知らんで、ば …

asagakita
『あさが来た』第10話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第10回 あらすじ&ネタバレ こない汚い字の恋文おます …

asagakita
『あさが来た』第88話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第88回 あらすじ&ネタバレ 日本中を敵に回してしまい …

asagakita
『あさが来た』第92話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第92回 あらすじ&ネタバレ ここがわての潮時だすのや …

asagakita
『あさが来た』第115話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第115回 あらすじ&ネタバレ いいや、わては決して寝 …

asagakita
『あさが来た』第8話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第8回 あらすじ&ネタバレ 新次郎はんも気の毒なこっち …

asagakita
『あさが来た』第73話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第73回 あらすじ&ネタバレ 「東京商法会議所」 五代 …

asagakita
『あさが来た』第47話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第47回 あらすじ&ネタバレ えっ!? お母はんがお義 …

asagakita
『あさが来た』第78話 ~ ネタバレ・あらすじ まとめ

NHK朝ドラ「あさが来た」第78回 あらすじ&ネタバレ 私は、あなたに会えて良か …