Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

ホントは怖い!?童謡に隠された秘密(世界一受けたい授業まとめ)

      2018/04/12

Sponsored link

ホントは怖い!?童謡に隠された秘密(2018年2月17日 世界一受けたい授業まとめ)

≪ぞうさん≫

子どものころ、みんなで楽しく歌った童謡の裏には、深い意味があるのを知っていますか?

童謡「ぞうさん」は、子どもが子ゾウに話しかけている様子を歌っていると思われがちです。
しかし、作詞者 まど・みちおさんによると、「動揺『ぞうさん』はね、子ゾウが人間の子どもに鼻が長いねと悪口を言われている様子なんだよ」と。
実は悪口の歌だったのです。

しかし子ゾウは、鼻が長いことに引け目を感じるどころか、「大好きな母さんも長いんだ」と言い返します。
子ゾウは鼻が長いことを誇りに思っていて、つまり、ゾウがゾウであることに誇りを持って生きている事をテーマにした歌なのです。

”童謡研究のスペシャリスト”、岡崎女子大学 子ども教育学部教授・上田信道先生曰く、「童謡の本当の意味を知れば、今までとは違うように聞こえてきます」。

≪てるてる坊主≫

「てるてる坊主」の1番はよく聞いたことがあると思いますが、実は3番まで歌詞があります。
1番と2番では、晴れたら褒美をあげるとなっています。
しかし3番には、晴れなかった時のことが書いてあるのです。
作詞をした浅原鏡村(きょうそうん)曰く「子どもは普通に虫を殺してしまう、そういう子どもの残虐性を取り入れたんだ」とのこと。

≪ふしぎなポケット≫

この歌を作詞したのは、「ぞうさん」と同じ作詞者 まど・みちおです。
他にもまど・みちおは、「一年生になったら」や「やぎさんゆうびん」なども作っています。

「不思議なポケット」が作られたのは終戦から9年後の1954年で、世の中はまだまだ食糧難の時代でした。
当時45歳のまど・みちおには2人の子どもがいて、彼は子どもの雑誌を作る仕事をしていましたが、給料がまともに支払われず、生活はかなり苦しいものでした。
童謡に出てくるビスケットは、当時はなかなか手に入らない貴重なお菓子で、苦しい生活ながらも想像力によって、言葉の世界で遊んだのです。

≪赤とんぼ≫

夕やけ小やけの「小やけ」とはどんな意味なのでしょうか?
実は、小やけには、特に意味はなく、曲のリズムをとるためにつけられた言葉です。
例えば「おうま」に出てくる”おうまのおやこは なかよしこよし”の「こよし」にも意味がありません。

Sponsored Link

「赤とんぼ」は、実は悲しい実体験に基づいて書かれた詩です。
作詞した三木露風は、5歳の時に両親が離婚しました。
その後彼は、子守りのお手伝いさんに育てられました。

「負われ」つまり背負ってくれたのは、お母さんではなく子守りのお姉さんのことなのです。
3番に出てくる「姐(ねえ)や」は、育ててくれた子守りのお姉さんのこと。
彼女は15歳でお嫁に行ってしまい、もう連絡がとれなくなった、という悲しい思い出が書かれていたのです。

≪赤い靴≫

「赤い靴」は、実在の女の子をモデルに書かれた歌だと言われていて、モデルとなったのは「岩崎きみ」という女の子です。
きみは3歳の時にアメリカ人の宣教師夫婦の養子に出されましたが、その話をきみの母親から聞いた作詞者の野口雨情が、アメリカで暮らしているきみをイメージして「赤い靴」を書いたのです。

しかし実際のきみは、当時不治の病と言われていた結核に侵されてしまい、アメリカには行っていませんでした。
長い船旅には耐えられないと判断した宣教師夫婦は、きみを児童養護施設に預けたのですが、その後きみは、9歳で亡くなってしまったのです。
当時児童養護施設があった麻布十番、きみと縁の深い北海道や横浜に少女像が建っています。

≪手のひらを太陽に≫

この曲は、誰もがよく知っている「ある有名人」が書いた詩の歌ですが、それは「アンパンマン」の作者・やなせたかしさんです。
実はこの歌詞が出来たのは、やなせたかしさんは漫画家として行き詰っていたときでした。

1961年、まだアンパンマンが誕生する前、やなせさんはすでに漫画家でしたが、漫画の仕事はほとんどなく、テレビの作家や雑誌のインタビュアーなどをこなしていました。
このとき描いていたのは主に「4コマ漫画」でしたが、時代は長編のストーリー性のある漫画に移行していくときで、やなせさんは自分の漫画に行き詰まりを感じていました。

そんなある日、やなせさんは、冷たくなった手にふと懐中電灯を当てました。
すると、手が光に透けて赤く見えるのに気づきました。

”自分に元気はなくても、血は元気に流れているんだなあ”

そのとき生まれたのが「手のひらを太陽に」の歌詞です。
発表から4年後の1965年、小学6年生の音楽の教科書に掲載され、全国の子どもたちが大好きな歌になりましたが、まさにこの曲は、やなせさんが自分自身を励ますために作った歌だったのです。
[出典:2018年2月17日放送の「世界一受けたい授業」]

Sponsored Link

 - 雑学・豆知識

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

東京と大阪の違いを比較

「こんなに違う!東京・大阪」 大阪は、還付金詐欺の被害が最も多い 【都道府県別 …

今日使える雑学~千葉県館山/海底神社のある風景

千葉県館山市。 東京湾に面したこの地は、スキューバダイビングの隠れた人気スポット …

関西人のほうが外国語の習得がしやすい!?

あなたはどっち派?得するホンマでっか!? あなたは、生まれ変わるなら「関西人」が …

誰とでも仲良くしたい!!会話を長く続ける方法は?

芦田愛菜の相談「誰とでも仲良くしたい!!会話を長く続ける方法は?」 中学1年の頃 …

今日使える雑学~口紅を塗った男たちが集う秘密の試食会

女性客のためにスタッフだけで行う試食会の工夫とは? 千葉県野田市にある、創作イタ …

春の危ない習慣あれこれ

1年で最も体臭がキツくなる季節は春 体臭がキツいのは汗で、夏は汗を多くかくのでニ …

今日使える雑学~病院廊下の照明の秘密

病院の廊下がやわらかい照明になっているやさしい理由とは? 最近、病院の”あるもの …

今日使える雑学~患者とストレッチャーの正しき関係性

ベッドを患者の足の方向に移動させるやさしい理由とは? 病院で、患者を運ぶときに活 …

北朝鮮で最も怖い処刑方法とは!?

北朝鮮で一番怖い処刑とは!? 独裁国家「北朝鮮」の裏側 北朝鮮でタブーになってい …

今日使える雑学~上演回数1万回以上!ライオンキングの粋な演出とは

「ライオンキング」に取り入れられた演出とは? ” 劇団四季の人気ディズニーミュー …