Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

現代と意外な共通点がある「江戸時代の若者文化」

      2018/01/21

Sponsored link

現代と意外な共通点が!江戸時代の若者文化とは?(世界一受けたい授業まとめ)

流行の原点は江戸【華のお江戸と若者文化】

将棋界最多の29連勝を達成し注目された、最年少プロ棋士・藤井聡太四段の年齢は15歳。
さらには、フィギュアスケート界の若きスター・本田真凛選手(16歳)、高校野球で怪物と称された清宮幸太郎選手(18歳)など、様々な分野で若き天才が話題になっています。

実は江戸時代にも、彼らに負けず劣らずの天才キッズは存在しており、「書の天才」として世間を賑わせたのは、わずか9歳の少女・玉花子(ぎょくかし)。
玉花子の才能を記した文献に、「江戸の中でも1・2を争うほどの書道の腕前」「本当に素晴らしい文字を書くものだ」と大絶賛されています。

江戸の若者と現代の若者の文化に、様々な共通点がありますが、水路が身近にあった江戸の人たちにとって「舟遊び」は人気の娯楽でした。
中には、女性だけで屋形船に乗り、お膳にのった料理をたしなみながら、三味線や太鼓で曲を奏でる宴まであり、お金持ちのお嬢さまだけでなく、街の女性たちも、現代でいう「クルージング女子会」を楽しんでいました。
教えてくれるのは、人気講師の多摩大学客員教授・河合 敦先生(51歳)、”流行の原点は江戸にあり!?華のお江戸と若者文化”

江戸時代にもあった仮装イベント

江戸時代にも、現代でいう「ハロウィン」のような仮装するイベントがありました。
お祭りの絵をよく見ると、桃太郎のコスプレをしていたり、「豊作を祈る」という意味で、タコや大根などの仮装もしていました。

ファッション(江戸時代の若者文化)

現代の若者ファッションと言えば、原宿から世界に広まっている「kawaii文化」で、個性的な服装の若者が話題を呼びました。
江戸時代にも、最先端ファッションに身を包んだ若者がいたのですが、それが「カブキモノ」です。

「ふざける」とか「好色である」という意味を持つ言葉「カブク」に由来しています。
普通の庶民と比べると、かなり異色なファッションで、現代でいう「ヤンキーファッション」に近いものでした。
親世代は眉をひそめるようなファッションでしたが、若者の憧れの的だったのです。

また、江戸時代に人気だったのが「印伝(いんでん)」と呼ばれる伝統工芸の財布や巾着で、鹿革に漆で模様付けされていることが特徴です。
江戸時代に出版されて人気を博した「東海道中膝栗毛」には、印伝を身に着ける旅人の記載があり、現代に至るまで長く愛されています。

ヘアスタイル(江戸時代の若者文化)

現在若者に人気のヘアスタイルといえば「2ブロック」で、サイド部分をさっぱり刈り上げ、残りを長く残すスタイリングは、男性だけでなく女性にも人気。
歌手の木村カエラさんが披露して話題となりました。

江戸時代に人気のヘアスタイルも実は「2ブロック」でしたが、現代のスタイルとはちょっと違うようで、刈り上げるのはなんと「頭頂部」でした。
今見ると異様ですが、これがオシャレだったようで、少年のような幼さや活発さを持ちつつ、かわいらしさをアピールできると、若い女性たちの間で流行しました。

トレンドの柄(江戸時代の若者文化)

近年では「ボタニカル」「ペイズリー」「花柄刺繍」といったデザインがトレンドになりましたが、江戸時代にも今からの季節にトレンドになった柄がありました。
それは「雪の結晶」で、流行のきっかけは、雪の殿様の異名を持つ土井利位(としつら)が、雪の結晶をまとめた「雪華図説」という本を出版したことでした。
この本により、江戸の人々は雪の結晶が美しい幾何学模様だと知りました。
雪の結晶は、印籠や着物など身の回りの様々なアイテムに施されました。

Sponsored Link

言葉(江戸時代の若者文化)

現代の若者発信の言葉は、SNSを通じて瞬く間に全国に拡散されますが、最近の流行語は「まんじ」。
テンションが上がった時や写真を撮るときの掛け声などで、特に意味もなく様々なシーンで使われています。

現代の若者は「素晴らしい」「スゴイ」を「やばい」と言います。
そして江戸時代でも、「素晴らしい」と言うときに「こいつは日本だ!」と言いました。
「日本一」という言葉が縮まって、「日本だ」が「素晴らしい」という意味になったとされています。

娯楽(江戸時代の若者文化)

現代の若者の遊びと言えば、携帯ゲームやテレビゲームが主流ですが、江戸時代の遊びは体と知恵を使ったものでした。
主に好まれていたのは、将棋・囲碁・すごろくといった「盤上遊戯」と呼ばれるもので、特にカラフルな絵を使った「絵すごろく」が人気で、テーマは江戸の名物や東海道五十三次などバラエティー豊かでした。
若い男性の間では、山や河原などから大きな石を神社などに持ち寄って、誰が一番重い石を持ち上げるかを競う「力石」が人気で、今でもいろんな神社に力石が残っていて、最高で200キロぐらいを持ち上げた記録があります。

絵を組み合わせて文字にする「判じ絵」も人気の遊びでした。
歯の下に猫がさかさまになっていて「はこね」、目を擦っているので「するめ」、右上に象、左下の金太郎は上半分なので「ぞうきん」など。

グルメ(江戸時代の若者文化)

現代の若者に人気のグルメと言えば、パンケーキやクレープといったスイーツで、甘いものと新しいものに目が無い若者たちが「並んででも食べたい」と行列を作っています。
江戸時代に人気だったスイーツは、「桜餅」や「金つば」でしたが、現代でも広い世代に愛される日本を代表する和菓子です。

江戸時代の若者に人気だった飲み物は「冷や水」。
砂糖水に白玉が入っていて、井戸から汲みだした冷たい水に白玉団子と白砂糖を加えたもので、川辺でデートするカップルに人気でした。

白玉に紅を混ぜて紅白にした「めでたい冷や水」というのもありました。
さらに子どもに人気だったのが「文字焼き」で、小麦粉の生地で文字を書いて焼くもので、文字焼きがもんじゃ焼きの語源になったとも言われています。
[出典:2017年11月18日放送の「世界一受けたい授業」]

Sponsored Link

 - 雑学・豆知識, 歴史

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

クラゲ7億匹が砂浜に漂着打ち上げの謎を解明する(米国)

アメリカの海岸に大量のクラゲ(カツオノカンムリ)が打ち上げられていると話題になっ …

ベンジャミンフランクリンは殺人鬼フリーメイソン!?地下で人骨発見

アメリカの偉人は連続殺人犯だった!?   ベンジャミン・フランクリン …

ソウルナンバー占いが意外と当たってる件

ソウルナンバー診断が話題な件 ソウルナンバー 計算の仕方 今、巷でソウルナンバー …

クレイジーダイヤモンド錯視とは?(陰影付きダイヤモンド錯覚)

菱型がキレイに並んでいる上の画像、上から下にかけて次第に色が薄くなっているように …

【閲覧注意】 覚醒剤麻薬中毒者の顔!禁断症状は地獄の苦しみ

元麻薬取締官が教える!薬物汚染の恐るべき実態! 元プロ野球選手・清原和博容疑者の …

坂本龍馬暗殺の真犯人は「あの人だった!?」

坂本龍馬暗殺の真犯人は!? 2016年に発見された1枚の写真。 それは、新撰組三 …

「君たちはどう生きるか」に学ぶ第2弾(世界一受けたい授業まとめ)

「君たちはどう生きるか」に学ぶ第2弾 2018年1月27日 世界一受けたい授業ま …

知らなきゃよかった!?お医者さんの本音……ドクター10万人に聞きました

医師10万人にアンケート!お医者さんの本音とは? お医者さん同士が情報交換できる …

no image
日本人は「醜くても勝つより美しく負ける」を好む、その理由は?

日本人は「醜くても勝つ事より、美しく負ける事を好む」と言います。 日本人はなぜ「 …

自衛隊員の給料事情

自衛隊員の意外な給料事情 命がけの任務・・・その金額は? 命をかけて国を守る自衛 …