Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

どっちが得かシリーズ/友達を家に呼ぶか呼ばないか・休日の雨の日のお出掛け

      2017/07/19

Sponsored link

友だちを家に「呼びたい派?」「呼びたくない派?」

1

医療評論家・おおたわ先生>>>

医療的には「呼びたい派が得」

普段から友だちを呼んでいる方は、いざという時に命が助かる可能性があります。
普段から友だちを呼んでいないと、病気で倒れたときに発見が遅れるからです。
介護サービスで家に入られるのに抵抗がある高齢者が意外と多いです。
家に人を招くことを習慣づけておくことは大切です。

環境評論家・武田先生>>>

科学的には「呼びたい派が得」

人の寿命は健康によって決まるわけではなく、その人の天寿で決まります。
天寿は、人とのつながりがあることで延びます。
常に、周りに人がいる方が長生きできます。

異常心理評論家・杉浦先生>>>

異常心理学的には「呼びたい派が得」

呼びたくない人の一定数には、「人が来ると汚れる」と思う人がいます。
潔癖症のタイプの人が家に呼びたくないようです。
パーソナルスペースとは、相手との距離を言いますが、対人関係が苦手な人だけでなく、感染症に対する恐怖感の強い人もパーソナルスペースが遠くなります。
2mの距離から近づいてきて、我慢できなくなる限界が、平均で42cmくらい。
男子トイレの便器の距離が45cmより近いと、尿が出にくくなります。
感染恐怖の強い人は51cmで、通常の42cmより人を遠ざける傾向にあります。

法律評論家・堀井先生>>>

法律学的には「呼びたい派が得」

呼びたくない派の人は、結婚してもうまくいかない可能性が高いといいます。
家は自分のテリトリーで、そこに人を入れられるかどうか。
結婚して、他人と一緒に暮らすことに苦痛を感じる人が多いです。
自分の場所がない事への苦痛で、離婚する人が意外と多いのです。
特に、若い男性に「結婚が嫌な理由」で「一緒に住む事」を挙げる人が多いとのこと。

Sponsored Link

休日のお出かけ、雨が降ってきたら「構わず行く派?」「行かない派?」

9医療評論家・おおたわ先生>>>

医療的には「構わず行く派が得」

雨の日は、病院も空いていることが多い。
高齢者は、雨の日の午前中に病院に行くことを、家族から止められます。
「転ぶから、雨が止むまで待ちなさい」「交通事故に遭うから」
雨の日に空いてるところは多いので、出かけるのはお得です。

環境評論家・武田先生>>>

科学的には「行かない派が得」

生物の寿命は回数と一緒。
ネズミは1秒で振り返る→約1年生きる。
ゾウは30秒で振り返る→約30年生きる。
神様は、動物の寿命を時間で決めていないで回数で決めている。
亀が長く生きるのもノロいから。
食事は何回、寝るのは何回と、回数が決まっているのであって、時間が決まっているのではないといいます。
人生は回数で決まっているので、同じ回数を出来るだけ繰り返さないこと。
雨なら予定を変えて、普段とは違うことをすることが大事。
だから、同じ食事をしてはいけないとも。

経済評論家・門倉先生>>>

経済学的には「構わず行く派が得」

雨の日は、小売店・飲食店で雨の日サービスを提供するからです。
雨の日は、カフェでコーヒーがおかわり自由。
雨の日は、化粧品売り場でサンプル品提供など。
雨の日に結婚式場を成約すると、10万円割引される場合もあります。

[出典:2016年8月3日(水)「ホンマでっか!?TV 」]

Sponsored Link

 - 雑学・豆知識

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

今日使える雑学~八ヶ岳PAのありがたい無料サービス

八ヶ岳PAの観光客が助かる無料サービスとは? 長野県と山梨県にまたがる、日本百名 …

老けて見える人 若く見える人

老けて見える人、若く見える人(あの人が若く見られる本当の理由) 甘い物ばかり食べ …

今日使える雑学~足立区銭湯明美湯にはプール付♪子供が殺到!もう大変なんスから

普通の銭湯にはない、珍しいものとは? ”子どもが殺到!ナゾの下町銭湯” 東京都足 …

今日使える雑学~観光バスの号車はなぜ数字の大きい方から先に走るのか

観光バス1号車から順番に走らない理由 観光バスは、ほとんどの場合、正面に学校名や …

驚異の的中率!江戸時代の手相・人相術

禁断の個人情報「戦国武将のカルテ」的中連発の「手相本」 戦国~江戸時代のカルテ「 …

今日使える雑学~樹齢七百年の樹と共にある萱嶋駅誕生秘話

京都と大阪を結ぶ京阪電車の萱嶋(かやしま)駅。 1日に、約2万6千人が利用してい …

おくりびとの真実「遺体にキスすると死ぬ!?」

映画では分からない「おくりびとの真実」 遺体にキスして亡くなる恐れがある 200 …

スキャンダル日本史「桂小五郎は13歳の少女と結婚」

歴史を動かした偉人の知られざる泥沼スキャンダル、テーマは「男の浮気」! 芸能界や …

風邪を引いた時は汗をかいて熱を下げてはいけない!!

風邪で高熱の時に汗をかいて熱を下げるは「間違い」 小児科医の児玉和彦先生は、京都 …

今日使える雑学~大失敗した社員に褒美を与える会社のある風景

社員に渡しているユニークでやさしい賞とは? 「お笑いの街」大阪で、ユーモアのある …