Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

なぜ先生は『イスラム国』遺体画像を名古屋市小5児童に見せたのか?

      2018/09/13

Sponsored link

小5授業で「イスラム国」遺体画像 名古屋市教委、謝罪
のニュースに思うこと

150208_003[出典:NEWS7]

何故、あの先生は、あの画像を見せたのだろうか?

名古屋市の小学校で5年生の社会科の授業に、過激派組織「イスラム国」に殺害された日本人男性とみられる遺体が映った画像を、20代の女性担任教諭が児童らに見せていたという件について、考えたいと思います。

★元記事はこちら
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150205-00000034-asahi-soci

Sponsored Link

はじめにこのニュースを聞いた時、「なんて先生だ!」と憤慨しました。
私自身、小学5年生の息子を持つ親なので、関心を持たざるを得なかったのです。

国内のメディアでさえ、報道することを控えている画像です。
それを、ぼかすなどの修正をなんら加えることなく「そのまま」見せるなんて……と、常識ある人間に出来るのだろうか、ましてや聖職であるべき教師にできるのかと思っていました。

そんな時、長年親交のある現役の小学校の先生にこの話をしたところ、意外な答えが返ってきたのです。

「自分はその先生の気持ちがわかるなあ。」

えー?そうなの?

その先生は、教師歴の長い中年の方です。
長年の付き合いなので、真面目で子供思いの良い先生であることはよくわかっています。

その先生が言うには、
「たぶん、その先生は、真面目で熱心な先生なんだと思う。」

「その人の授業を見れば熱心にやってると思うよ。」

「今の小学生はスマホを持っている子が多い。小学校高学年にもなると、平気で成人サイトを見たりしている。」
「今のゲームは映像もリアルで、残虐な殺人シーンもあったりする。」
「そういう、ネット利用に対しての警鐘の意味で見せたんじゃないかな。」

それは都会の学校の話では?と聞くと、

「いや、田舎でも、山の中でも、スマホさえあれば同じ。田舎の学校でも変わらない。」

その先生の話が、あまりに自分の感覚を超えていたので、かなりの衝撃を受けました。

幸いにも貧乏な我が家は、子供にスマホを与える余裕もないので、考えた事もなかった内容でした。

「スティーブ・ジョブズは、自分の子どもにはIT機器を持たせなかった。便利なものということもよくわかっていたが、それ以上に危険だということも理解していたから……」

なるほど!、と思いました。

今の子供たちが置かれている現状は大変なんだということを、理解しました。

「親が忙しいので、小さい時からゲームやスマホに子守をさせて、大きくなってから、「先生、うちの子はゲームばかりしているんです、どうしたら良いでしょうか?」と言う親がいるけど、『もう、遅いよ』って。」

インターネットが、誰でも気軽に身近に利用できるようになった現代。
人格が未成熟な子どもたちが、さまざまな情報に簡単にアクセスできる。

名古屋の女子大生が、「人を殺してみたかった」と話していることを、
「理解できない」と我々は言いたくなりますが、そういう人間を簡単に作れる世の中なのかも知れません。

便利さを追求すればするほど、人間らしさが失われていくのかも……

その先生は、「自分の子どもは先生になってほしくない」と言います。
自分の仕事を子供に誇ることのできないのは、親として辛いことではないでしょうか?

このニュースの先生を非難する前に、根本的な問題を探る必要があると思うのです。
あなたはどう思いますか?
(S.A.)

Sponsored Link

 - 社会

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

北朝鮮の脅威はミサイルだけでなく、ハニートラップならぬプリンストラップも!?

北朝鮮のミサイル問題は、世界が直面する恐るべき脅威です。 アメリカのドナルド・ト …

怪物・江川卓の巨人入団「空白の一日」と小林繁と藤圭子の関係

昭和の怪物・江川卓さん巨人入団時の「空白の一日」秘話です。 江川卓「空白の一日」 …

”いじめ自殺”がなくならない根本理由

中学生がいじめを苦に自殺するニュースを見るたびに、とても胸が苦しくなります。 日 …

「北朝鮮工作員」と知らずに14年間一緒に暮らした日本人女性と3人の子供たち

北朝鮮工作員はタバコを買いに来る感覚で日本に潜入するに続く第3弾です。 北の工作 …

富山の学習塾が作った「片山学園」はどうやって頭の良い子を育てているのか

富山の片山学園は学習塾が作った中高一貫校で、東大合格者3名など難関大学の合格者が …

完璧主義の女性「子どもといると苦痛になる」

何でも完璧にやらないと気が済まない「完璧主義」の性格のため、子どもといることが苦 …

舛添要一 朝までファミコン!《公私混同は失敗の元》ゲーム動画有

舛添要一朝までファミコンとは 1992年4月17日に発売されたファミリーコンピュ …

北陸新幹線開業!その光と闇 ルート地図料金ダイヤ停車駅情報

東京・金沢間北陸新幹線 開業日の切符全国で一斉発売 25秒で完売! 北陸新幹線が …

日本の未来は明るくない、という話

「未来の年表」著者の河合雅司氏が、続編の「未来の年表2」を刊行しますが、その一部 …

スクールカウンセラーは子どもたちの本音を引き出す「通訳者」

誰にも言えない悩みを抱えている思春期の子どもたち。 SOSを出しているのに、周囲 …