Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

知らなきゃよかった!?お医者さんの本音……ドクター10万人に聞きました

      2018/09/24

Sponsored link

医師10万人にアンケート!お医者さんの本音とは?

お医者さん同士が情報交換できる掲示板

お医者さんに聞きました。

「あなた自身は、余命宣告を希望しますか?」

答えてくれた1600人余りのうち、余命宣告を希望すると答えたのは81%、その理由は?

「いずれは皆、死ぬわけですから、死ぬまでに人間関係も含めて整理したい」(産科医50代男性)

など、多くの人が希望すると答えました。

その一方、余命宣告を希望しないと答えた人の理由は?

「正直、余命を知ることが怖い」(小児科医40代男性)

”医者も、たくさんの疑問や悩みを抱えているのです。”

そう語るのは、ネット上で、お医者さん同士が情報交換できる掲示板、医師向けコミュニティーサイト「MedPeer(メドピア)」を作った、自身も現職の内科医である、医学博士の石見 陽(いわみ・よう)先生

医師限定のこの掲示板、会員数は現在、10万人以上。

日本の医師の、約3人に1人が会員(歯科医を除く)です。

今回は、10万人のお医者さんにアンケートをとった結果の発表です。

「自身は、臓器提供の意思表示をしていますか?」

回答1800人余りのうち、「している」が30%、その理由は?

「死んだら焼かれるだけの自分の体から、必要な臓器を使って助かる人がいればうれしい」(小児科医40代女性)

一方、「していない」が70%、その理由は?

「家族が反対している。自分の体を傷つけられたくない」(一般内科30代男性)

「仕事柄、臓器提供よりも病理解剖で死因を調べて頂く可能性を残しておきたい」(病理40代男性)

石見先生自身は、臓器提供の意思表示をしています。

「自分自身の患者さんに対して最後に出来るのが臓器提供かな」と思っているそうです。

短時間(3~5時間)で疲労回復のため口にするものは?

5位:栄養ドリンク

「疲労回復に必要な成分を効果的にとれるから」(一般外科50代男性)

「飲み過ぎに注意。1日1本まで」(リウマチ科30代女性)

4位:アメ

「血糖値が下がった状態から血糖値を元に戻し、気分転換にもなる。常に携帯しています」(整形外科50代男性)

3位:口にしない

「虫歯や肥満を気にしているので、食事以外の時は食べません」(小児科40代女性)

「休息が一番。可能なら仮眠をとる」(一般内科40代男性)

2位:コーヒー

「精神的疲労が多いため、カフェインが効果的」(眼科50代男性)

「ココナッツオイルを入れて飲むと、脳へのエネルギー補給が増し、香りでリラックス効果が出る」(麻酔科50代女性)

1位:チョコレート

「糖質の他、ポリフェノールやミネラルなど、意外と多くの栄養素を含むので、短時間で疲労回復するのにもってこいです」(麻酔科50代男性)

Sponsored Link

30歳以上の人が自費でも受けた方が良い検査は?

5位:メタボリック検診

身長・体重などを計測し、肥満度を調べるだけでなく、血中脂質や糖尿病などの生活習慣病が判明します。

「潜在的な生活習慣病のリスクを把握したほうが、脳梗塞や心筋梗塞による突然死を予防できる」(一般内科30代男性)

4位:乳がん検査

「早期発見、早期治療が最も効果的だと思う疾患」(麻酔科60代男性)

「血縁者に乳がんがあれば、毎年受けたほうが良い」(一般内科50代女性)

3位:子宮がん検査

「子宮がんは、自覚症状が出現した時には既に進行している事が多い」(小児科40代女性)

「子宮頸がんは、20代でも発症する例が少なくない」(泌尿器科30代男性)

2位:歯科検診

「口腔内の感染症から肺炎になることがある」(呼吸器外科40代男性)

「最近の研究で、口腔内感染が動脈硬化に関連する事がわかってきている」(一般内科50代男性)

年に1回程度は検診を受けると良いです。

1位:胃内視鏡検査

口や鼻から内視鏡を挿入し、胃の状態を観察、潰瘍やポリープなどの発見が可能です。

「無症状でも比較的、異常が見つかることもある」(耳鼻咽喉科40代男性)

 

医療ドラマで見る現実ではありえないシーンは?

5位:医師と看護師の会話

「看護師が診療方針に深く関わりすぎている」(眼科50代男性)

「看護師さんと医師が対立してはうまくいきません」(乳腺・内分泌外科30代女性)

4位:一般外科医が脳手術をすることはない

胃や腸などの手術……一般外科医。

脳の手術……脳神経外科医。

3位:美男美女が多すぎる

「みんな美男美女とかありえない」(神経内科30代男性)

「美男美女であっても、疲れ果ててやつれている」(小児科40代男性)

2位:患者を「クランケ」と呼ぶ

「医者になって25年間、クランケと呼ぶのを聞いた事がない」(一般内科50代男性)

「『患者さん』または名前で呼ぶ」(消化器外科50代男性)

1位:屋上のシーン

「屋上はほとんど封鎖されている。転落事故や自殺防止のために」(産婦人科40代女性)

番外:臨終シーン

「たった今まで喋ってた人が急にガクッと亡くなり、タイミングよく心電図がピーなんてありえない」(小児科50代男性)

番外:白衣の着方

「普通は、衛生面を配慮してボタンをしめる。ドラマでは、ボタンをあけていたりラフな服装なんてありえない」(小児科40代男性)

回診のシーン

最近はあまり見かけないそうです。

医療現場で現実では奇跡はあり得るのか?

「医療現場で奇跡の体験をしたことがあるか?」のアンケート結果は?

1800人余りの中で、85%の医師が「奇跡の体験はない」と答えました。

「医療に奇跡なんてない」という書き込みが多かったそうです。

「奇跡はある」と答えた15%の医師も、医師個人の努力ももちろん大事ですが、患者さん自身の「治りたい」という強い気持ちが重要だという意見が多くありました。

 

[出典:2016年3月12日 世界一受けたい授業]

Sponsored Link

 - 雑学・豆知識

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

偶然の一致か運命の合致か?シンクロニシティの不思議な話三題

「タイタニックの事故を予言した小説」・「呪いの絵」・「呪いの人形」 偶然は必然の …

美男美女は人生を得しているのか!?

美男美女は人生を得しているのか!?(ホンマでっかまとめ) イケメンは免疫力が高い …

空前絶後の卓球王国の真実(やりすぎ都市伝説SP 2017秋)

サンシャイン池崎プレゼンツ「空前絶後の卓球王国の真実」 卓球界の圧倒的王者である …

ミケランジェロ・プロジェクト 映画にもなった実在の名画守護戦士

ヒトラーから名画を守った、映画「ミケランジェロ・プロジェクト」のモニュメンツ・メ …

あがり症は克服できる!あがり症の原因

あがり症の克服 俳優・高嶋政伸さんの悩みは「あがり症で緊張すると吐きそうになるの …

今日使える雑学~お伊勢参りの友 観光特急しまかぜ粋なトイレの秘密

伊勢神宮に向かう『特急しまかぜ』のトイレにあるやさしい工夫とは? 日本人の心のふ …

ベンジャミンフランクリンは殺人鬼フリーメイソン!?地下で人骨発見

アメリカの偉人は連続殺人犯だった!?   ベンジャミン・フランクリン …

新しく趣味を始める時は形から入る派!?(ホンマでっかまとめ)

「ホンマでっか!?TV どっち派討論会!」(ホンマでっかまとめ) あなたは、新し …

おもしろ自由研究~人はテレパシーを使えるか?他

世界の自由過ぎる研究 蜂に刺されて体の中で最も痛い場所はどこか?の研究 生物学・ …

今日使える雑学~子連れ出勤が出来る会社

授乳服専門店のお母さんスタッフにやさしい、働き方のルールとは? 今回、お母さんに …