Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

加藤茶 病気はパーキンソン症候群!嫁綾菜夫婦噂の真相語る

      2017/02/14

Sponsored link

壮絶な批判とバッシングを受けてきた嫁綾菜がついに真相を語る!

150613_006
2015年05月11日放送 『私の何がイケないの?』より

Sponsored Link

加藤茶(加トちゃん)夫妻にまるわる4つの疑惑

150613_004

嫁綾菜さんは、加トちゃんとの結婚について財産目当てだの保険金目的だのと世間から容赦無いバッシングを受け続けてきた。
いまもなお嫁綾菜さんのアメブロには誹謗中傷のコメントやメッセージが送りつけられている。
さらに、ポストを荒らされたり、脅かしの電話がかかってきたりと、ここまでくるとストーカーじみた狂気を感じるほどだ。
そのことが原因で今までのようにビジネスで駆けまわることがが少なくなり自宅に引きこもることが多くなったという。

以下ネットニュースより引用

加藤は前妻との離婚時に財産を渡してしまったことや離婚後連日飲み歩いていたことで、世間に言われるほどの財産はなく、保険にも入っていないことを告白した。
また、加藤は密着VTRで結婚生活で唯一後悔していることは、子作りに関することだと明かした。「自分たちの子が欲しいんだけどね」「がんばってるんだけどね」と漏らす。
ただ、加藤は自身の年齢や体力を考えると、今から子どもを作り育てるのは現実的に厳しいことを理解しており、愛する綾菜さんを母親にしてあげられないことに責任を感じているようだ。
こうした思いから、加藤は「俺が先に逝ったら、(綾菜さんに)再婚して欲しいなぁって思うね」と語った。綾菜さんが母親になる姿は天国から見守るとの思いを固めているのだ。
一方の綾菜さんは、「結婚してすぐに子どもを欲しいと思ったこともあったが、加トちゃんが子どもみたいな感じなんで。子ども兼旦那さんみたいな感じ」と笑い、「可愛いので、そこで満たされている」と幸せを語った。

[出典:news.livedoor.com]

事実は小説より奇なり

いろいろと、世間から好奇の目でみられバッシングされてきた嫁綾菜さんですが、ここにきてすべての真相を語りました。
それでは加藤茶夫妻が受けてきたバッシングと噂の真相の一部始終をとくとご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

加藤茶(加トちゃん) ラジオでドリフターズの想い出を語る(最新話)

加藤茶の劣化がヤバすぎる!認知症?病気?との声に嫁加藤綾菜「ただの風邪」と否定(動画あり)

加藤茶の病状は思った以上に深刻だった!嫁、加藤綾菜はなぜそこまで嘘をつくのか

Sponsored Link

 - 芸能

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

七瀬なつみは熱狂的ビートたけし教信者だった!夫や子ども公認?

ビートたけしグッズを見せたがる女優、七瀬なつみさん 七瀬なつみさん。年齢47歳。 …

ブルーのペー!林家ペーパー子秘密衣装画像流出か!?

林家ペー、ピンクの服しか持っていない説 2015年2月4日放送の「水曜日のダウン …

ダレノガレ明美のタメ口はヤラセだった!怨念生霊怨霊の真相は?

水曜日のダウンタウンの 「タメ口をきいているハーフタレントは、歳下からタメ口をき …

生霊を飛ばすダレノガレ明美の呪いと怨霊怨念にまつわる噂

ダレノガレは生霊を飛ばせる?生霊ってホントにあるの? [お祓い済み画像] 201 …

朝倉さや 日本漬け(最新アルバム) 民謡日本一山形弁なまりうた姫の東京物語

朝倉さや最新アルバム/日本漬け なして涙ででくるんだず youtubeの全日本な …

又吉直樹 芥川賞受賞おめでとう!2015年7月16日(動画あり)

又吉直樹 芥川賞おめでとう! 良かったね! 2015年7月16日、 以前から気に …

広瀬すず(本名:大石鈴華)姉広瀬アリスを超えた人気の秘密

「広瀬すず」 人気の理由を探ってみました 広瀬すずさんは、1998年6月19日生 …

戸田恵梨香 インスタグラムのワンコと一緒の寝顔が可愛い画像

戸田恵梨香さんと愛犬の寝顔が可愛いと話題に 「ホントに可愛い!!」https:/ …

清原和博の現在 2015 スキャンダルを超えた生々しい半生(後半)

金スマSP「清原和博」激動の半生 後半 ⇒ 前半はこちら

井森ダンス動画が封印された!?その驚くべき真相とは!?

井森美幸ダンスが封印になったそのわけ もうみんなのあこがれの的だった! ぼくもあ …