Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

子どもが「ウソをつく理由」を考える

      2018/07/02

Sponsored link

「ウソをついたらダメ」と子どもに言いますが、子どもがウソをつく理由を考える必要があります。

子どもが「ウソをつく理由」にご用心 親の過剰なしつけが原因も

島沢優子2018.6.10 07:00

「ウソをつくのはダメ」と子どもに諭すのは、しつけとして当然だが、頭ごなしに叱るのはNGだ。
子どものウソには、心のSOSのサインが隠れている。

*  *  *

「日大の監督やコーチは、ウソをつかないでほしい」
「自分が選手に命令したって、正直に言ってほしい」

東京都内の小学校で5年生の担任を務める男性教諭(40)が、国語の授業で児童に自分で選んだ新聞やネット記事を発表させたときのこと。
多くの子どもが日本大学アメリカンフットボール部で起きた悪質タックル問題を挙げた。

「その日の発表では(悪質タックル問題が)一番多かった。あのタックルはひどい、怖いといった子どもらしい言葉もあったが、大半は大学側のウソを指摘していた。子どもは大人のウソに敏感だし、大人が思っている以上に本質をついてくる」

子ども自身もウソをつく。
だからこそ、ウソに対して多感になるのかもしれない。

「ウソはよくないことだと、学校では教えている。その一方で、子どもはウソをつくものだという認識で接しているのも確か。特に、日常的に頭ごなしに叱られている子どもがウソをつきやすいと感じている。失敗を親に知られないためにウソをついているように見える」(男性教諭)

学校や塾、家庭はもちろん、野球やサッカーなどスポーツでも、失敗が許されない。
そのため、自分のミスを隠そうとする。
もしくはそのことに正面から向き合えなくて、ウソをつく。

Sponsored Link

都内に住む会社員の女性(43)は、小学5年生になる長女の「ウソつきぐせ」が気になる。
テストの点が悪いと「頭が痛かったから」と弁解する。
水をこぼせば6歳下の弟のせいにする。

高価なゲーム機がなくなったときは、一緒に遊んでいた友達に向かって「○○ちゃんに貸していた」と罪をなすりつけようとした。
その子の悲しそうな表情を見て、すぐに娘本人がなくしたと気づき「また、ウソを言う! どうしてウソばかりつくの!」と怒鳴ってしまった。

「ウソをつくのは泥棒の始まりだと小さいときから厳しく言ってきたのに。怒るほうがいけないのでしょうか。悪いことは悪いと教えなきゃ、甘いとしつけにならないと思っていました」

そう言って途方に暮れる女性によると、長女が何か失敗すると父親からげんこつが飛んでくることもあるという。
男性教諭が話したように、失敗を恐れ親に知られないよう必死にウソをついているのかもしれない。

『子どものウソ、大人の皮肉』の著書がある東京学芸大学国際教育センター教授の松井智子さんは「子どものウソは、心の発達と成長の証しであり、何らかのSOSであるパターンはとても多い」と話す。(ライター・島沢優子)

※AERA 6月11日号より抜粋

[出典:子どもが「ウソをつく理由」にご用心 親の過剰なしつけが原因も(AERA dot. > https://dot.asahi.com/aera/2018060700034.html?page=1 ]

大人がウソをついているのを、子どもはちゃんと見ています。
恥ずかしい手本にならないようにしたいものです。

Sponsored Link

 - 社会

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

中国・習近平体制の「超監視社会」

中国・習近平体制 超監視社会(情報7daysニュースキャスター) 中国で5年に一 …

「産後うつ」「虐待死」の実態を知っていますか?

10年間に63人の妊産婦が「産後うつ」が原因で自殺するという東京23区。 「虐待 …

政治的圧力 VS 灘中の歴史教科書問題から学びたい「教育のあり方」を林先生が解説

林先生が解説する、灘中学校長の教科書選び 2016年に、日本有数の進学校である灘 …

銀行が人員削減で多くのエリート銀行員が「私はもう終わり」と人生を諦め始めた

大きな銀行でさえも、生き残りを賭けて人員削減をしなければいけないとのこと。 そん …

女子少年院の生活とその実態

知られざる女子少年院の実態 女子少年院を1年間”唯一”取材した「極妻」作家・家田 …

トランプ大統領就任演説 日本語訳全文【2017年1月20日】

  就任演説・第45代米国大統領 ドナルド・ジョン・トランプ(Dona …

韓国人は「文章読解力第一位の日本」に倣い漢字を使うべき

日本語と韓国語の違いについて語る、韓国人ジャーナリストの趙甲濟氏。 それは、反日 …

「うつ・パニック障害」を抱えた独身姉妹は、毒親の年金で暮らす

「高齢化する毒親から逃げられない時代が来た!?、毒親が高齢化して「ハイブリッド老 …

中国人ツアーガイドが語る「客をいかに洗脳するか」とは!?

中国人ツアーガイドが語る「客をいかに洗脳するか」の話が面白いので紹介します。 3 …

完璧主義の女性「子どもといると苦痛になる」

何でも完璧にやらないと気が済まない「完璧主義」の性格のため、子どもといることが苦 …