Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

子どもが「ウソをつく理由」を考える

      2018/07/02

Sponsored link

「ウソをついたらダメ」と子どもに言いますが、子どもがウソをつく理由を考える必要があります。

子どもが「ウソをつく理由」にご用心 親の過剰なしつけが原因も

島沢優子2018.6.10 07:00

「ウソをつくのはダメ」と子どもに諭すのは、しつけとして当然だが、頭ごなしに叱るのはNGだ。
子どものウソには、心のSOSのサインが隠れている。

*  *  *

「日大の監督やコーチは、ウソをつかないでほしい」
「自分が選手に命令したって、正直に言ってほしい」

東京都内の小学校で5年生の担任を務める男性教諭(40)が、国語の授業で児童に自分で選んだ新聞やネット記事を発表させたときのこと。
多くの子どもが日本大学アメリカンフットボール部で起きた悪質タックル問題を挙げた。

「その日の発表では(悪質タックル問題が)一番多かった。あのタックルはひどい、怖いといった子どもらしい言葉もあったが、大半は大学側のウソを指摘していた。子どもは大人のウソに敏感だし、大人が思っている以上に本質をついてくる」

子ども自身もウソをつく。
だからこそ、ウソに対して多感になるのかもしれない。

「ウソはよくないことだと、学校では教えている。その一方で、子どもはウソをつくものだという認識で接しているのも確か。特に、日常的に頭ごなしに叱られている子どもがウソをつきやすいと感じている。失敗を親に知られないためにウソをついているように見える」(男性教諭)

学校や塾、家庭はもちろん、野球やサッカーなどスポーツでも、失敗が許されない。
そのため、自分のミスを隠そうとする。
もしくはそのことに正面から向き合えなくて、ウソをつく。

Sponsored Link

都内に住む会社員の女性(43)は、小学5年生になる長女の「ウソつきぐせ」が気になる。
テストの点が悪いと「頭が痛かったから」と弁解する。
水をこぼせば6歳下の弟のせいにする。

高価なゲーム機がなくなったときは、一緒に遊んでいた友達に向かって「○○ちゃんに貸していた」と罪をなすりつけようとした。
その子の悲しそうな表情を見て、すぐに娘本人がなくしたと気づき「また、ウソを言う! どうしてウソばかりつくの!」と怒鳴ってしまった。

「ウソをつくのは泥棒の始まりだと小さいときから厳しく言ってきたのに。怒るほうがいけないのでしょうか。悪いことは悪いと教えなきゃ、甘いとしつけにならないと思っていました」

そう言って途方に暮れる女性によると、長女が何か失敗すると父親からげんこつが飛んでくることもあるという。
男性教諭が話したように、失敗を恐れ親に知られないよう必死にウソをついているのかもしれない。

『子どものウソ、大人の皮肉』の著書がある東京学芸大学国際教育センター教授の松井智子さんは「子どものウソは、心の発達と成長の証しであり、何らかのSOSであるパターンはとても多い」と話す。(ライター・島沢優子)

※AERA 6月11日号より抜粋

[出典:子どもが「ウソをつく理由」にご用心 親の過剰なしつけが原因も(AERA dot. > https://dot.asahi.com/aera/2018060700034.html?page=1 ]

大人がウソをついているのを、子どもはちゃんと見ています。
恥ずかしい手本にならないようにしたいものです。

Sponsored Link

 - 社会

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

プロ野球選手は裏カジノと縁を切りなさい!ドラッグ覚醒剤事情

裏社会ジャーナリストが警告!覚醒剤・裏カジノ 2016年4月14日放送「ヨソで言 …

「思春期の男の子はすぐ溶ける氷のような存在」息子が自殺した母の言葉

思春期の子どもたちが自殺する話を聞くたびに辛くなります。 先生の指導がきっかけで …

蔵王山噴火警報!2015 早急の避難体制を!松原照子も予言していた??

山形宮城蔵王山火口周辺警報発令! 4月13日、気象庁は、蔵王山が噴火する可能性が …

銀行が人員削減で多くのエリート銀行員が「私はもう終わり」と人生を諦め始めた

大きな銀行でさえも、生き残りを賭けて人員削減をしなければいけないとのこと。 そん …

警視庁公安部の秘密組織ZERO-日本赤軍重信房子逮捕までの軌跡

実録!!日本警察の秘密組織…極秘捜査官ZERO 「日本赤軍逮捕」 2000年11 …

弁護士が見た「泥沼不倫」ベスト3

泥沼不倫【第3位】 不倫を認めさせたい妻と、絶対に認めない不倫女の戦い 50代の …

ロシア人スパイの日本人妻は、北朝鮮「スパイ術」で日本の警察をかく乱した

「北朝鮮工作員」にされてしまう在日朝鮮人の若者たちに続く第5弾です。 ロシア人ス …

独裁国家のどこが悪い! 国民みーんな幸せ♥な君主制国家

北朝鮮・シリアだけじゃない!!いま注目すべき独裁国家 今 注目すべき独裁体制の国 …

ごめんで済まない警察の大失態!

本当にあった!警察の大失態 普段、街の安全を守ってくれる警察官。 でも、彼らだっ …

「うつ・パニック障害」を抱えた独身姉妹は、毒親の年金で暮らす

「高齢化する毒親から逃げられない時代が来た!?、毒親が高齢化して「ハイブリッド老 …