Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

【感動】熱血・男気・黒田博樹!20億円の年俸を捨てた漢の物語

      2019/05/19

Sponsored link

広島と言う小さな街に、僕を待ってくれる人がいる

広島東洋カープの黒田博樹投手は、そう考えて進路を決めました。
年棒20億円を提示したメジャーの誘いを断り、推定4億円で広島に復帰しました。

赤いグローブには「感謝」の2文字……

「野球できるのは当たり前じゃない、たくさん応援してくれる人がいる」ことに対する感謝の気持ちを忘れたくないから。「すぐ勘違いしてしまうんで」と黒田。(いつも謙虚な気持ちで取り組むことが成功の秘訣なんですね。)

去年までいたニューヨーク・ヤンキース、世界最高のチームで、黒田はエース級の活躍を見せました。

「彼の姿勢を尊敬している。とても素晴らしいピッチャーだ。努力をして何も恐れない。そんな彼が好きだ。」
by 元ニューヨークヤンキース:Derek Sanderson Jeter(デレクジーター)

メジャー通算79勝、「メジャーで最も成功した日本人選手」として知られています。

おととしの取材では、自宅はマンハッタンにありました。

一等地の最高級マンション、一流尽くしの調度品が成功ぶりを物語っています。

手に入れた最高の環境に、黒田は背を向けました。

ヤンキースではあたりまえだったチャーター機が、贅を尽くしたクラブハウスは、古巣広島にはありません。

20億円の年俸を捨てて日本に帰ってきた、絶頂期のメジャーリーガー。

広島市民の声は、「普通の人間じゃ考えられない」「金じゃない、男の筋」「広島『愛』、素晴らしい」

「男気」と言う単語は、今や黒田の代名詞になっています。

「やっぱそれだけ、期待して待ってくれる人がいるっていう、ファンの人たちがいるっていう、それがなかったら、もしかしたら違う決断になっていたと思いますけどね……」(黒田)

『プロの決断』……そこには、手にしたものを断ち切りながら前に進む、男の生き様がありました。

今年1月、ドジャース時代から家族と住むロサンジェルスで、自主トレを始めました。12月までのオフシーズンは、ボールには一切触らず、肩とひじをしっかり休ませました。それがメジャーで培ったやり方です。

ここで一から体作りを始め、広島のキャンプには遅れて合流することになっています。

慣れ親しんだロスの街。ハリソン・フォードやアーノルド・シュワルツェネッガー に普通に出会うようです。シャロン・ストーンが一番末の子供をあやしてくれたそうです。

12歳を先頭に、3人の娘がいます。日本へは単身赴任です。

「気持ちが優しくなってしまうから」と、家族はアメリカに残していきます。

2月14日、日本に帰国。広島市内で記者会見に臨みます。200人の報道陣と12台のテレビカメラ、そして金屏風が待ち受けていました。

沖縄キャンプ初日の朝、復帰後初めて赤いユニフォームに袖を通しました。8年ぶりの着心地を聞かれ、「着心地はわかんないですねえ。そんなたいして鏡見てないし……」

始まった日本での戦い、一挙手一投足に視線が集まります。大きな戦力アップに、広島カープはいち早く優勝候補に挙げられました。

40歳と言う年齢はチーム最年長、アメリカにいた間に、チームはすっかり様変わりしました。

後輩たちと、ボールを籠に当てれば勝ちというゲームをします。大きくはずれてしまいました。

練習後にできた長蛇の列。ファンにサインしています。

「意外と……普通だったと言うか、すんなりと自分たちもしゃべれましたし、いい雰囲気を作ってくれているので……」(前田健太投手)

「小さいころから見ていた選手なので、すごく話かけにくいと思っていたんですけど、むしろ黒田さんのほうから話しかけてくださったりとか……ぼくが思っていた人と逆の方でした。」(大瀬良大地投手)

「自信は?」と聞かれ、

「自信はないですね。40歳の体で投げるシーズン、初めてですから……何が起こるかわからないですし……球団の評価にこたえられる自信と言うのは現時点ではないですね。」

「初めて球を受けた會澤捕手に今日も、大丈夫か?通用するか?って聞きましたからね。」

Sponsored Link

アメリカ行きを発表したのは8年前のこと。

涙の記者会見。カープへの愛情を胸にしまい込み、高みを目指しました。メジャーでは、去年まで、5年連続の二けた勝利。抜群の安定感を見せました。

しかし、苦労知らずというわけではありませんでした。無残に打ち込まれ、罵声を浴びたこともあります。闘う毎日、準備と調整に心を砕きました。

相手打者の対策をまとめた自筆のノート。メジャー全30球団、250人以上のデータが網羅されています。日本では「ミスター完投」と呼ばれましたが、その称号はあっさりと手放しました。(日本球界11年間で74完投、メジャー7年間で6完投)

代わりに重視したのは、クオリティースタート(QS)数値。6回以上を自責点3以内に抑えれば、先発の責任を果たしたとみなされますが、黒田はその数字がすこぶる高いのです。昨シーズンはメジャートップクラスでした。(日本人投手の2014メジャーリーグQSランキングは、黒田博樹11位、岩隈久志26位、田中将大28位、ダルビッシュ38位)

「点を取りたくなる、取ってあげたくなるピッチャー、このピッチャーに勝たせたいと思うピッチャーとそうでないピッチャーが存在して……黒田は明らかに前者。」(イチロー)

3月、広島での最終調整。街は歓迎ムード一色。開幕カードのチケットは、わずか2日で売り切れました。

黒田は、毎朝毎朝、全体練習の90分前には球場入りします。

グラウンドに出る前に、かかさずトレーニングルームに向かいます。メニューは毎日同じ。チューブとマシンとバランスボール。

骨盤と股関節の動きを気にしながら、1時間以上かけてていねいに行います。見込まれる初登板はデーゲーム、食事や寝起きなど、生活のリズムなどをそれに合わせます。

ピッチャーライナーが頭にあたって以来、首の治療が欠かせません。(6年前のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦)今も後遺症に苦しんでいます。

3月8日オープン戦の初マウンド。ストライクゾーンやマウンドの高さ、ボールの感触、縫い目の高さなど、日米の違いはけっこうあります。

しかし黒田は、打者13人をパーフェクトに抑えました。特に、左打者の内角に投じるツーシーム、通称「フロントドア」が衝撃的でした。

投球を見た桑田真澄は、「コントロールいいね。」「左右のボールゾーンからストライク入ってくる。打者には、ホームベースではなく、バッターボックスのラインくらいホームベースが大きく感じてしまう。」と説明します。魔球。ツーシーム。普通の人と握り、投げ方が違うようです。

背番号15は7年間空いていました。広島カープは復帰を信じ、黒田はそれに答えました。他球団からのオファーは一切なく、誰もが認める相思相愛でした。

ロッカールームを訪ねると、グローブがいっぱいあります。いろいろ試してみるそうです。スパイクにもこだわりがあります。

1975年、大阪府生まれ。父はプロ野球選手、母は砲丸投げの選手でした。上宮高校時代の背番号は17、ずっと控え投手でした。大学時代に才能を伸ばし、1996年ドラフト2位(逆指名)で広島カープに契約金1億円で入団。好きな言葉を聞かれ、「苦しまずして栄光なし」

そして今、単身赴任で、2度目の広島暮らし。夕食は外で食べることが多いです。日本のコンビニはいろんなものが置いてあってテンションがあがるとか。

本音としては「早く辞めたい」だそうです。「マウンドにあがるのがしんどい」そうですね。確かに、もう40歳ですからね。練習後の日課は、マツダスタジアム内にある、疲労回復風呂。体調は万全、あとは投げるだけです。

人生には、持つものを手放さなければ、前に進めない局面があります。20億円という大金と、アメリカでの安定を捨てた黒田は、いったい何を得たかったのか?

その答えは、マウンドにありました。スタジアムに駆け付けたファンの、家族を迎えるような声援に、黒田は応えました。7回無失点、初勝利、広島にヒーローが帰ってきました。

[出典:情熱大陸]

Sponsored Link

 - 感動

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

島田洋七の現在|漫才ブームの頂点を極めた男の栄光と転落人生

  島田洋七の栄光から没落 [しくじり先生 俺みたいになるな] まとめ …

【感動実話】奇跡の結婚式~意識不明の婚約者へ捧げた愛の物語

これが本当の永遠の愛 意識不明からの回復 8年越しの結婚式 忘れられない結婚式 …

脱獄王スティーブン・ラッセルの実話がドラマチック過ぎる件

アメリカ 脱獄王の真実 IQ160 4度の脱獄 奇想天外な脱獄の手口とは!? & …

【感動実話】浅香航大をヤンキーから立ち直らせた先生

俳優・浅香航大 ヤンチャな人生を変えたのは? 俳優 浅香航大 [出典:www.o …

【感動物語】難病女性を救った運命の出会い!

難病女性の運命を変えた偶然の連鎖 容赦なくせまる命のタイムリミット 2015年1 …

【感動】難民になった猫 クンクシュ 生き別れから奇跡の再会!!

毎日新聞[2018年8月27日]の記事より   難民になったねこ クン …

【感動】氷の上で身動きとれない子鹿を救った驚くべき方法

氷上でつるつる滑って動けなくなったシカを助けたヘリパイロットの機転 2007年冬 …

【感動動画】 飼い猫タラちゃんが犬に体当たり、子どもの命を救う! 【全米が泣いた】

子供を犬から救った猫 タラちゃん 猫が猛犬に体当たり、飼い主の子ども救う 米カリ …

金メダリスト小平奈緒選手に結果を求めないで支えた相沢病院理事長の話

多くの感動を残した平昌オリンピック。 中でも、スピードスケート女子500メートル …

ブライアン・バンクス 冤罪事件の真相

母に誓った約束 黒人青年の夢 ブライアン・バンクス 今から14年前の2002年、 …