Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

政治的圧力 VS 灘中の歴史教科書問題から学びたい「教育のあり方」を林先生が解説

      2018/01/16

Sponsored link

林先生が解説する、灘中学校長の教科書選び

2016年に、日本有数の進学校である灘中学や麻布中学が「ある歴史の教科書」を授業に採用したところ、「なぜあの教科書を採用したのか」「こんな母校には一切寄付しない」といったクレームが学校に殺到しました。
採用した教科書は検定を通ったものなのに、なぜ問題となったのかというと、それは慰安婦問題について記述された唯一の教科書を採用したからでした。

慰安婦問題には、日本と韓国が長年抱える主張の相違がある

韓国では、市民団体が各地に少女像を設置するなど、慰安婦問題の抗議行動を展開し、今年8月には、ソウルの路線バス車内にまで少女像を設置しました。
一方、日本では、日本の歴史教科書に「慰安婦問題」に関する記述が入っていること自体を批判する人たちがいます。

灘中学の和田校長に実際に届いた手紙の中には、「反日教育をする目的はなんですか?」「反日極左の教科書だ」などと過激な抗議内容がありましたが、こうした批判に対して灘中学の校長が、ある文章を発表しました。
「政治的圧力だと感じざるを得ない」と、教育現場への政治的圧力を感じたことを告白した文章が波紋を呼び、歴史教科書に関する意見の対立を露呈する出来事となったのです。

この問題に関する林先生の考え方は?

まず林先生は、そもそも韓国側の主張を認めている人間ではありません。
バス事件のやり方も、個人的にはどうなのかなと感じています。

これをどういう風に教えれば良いのかということについても、専門家が話し合って決めるべきことだと林先生は考えています。
和田校長の言う通り、検定を通った教科書の中から選んだ、「教育の現場で使って良いですよ」と専門家の方々が決めたものであり、「これなら良いですよ」と言われている範囲の中から選んでいるのに、なぜ第三者がぐちゃぐちゃ言うのかと。

灘中学が選んだ理由を解説

普通の教科書は、中学3年間で教え切ることを目標にしています。
そのため、高校受験に直結するように知識を簡単にまとめてあるものが多いです。

ところが灘の場合は中高一貫です。
中学高校の6年間かけて、じっくり教えれば良いのです。

同様に採用している学校も中高一貫の学校で、そう考えると、「じっくりと教えやすい教科書だから選んだ」というだけのことなのです。
「慰安婦問題が載っているから選んだわけではない」のだと。

Sponsored Link

にも関わらず、今回は市会議員・県会議員から圧力がかかったので、それを「こんな風に圧力がかかっています」と極めて冷静に示された姿は、”屈することなく静かに戦う姿勢をみせた”のです。
向こうがどういう状況でこういうことを言っているのかということをきちんと調べ、状況を整理して、決して高ぶらせることなく「これについては私たちは何も間違ったことをしていない」と堂々と発表された、「こういう姿を見せることが教育だと、僕は思うんです」(林先生)
これを受け取った生徒たちは「うちの校長は、きちんとこういうことが出来る人だな」と敬意を持ち、「自分も頑張ろう」と思うようになるのです。

林先生は常々「教科書は全て正しい」という考えは危ういと言います。
教科書はあくまで「きっかけ」です。
そこからどこを深く掘り下げるのか、「違う考え方はないのか」と自分なりに学ぶことが大切なのだと林先生は言います。

灘中 和田校長の文章の中で林先生が最も心に残ったこと

和田校長は文章の中で「4つの圧力がかかっている」ことを書いています。
それは「政府による新聞やテレビ放送への圧力」「学校教育に対して有形無形の圧力」「安保法制に関する憲法の拡大解釈と、緊急事態法にも似た法律が取り沙汰されている現実」「ヘイトスピーチを振りかざす民間団体が幅を利かせている現実」
この4つの圧力に囲まれた国民が、押し込まれそうになっているのではないかと、和田校長は反論したのです。

戦後、日本は自由な世の中でいろいろな発言ができると思われていましたが、いつの間にかいろんなことに対して、忖度しなければならないようになっています。
「では、こういう圧力がかかったときに、どう立ち向かうのが良いのか、その戦い方、静かに戦う姿勢を見せてくださった和田校長は本当に尊敬に値する」(林先生)。
[出典:2017年9月24日(日)放送「林先生が驚く初耳学!常識を覆すイマドキの教育ベスト10」]

Sponsored Link

 - 社会

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

モンスターペアレントの赤裸々な実態18例を紹介

「モンスターペアレント」という言葉もすっかり定着しましたが、実際に出会いたくはな …

発達障害の子は「僕、死ねば分かってもらえたのかな」とつぶやいた

本人の努力では如何ともし難いことを要求するのは酷なことです。 障害とはそういうも …

北朝鮮の脅威はミサイルだけでなく、ハニートラップならぬプリンストラップも!?

北朝鮮のミサイル問題は、世界が直面する恐るべき脅威です。 アメリカのドナルド・ト …

【速報】清原被告初公判《情状証人》佐々木主浩氏会見ノーカット

2016年5月17日。覚せい剤取締法違反罪に問われた清原和博被告(48)の初公判 …

「将来の天皇の義兄」だからこそ厳しく見つめる紀子様

眞子様の結婚問題にご心労の紀子様は、眞子様や佳子様を厳しく育ててこられました。 …

完璧主義の女性「子どもといると苦痛になる」

何でも完璧にやらないと気が済まない「完璧主義」の性格のため、子どもといることが苦 …

「アルマーニ」とは真逆・大阪の公立小学校「みんなの学校」の感動話

「みんなの学校」と呼ばれる大阪の公立小学校をご存知でしょうか。 制服を「アルマー …

現代の日本で梅毒患者が急増する原因は「出会い系アプリ」!?

現代の日本で梅毒患者が増えています。 原因はSNSの「出会い系アプリ」が考えられ …

中国・習近平体制の「超監視社会」

中国・習近平体制 超監視社会(情報7daysニュースキャスター) 中国で5年に一 …

なぜ先生は『イスラム国』遺体画像を名古屋市小5児童に見せたのか?

小5授業で「イスラム国」遺体画像 名古屋市教委、謝罪 のニュースに思うこと [出 …