Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

眞子様の結婚に小室家の「贅沢」「たかり体質」が心配される

      2018/03/27

Sponsored link

眞子様と小室圭さんとの結婚が延期になった背景には、小室家の借金問題がありました。

小室圭母子の致命的欠陥は贅沢とたかり体質 2018年03月03日 22:00

八幡 和郎

今週の各週刊誌は、結婚延期でなく中止だという流れだろうという各マスコミの報道もあってか、眞子様が抵抗されているとか、紀子さまとすきま風が吹いているとか、LINEで小室氏と連絡を取っているとか、すんなり辞退してくれないという小室氏に関係者がため息をついているとかいうものが多かった。

ところで、この眞子様と小室氏との結婚がなぜ皇室にとっても困るし、眞子様にとっても不幸なものになりそうかといえば、小室氏の母親のトラブルとか、母親の信心をめぐる問題とか、父親と祖父の自殺とかも心配だが、根本的な問題は、経済的に元内親王として品格を保ち、期待される役割を果たしていっていただくことがいまのところ絶望的だと言うことだと思う。
そこをもう少し考えるべきだ。

眞子様は結婚されても皇室と関係なく庶民としての生活を送られるわけではない。
テロや誘拐、変質者に狙われやすい立場だから、必要に応じてSPがついたりもするが、まず、それなりにセキュリティの高いお住まいに住んでもらいたい。

公務をされないとはいえ、宮中の行事や親戚とのお付き合いに呼ばれる。
黒田清子さまでもそうだが、皇族や旧皇族関係の人が減っているなかで、伊勢神宮祭主とか準公的な名誉役職につくことが切実な問題として期待されているのだから、実家にそれなりの資産があって、配偶者もエリートサラリーマンとして程度の収入がないと成り立たないのである。

黒田さんの場合は、学習院に子供の時から通っていたというのだからそれなりの資産があり、母親が住んでいるのもいわゆる億ションであり、都庁のエリート職員だから安定しているし、将来において黒田氏は皇室関係者としての仕事についてもこなせそうである。
ただ、それでも、お子様がおられたら、庶民並みの教育というわけにもいかないだろうから、大変だったと思う。

昭和天皇の皇女が、東久邇、鷹司、池田、島津。
三笠宮家が近衛、裏千家といったところと結婚されているのと比べれば大違いだ(これらの方も戦後はたいへん苦労されたが、これは異常事態のなかでの話だ)。

それと比べると、小室家は庶民的なマンションに住み、母親にはパート程度しか収入がなく、祖父を抱えている。
そして本人はパラリーガルという弁護士のアシスタントだから、いまや弁護士でも過剰で生活苦と言われるなかで、大企業サラリーマンのように将来の年功序列での昇給が望める仕事でない。
そして、かつて勤めていた銀行でも現在の事務所の関係者からも、残念ながらあまり有能という評判は聞こえてこない。

私は宮内庁で語学を生かした仕事でもお世話するのも一案という、「もし結婚するとすれば本人の経歴と能力に応じて」という条件下での提案をしているが、その場合でもあまり明るい見通しはいまのところ立っていない。

なかには、アメリカに夫婦で留学してMBAでもとったらという提案をする人もいるが、その原資は眞子様に税金から支払われるであろう1億6000万円の一時金から出すしかなさそうである(支援者をみつけるという手もあるがろくなことはあるまいし、皇室関係者がそういうことをすることは好ましくもない)。
当然、住むところもこの一時金、目当てになるだろうから、1億6000万円は最初の数年で使い果たしてしまいかねない。

Sponsored Link

眞子さまも働けばという人もいるが、少なくとも、これまでのところ、キャリアウーマンとしてバリバリ仕事をするというようには育てられないし難しいのではないかという人が多い。

そこで、公務を引き続きしていただいて給与を払う仕組みをつくってはとかいう提案を私はしているが、それは、配偶者に少なくとも普通のエリートサラリーマン程度の収入と実家のことを心配する必要はない程度の資産があるならそれでやっていけるだろうが、小室氏の場合には当てはまらない。

しかも、小室氏やその母親が実直で簡素な生活をしてきたのかといえば、まったく違う。
自殺した公務員に残された母子家庭が、祖父が父親の後追い自殺したがゆえに手に入った少しの遺産、住宅ローンについていた生命保険でそのまま住めたマンション、わずかばかりの遺族年金、それに母親のパート収入という状況で、インターナショナル・スクールに通い、都内の私立大でも授業料が高いICUに入り、自宅通学が無理なのでやはりかなり高額といわれる寮に入り、アメリカに私費留学し、アナウンス学校に通いといった、かなりの高所得者でも躊躇する超贅沢な学業をしている。

当然に背伸びしているので、母親が金回りのよい男性と婚約して、必要金額以上の金を無心していたのである。

もし、小室氏が同様の家庭環境で、公立高校から国公立大学に進み、アルバイトしながら大学を出て、語学も工夫しながらエコノミーに学び、まっとうな就職をしているというなら、それでも眞子様との結婚がなんとかうまくいくように工夫し応援したいが、小室氏母子の過去の行状からすれば、そんな気も起きない。

さらに、これからも母子ともに経済的なサイズに合わない贅沢な生活をし、おねだりをすることもありうると予想しても失礼ではあるまい。

また、どう考えても1億6000万円を当てにせざるを得ないし、それも早々に使い切りかねない客観状況である。
そして、そもそも、税金から払われる一時金が、母子の非常識な生活を支えることを想定したものでなく、元皇族としての品格を保ち、準公務のようなこともこなしていただくことが目的であることを考えれば、支出の正当性も問われるのではなかろうか。

そうなれば、一時金制度の見直しも視野に入れた議論が必要になってくるのではないかと思う。

八幡 和郎
評論家、歴史作家、徳島文理大学教授
滋賀県大津市出身。
東京大学法学部を経て1975年通商産業省入省。
入省後官費留学生としてフランス国立行政学院(ENA)留学。
通産省大臣官房法令審査委員、通商政策局北西アジア課長、官房情報管理課長などを歴任し、1997年退官。
2004年より徳島文理大学大学院教授。
著書に『歴代総理の通信簿』(PHP文庫)『地方維新vs.土着権力 〈47都道府県〉政治地図』(文春新書)『吉田松陰名言集 思えば得るあり学べば為すあり』(宝島SUGOI文庫)など多数。

[出典:小室圭母子の致命的欠陥は贅沢とたかり体質(アゴラ > http://agora-web.jp/archives/2031393-3.html ]

将来の皇族の親戚になるかも知れない方が、「贅沢」「たかり体質」というのは問題です。
眞子様や秋篠宮ご夫妻が傷つかなければいいがと心配してしまいます。

Sponsored Link

 - 社会

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

kanshikamera
中国・習近平体制の「超監視社会」

中国・習近平体制 超監視社会(情報7daysニュースキャスター) 中国で5年に一 …

kounotaro
【永田町劇場】「総理になれない家系」河野太郎氏は総理になれるのか?

「POST安倍」……次の総理は誰なのか? 数人の総理・総裁候補がいる中、麻生副総 …

shisyunkidanshi
発達障害の子は「僕、死ねば分かってもらえたのかな」とつぶやいた

本人の努力では如何ともし難いことを要求するのは酷なことです。 障害とはそういうも …

shisyunkidanshi
「アルマーニ」とは真逆・大阪の公立小学校「みんなの学校」の感動話

「みんなの学校」と呼ばれる大阪の公立小学校をご存知でしょうか。 制服を「アルマー …

141220_006
今後の地震予想・予知・発生確率 全国地震動予測地図 2014年版

2014年度全国地震動予測地図発表【地震調査委員会】 今後30年以内に、震度6弱 …

kirawareru
スクールカウンセラーは子どもたちの本音を引き出す「通訳者」

誰にも言えない悩みを抱えている思春期の子どもたち。 SOSを出しているのに、周囲 …

doping
ロシア陸上界 衝撃のドーピング事情

現役選手が告発!ロシア陸上界のドーピングを暴く! ロシアの闇に潜む禁断のドーピン …

koushitu
小室圭さんと母が元婚約者に送った6通のメールの内容

小室圭さん母の元婚約者が話す、小室母子からのメールの内容です。 「小室圭君と母が …

spy-1
北朝鮮工作員はタバコを買いに来る感覚で日本に潜入する

北朝鮮、ミサイルより恐ろしいのは「浸透工作員」だった に続く第2弾です。 今回は …

ianfuzou
政治的圧力 VS 灘中の歴史教科書問題から学びたい「教育のあり方」を林先生が解説

林先生が解説する、灘中学校長の教科書選び 2016年に、日本有数の進学校である灘 …