Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

美しい日本語能力検定!明日から使えるうんちくア・ラ・カルト

      2018/09/26

Sponsored link

間違いだらけの日本語 正しい使い方を知っておこう

 

実は意外と知らない日本語

日頃、私たちは、正しい日本語を話しているようで、間違って使っている場合が多いですよね。
芥川賞受賞作家の羽田圭介さんは、高校生の時に小説家デビューしました。

小説家が小説を書いた後、文字や文章の誤りや不備などを正す「校正」という作業を受けますが、羽田さんが初めて書いた小説は赤字だらけでした。
自分が、「間違いだらけの日本語を使っていた」という衝撃を受けたそうです。
日本語を、ただ使えば良いのではなく、正しい意味を知って使うことは大切ですよね。

使い方は正しい?間違い?

次の言葉の使い方は、正しいでしょうか、間違っているでしょうか?

1

 

■自宅編
食事の時、「あっはっはっは」と大声で笑うお父さんに、娘が、「お父さん、【爆笑しすぎ】」
テストで100点だったので、「美味しいものを食べに行くか?」というお父さんに、娘が、「お父さん、【太っ腹】」

■会社編
会議で結論がなかなか出ない時、「ちょっと【煮詰まって】ますよね」
「明日までに会議の内容をまとめておいて」と部下に指示する上司が、「ムダなとこ、【割愛】しといていいから」
入社して2ヶ月の新人が大変な仕事を頼まれ、「【役不足】ですが、やってみます」
帰宅する課長と部下の会話、「課長、【お疲れ様でした」、「ああ、【ご苦労さん】」

■外食編
家族で高級料理店に来て、お母さんが、「私たちには、【敷居が高い】気が……」
高級料理をもりもり食べる子どもたちに、お母さんが、「まったく、【食い意地が張ってる】んだから」
夫に、子どもたちの食い意地は母親譲りと言われ、ふざけて高級フグを注文しようとした妻に、夫が、「お前それ、【確信犯】だろ」

注目ワードは全部で10個

「爆笑」
「役不足」
「敷居が高い」
「太っ腹」
「お疲れ様」
「食い意地が張る」
「煮詰まる」
「ご苦労さん」
「確信犯」
「割愛」

Sponsored Link

「爆笑」

「爆笑」とは、みんなで一緒に笑う事が本来の「爆笑」
一人の場合は、「大笑い」。

「太っ腹」

「太っ腹」とは、度量が大きいという意味なので、正しい使い方です。

「煮詰まる」

なかなか話が進まないことは、「行き詰まる」になります。「煮詰まる」とは、「料理が出来上がる」ということで、「話が結論に達した」ということになります。

「役不足」

「役不足」とは、「割り当てられた役に不満を抱くこと」という意味です。謙遜のつもりで言ったことが、正反対の意味になることもあるので要注意です。

「お疲れ様でした」「ご苦労さん」

「お疲れ様でした」「ご苦労さん」は正しい使い方です。「ご苦労様」は、目上の人から目下の人に使う言葉です。「お疲れ様」は、同僚、目上の人に対して使う言葉です。

「割愛」

aktuai

文化庁調べで、「割愛」を「不必要なものを切り捨てる」の意味で使っていた人は、全体の約65%でした。
「割愛」とは、「本当はカットしたくない、大事な部分を、泣く泣く仕方なしにカットする」ことを言います。なので、ムダな所は割愛ではありません。

「割愛」・・・惜しいと思うものを、思いきって捨てたり、手放したりすること。
愛があるということですね。

「敷居が高い」

「敷居が高い」とは、「その店に、過去に不義理をしたから入りにくい」という意味なので、「値段が高いから入りにくい」の意味で使うと誤解されてしまいます。

「食い意地」

「食い意地」は正しい使い方です。

「確信犯」

kakusinhan

お母さんが、悪いこととは知りつつもやろうとしている場面でお父さんが使っていますが、間違っています。
「確信犯」とは、「宗教的に、思想的に、絶対正しいと本人は思い込んで悪いことをする」という意味です。
「テロリストが、信念に基づいて、正しいと思い込んでする犯罪」が「確信犯」です。

「他人事」

「言葉は多数決」だと池上さんは言います。いくら正しくても、みんながそうじゃないと思っていたら、「それは間違っている」と言われてしまうのです。
「言葉は生き物」だから、「言葉は変化していく」……
日本語がどんどん変化していくのは、日本語が「生きた言葉」として使われているからなのです。

たとえば、「他人事」をどう読みますか?
「ひとごと」「たにんごと」……
もともとは、「人事(ひとごと)」だったのが、人事(じんじ)と間違われるため、「他」を加えて、他人のこと、「ひとごと」にしたのです。
そんなこんなで、「たにんごと」という言葉が定着していったのです。

[出典:2016年2月13日放送「池上彰のニュースそうだったのか!!2時間スペシャル」]

Sponsored Link

 - 雑学・豆知識

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

京都大学・鎌田浩毅教授の提言「読書を苦痛から楽しみに変える方法」

漫画ならすいすい読めるのに、活字だけって難しいですね。 そんな私みたいな読書苦手 …

アナタは好かれる人、それとも嫌われる人!?

あなたは人から「好かれる人」か「嫌われる人」か!? あなたの普段の何気ない行動で …

足首の捻挫を正しく早く治す方法・ねんざを甘くみてはいけない!

ねんざの大誤解!30年後に手術するはめに!? 今回のテーマは、『足首のねんざ』 …

【どっちがお得?】飛行機や新幹線の座席「窓際?」or「通路側?」

心理学・植木先生>>> 窓側の方が得 同じ広さの席の物理的&心理的空間を研究した …

知らなきゃよかった!?お医者さんの本音……ドクター10万人に聞きました

医師10万人にアンケート!お医者さんの本音とは? お医者さん同士が情報交換できる …

人に優しい雑学~帝国ホテル電話オペレーターの秘密

帝国ホテルの電話オペレーターがお客様に笑顔で応対するためのやさしい工夫とは? 1 …

今日使える雑学~水面から顔を出したワニ……水面下でどうなってる?

「水辺のギャング」、「最強の水棲生物」と言われるワニ! 川の水面から顔を出し、鋭 …

藤井聡太四段と伝説の棋士「小池重明」を巡る因縁(やりすぎ都市伝説SP 2017秋)

インパルス・板倉俊之プレゼンツ「藤井四段と伝説の棋士を巡る因縁」 藤井四段が学ぶ …

歴史を変えた江戸を生きた凄いヒロイン

歴史を変えた!「江戸を生きた凄いヒロインBEST3」 歴史学者が選ぶ日本の歴史を …

マルサの男たち!! 国税局査察官のガサ入れの実態を大暴露

元マルサに聞く 国税局調査部のウラ側   脱税は絶対許さない!元マルサ …