Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

【感動】武蔵野美術大学の学生によるファンタジーなプロジェクト

   

Sponsored link

武蔵野美術大学は、東京都小平市にある私立大学です。

1929年に、東京都武蔵野市吉祥寺に「帝国美術学校」が創立され、1935年に「多摩帝国美術学校(現在の多摩美術大学の前身)」として分離独立し、1948年に武蔵野美術学校に改称、1962年に現在の「武蔵野美術大学」を設立しました。通称:武蔵美(むさび)

東京五美大は、多摩美術大学、武蔵野美術大学、東京造形大学、女子美術大学、日本大学藝術学部になります。

未来のアーティストを目指す学生さんたちが、全国の小・中・高等学校を回って黒板に絵を描いてくるのが、「黒板ジャック」・「旅するムサビプロジェクト」
⇒ http://tabimusa.exblog.jp/

お金をもらうわけではなく、芸術の素晴らしさ、楽しさを伝える、「芸術の伝道師」
実際にその絵を見て感動し、武蔵美に進学して母校に凱旋する人もいるくらいのクオリティ。

苦労して書いても、授業で使う前に消されてしまう「一瞬の芸術作品」ですが、見て感動した子供たちの心には、「一生の宝物」として記憶されることでしょう……

Sponsored Link

150305_001

2011年からスタートしたこのプロジェクトは、12の学校で120を超える黒板に「作品」を残してきました。
中学校を卒業する生徒たちのために、担任の先生と描く内容を相談します。
登校してきて黒板を見た瞬間、「ナニコレ!」と驚く顔を想像しながら描くのも、楽しみのひとつ。

3年1組は「虹」をテーマに描いていますね。「それぞれがそれぞれの道を歩いていく」といったイメージでしょうか。
前の日に学校に来て描いている様子です。結構、体力使いますね。

「何これ、めっちゃすごい」「黒板じゃなくなってるし」「リアルすぎて、つま先から感動」

3月4日午前8時前、埼玉県の朝霞第四中に登校してきた生徒たちが次々に声を上げました。

それもそのはず。3年生5クラスの黒板と廊下の窓にアートが突然現れたのです。

3年2組、“卒業おめで「鯛」”という意味だそうです。

3年3組、「海の教室」ということで、生徒の数と同じ魚が泳いでいるそうです。

3年4組、学校と言えば「給食」。みんなが楽しみにしていましたね。

3年5組、花言葉「ユリは純潔、月桂樹は栄光」だそうです。

今回は、特別に窓ガラスにも描きました。テーマは、「めで鯛」です。キットパスという画材で窓ガラスに描いたそうです。
ある日突然、学校が「ギャラリー」になるなんて素敵ですよね。

これを見た生徒の中から、未来の「アーティスト」が出てくるに違いありません。これからも、ムサビ生の活躍に期待大です。(S.A.)

 

Sponsored Link

 - 感動

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

【感動実話】トムワトソン キャディ ブルースエドワーズ物語

伝説のゴルファーが語る奇跡の友情 天国のキャディへ   トム・ワトソン …

脱獄王スティーブン・ラッセルの実話がドラマチック過ぎる件

アメリカ 脱獄王の真実 IQ160 4度の脱獄 奇想天外な脱獄の手口とは!? & …

【感動実話】ワンタンの恩返し☆全中華が泣いた!

一杯のワンタン麺のお礼に中国人男性がした、23年越し奇跡の恩返しの実話が感動的! …

ジョアン・ミルン 人工内耳手術でアッシャー症候群克服!感動物語

音によって人生を変えた女性 現代のヘレン・ケラー ジョアン・ミルン(Joanne …

【感動】下地一明 現在|奇跡バスケットボールコーチ物語

奇跡のバスケットボールコー 今から9年前の2007年3月24日、プロバスケットボ …

【感動秘話】とにかく明るい安村!! その嫁の知られざる素性とは

「とにかく明るい安村」を支えた妻からの手紙に感動! 奥さんに対する疑問 2015 …

【感動!!希望!!】緊張症でも歌手になれる!!!クリストファー・マロニー感動物語

全英感動 超弱気の緊張男が奇跡の歌声!! イギリスのオーディション番組『Xファク …

【感動】永六輔が遺した永遠の言葉 名言金言

前向きに…生で思い出したい永六輔が遺した言葉たち 人は二度死ぬんだよ 古舘伊知郎 …

愛は死を超えて…最高齢現役医師 梅木信子さん感動物語

奇跡の愛が残した生きる道★運命に翻弄された壮絶人生 一枚の写真に隠された 一枚の …

森田三郎さんの谷津干潟感動物語

一人の男の行動が国を変えた!感動のエピソード 始まりは新聞記事 新聞配達店で働い …