Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

高校生の息子のゲイ告白と母が26年隠していた秘密

      2018/05/09

Sponsored link

高校生の息子から「自分はゲイかも」と告白された母親。
彼女はその告白で救われたと言いますが、なぜ彼女は救われたのでしょうか?

「ゲイかも」息子の告白に救われた母 25年家族に隠したある秘密

2018年04月07日 原田朱美

「ゲイかもしれへん」。高校生の息子から告白され、「救われた」と話す女性がいます。
そこには、家族にも誰にも話せなかった、女性のある「秘密」がありました。
(朝日新聞デジタル編集部記者・原田朱美)

息子の告白

その女性とは、Cさん(49)。
埼玉県にある川沿いの街に住んでいます。
夫と大学1年生の息子と暮らす、ごく普通の主婦です。

Cさんと息子は、普段から仲が良く、リビングのコタツでいろんな話をします。
あれは、2016年の秋ごろ。
息子はいつもの場所に座り、当時通っていた高校の授業で読んだという、小説の話をはじめました。

「オレンジだけが果物じゃない」(白水社)
ジャネット・ウィンターソン著

物語の中に、同性愛者が登場します。
感想をあれこれと語り合うなかで、息子がさらりと口にしました。

「自分もゲイかもしれへん」

勇気を振り絞ってとか、意を決してとかではなく。
ごくごく自然な告白でした。

一家は10年前まで滋賀県に住んでいたので、家でリラックスして話すときは、だいたい関西弁です。

「なんや、全然知らへんかったわあ。ママそれ聞いてうれしいわあ」

Cさんは、思わずこう口にしていました。

もちろん「差別されないか」「今後つらい目にあうんじゃないか」という不安がないわけではありません。
その一方で、うれしかった。

「私の心に、ぱあっと青空が広がった気がしたんですよ」。

記者にそう話すCさんの声は、少し震えていました。

「息子の告白を聞いて、私も自分の気持ちにフタをしなくていいんだ。ああ、助かった。救われたって」

Cさんは、続けて息子にこう告げました。

「実はママも、女の人の方が、好きかもしれへん」

「へーえ」

息子は、やっぱりいつもどおりの穏やかな顔で、受け止めてくれました。

心にフタをした結婚

Cさんは、滋賀県の古い街に生まれました。
両親の仲が悪く、難しい家庭でした。

恋愛結婚で苦労した両親の二の舞いになるのが怖く、「結婚に恋愛感情を持ち込まない」と、心に決めていました。
結婚への夢や憧れは、ありません。
「結婚は家と家がするもの。相手は『嫌いじゃない』程度なら、親が薦める人でいい」。

同世代と比べて古くさい考え方だと知っていましたが、親が求める理想を実現させてあげれば、親も自分もうまくいくと思っていました。

思春期のころ、Cさんが好きになった同級生は、女子でした。
でもそれは、「女の子にはよくあること」。

27歳の時、親の薦めに従って、今の夫と結婚します。
「LOVE」がなくても「LIKE」な相手なら、十分だと思っていました。

Sponsored Link

式の直前、ふたりで祭りに出かけた時のこと。
夫が、Cさんの手を握りました。

「すごく、嫌」

自分自身の反応に、戸惑いました。
そして、キスもしないまま、結婚式の日を迎えます。

2次会で参列者たちが、無邪気に新郎新婦のキスを求めました。
やっぱり、嫌。
「ああ、この結婚はダメだったかもしれない」
と、はっきり自覚します。

「どうしよう。どうしよう」

同性が好きかもしれないなんて、怖くて誰にも言えません。
結婚生活を維持しなければ。この気持ちにフタをしなければ。
一時的なものかもしれないし。
女性が好きなわけがない。そんなことは、許されない。

ストレスとの関係はわかりませんが、
まもなく、ぜんそくを患いました。

結婚から5年後、息子が生まれました。
「跡取りを産まねば」と思っていたので、役割を果たしたという安堵(あんど)が、どこかにありました。

ただ、フタをしたはずの思いは、消えません。

気がつくと、本屋で同性愛について書かれた本を手に取っていたり、レズビアンであることを公言している人のブログを読んでいたり。

ぜんそくは、いっこうに治らず、結婚生活と同じ期間、今に至るまで、薬を飲み続けています。
主治医からは、「大量の薬を飲んでいるのに、なかなか症状をコントロールできない患者は珍しい」と、言われました。

人生を肯定して死ねる

Cさんが息子の告白を聞いて「救われた」のは、20年以上押さえつけていた自分の心でした。

「息子が、自然と自分がゲイであると認めるのを聞いて、『ああ、なんだ。同性を好きでもいいんだ。そういう気持ちがあってもいいんだ』って」

「もっと早く気付けば良かったのかもしれませんが、これで自分の人生を肯定して死ねるのが、うれしい」

ただ、夫は、なにも知りません。

「絶対ムリです! 言えるわけがない!」

自分と同じく古い家で育った人なので、妻と息子が同性愛者かもしれないという事実を受け入れられるとは、思えません。
息子も、父親には当面言う気がないようです。

夫との関係は、ずっと前に冷えています。
自分のことしか考えていないかのような夫の言動に、いらつくこともあります。

「ただ、夫には申し訳ない気持ち。私も愛情が希薄でしたから。もっと頼ったり甘えたりしたら、よかったのかな。結婚したら急に病気になった私を、心配していたかな。私の言動で、彼を傷つけたこともあったのかな」。

近い将来、息子が独立した後、夫と向き合い、関係をどう立て直すのか。
「これからが正念場」と、Cさんは笑います。

実は、「結婚しているレズビアン」は、珍しいわけではありません。
レズビアンのコミュニティでは、「主婦レズ」といった呼び方をされています。
結婚するにいたった経緯は、人それぞれですが、家族に隠し、ひそかに集まる人たちもいます。

Cさんに「他のレズビアンの当事者に会ってみたいと思いますか」と、聞きました。

「思います!」

Cさんは、勢いよくこたえた後、「でもやっぱり、怖いかな。怖いなあ……」と、うつむきました。
「家族を、なんとか保っていきたいんです」

レズビアンの人たちと会うことで、自分の知らない部分がムクムクと育ってしまったら、どうしよう。
思いが育ちすぎた時、自分がどう変わってしまうのか、想像もできません。

20年以上押さえ続けた「フタ」は、もうありません。

[出典:「ゲイかも」息子の告白に救われた母 25年家族に隠したある秘密(ウィズニュース > https://withnews.jp/article/f0180407001qq000000000000000W03j10101qq000017126A ]

昔からあったであろうLGBT問題。
それを誰にも言えずに結婚しなければならなかったのは、どんなに辛いことだったでしょう。
誰もが生きやすい世の中になってほしいですね。

Sponsored Link

 - 社会

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

北朝鮮の脅威はミサイルだけでなく、ハニートラップならぬプリンストラップも!?

北朝鮮のミサイル問題は、世界が直面する恐るべき脅威です。 アメリカのドナルド・ト …

no image
過激化してテロに走る「インセル」と呼ばれるアメリカの「非モテ」

インセルと呼ばれる「非モテ」の人たちが、今のアメリカでテロを引き起こしていると言 …

「部活」や「テストの採点」長時間労働で現役教師は疲弊している

子どもたちに一番身近に接する教師たちの労働環境が問題になっています。 学校は働か …

韓国人は「文章読解力第一位の日本」に倣い漢字を使うべき

日本語と韓国語の違いについて語る、韓国人ジャーナリストの趙甲濟氏。 それは、反日 …

成功者が「性暴力」で人生を棒に振る、その理由

成功者が「性暴力」で人生を棒に振る、その根本的理由とは何でしょうか? 成功者が「 …

日本の未来は明るくない、という話

「未来の年表」著者の河合雅司氏が、続編の「未来の年表2」を刊行しますが、その一部 …

舛添要一 朝までファミコン!《公私混同は失敗の元》ゲーム動画有

舛添要一朝までファミコンとは 1992年4月17日に発売されたファミリーコンピュ …

「アルマーニ」とは真逆・大阪の公立小学校「みんなの学校」の感動話

「みんなの学校」と呼ばれる大阪の公立小学校をご存知でしょうか。 制服を「アルマー …

高齢化する毒親から逃げられない時代が来た!?

もしあなたが、子ども時代に「毒親」から精神的・肉体的暴力を受けてきて、高齢化した …

告るとLINEで晒されるから恋愛できない20代男性

今やコミュニケーション手段として欠かせないLINEですが、恋愛の告白手段としても …