Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

【感動】生き別れ猫難民クンクシュ 奇跡の再会

      2017/01/30

Sponsored link

迫害を受けた家族と愛猫の絆

イラクからの難民・スーラさん一家と飼い猫のクンクシュ

ギリシャ・レスボス島。

バカンスの観光地として人気のこの島は、現在、紛争が続く中東から多くの難民が押し寄せ、ヨーロッパへ逃れる際の拠点となっています。

2015年10月、そんなレスボス島に向かう難民の中に、スーラさん一家の姿もありました。

父親は7年前にガンで死去し、母スーラさんは、子供5人と飼い猫のクンクシュとともに、紛争が続くイラクから、安全なノルウェーを目指していました。

9

しかし、一週間かけてようやくレスボス島に辿り着いたその時、事件は起こりました。

飼い猫のクンクシュがボートを飛び出し、逃げ出してしまったのです!

4

母・スーラさん

「必死にクンクシュを捜しました。難民支援ボランティアの人たちにも協力してもらって・・・。でも、3時間かけても見つけることはできませんでした」

更に不幸が、家族を襲うことになります。

折しも、ヨーロッパの一部の国では、溢れる難民を受け入れきれなくなり、国境の封鎖が始まったのです。

6

”一刻も早くノルウェーに向かわなければならない”

クンクシュを発見できないまま、一家は島を離れるしかありませんでした。

長女・リハーブさん(18歳)

「妹たちは、クンクシュを島に置いていくと知って、泣き叫んでいました。けれど、どうすることもできなかったんです」

その後スーラさん一家は、飢えや寒さを凌ぎながらも、ヨーロッパ各国を転々とし、ようやくノルウェーに辿りつきました。

8しかし、彼女たちに笑顔はありませんでした。

父を失い、テロに脅える日々の中、心の拠り所となっていたクンクシュに、もう二度と会うことは叶わない。

家族の一員を失ったショックは大きかったのです。

そして、離れ離れになって4ヶ月近くが経った2016年2月18日、ノルウェー・オスロでの突然の涙・・・。

”一体、家族に何が起きたのか!? ”

そこには、思いもよらないストーリーが隠されていたのです。

 

Sponsored Link

ボランティア女性に保護されたクンクシュ

その真実を知る人物は、アメリカ・ミシガン州のエイミー・シュローズさん(25歳)。

当時彼女は、ボランティアの一員として、レスボス島の難民キャンプで働いていました。

エイミー・シュローズさん

「ある日、私たちが島のカフェで休憩していると、一人ぼっちでいる白猫を見つけんです」

2015年11月7日、家族が島を離れて1週間後に撮った写真には、薄汚れて、見るからにやせ細った白猫が写っていました。

14 15

その白猫は、他の猫から苛められ、餌にもありつけずにいました。

エイミー・シュローズさん

「ボランティア仲間から、白い猫を探している家族がいたと聞いていたので、すぐにピンときました。探していたのはあの猫に違いない、そう思いました」

すると彼女は、自らの手で、クンクシュの世話をする事を決意、忙しいボランティア活動の合間を縫って、飼い主の情報を集め始めました。

エイミー・シュローズさん

「危険な旅に連れてくる猫なら、家族にとって、よほど大事な存在だったに違いないと思いました。何とか無事に、飼い主の元に返してあげたかったんです」

16 17 ところが、予期せぬ事態が待っていました。

“助けが必要な人間が大勢いるのに、なぜ猫1匹を助けるのか? ”

18

同じボランティア仲間から、エイミーの活動を批判する者が現れたのです。

しかし、彼女は飼い主探しをやめませんでした。

エイミー・シュローズさん

「難民たちの中には、故郷を追われ、家族や友人と離れ離れになってしまった人も多いんです。飼い主を探し出すことが出来れば、そんな彼らに、勇気と希望を持ってもらえるんじゃないかと思ったんです」19

世界中に広がる協力の輪

しかし、これまでレスボス島に押し寄せた難民は、年間数十万人。

すでに島を離れた者も多く、クンクシュの家族がどこへ向かったかなど、もはや分かるはずもありません。

そんな時、彼女に協力したいという人物が現れたのです!

アシュリー・アンダーソンさん(32歳)、彼女もまた、レスボス島で難民ボランティアとして働いていた一人でした。

21

アシュリー・アンダーソンさん

「明るい話題が、難民たちを勇気付けることにも繋がる、そんなエイミーの気持ちに、私も共感したんです。 そこで私たちはまず、飼い主を探すためのポスターを作るところから始めました」

彼女たちは、島中にポスターを配り、情報提供を求めました。

それだけでなく、世界の50以上のメディアに連絡し、クンクシュの話を広めてくれるよう依頼したのです。

すると、思いがけないことが起こりました。

活動を知ったアメリカの女性が、捜索用のウェブサイトを立ち上げてくれたのです。

23 24 すると、サイトを見た世界中の人々から、家族捜索の費用、そして栄養失調に陥っているクンクシュの治療費にと、およそ1500ドルもの募金が寄せられました。

25 さらに、クンクシュの記事を翻訳し、サイトに掲載してくれる人も現れ始めました。

記事は最終的に、7つの言語に訳され、計25ヶ国ものサイトに掲載されました。

26いつしかエイミーさんの思いは、世界中に広がっていったのです。

すると、イラクに住むスーラさんの知り合いが、偶然、アラビア語で書かれたクンクシュの記事を発見、すぐさまノルウェーに住む一家に連絡を入れたのです。

そしてついに、運命の日は訪れました。

離れ離れになって4ヶ月の2016年2月18日、ノルウェー・オスロ。

29

ついにクンクシュとの再会を果たしたのです!

猫の「難民」 家族と再会

現在のスーラさん一家

2016年3月。

現在、スーラさん一家は、クンクシュと共に家族全員、ノルウェーの難民施設で暮らしています。

子供たちも学校に通い始め、少しずつ日常の生活を取り戻しつつあるといいます。

母・スーラさん

「クンクシュと会うことはもう無理だと思っていました。エイミーやアシュリー、協力してくれたたくさんの方々のお陰です。本当に感謝しています」

「もう絶対に私たちの前からいなくならないでね」

(了)

[出典:2016年4月7日放送「奇跡体験!アンビリバボー 動物映像2時間SP」]

Sponsored Link

 - 感動

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

150522_003
【感動実話】犬が教えてくれた思いやりの心

過酷! 命がけレース チーム崩壊!? 犬が結んだ奇跡の絆 犬と人間の奇跡の絆 太 …

img1636
ほんとにあったイイ話~母の誕生日ケーキ

  私が小学生だったとき、 ある店で、母親の誕生日会をした帰りのこと。 …

img1632
ほんとにあったイイ話~粋な高校生の話

困っている小学生の横で、高校生がお金を落とした理由とは? 私がケーキ屋で働いてい …

mabutanohaha
【感動】生き別れ瞼の母を探して……ミシェル・ウェッツェルの奇跡のストーリー

MOTHER ~再会した生みの母は元同僚~ 生まれてすぐに養子に出されたミシェル …

9
【感動】永六輔が遺した永遠の言葉 名言金言

前向きに…生で思い出したい永六輔が遺した言葉たち 人は二度死ぬんだよ 古舘伊知郎 …

150220_090
【感動実話・恋愛編】会社を辞めて一人旅を繰り返す恋人の謎

会社を辞めて、恋人に仰天サプライズ!その方法とは? 2008年7月、広告代理店に …

Mujica_speech
ムヒカ大統領「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」演説動画日本語意訳書き起こし

2012年、ブラジルのリオデジャネイロで国際会議が開かれました。 環境が悪化した …

maikeru
史上最も腐敗した警察官の不祥事-ポリスギャングストーリー

史上最も腐敗した警察官 仰天・衝撃のラスト! 倫理についての講演 2016年3月 …

img1431
【感動】氷の上で身動きとれない子鹿を救った驚くべき方法

氷上でつるつる滑って動けなくなったシカを助けたヘリパイロットの機転 2007年冬 …

150816_002
窓ぎわのトットちゃんと校長先生の感動ドラマ

「窓ぎわのトットちゃん」に学ぶ、子どもの個性を伸ばす教育法 2015年8月15日 …