Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

ほんとにあったイイ話~『おばあさんのしんぶん』少年とおばあさんの感動物語

      2017/05/06

Sponsored link

おばあさんのお葬式で知らされた感動の真実

今、実話をもとにしたある絵本が注目を集めています。

それは「おばあさんのしんぶん」

[ 松本春野 ]

戦後間もない島根県を舞台に、新聞配達を通じておばあさんとの絆を深めていく少年の物語です。

そのお話の主人公は、岩國哲人さん(80)。

1947年、岩國さんが小学5年生のとき父親を亡くし、母と幼い兄弟を支えるため新聞配達を始めました。

岩國さんは野球の記事を見たくて、幼稚園の頃から父親の新聞を読んでいました。

しかし、新聞を取る余裕がなくなり、読めなくなってしまいました。

どうしても新聞が読みたかった岩國さん、その思いを 配達先のある老夫婦が叶えます。

新聞配達後、老夫婦は縁側で 新聞を読ませてくれました。

2年後、おじいさんが亡くなった後も、おばあさんは新聞を取り続け、岩國さんを縁側に招きつづけました。

しかし、それから3年、おばあさんも亡くなってしまいます。

葬儀に参列すると、岩國さんは驚きの事実を聞くこととなったのです。

「哲人、お前知っとったか?」

思いもよらぬ真実に、岩國さんはその場に泣き崩れました。

38

「哲人、お前知っとったか? おばあちゃんな、字が読めんかったんだ」

実は、家が貧しく学校に通えなかったおばあさんは、読み書きができませんでした。

当然、新聞を読めるわけもなかったのです。

岩國さん「ふと気が付いたのは、読んだ跡がない。私が配達したままのキチンとした状態だった。『おばあさんはな、お前(岩國さん)が来るのが楽しみで、新聞取っておられたんだよ』と。私は、泣けて泣けてね。おばあさんは『てっちゃん、勉強して偉い子になれよ』って 私をそうやって励ましてくれた」

家の事情で満足に勉強ができなかったおばあさんは、同じ境遇の岩國さんに姿を重ね、『新聞を読めば勉強になるはず、自分のようにはならないでほしい』その思いから、新聞を取り続けていたのです。

岩國さんはその後 猛勉強し、東京大学に進学。

1989年には、おばあさんとの思い出の場所 島根県に戻り、出雲市長を務めあげました。

岩國さん「おばあさんの新聞のおかげで僕は勉強できたし。私は日本一幸せな子どもの一人だと思って、誇りにしていましたね」

 

[出典:2016年7月12日優しい人なら解ける クイズやさしいね]

Sponsored Link

 - 感動

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ストーブ猫の「ぶさお」と飼い主の感動話

ストーブの前にちょこんと座る猫「ぶさお」。 この一匹の野良猫によって生き方が変わ …

ほんとにあったイイ話~母親が描いた赤ちゃんの絵に、長男が描いたものとは?

妊娠していた私が、長男とお絵かきをしていたときのこと。 私は何気なく、生まれてく …

【感動秘話】とにかく明るい安村!! その嫁の知られざる素性とは

「とにかく明るい安村」を支えた妻からの手紙に感動! 奥さんに対する疑問 2015 …

ほんとにあったイイ話~富士山頂の卒業証書

教え子たちからのサプライズ!先生に贈られた卒業証書 このお話の主人公は、神奈川県 …

【感動】飛び降りるか餓死か!? 120mの断崖絶壁でカオジロガン雛鳥の決断

生後数日のヒナに課された究極の選択 グリーンランド東部にあるスピッツベルゲン島・ …

【感動】武蔵野美術大学の学生によるファンタジーなプロジェクト

武蔵野美術大学は、東京都小平市にある私立大学です。 1929年に、東京都武蔵野市 …

【感動】熱血・男気・黒田博樹!20億円の年俸を捨てた漢の物語

広島と言う小さな街に、僕を待ってくれる人がいる 広島東洋カープの黒田博樹投手は、 …

【感動実話】奇跡の結婚式~意識不明の婚約者へ捧げた愛の物語

これが本当の永遠の愛 意識不明からの回復 8年越しの結婚式 忘れられない結婚式 …

【感動実話】浜松積志小学校 風船の手紙が結んだ奇跡の物語

小学生のアイディアが奇跡を生んだ 54年前…友達が欲しくてやったこと 『風船の手 …

米国スーパー「マーケット・バスケット」の奇跡(アンビリバボー)

アメリカのスーパー「マーケット・バスケット」の奇跡 立ち上がった周辺住民200万 …