Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

朝ドラ「おしん」第34話

      2019/05/17

Sponsored link

おしんが加賀屋で初めて迎える正月。おしんにとって9歳になるこの正月は、生まれて初めての夢のような事ばかりでした。

「そげな髪にすっと、おしんでねえみてえだな」髪結いに髪を結ってもらうおしんを見て加代が言います。「俺、恥ずかしい。んだから嫌だっつったのに」「まんず良く出来上がったでねえの、見違えるようだ、おしん」見にきたみのも感心しています。

正月の膳を前に、清太郎が挨拶をして皆が食事を始めます。おしんは綺麗な着物を着て加代の隣に座っています。

ご馳走を見て、ばあちゃんにも食わしてやりてえと呟くおしんに「おしんの家ではどげなご馳走食べんなだ?」と加代が尋ねます。「何にもねえっす。煮しめも大根ぐらい、餅も三が日のうちに六つも食ったらええ正月だ」「たったの六つか?」と驚く加代。

番頭がおしんの前に座り、「おしん、良い着物着せてもらってお加代様の横さ座らせてもらって、まるで姉妹みたいでねえだか?」と言います。

みのが「私もそのつもりだ」と。加代の命を助けてもらって因縁を感じたと言い「これからも加代のええ支えになってもらいてえもんのお。おしんを粗末にはできねえんだよ」と言います。

番頭が「おしんは運の良いめらし(女の奉公人)だな。若奥様にそこまで見込まれてよ」と言うと、「はい、これからも一生懸命お仕えするつもりだっす」とおしんが言い、それを聞いた清太郎も頷きます。

加代が、食べたら初詣に行くぞとおしんに言います。「お小夜様の子守りがあるから」と言うおしんに「何言ってんだ。奉公人は正月三が日は暇くれとるんだ。おしんも子守りは休みだぞ。ゆっくり遊べば良い」とみの。

おしんは、加代とウメと3人で初詣に来ました。「みんなが俺たちの事、姉妹だと思ってるんだろうの」と加代が嬉しそうに言います。

おしんの目線の少し先に、男性に愛嬌を振りまく女性が見えます。母のふじでした。「何見てんだ、おしん?」と加代に聞かれ、おしんは下を向きます。ふじがおしんに気づきました。「あのおなごもこっち見てるんだ。まだ姉妹だと思ってるんだぞ」と加代。「早く行くべ」と旦那衆を急かしてその場を離れるふじ。

加代がおしんに「お前、知ってんだか、あのおなご?」と聞きますが、おしんは首を横に振ります。「まんず神様の前だっつうのに、男さべたべたして」とウメ。「帰ろ」と加代が言います。違う、母ちゃんじゃねえ、母ちゃんに良く似た人だ、おしんは懸命にそう思い込もうとしました。

おしんは、きくとウメ、加代とみのとくにでカルタをしていました。一枚もとらないおしんを加代が気にしています。「気分でも悪いんでねえだか?」と心配するみの。「俺、カルタは初めてだから」「すぐ覚えるよ」「俺、働いているほうが楽だっす」それを聞いて皆が笑い、「おしんらしいのお」ときくが言います。

そこへ清太郎が帰ってきました。年始回りで酒を方々で振舞われ、すっかり酔っているようです。加代に土産を渡し、「おウメ、表さおかしな女がウロウロしてたぞ。俺が声かけたら行ってしまったども、もう一度戸締り見たほうがええんでねえか?」ウメは「へえ」と言って立ち上がりました。

おしんが「じゃあ、俺もこれで。お休みなせえませ」と言って部屋を出ました。くにはおしんの様子が気になっています。

おしんは誰にも見られないように外に出ました。くにがその後ろ姿を心配そうに見ています。

おしんは外に出て左右を見渡しますが誰もいません。肩を落として帰ろうとした時「母ちゃんか? 母ちゃんだな!」と言ってふじに抱きつきました。

ふじ「会うつもりはなかったんだよ。ただ、どだなとこ奉公してるか加賀屋さん見ておきたかったんだ」
おしん「なして酒田さ?」
ふじ「旅館のお客様が、酒田に遊びに行くから連れてきてやるって。お前がいる酒田ってとこ来たい一心で来たんだ。お前に会えると思わなかった。母ちゃんこだな姿で加賀屋さん来られるはずねえし、顔出してもお前に肩身の狭い思いさせなんねえしな。母ちゃん、お前にもこだな姿見られたくなかった。でも、お前に見つけられてしまって。母ちゃんだってよくわかったな。初詣のご利益かな。お前、加賀屋さんでめんこがってもらってんだな。昼お前見た時、おしんだって思えなかったぞ。綺麗な着物着せてもらって。母ちゃん安心した。一目見ただけでそれだけでええと思った。でも……」
おしん「母ちゃん、少し痩せたな。仕事きついのか? 早く辞めてけろ。俺嫌んだ。あだな母ちゃん見るのつらいんだ」
ふじ「ああ。雪解けて野良仕事出来るようになったら帰れる。それまでの辛抱だ。でも母ちゃん、お前や父ちゃんに顔合わせられないような事はしてねえからな。どだな、どだな事したって。ただ、酒田での母ちゃんの事は忘れてけろ。ええな?」
おしん「母ちゃん」
ふじ「でも、酒田来てえかった。俺、お前がつらい思いしてんじゃねえかと思って、そればっかり気にかけて。揃いの着物着てたのは加賀屋のお嬢さんだべ。姉妹みたいにしてもらってんだな。母ちゃん、思い残す事ねえ。これで銀山さ安心して帰れる」

小遣いを渡そうとするふじに「ばんちゃんに何か買ってやってけろ。ばんちゃん、母ちゃん来るの待ってるんだぞ。早く帰ってやってけろ。俺、母ちゃんのこけしちゃんと持ってる。それでええんだ」

ふじ「……体大事にな。人に見つかるといけねえから、入れ」

抱きつくおしんに「行け、おしん」と言って離そうとしますが、おしんは再び抱きつきます。「なら母ちゃん行くから」と言って走り去るふじ。

とぼとぼと帰るおしんの背中を見送るふじ。おしんは屋敷に入り、扉を閉めてしゃがみ込んで泣いています。「おしん」と声をかけるくに。

くに「女ってのはな、自分のために働いてるんじゃねんだぞ。みんな、親や亭主や子どものために、辛え事を我慢して頑張ってるんだ。露ほども自分の事は考えねえでな。それが女ってもんなんだ。お前のおっ母さんも同じだ。家族の事を思ってるから、どげな事も出来るんだぞ。たとえおっ母様がどげな事をしてても、決して悪く思うでねえぞ。なんぼかゆっくりお前と会いたかったかなあ。うちさ顔も出せんでねえで。おっ母様、辛かったんだろうな。おしん、おっ母様、大事にしてやんだぞ」

おしんは、みのに信頼されるようになっても、決してそれに甘えませんでした。奉公人の分を厳しく守って今まで以上に働くおしんは、次第に加賀屋にはなくてはならない存在になっていきました。

みのがおしんに小夜を背負わせた時、加代が「俺、洋服さ着て学校さ行きてえ」と言い出します。買ってくれないと学校に行かないと言う加代に「わかっただよ、買ってやるさけ」と言うみの。

くにがやってきて「またそげな事言ってんのか。高い安いで言ってんじゃねえ、加代のこげな根性が気に入らねんだ」「ええだ、買ってくれなくて良い。その代わり、学校さ行かねえからな」「ああ、行かなきゃ行かねえで良い」そうくにに言われた加代は、泣き出して行ってしまいました。

加代を追いかけるみの。くにはおしんに「お前、大根飯こさえられるか?」「はい」「ばんげに教えてくれろ。ええな? お前が食べてた通りのもんだぞ」おしんにはくにの真意はわかりませんでした。

Sponsored Link

 - ドラマ, 感動

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

信長燃ゆ ドラマ あらすじ・キャスト人物相関図

テレビ東京 新春時代劇「信長燃ゆ」主演:東山紀之 テレビ東京 2016年1月2日 …

天皇の料理番 佐藤健×黒木華 あらすじ・人物相関図

TBS日曜劇場ドラマ『天皇の料理番』4月26日(日)スタート 皆様のTBSテレビ …

朝ドラ「おしん」第17話【おしんには人を許せる人間になってほしい】
徳山大五郎を誰が殺したか?欅坂46主演ドラマ あらすじ・キャスト相関図

土曜ドラマ24「徳山大五郎を誰が殺したか?」主演:欅坂46 テレビ東京系列(TX …

『代償』伊岡瞬原作ドラマ 小栗旬主演あらすじ・キャスト相関図

Huluオリジナルドラマ「代償」主演:小栗旬 2016年11月18日(金)Hul …

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』キャスト 人物相関図 歴史オンチの視聴ガイドまとめ

【新】NHK朝ドラマ 『まれ』 土屋太鳳 キャスト 人物相関図視聴ガイド 『花燃 …

相棒 season15 元日スペシャル あらすじ・キャスト・相関図

「相棒 season15 元日スペシャル」主演:水谷豊 テレビ朝日系 2017年 …

検事の死命 ドラマ あらすじ・キャスト 人物相関図

テレビ朝日ドラマスペシャル 「検事の死命」上川隆也×志田未来 2016年1月17 …

5人のジュンコ 第1話 ネタバレあらすじ

第1話 あらすじ&ネタバレ 佐竹純子の逮捕 場面は海の見える丘の上の、特別記者会 …

一千兆円の身代金 ドラマ あらすじ・キャスト人物相関図

フジテレビ 土曜プレミアムスペシャルドラマ「一千兆円の身代金」主演:香取慎吾 フ …