Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

【感動実話】パトリック・アイヴィソンと波乗り介助犬リコシェ 奇跡の物語

      2019/09/03

Sponsored link

全米が涙したサプライズ 卒業式の奇跡とは?

突然の悲劇

1994年に生まれたパトリック・アイヴィソンくんは、活発で、片時もじっとしていない元気な子供でした。

パトリックが1歳2か月の時に、悲劇は突然訪れました。
母の手を離して走り出したパトリックは、バックする車に巻き込まれて、重傷を負ってしまいました。

かろうじて命は取り留めましたが、首の骨の一部が砕け、脊髄を損傷してしまいました。

脳からの信号を伝える中枢神経が損傷し、信号が手足に伝わらなくなり、体の運動機能が失われてしいました。

母・ジェニファーさん
「事故の時にそばにいたのに、パトリックを助けられなかった罪悪感と、息子の一生を台無しにしてしまった後悔に苛まれました。」

手足の完全な麻痺は免れましたが、ほとんど力が入らない状態です。
支えを使っても、車イスから立ち上がることさえ不可能でした。

さらに その1年半後に両親が離婚しました。

母のジェニファーさんは、離婚前に妹のジュディちゃんを身ごもっていたため、2人の子供を女でひとつで育てていくことになったのです。

更に最悪な事に、事故の相手が保険に入っていなかったために、賠償金を得ることも出来ず、貧しい暮らしを余儀なくされたのです。

それでもパトリックは、どんなときでも『笑顔』を忘れませんでした。

支えてくれる仲間

その後パトリックは、地元の公立高校に進学しました。

手足を思うように動かせないパトリックはノートも取れず、授業についていけない日々が続きました。

そんな時、ノートをさっと差し出すクラスメイト。

「え?いいの?」

「当たり前だろ。」

「でも、どうして?」

「友達じゃないか!」

クラスメイトは、いつもパトリックの側にいて支えてくれました。
ハンディキャップなど全く関係なく、友情を育んでいきました。

当時のクラスメイトのヒュンジン・シンさんは、
「パトリックはいつも笑顔で、弱音なんて絶対吐かないんです。」
「一緒にいると楽しいから、みんな彼と話したくて・・・」
「誰もが自然にパトリックに手を貸していたんです。」

当時の担任のロン・ツイさん、
「みんながパトリックの行くところについていくので、いつも友達に囲まれていて、生徒たちの人気者でした。」

どんなときも支えてくれる仲間の存在こそが、パトリックの強さと明るさの原動力だったのです。

あきらめないリハビリ

そしてもう一つ、彼自身の努力もありました。

パトリックは、『プロジェクトウォーク』と言う、『脊椎損傷患者専門トレーニングジム』で、週に6時間のリハビリに取り組んでいたのです。

それは、決して生易しいものではありませんでした。

パトリックさん
「トレーニングは、本当に過酷でした。でも、やるたびに、どんどん力が入るようになっていくのが、実感できたんです。辛いからもうやめたいと思ったことは一度もありません。だから、休まず通い続けました。」

当時、医学的には、一度 損傷した脊椎は、二度と再生することはないと言われていました。

それでも、パトリックは必死にリハビリを続けました。

しかし医師からからは、支えを使っても、「車イスから立ち上がることは不可能」と宣言されていたのです。

パトリックの夢

そんな状況にありながらも、パトリックは、『ある夢』を持つようになっていました。それは…

パトリックさん
「自分の足で歩きたい、本気でそう願うようになったんです。 無理だよと言わるれたびに、どうしてもチャレンジしたいという気持ちが強くなりました。」

”支えを使っても、立ち上がることは不可能”と言われたパトリックが、歩くことに挑戦するというのです。

 

Sponsored Link

母の悩み

母に、「こんなに持ち上がるようになったよ」と見せるパトリック。

すごいわと言う母に、もっとリハビリを頑張るよと言います。

パトリックのリハビリを応援したい母ですが、リハビリには多額のお金がかかります。
貯金も底をつきかけて、あと1ヶ月くらいしか続けられません。
リハビリをやめれば、せっかく動きかけた体も元に戻ってしまうと言います。

母・ジェニファーさん
「本当にお金がなくて、トレーニングを続けることが難しくなっていたんです。パトリックに、その事実をどう伝えればいいのか、すごく辛くて悩みました。」

思いもよらぬ転機

ある日、パトリックは、リハビリも兼ねて始めたサーフィンをするために海に来ていたのですが、そこで、思いもよらぬ転機が訪れたのです。

そこで出会ったのは、犬種ゴールデンリトリバーのリコシェでした。

150425_001

リコシェは、生まれつき水を怖がらず、優れたバランス能力を持ち、サーフィンを得意とする珍しい犬でした。

パトリックはリコシェと一緒にサーフィンを楽しむことにしました。
しかし、この日はあいにくの悪天候で波も高く、パトリックは何度もボードから落ちてしまいました。

しかし、その時、誰も予想しないことが起きたのです。

リコシェが、パトリックのボードに乗り移ったのでした。

荒海の中、リコシェは実に上手くバランスを取り、パトリックは安心して波に乗ることができました。

それはそれは、見事なコンビネーションでした。

このときの様子を映した映像がyoutube動画サイトにアップされ、300万回以上の再生を記録したそうです。

そして、パトリックの挑戦を応援したいという人々から、多くの寄付金が寄せられ、その額は約100万円でした。

パトリックは、このお金で、断念しかけていたリハビリを続けられることになったのです。

更なる幸運

さらにパトリックに幸運が続きました。
介助犬が家にやって来たのです。
おかげで、日常生活のほとんどが1人で出来るようになりました。

パトリックは、 家族や、友人に支えられながら、さらにリハビリに励みました。

物に掴まっても、立つことが出来ない体と戦いました。

そして、高校の卒業式を間近に控え、パトリックは、あるサプライズを計画していたのです。

奇跡の卒業式

2012年6月12日の高校の卒業式。

パトリックは、卒業証書授与のセレモニーに参加していました。

彼の名が呼ばれた瞬間です。

人々は息をのみました。

パトリックが、車イスから立ち上がったのです!

歩行器につかまって、歩いてくるではありませんか。

医学的に不可能と言われたことを、可能にした奇跡の瞬間を見た人々は、歓喜に震えています。

今まで支えてくれた、全ての人たちに、「ありがとう」の言葉に代えて、彼が密かに準備していたサプライズがこれでした。

次なる挑戦

現在、パトリックは大学生となって、寮で一人暮らしをしています。

パトリックは、南カリフォルニア大学、映画芸術学部で学んでいます。

ジョージ・ルーカスや、ロン・ハワードなどの、著名な映画監督を数多く輩出している、映像制作の名門校です。

彼の夢は、偉大な先輩と並ぶ様な映画監督になることだそうです。

パトリックの次なる目標、それは…

『大学の卒業式に自らの足で歩いて、卒業証書を直接受け取ること』

TEDxYouth@SanDiego – Patrick Ivison

パトリックの奇跡への歩みは、まだまだ続きます。(S.A.)

 

 

Sponsored Link

 - 感動

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

【感動】黒田博樹引退の裏に隠された驚愕の半生と母の教え

黒田投手が語る半生・ありえない決断と母の教え 《アンビリバボーな決断を下した男》 …

高校選手権優勝 前橋育英・山田耕介監督の熱血感動物語

1984年に放送されたドラマ「スクールウォーズ」は、山下真司さんが体当たりの教師 …

【感動】かりゆし58 アンマー誕生秘話

かりゆし58 アンマー誕生秘話 不良の心を変えた《母の愛》 彼は、自他ともに認め …

ムヒカ大統領「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」演説動画日本語意訳書き起こし

2012年、ブラジルのリオデジャネイロで国際会議が開かれました。 環境が悪化した …

#日本生きろ! ホセ・ムヒカ大統領インタビューまとめ 書き起こし

「ムヒカ大統領のメッセージ」2015年10月11日放送 Mr.サンデー拡大スペシ …

【感動実話】自閉症児への奇跡の誕生プレゼント

全米が涙! 6歳の少年に、奇跡のサプライズ 6歳の誕生日 2015年2月8日、グ …

ほんとにあったイイ話~「お母さんの顔、汚いよね?」 息子→〇に〇〇がついてるだけじゃないの?

40歳になった私が、自宅で鏡を見ていたときのこと。 シミが気になりだした私は、隣 …

【感動動画】飼い猫タラちゃんが犬に体当たり、子どもの命を救う! 【全米が泣いた】

飼い猫タラちゃんが犬に体当たり、子どもの命を救う! 子供を犬から救った猫 タラち …

【感動】アゴものまねHEY!たくちゃんのラーメン屋鬼そばと佐野実の深イイ話

アゴものまね”HEY!たくちゃん”とラーメンの鬼・佐野実の感動秘話 アゴものまね …

【感動実話】武辺寛則さんのガーナアチュワ村日本人長老伝説

長老は26歳の日本人、ガーナで英雄になった日本人 毎年 2月下旬になると、アフリ …